エティハド航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エティハド航空
الاتحاد للطيران
IATA
EY
ICAO
ETD
コールサイン
ETIHAD
設立 2003年7月
ハブ空港 アブダビ国際空港
マイレージサービス Etihad Guest
会員ラウンジ Etihad Premium Lounge
航空連合 エティハド航空パートナーズ
保有機材数 104機(96機 発注中)
就航地 90目的地オーバー [1]
本拠地 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アブダビ
代表者 ハマド・ビン・ザーイド・アール=ナヒヤーン英語版(取締役会会長)、ジェームス・ホーガン(CEO)
外部リンク http://www.etihad.com/ja-jp/
テンプレートを表示
日本語ロゴタイプ(現行デザイン)
エティハド航空のエアバスA380。A380,B787の導入に合わせて機体デザインが一新されている[2]
エティハド航空のエアバスA330-200
エティハド航空のエアバスA330

エティハド航空(エティハドこうくう、: الاتحاد للطيران‎; al-ittiḥād liṭ-ṭayarān: Etihad Airways)とは、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国アブダビに本拠を置く国営航空会社である。アラブ航空会社機構 (Arab Air Carriers Organization) の一員。エティハド(اتحاد、イッティハード)とは連合の意。

イッティハード航空と表記されることもある[3]

概要[編集]

エティハド航空はアラブ首長国連邦の第2代大統領ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンによって、2003年7月にアラブ首長国連邦の航空会社として設立。アブダビ首長国のいわゆるフラッグ・キャリアで、同じUAEのドバイを拠点とするエミレーツ航空と並び、UAEおよび中東の代表的な航空会社である。エミレーツ同様に3大航空連合には加盟していないが、アライアンスを超えた多種多様なコードシェアで拡大を図っている。

なお同社設立までは、アブダビ首長国がバーレーンオマーンとともに出資して運航していたガルフ・エアが同国のフラッグ・キャリアであったが、エティハド航空設立に伴いアブダビ首長国は2005年にガルフ・エアへの出資を引き揚げた。

2003年11月に商業運航を開始してから、潤沢なオイルマネーを背景に新規機材を投入し、2006年6月までに一か月に一路線ずつ開設という驚異的な成長を遂げた。2004年には5機のボーイング777-300ERと24機のエアバス機(4機のA380を含む)の総額80億ドルに及ぶ機材発注を行う。

ハブ空港アブダビ国際空港を中心に、主にA330B777などで運航される日本三大都市圏への定期国際便をはじめとした数多くの旅客便、貨物便を合わせると中東アフリカなどの他、アジア各地やヨーロッパ北アメリカ南アメリカオセアニアなど世界各地に路線を展開している。

成田空港に駐機中のエティハド航空機

M&Aによる拡大[編集]

2010年代に入ってからはM&Aによる拡大路線を取っており、2014年現在以下の航空会社に出資している。ヴァージン・オーストラリア以外はほぼ経営権を握っており、事実上の傘下企業となっている。

エティハド航空パートナーズ[編集]

2014年10月には独自の航空連合として「Etihad Airways Partners」を立ち上げた[7]

サービス[編集]

A380「ザ・レジデンス」の専用ベッドルーム

長距離路線ではファーストクラス(ファーストスイートもしくはファーストアパートメント)、ビジネスクラス(ビジネス・ステューディオ)、エコノミークラス(エコノミースマートシート)の3クラス制で、短中距離路線はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制である。なお、エアバスA380のみファーストクラスより最上級クラスの「ザ・レジデンス」を2席用意している。「ザ・レジデンス」は座席を設けた個室の「リビングルーム」の他に専用のベッドルーム、バスルームを配したものとなっている[8]

2009年8月から投入する新ファーストクラスは個室タイプで、室内は全長2m・幅75.6cmのフルフラットベッドになる大型シートを採用。シートはイタリアポルトローナ・フラウ社製を使用するなどインテリアにもこだわり、個室の入り口もアラビア風のドアで演出。その他、マッサージ機能やパソコンiPodイーサネットケーブルなどのソケットが設置される。

上級クラスでは、テレビラジオや600時間以上の映画ゲームを楽しめるAVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)エンターテインメント機付きの23インチワイドスクリーンLCD、専用ワードローブ、ミニバーを設置している。新ファーストクラスはエアバスA340-600に12席を設置し、2010年末までに多機種へも順次展開する予定。2011年からパナソニックアビエーション(パナソニックの現地法人でIFEの提供会社)と10年間にわたって機内エンターテイメント(IFE)の独占供給の契約を締結。但し、2012年12月現在、映画のジャンルに東南アジア映画、韓国映画があっても、邦画のカテゴリはない。2011年からボーイング777-300ERやエアバスA380にeX2を供給する事やエアバスA350 XWB受領後には最新のeX3シリーズを搭載する[9]

マイレージ・プログラムの Etihad Guest は、ニュージーランド航空アリタリア-イタリア航空全日本空輸アメリカン航空アシアナ航空バンコク・エアウェイズブリュッセル航空ジェットエアウェイズオマーン・エアパシフィック・ブルースリランカ航空ウクライナ国際航空V オーストラリアヴァージン・オーストラリアと提携している。また前述の「Etihad Airways Partners」には、系列のダーウィン・エアライン、エア・セルビア、エア・セイシェルに加えエア・ベルリン、ジェットエアウェイズが参加しているが、一方でアリタリアやヴァージン・オーストラリアは参加を見送っている[7]

航空券の種類は、日付変更及び払い戻しの際の追徴料金の違いで、Saver、ValueとFreedomの3種類があり、往路と復路を組み合わせで購入しても、購入した航空券の中で一番制限の厳しいルールがすべての旅程に適用されるため、トラブルが散見されるが、2015年4月現在、エティハド航空は改善の姿勢を見せていない[要出典]

就航都市[編集]

コードシェア[編集]

エティハド航空は下記航空会社とコードシェアを行っている(2012年10月現在)。


保有機材[編集]

エティハド航空の機材は以下の航空機で構成されている(2010年3月現在)

ロンドン・ヒースロー空港に着陸中のエティハド航空A340-300
エティハド航空 保有機[11]
機種 保有数 発注数 オプション 席数
(ダイヤモンド/パール/コーラル)
路線 備考
エアバスA319 2 0 0 104 (0/20/84) 短距離路線 運用中
エアバス A320-200 9 24 1 140 (0/20/120) 短中距離路線 運用中
エアバス A330-200 28 0 0 262 (0/22/240)
200(10/26/164)
中長距離路線 運用中
エアバス A330-300 6 0 0 中長距離路線 運行中
エアバス A340-500 4 0 0 240 (12/28/200) 長距離路線 運用中
エアバス A340-600 7 0 0 286 (12/30/244) 長距離路線 運用中
エアバス A350-1000 XWB 0 25 10 長距離路線 2017年より
エアバス A380-800 3 6 5 長距離路線 運用中
ボーイング 777-200LR 5 0 0 長距離路線 運用中
ボーイング 777-300ER 24 0 10 378 (0/28/350) 長距離路線 運用中
ボーイング 787-9 4 34 25 長距離路線 運用中
Total 42 108 55 50

なお、エアバスA350-1000は、設計変更などの開発の遅れが生じたため、12機まで減少している[12]

2013年11月17日ボーイング 777-8Xボーイング 787-10エアバスA350 XWBなどの航空機を大量に発注した。同社は777-8Xのローンチカスタマーとなる[13]

2015年の787とA380導入を機に新塗装をまとっている。

受賞歴[編集]

  • 2004、2005、2006年:World’s Leading New Airline (11th,12th,13th World Travel Awards)
  • 2006、2007年:World’s Leading Flatbed Seat (13th,14th World Travel Awards)
  • 2007年:World’s leading travel television commercial (14th World Travel Awards)
  • 2009年:World’s leading Airline(World Travel Awards2009)

スポンサー[編集]

マンチェスター・シティ特別塗装(A330-200 A6-EYE)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://flights.etihad.com/routemap/
  2. ^ ファセット・オブ・アブダビ(エティハド航空公式サイト)
  3. ^ アラブ首長国連邦の産業基盤 (PDF)”. 一般財団法人 中東協力センター. p. 7. 2015年10月24日閲覧。
  4. ^ エティハド航空、ダーウィンエアラインの株式を取得し「エティハド・リージョナル」にリブランド! - Mapionニュース・2013年11月18日
  5. ^ Etihad Airways stake in Virgin Australia rises to 21.24 per cent - TheNational・2014年5月19日
  6. ^ エティハド航空、アリタリア株49%取得で合意 - ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年8月9日
  7. ^ a b Etihad launches Etihad Airways Partners - BusinessTraveller・2014年10月8日
  8. ^ ザ・レジデンス(エティハド航空公式サイト)
  9. ^ [1]
  10. ^ 就航当初は名古屋 - 北京間のみの利用は出来なかったが、現在では同区間のみの利用も可能。これは同区間を運航する日系の航空会社が存在していなかった事も理由にある。これに伴い、週末に設定されていた直行便は廃止され、全て北京経由便のみとなった。
  11. ^ Etihad Airways Fleet
  12. ^ Orders & deliveries The month in review: April 2012
  13. ^ エティハド航空、B777XやA350などボーイングとエアバスに大量発注 Aviation Wire 2013月11月18日

外部リンク[編集]