イスラマバード国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
イスラマバード国際空港
Islamabad International Airport

Pakistan Civil Aviation Authority (PCAA) Logo.png
اسلام آباد بین الاقوامی ہوائی اڈہ
IATA: ISBICAO: OPIS
概要
空港種別 公共
所有者 パキスタン政府
運営者 en:Pakistan Civil Aviation Authority
供給都市 イスラマバードラーワルピンディー
所在地 パキスタン パンジャーブ州 en:Attock District
開港 2018年5月1日[1]
標高 1,761 ft / 537 m
座標 北緯33度32分56.70秒 東経72度49分32.34秒 / 北緯33.5490833度 東経72.8256500度 / 33.5490833; 72.8256500座標: 北緯33度32分56.70秒 東経72度49分32.34秒 / 北緯33.5490833度 東経72.8256500度 / 33.5490833; 72.8256500
ウェブサイト www.islamabadairport.com.pk
滑走路
方向 全長 表面
m ft
28L/10R 3,658 12,001 アスファルト
28R/10L 3,658 12,001 アスファルト
統計
年間旅客数

1,500万人 (開港時)

2,500万人 (計画)
計画イメージ

イスラマバード国際空港(英語: Islamabad International Airport, ウルドゥー語: اسلام آباد بین الاقوامی ہوائی اڈہ‎)は、パキスタン首都イスラマバード近郊のパンジャーブ州 en:Attock District en:Fateh Jangにある国際空港である。新イスラマバード国際空港 (New Islamabad International Airport)とも呼ばれている。

イスラマバード中心地から、南西に約40kmの場所に位置する。隣接するラーワルピンディーベナジル・ブット国際空港があったが、航空需要の増加、施設の老朽化を理由に新空港が建設され、2018年5月1日に開港、3日に供用を開始した。

概要[編集]

2005年に新空港の建設が計画され、用地が取得された[2]。建設計画では、ガンダーラ国際空港 (Islamabad Gandhara International Airport)と呼ばれていた。

パキスタンでは最大級の空港であり、開港時には年間1,500万人の乗客を受け入れることが可能である。エアバスA380などの超大型旅客機も受け入れられる。

出発時間の4時間前にチェックインすることが推奨されている[3]


就航航空会社[編集]

パキスタン国際航空 国内線 : クエッタゾブ英語版チトラル英語版ラホールムルターンバハーワルプル英語版ラヒームヤール・ハーン英語版カラチサッカル英語版スカルドゥ英語版ギルギット

アジア : マスカットカーブルアブダビドバイドーハダンマームリャドマディーナジッダ北京東京/成田
欧州 : ミラノパリバルセロナコペンハーゲンオスロロンドン/ヒースローマンチェスターバーミンガム
北米 : トロント

エアブルー英語版 カラチ、シャールジャドバイアブダビリヤドマディーナジッダ
シャーヒーン・エア英語版 カラチ、マスカットシャールジャダンマーム、マディーナ、ジッダ
セレーンエア英語版 カラチ、クエッタ
カーム航空 カーブル
キーシュ航空 マシュハド
オマーン・エア マスカット
エミレーツ航空 ドバイ
エティハド航空 アブダビ
エア・アラビア ラアス・アル=ハイマ
カタール航空 ドーハ
ガルフ・エア バーレーン
クウェート航空 クウエート
サウディア リャド、ジッダ
フライナス リャド
ターキッシュ エアラインズ イスタンブール
中国国際航空 北京
中国南方航空 ウルムチ
タイ国際航空 バンコク

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ First pictures: New Islamabad airport opens, to handle up to 25m flyers a year”. GulfNews.com (2018年5月1日). 2018年5月5日閲覧。
  2. ^ Land for Islamabad airport acquired - Business Recorder, Nov.15 2005
  3. ^ イスラマバード新空港開港に伴う注意喚起 - 在パキスタン日本国大使館 平成30年4月24日

外部リンク[編集]