エティハド航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エティハド航空
الاتحاد للطيران
Etihad-airways-logo.svg
IATA
EY
ICAO
ETD
コールサイン
ETIHAD
法人番号 1700150005974 ウィキデータを編集
設立 2003年7月
ハブ空港 アブダビ国際空港
マイレージサービス Etihad Guest
会員ラウンジ Etihad Premium Lounge
航空連合 エティハド航空パートナーズ
保有機材数 233機保有(132機 発注中)
就航地 90目的地オーバー [1]
本拠地 アラブ首長国連邦の旗 UAE アブダビ
代表者 ハマド・ビン・ザーイド・アール=ナヒヤーン英語版(取締役会会長)、ジェームス・ホーガン(CEO)
外部リンク http://www.etihad.com/ja-jp/
テンプレートを表示

エティハド航空(エティハドこうくう、: الاتحاد للطيران‎; al-ittiḥād liṭ-ṭayarān: Etihad Airways)は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国アブダビに本拠を置く国営航空会社である。アラブ航空会社機構 (Arab Air Carriers Organization) の一員。エティハド(اتحاد、イッティハード)とは連合の意。

イッティハード航空と表記されることもある。 また、設立当時はエチアード航空とも呼ばれていた。 [2]

イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を過去に得ていたが、2019年5月に4スターエアラインへの降格が決まった[3]

概要[編集]

エティハド航空はアラブ首長国連邦の第2代大統領ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンによって、2003年7月にアラブ首長国連邦の航空会社として設立。アブダビ首長国のいわゆるフラッグ・キャリアで、同じUAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空と並び、UAEおよび中東の代表的な航空会社である。エミレーツ同様に3大航空連合には加盟していないが、アライアンスを超えた多種多様なコードシェア便で拡大を図っている。

なお同社設立までは、アブダビ首長国がバーレーンオマーンとともに出資して運航していたガルフ・エアが同国のフラッグ・キャリアであったが、エティハド航空設立に伴いアブダビ首長国は2005年にガルフ・エアへの出資を取りやめた。

2003年11月に商業運航を開始してから、潤沢なオイルマネーを背景に新規機材を投入し、2006年6月までに一か月に一路線ずつ開設という驚異的な成長を遂げた。2004年には5機のボーイング777-300ERと24機のエアバス機(4機のA380を含む)の総額80億ドルに及ぶ機材発注を行う。

ハブ空港アブダビ国際空港を中心に、中東アフリカなどの他、アジア各地やヨーロッパ北アメリカ南アメリカオセアニアなど世界各地に路線を展開している。

M&Aによる拡大[編集]

2010年代に入ってからはM&Aによる拡大路線を取っており、2014年現在以下の航空会社に出資している。ヴァージン・オーストラリア以外はほぼ経営権を握っており、事実上の傘下企業となっているが、経営難によりその後傘下から外れた会社もある。

ただアリタリア-イタリア航空の2017年5月経営破綻に加え、同年10月には提携先のエア・ベルリン、同年12月にはダーウィン・エアライン、さらに2019年4月にはジェットエアウェイズが運航を停止するなど、傘下企業の中には経営が厳しいものも多く、それらに足を引っ張られる形でエティハドの連結業績も2016年・2017年と赤字に転落し業績不振に陥っている[6]。このため従来ライバルと見られていたエミレーツ航空との協力関係強化に走っており、操縦士の2社兼業を認めるなどの施策を打ち出している[6]

保有機材[編集]

2013年11月17日ボーイング 777-8Xボーイング 787-10エアバスA350 XWBなどの航空機を大量に発注した。同社は777-8Xのローンチカスタマーとなるが、経営不振により、777-8Xの発注をキャンセルし、777-9Xについても11機発注を削減した[7]
なお、エアバスA350-1000は、設計変更などの開発の遅れが生じたため、12機まで減少している[8]。2015年の787とA380導入を機に新塗装をまとっている。2022年2月から行われているシンガポール航空ショーにおいて、エアバスA350Fを7機発注することをエアバスと契約。[9]

エティハド航空 保有機(2021年現在)[10]
機種 保有数 発注数 座席数 備考
R F C Y Total
エアバスA320-200 17 - - 16 120 136
エアバスA321-200 10 - - - 8 188 196
エアバス A321neo - 26 未定
エアバスA350-1000 5 15 - 44 327 371 ボーイング777-300ERを置換予定
ボーイング 777-300ER 15 - - 28 374 402 2022年以降順次退役予定
- 40 330 370
8 40 280 328
ボーイング 777-9 - 6 未定
ボーイング 787-9 30 11 - 28 271 299 A6-BND:Manchester City F.C.特別塗装
A6-BLV:Abu Dhabi Grand Prix特別塗装
8 28 199 235
ボーイング 787-10 9 21 - 32 304 336 A6-BMH:Greenliner特別塗装
ボーイング 777F 5 - 貨物機
エアバスA350F 0 7 貨物機
Total 95 100

他に特別塗装としてアブダビ観光プロモーションとして期間限定で塗装されることもある。

  • ギャラリー

退役機材[編集]

(備考:Fの内、1席はレジデンスを含む。
現在は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で定期便のA380運航から離脱した,再就航については未定。)

他貨物機として

就航都市[編集]

エティハド航空 就航都市(2016年9月現在)
都市 空港 備考
アラブ首長国連邦
アラブ首長国連邦の旗 UAE アブダビ アブダビ国際空港 ハブ空港
北アフリカ
 エジプト カイロ カイロ国際空港
 ケニア ナイロビ ジョモ・ケニヤッタ国際空港 運休中
リビアの旗 リビア トリポリ トリポリ国際空港
モロッコの旗 モロッコ カサブランカ ムハンマド5世国際空港
ラバト ラバト・サーレ空港
スーダンの旗 スーダン ハルツーム ハルツーム国際空港
南アフリカ
セーシェルの旗 セーシェル マヘ島 セーシェル国際空港
ウガンダの旗 ウガンダ エンテベ エンテベ国際空港 運休中
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ヨハネスブルグ ヨハネスブルグ国際空港
西アフリカ
ナイジェリアの旗 ナイジェリア ラゴス ムルタラ・モハンマド国際空港
中央アジア
カザフスタンの旗 カザフスタン アスタナ ヌルスルタン・ナザルバエフ国際空港
アルメニアの旗 アルメニア エレバン ズヴァルトノッツ国際空港
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン バクー ヘイダル・アリエフ国際空港 [11]
東アジア
中華人民共和国の旗 中国 北京 北京首都国際空港
上海 上海浦東国際空港
広州 広州白雲国際空港 貨物便のみ
成都 成都双流国際空港
香港の旗 香港 香港 香港国際空港
日本の旗 日本 東京 成田国際空港
名古屋 中部国際空港 北京経由便[12]
大韓民国の旗 韓国 ソウル 仁川国際空港
南アジア
バングラデシュの旗 バングラデシュ ダッカ シャージャラル国際空港
インドの旗 インド ムンバイ チャットラパティー・シヴァージー国際空港
チェンナイ チェンナイ国際空港
デリー インディラ・ガンディー国際空港
コルカタ ネータージー・スバース・チャンドラ・ボース国際空港
コーリコード カリカット国際空港
ティルヴァナンタプラム トリヴァンドラム国際空港
コーチ コーチ国際空港
ハイデラバード ラジーヴ・ガンディー国際空港
ベンガルール ベンガルール国際空港
アフマダーバード アフマダーバード空港
モルディブの旗 モルディブ マレ イブラヒム・ナシル国際空港
ネパールの旗 ネパール カトマンズ カトマンズ国際空港
パキスタンの旗 パキスタン イスラマバード イスラマバード国際空港
カラチ ジンナー国際空港
ラホール ラホール国際空港
スリランカの旗 スリランカ コロンボ バンダラナイケ国際空港
東南アジア
インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ スカルノハッタ国際空港
マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール クアラルンプール国際空港
フィリピンの旗 フィリピン マニラ ニノイ・アキノ国際空港
シンガポールの旗 シンガポール シンガポール シンガポール・チャンギ国際空港
タイ王国の旗 タイ バンコク スワンナプーム国際空港
プーケット プーケット国際空港
 ベトナム ホーチミンシティ タンソンニャット国際空港
西アジア
バーレーンの旗 バーレーン マナーマ バーレーン国際空港
ヨルダンの旗 ヨルダン アンマン クィーンアリア国際空港
クウェートの旗 クウェート クウェート クウェート国際空港
レバノンの旗 レバノン ベイルート ベイルート国際空港
オマーンの旗 オマーン マスカット マスカット国際空港
カタールの旗 カタール ドーハ ハマド国際空港 2017年6月6日より運航停止の上、運休扱い[13]
サウジアラビアの旗 サウジアラビア ダンマーム キング・ファハド国際空港
ジッダ キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
リヤド キング・ハーリド国際空港
マディーナ プリンス・モハンマド・ビン・アブドゥルアズィーズ国際空港
ヨーロッパ
ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル ブリュッセル国際空港
 ベラルーシ ミンスク ミンスク第2空港
ドイツの旗 ドイツ フランクフルト フランクフルト空港
フランクフルト・ハーン空港 貨物便のみ
ミュンヘン ミュンヘン国際空港
デュッセルドルフ デュッセルドルフ空港
スペインの旗 スペイン マドリード アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港
フランスの旗 フランス パリ シャルル・ド・ゴール国際空港
イギリスの旗 イギリス ロンドン ロンドン・ヒースロー空港
マンチェスター マンチェスター国際空港
エディンバラ エディンバラ空港 [14]
ギリシャの旗 ギリシャ アテネ アテネ国際空港
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン ダブリン空港
イタリアの旗 イタリア ミラノ ミラノ・マルペンサ国際空港
ローマ フィウミチーノ空港
オランダの旗 オランダ アムステルダム アムステルダム・スキポール空港
ロシアの旗 ロシア モスクワ ドモジェドヴォ空港
セルビアの旗 セルビア ベオグラード ベオグラード・ニコラ・テスラ空港
スイスの旗 スイス チューリッヒ チューリッヒ空港
ジュネーヴ ジュネーヴ・コアントラン国際空港
トルコの旗 トルコ イスタンブール アタテュルク国際空港
オセアニア
オーストラリアの旗 オーストラリア ブリスベン ブリスベン国際空港 シンガポール経由便
メルボルン メルボルン国際空港
シドニー シドニー国際空港
パース パース空港
北アメリカ
カナダの旗 カナダ トロント トロント・ピアソン国際空港
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港
ワシントンDC ワシントン・ダレス国際空港
シカゴ シカゴ・オヘア国際空港
ロサンゼルス ロサンゼルス国際空港
休・廃止路線
 エジプト アレクサンドリア アレクサンドリア国際空港
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国 ケープタウン ケープタウン国際空港
カザフスタンの旗 カザフスタン アルマトイ アルマトイ国際空港
アルメニアの旗 アルメニア エレバン ズヴァルトノッツ国際空港
バングラデシュの旗 バングラデシュ チッタゴン シャーアマーナト国際空港
パキスタンの旗 パキスタン ペシャーワル ペシャーワル国際空港
イランの旗 イラン テヘラン エマーム・ホメイニー国際空港
イラクの旗 イラク バグダード バグダード国際空港
エルビル アルビール国際空港
バスラ バスラ国際空港
シリアの旗 シリア ダマスカス ダマスカス国際空港
キプロスの旗 キプロス ラルナカ ラルナカ国際空港
イタリアの旗 イタリア ヴェネツィア ヴェネツィア・テッセラ空港
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ダラス ダラス・フォートワース国際空港 [15]
ブラジルの旗 ブラジル サンパウロ グアルーリョス国際空港 [16]

サービス[編集]

A380「ザ・レジデンス」の専用ベッドルーム

長距離路線ではファーストクラス(ファーストスイートもしくはファーストアパートメント)、ビジネスクラス(ビジネス・ステューディオ)、エコノミークラス(エコノミースマートシート)の3クラス制で、短中距離路線はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制である。なお、エアバスA380のみファーストクラスより最上級クラスの「ザ・レジデンス」を2席用意している。「ザ・レジデンス」は座席を設けた個室の「リビングルーム」の他に専用のベッドルーム、バスルームを配したものとなっている[17]

2009年8月から投入する新ファーストクラスは個室タイプで、室内は全長2m・幅75.6cmのフルフラットベッドになる大型シートを採用。シートはイタリアポルトローナ・フラウ社製を使用するなどインテリアにもこだわり、個室の入り口もアラビア風のドアで演出。その他、マッサージ機能やパソコンiPodイーサネットケーブルなどのソケットが設置される。

上位クラスでは、テレビラジオや600時間以上の映画ゲームを楽しめるAVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)エンターテインメント機付きの23インチワイドスクリーンLCD、専用ワードローブ、ミニバーを設置している。新ファーストクラスはエアバスA340-600に12席を設置し、2010年末までに多機種へも順次展開する予定。2011年からパナソニックアビエーション(パナソニックの現地法人でIFEの提供会社)と10年間にわたって機内エンターテイメント(IFE)の独占供給の契約を締結。但し、2012年12月現在、映画のジャンルに東南アジア映画、韓国映画があっても、邦画のカテゴリはない。2011年からボーイング777-300ERやエアバスA380にeX2を供給する事やエアバスA350 XWB受領後には最新のeX3シリーズを搭載する[18]

マイレージ・プログラムの Etihad Guest は、ニュージーランド航空アリタリア-イタリア航空全日本空輸アメリカン航空アシアナ航空バンコク・エアウェイズブリュッセル航空ジェットエアウェイズオマーン・エアパシフィック・ブルースリランカ航空ウクライナ国際航空V オーストラリアヴァージン・オーストラリアと提携している。また前述の「Etihad Airways Partners」には、系列のダーウィン・エアライン、エア・セルビア、エア・セイシェルに加えエア・ベルリン、ジェットエアウェイズが参加しているが、一方でアリタリアやヴァージン・オーストラリアは参加を見送っている[19]

エティハド航空パートナーズ[編集]

2014年10月には独自の航空連合として「Etihad Airways Partners」を立ち上げた[19]

現在のメンバー[編集]

かつてのメンバー[編集]

コードシェア[編集]

エティハド航空は下記航空会社とコードシェアを行っている(2017年11月現在)。

受賞歴[編集]

  • 2004、2005、2006年:World’s Leading New Airline (11th,12th,13th World Travel Awards)
  • 2006、2007年:World’s Leading Flatbed Seat (13th,14th World Travel Awards)
  • 2007年:World’s leading travel television commercial (14th World Travel Awards)
  • 2009年:World’s leading Airline (World Travel Awards 2009)

スポンサー[編集]

マンチェスター・シティ特別塗装 (B787-9 A6-BND)
アブダビグランプリ特別塗装 (B787-9 A6-BLV)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://flights.etihad.com/routemap/
  2. ^ アラブ首長国連邦の産業基盤 (PDF)”. 一般財団法人 中東協力センター. p. 7. 2015年10月24日閲覧。
  3. ^ https://onemileatatime.com/etihad-loses-skytrax-5-star-rating/
  4. ^ Etihad Airways stake in Virgin Australia rises to 21.24 per cent - TheNational・2014年5月19日
  5. ^ エティハド航空、アリタリア株49%取得で合意 - ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年8月9日
  6. ^ a b エティハド航空の業績不振 エアバスとボーイングに波及も - Forbes Japan・2018年7月20日
  7. ^ Etihad restructures aircraft orders after conclusion of talks with Airbus and Boeing” (英語). The National (2019年2月14日). 2022年2月16日閲覧。
  8. ^ Orders & deliveries The month in review: April 2012
  9. ^ エアバスA350F、新規契約 シンガポール航空は確定・エティハド航空から受注 | FlyTeam ニュース” (日本語). FlyTeam(フライチーム). 2022年2月16日閲覧。
  10. ^ Etihad Airways Fleet
  11. ^ エティハド航空、2018年3月にアブダビ/バクー線を開設 A320で週3便FlyTeam 2017年10月13日付
  12. ^ 就航当初は名古屋 - 北京間のみの利用は出来なかったが、現在では同区間のみの利用も可能。これは同区間を運航する日系の航空会社が存在していなかった事も理由にある。これに伴い、週末に設定されていた直行便は廃止され、全て北京経由便のみとなった。
  13. ^ カタール航空、サウジアラビア・UAE・バーレーン・エジプト線を運航停止FlyTeam 2017年6月6日付
  14. ^ エティハド航空、2015年6月からアブダビ/エディンバラ線に新規就航FlyTeam 2014年7月23日付
  15. ^ エティハド、2018年夏にアブダビ/ダラス線を運休 アメリカンと提携解消でFlyTeam 2017年11月6日付
  16. ^ エティハド航空、2017年3月下旬からアブダビ/サンパウロ線を運休FlyTeam 2016年12月19日付
  17. ^ ザ・レジデンス(エティハド航空公式サイト)
  18. ^ [1]
  19. ^ a b Etihad launches Etihad Airways Partners - BusinessTraveller・2014年10月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]