オーシャン・ライナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
最後の大西洋横断定期航路専用客船となったクイーン・エリザベス2

オーシャン・ライナー英語: Ocean liner)は、スケジュールに従って大洋を渡る船である。定期航路に就いた旅客船貨物船を指し、旅客輸送貨物輸送を行う。遠洋定期船(えんようていきせん)や大洋航路船(たいようこうろせん)とも呼ばれる。

概要[編集]

オーシャン・ライナーは一時的に船旅や軍隊の輸送など他の目的で使用されることがあっても、貿易に携わることを前提条件に設計されており、比較的近距離を運航されるフェリー、観光目的に周遊路を運航されるクルーズ船や近海の貿易に従事している船を含まない。そのため、外洋において波浪や不測の事態に耐えるため強固に建造され、数日や数週の航海で消耗する燃料やその他物資を搭載するため、搭載能力が大きい。

ロイヤル・メール・シップ[編集]

セントヘレナ島ジュームズ湾に碇泊中のセントヘレナ号

ロイヤル・メール・シップ(Royal Mail Ship 王立郵便船)は、ロイヤルメールとの契約により郵便物の輸送に使用される船舶に使用される艦船接頭辞である。RMSとして指定された船舶は、航海時にロイヤルメールのペナントを掲げる事とロイヤルメールの"王冠"のロゴを含む識別標識の両方もしくはどちらかを掲げる権利を有し[1][2][3]、1840年から指定された[4]。多くの船舶に使用されたが大半は郵便輸送の割合が多いキュナード・ライン[1][5]ロイヤル・メール・ライン英語版ユニオン=キャッスル・ラインと関係していて伝統的にこれらの会社の多くの船舶が"RMS"を冠している。

カナダ太平洋鉄道の太平洋横断航路においても、RMS エンプレス・オブ・ジャパン英語版(RMS Empress of Japan)、RMS エンプレス・オブ・チャイナ英語版(RMS Empress of China)、RMS エンプレス・オブ・インディア英語版(RMS Empress of India)の3隻が建造され、1891年からバンクーバーとアジアの各地の定期便の運行を開始した[6]

2016年6月現在、定期航路に就航しているロイヤルメールシップはセントヘレナ号(RMS St Helena)のみで、南アフリカ共和国ケープタウンセントヘレナおよびアセンション島を結ぶのが基本的な航海日程であるが、年に2回イギリス本土ドーセット州ポートランド英語版までの航海が行われている。しかし、セントヘレナ空港英語版の開港に伴い、2016年9月27日をもって引退する予定である[7]

関連用語[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Royal Mails employees Courier newspaper page 20 August 2007
  2. ^ QM2
  3. ^ United Kingdom - Royal Mail
  4. ^ 「タイムズ」の最初の引用は1840年8月18日からである。
  5. ^ Maxtone-Graham, John et al.(2004). Queen Mary 2, p. 184.
  6. ^ Kennedy, John.(1903). The History of Steam Navigation, pp. 147- 151.
  7. ^ Final Voyages - RMS St Helena(英語)”. 2016年6月21日閲覧。

外部リンク[編集]