タンソンニャット国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
タンソンニャット国際空港
Sân bay quốc tế Tân Sơn Nhất
Tan Son Nhat International Airport
Tan Son Nhat International Airport.jpg
IATA: SGN - ICAO: VVTS
概要
国・地域  ベトナム社会主義共和国
所在地 ホーチミン市タンビン区
母都市 ホーチミン市
種類 民間
運営者 Southern Airports Corporation
運用時間 24時間
ターミナル 2
拠点航空会社 ベトナム航空
ベトジェットエア
バンブー・エアウェイズ
標高 10 m (33 ft)
座標 北緯10度49分8秒 東経106度39分7秒 / 北緯10.81889度 東経106.65194度 / 10.81889; 106.65194座標: 北緯10度49分8秒 東経106度39分7秒 / 北緯10.81889度 東経106.65194度 / 10.81889; 106.65194
公式サイト Tan Son Nhat Airport
地図
タンソンニャット国際空港の位置
タンソンニャット国際空港の位置
SGN/VVTS
タンソンニャット国際空港の位置
タンソンニャット国際空港の位置
SGN/VVTS
タンソンニャット国際空港の位置
タンソンニャット国際空港の位置
SGN/VVTS
タンソンニャット国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
07L/25R 3,048×45 コンクリート
07R/25L 3,800×45 コンクリート
統計(2015年)
旅客数 26,546,475人
貨物取扱量 430,627t
発着回数 181,701回
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

タンソンニャット国際空港(タンソンニャットこくさいくうこう、ベトナム語Sân bay quốc tế Tân Sơn Nhất / 𡑝飛國際新山一英語: Tan Son Nhat International Airport)は、ベトナム社会主義共和国南部のホーチミン市郊外のタンビン区にある国際空港IATAコードは「SGN」であり、ホーチミン市の旧名サイゴンが由来である。ホーチミン市街中心部より北西約8kmの位置にある。かつてはサイゴン国際空港とも呼ばれた。

沿革[編集]

旅客ターミナル[編集]

新国際線ターミナル[編集]

国際航空需要の増加を受けて、国際線の新ターミナルが日本国政府ODAにより建設された。4階建ての新ターミナルは、10万平方メートルの面積で8つの搭乗橋を備え、年間800万から1,000万人の旅客に対応する。新ターミナルは2007年8月28日から利用が開始され、国慶節である9月2日に、グランドオープンした[1][2]

空港ラウンジ[編集]

ラウンジ(特別待合室)が設置されている。

  • APRICOT Lounge[3]

国内線ターミナル[編集]

元は国内、国際線共用のターミナルであったが、2007年8月に新国際線ターミナルの供用が開始されたことに伴い国内線専用ターミナルとなった。ベトナム航空やジェットスター・パシフィック航空などが利用している。

日本への謝意[編集]

日本のODAで作られた新国際ターミナルへの謝辞として、タンソンニャット国際空港国際線ターミナルの到着フロアの外を出た所に、ベトナム政府から感謝の言葉が書かれた石碑が埋め込まれており、日本語ベトナム語英語で書かれてある。

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

航空会社就航地
ベトナムの旗 ベトナム航空

日本 東京/成田大阪/関西名古屋/中部福岡

中華人民共和国 上海/浦東

アジア 香港台北/桃園高雄ソウル/仁川釜山プノンペンシェムリアップヴィエンチャンバンコク/スワンナプームクアラルンプールシンガポールジャカルタヤンゴン

オセアニア メルボルンシドニー

ヨーロッパ パリ/CDGロンドン/LHR[4]フランクフルトモスクワ/シェレメーチエヴォ

ベトナムの旗 ジェットスター・パシフィック航空 広州香港バンコク/スワンナプームシンガポール
ベトナムの旗 ベトジェットエア 東京/成田[5]大阪/関西ソウル/仁川台北/桃園高雄台中台南香港プノンペンバンコク/スワンナプームプーケットチェンマイクアラルンプールシンガポールヤンゴン
カンボジアの旗 カンボジア・アンコール航空 プノンペンシェムリアップシアヌークビル
ラオスの旗 ラオス国営航空 ヴィエンチャン(パークセー経由)、パークセー
タイ王国の旗 タイ国際航空 バンコク/スワンナプーム
タイ王国の旗 ノックエア バンコク/ドンムアン
タイ王国の旗 タイ・エアアジア バンコク/ドンムアン
マレーシアの旗 マレーシア航空 クアラルンプール
マレーシアの旗 エアアジア クアラルンプールジョホールバルペナン
シンガポールの旗 シンガポール航空 シンガポール
シンガポールの旗 ジェットスター・アジア航空 シンガポール
シンガポールの旗 スクート シンガポール
インドネシアの旗 インドネシア・エアアジア ジャカルタ
ブルネイの旗 ロイヤルブルネイ航空 バンダルスリブガワン
フィリピンの旗 フィリピン航空 マニラ
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 マニラ
フィリピンの旗 エアアジア・フィリピン マニラ
日本の旗 日本航空 東京/成田東京/羽田
日本の旗 全日本空輸 東京/成田東京/羽田
大韓民国の旗 大韓航空 ソウル/仁川
大韓民国の旗 アシアナ航空 ソウル/仁川
大韓民国の旗 ティーウェイ航空 ソウル/仁川
台湾の旗 チャイナエアライン 台北/桃園
台湾の旗 マンダリン航空 高雄台中
台湾の旗 エバー航空 台北/桃園
台湾の旗 ユニー航空 台北/桃園
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港
香港の旗 香港航空 香港
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京/首都
中華人民共和国の旗 中国東方航空 上海/浦東昆明
中華人民共和国の旗 中国南方航空 広州上海/浦東深圳
中華人民共和国の旗 四川航空 南寧杭州
カザフスタンの旗 エア・アスタナ アルマトイ
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ
カタールの旗 カタール航空 ドーハプノンペン
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ イスタンブール
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ
ロシアの旗 オーロラ ウラジオストク
ロシアの旗 S7航空 ノヴォシビルスク(季節運航)
フランスの旗 エールフランス パリ/CDG
フィンランドの旗 フィンエアー ヘルシンキ(季節運航)
オーストラリアの旗 ジェットスター航空 メルボルン[6]、シドニー[6]
ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 オークランド(季節運航)

国内線[編集]

航空会社就航地
ベトナムの旗 ベトナム航空 ノイバイ国際空港ハノイ)、ラックザー空港ラックザー)、リエンクオン国際空港ダラット)、バンメトート空港バンメトート)、カムラン国際空港カムラン)、フーカット空港クイニョン)、ダナン国際空港ダナン)、フバイ国際空港フエ[7]カットビ国際空港ハイフォン)、フーコック国際空港フークォック島)、トゥイホア、カマウ空港カマウ)、チュライ空港タムキー)、コンダオ、ヴィン国際空港ヴィン
ベトナムの旗 バンブー・エアウェイズ ノイバイ国際空港(ハノイ)、ダナン国際空港(ダナン)、フーカット空港(クイニョン)、ドンホイ空港ドンホイ)、トースアン空港タインホア)、ヴィン国際空港(ヴィン)[8]
ベトナムの旗 ジェットスター・パシフィック航空 ノイバイ国際空港(ハノイ)、ダナン国際空港(ダナン)、フバイ国際空港(フエ)、カットビ国際空港(ハイフォン)、ヴィン国際空港(ヴィン)
ベトナムの旗 ベトジェットエア ノイバイ国際空港(ハノイ)、ダナン国際空港(ダナン)

アクセス[編集]

空港の路線バス乗り場

2010年現在、空港連絡鉄道高速道路によるアクセスは整備されていないものの、前述のとおりホーチミン市中心部より8kmの好立地であり、市街地の中に空港があると言ってもよい事もあり、路線バスタクシーで中心部まで30分程度でアクセスが可能である。

路線バス[編集]

ながらく運行されていた152番バスは最終便が18時発[9][10]とかなり早めであったため、かつて深夜発着便の旅客が使えるバスは存在しなかった。2016年3月より、朝5時45分から深夜2時半(空港発最終)[11]まで運行する109番路線バスが開通し、市の中心部にあるベンタイン市場前ロータリーや9月23日公園と空港とを結んでいる[12]。運賃は初乗り12,000ドン、終点までは20,000ドン(2016年3月現在)[11]

ホテル専用車[編集]

宿泊するホテルに、専用車での送迎を依頼することもできる。通常中型セダン1台で片道20US$前後かかる。

鉄道[編集]

ホーチミン市都市鉄道が本空港に接続する計画があり、事業化調査が完了した状況である[13]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ベトナム航空、ホーチミン新ターミナル開業で国際線を移転−8月28日から
  2. ^ タンソンニャット国際空港のターミナルが変わります
  3. ^ JAL国際線 - ホーチミンシティ(タン・ソン・ニャット)国際空港(ラウンジサービス)”. JAL. 2017年1月8日閲覧。
  4. ^ ベトナム航空、ロンドンの乗入空港をガトウィックからヒースローに変更 FlyTeam 2015年1月13日付
  5. ^ ベトジェットエア、東京/成田〜ホーチミン線開設 7月12日からTraicy 2019年3月12日
  6. ^ a b ジェットスター、メルボルン・シドニー〜ホーチミン線を5月に開設 ベトナムへ初乗り入れTraicy 2017年1月30日
  7. ^ ベトナム航空、9月20日からフエ空港発着便の運航を再開 Fly Team 2013年7月29日付
  8. ^ https://www.bambooairways.com/en/travel-information/more-services/route-network/
  9. ^ Lonely Planet Vietnam PDF e-book 12th editioin. Lonely Planet Publications Pty Ltd.. p. 19. ISBN 978-1-74220-582-3 
  10. ^ 地球の歩き方 D21 ベトナム '12-'13. ダイアモンド・ビッグ社. (2010). p. 171. ISBN 978-4-478-04304-2 
  11. ^ a b SỞ GIAO THÔNG VẬN TẢI THÀNH PHỐ HỒ CHÍ MINH”. 2016年3月22日閲覧。
  12. ^ Trải nghiệm tuyến xe buýt 5 sao đầu tiên từ sân bay Tân Sơn Nhất vào trung tâm Sài Gòn”. 2016年3月22日閲覧。
  13. ^ ホーチミン:空港へのメトロ支線、FS調査完了―投資総額2.96億USD VIET JO 2019年1月7日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]