タクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ニューヨークイエローキャブや地域によっては黄色であることが多いが、日本ではそう定められてはいない。

タクシー英語: taxi)は、旅客が旅客自動車運転手に乗車の申し込みを行い、個別契約で旅客輸送を行う公共交通機関、およびその用に供する車両等である。一般的に自動車が用されるが、離島などでは船舶の場合もある。

鉄道やバスでは時刻や経路などの運行計画が予め設定され、一度に大量の旅客を輸送するのに対し、タクシーは旅客の意思によって運行内容が決まり、輸送人数も小規模、即ち柔軟性が高い特徴を持つ。

前史[編集]

17世紀のハックニーキャリッジの大型四輪馬車。画像はWalter GilbeyEarly Carriages and Roads (1903年) から。

が移動交通手段の中心を担っていた時代では、馬車は、人や荷物の輸送手段として多く用られていた。馬車を所有する者の中には運賃を収受することで、収入を得る者が現れ、タクシーの原型が作られた。日本では江戸時代からの駕籠(かご)や明治からの人力車などが主にその役割を担っていた。

仕組み[編集]

鉄道駅や市街地の路上に設置されたタクシー乗り場で、旅客が乗務員(運転手)に対して乗車の意思表示を行うことで乗車できる。乗車後、旅客が乗務員に目的地を伝え、乗務員が了解した時点で運送契約が成立する。目的地に到着したら、所定の方法で定められた運賃を支払うことで、その運送契約は完了となり、旅客は降車できる。運送契約は、一利用ごとの個別運送契約となる。

大都市部では旅客を乗せていないタクシーが走行しながら旅客を探す流し営業も行われており、この場合は挙手により乗車申込をするのが一般的である。電話やアプリによる注文を受け付けているタクシー会社もあり、それらを用いて任意の場所にタクシーを呼ぶこともできる。

ウーバー型配車サービスの普及[編集]

2009年アメリカで、顧客がインターネット予約システムを利用し、一般タクシーはもとより登録している一般車両を呼び出すUberに代表される新しいシステムの構築が始まり、2014年12月31日現在、世界で約200万人がUberを利用するなど急速に普及が進んだ[1]。なお、日本では、無許可で乗客から料金を得て旅客輸送を行う事は法令により禁じられている[2]。世界的な普及が拡大する一方で、各国で既存の規制等との軋轢が生じているほか、一般者がサービスを提供することに起因する犯罪も問題視され始めている[3][4]

料金制度[編集]

タクシーは一度の輸送契約ごとに運行内容が異なるため、鉄道やバスのように区間を定めて運賃(料金)を設定し、運賃表などの方式で旅客に対し提示することが困難であるため、運行距離や時間に基づき、以下のような方法が採られる。

メーター制[編集]

車内に運賃を表示するタクシーメーターが設置され、走行距離や時間により運賃を決定する方式である。メーター内の計時機構とタイヤの回転数を取得することで料金の表示が変動する。メーター制の料金は主に基本料金(初乗り)と爾後料金(その後)で構成されるが、低速時は距離ではなく経過秒数に基づき料金が加算を行う場合もある。例えば東京都多摩地域武蔵野市三鷹市を除く)の場合、「初乗り1200mまで500、以後257m毎に100円を加算、時速10キロ未満走行時は95秒ごとに100円を加算」という体系である。
タクシー事業者に対しタクシーメーターの利用を義務づける法律がある場合、旅客が料金交渉を行うことと、乗務員がその料金交渉に応じることはいずれも違法となることが多い。

交渉制[編集]

乗車前に運転手と交渉し、料金を決める方式。メーターの設置費・維持費はかからないが、交渉力の差で料金が変わってしまうため、公平性・明朗性に欠ける。発展途上国にこの方式のものが多いが、例えば、アメリカであっても、ニューヨークなど一部の大都市を除くと、比較的多く見られる。これは、メーターの正確性について、公的な担保が得られていないことが一因と思われる。日本でも「円タク」という営業形式があった。

チップ[編集]

一部の国(主に欧米文化圏)ではチップの概念があり、提示された料金よりいくらか上乗せして払う慣習がある。ヨーロッパ北アメリカの国々では料金の10%-15%程度をチップとして上乗せして支払う。他の国では、釣り銭端数にあたる金額を運転手に渡したりすることでチップとする場合もある。

運転手はチップを受取れることで、乗客に満足してもらいたい気持ちから、旅客の荷物の積み降しといったサービスをする事がある。

乗務員[編集]

指定の場所に旅客を安全に輸送する為、運転手(乗務員)には安全運転の知識・技術のほかに、自分が営業する区域の地理知識が必要とされる。近年ではカーナビゲーションシステムの利用により遠方への輸送が可能になっている。

国、地域によってはタクシー運転業務に従事するのに特別な資格・免許などが必要な場合がある(例として日本二種運転免許や大都市部における地理試験、ロンドンタクシーノリッジ試験ニューヨークイエローキャブのメダリオン、韓国のタクシー運転資格など)。

営業に必要な運転免許証や資格要件や車庫設備がなく自家用車などを用いて違法に営業するタクシーを白タクという[2]。空港や大都市中心部などでタクシーを利用しようとしている人に声をかけ、乗車後に高額な料金を請求したり、金品を奪われたりする場合がある。白タクの「白」は、日本において正規のタクシーのナンバープレートが事業用を表す緑色なのに対して、自家用車のナンバープレートが白色であることに由来する。

特筆例として、日本では深夜時間帯などで女性がタクシー乗務員としてに従事していることが挙げられる。これは日本の治安状況が良いという事情によるものである。諸外国においては男女平等が徹底している欧米先進国においても、タクシーの運転に関しては女性の進出はほとんど見られない。なお、台湾においては、夜間に女性が安心して乗車できるよう、女性乗務員のタクシーを呼び出すサービスを行うタクシー会社もある。

車両[編集]

主に4ドアセダン型の乗用車が使われるが、ロンドンタクシーなどのように専用車両が用いられている例もある。また、ニューヨークのイエローキャブに代表されるように都市ごとに統一された塗装が施されている場合と、日本では、同じ都市内でも塗装色が異なる場合がある。

後部座席のドアは、運転手が乗客に代わって運転席から開閉するドアを採用している国がある。このドアの仕組みをタクシーに採用したのは日本が世界初であり、本来の意味とは違うが自動ドアと呼ばれる。初期のものは完全な手動であり人力で開閉されていたが、負圧(エンジンの吸気負圧)やを利用してドアを開閉するのもある[5][6]。スライドドア式の車両を中心に電動のものもある。現在の香港のタクシーでも、同じ仕組みが用いられている。

日本のタクシー[編集]

日本では、複数の登録乗務員と許可を受けた複数の営業車両で営業する「法人タクシー」と、経営者と運転者が同じで一両のみ営業運行する「個人タクシー」に分類されている。

塗装[編集]

一部の国では、道路上で目立つように特定の色で塗装されている。

タクシーに使用される主な車種[編集]

アメリカ合衆国ニューヨークシカゴなど)

1970年代後半から80年代にかけてプジョー・504、505、また1990年代後半にはいすゞ・オアシスホンダ・オデッセイ(初代)のバッジエンジニアリング車)が採用されたことがあるが、耐久性の面で難があった事からいずれも早期に廃車となった。

カナダトロントバンクーバーなど)
インドネシア
インド
オーストラリア
シンガポール (Taxicabs of Singapore)
ベトナム
  • トヨタ・ヴィオス、トヨタ・イノーバなど
タイバンコク
ドイツフランクフルト
フィリピンマニラ
フランスパリ
北欧諸国(スウェーデンストックホルムフィンランドヘルシンキデンマークコペンハーゲンほか)
  • ボルボ、メルセデス・ベンツ・Eクラスなど
ロシアモスクワ
  • シュコダオクタヴィアを使用している場合が多く、車体は黄色に塗られている。無線予約が可能なタクシー会社も存在しているが、需要に対してタクシーの台数が少ない事から、一般車のドライバーと料金交渉の上でタクシーとして利用する、いわゆる「白タク」の利用が一般的である。
韓国
中国上海北京
香港香港的士 (中国語版)Taxis of Hong Kong (英語版)
マカオ
台湾台北(計程車)

なおこれらの他にも、個人タクシーやタクシー会社ごとの方針などにより他の車種を利用している場合もある。例えば、東京都内では、トヨタ・クラウンアスリートメルセデス・ベンツSクラスBMW・7シリーズを利用した個人タクシーが実際に営業している。

世界のタクシーの画像[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 配車サービスUberにタクシー業界が「待った」”. 東洋経済オンライン (2015年1月18日). 2018年5月12日閲覧。
  2. ^ a b 白タク・白バス 警視庁”. www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp. 2022年6月24日閲覧。
  3. ^ 性犯罪に問われたウーバー運転手、全米で100人超”. CNN (2018年5月5日). 2018年5月12日閲覧。
  4. ^ 中国「滴滴」乗客女性の他殺体、運転手が逃走中”. 東方新報 (2018年5月11日). 2018年5月12日閲覧。
  5. ^ 中原特殊九州有限会社 製品情報
  6. ^ トーシンテック株式会社 商品紹介

関連項目[編集]

自動車以外の乗り物を使うタクシー[編集]

タクシーの文化[編集]

違法営業[編集]

外部リンク[編集]