フリー乗降制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フリー乗降区間が示された路線図(西鉄バス

フリー乗降制(フリーじょうこうせい)とは、バス停留所以外でも路線上の任意の位置でバスに乗降できる制度。自由乗降制とも呼ばれており、対象区間をフリー乗降区間自由乗降区間と称する。また、フリー乗降制を行っているバスのことを「フリーバス」と呼ぶ事業者もある[1]

説明[編集]

正面方向幕の隣に"Hail and ride"ステッカーを掲出した英国デヴォンのバス

乗車時にはバスに向かって手を挙げるなどして合図する。降車時は停車位置の50m手前までに押しボタンや口頭で運転士乗務員に停車場所を申し出る。停留所以外の場所で乗降が可能だが、道路交通法等により駐停車が禁止されている場所、停車すると危険な場所などでは乗降できない。

フリー乗降区間で後続車との接触事故を避けるために、事業者は路上や車体等に停留所以外でも停車することがある旨の掲示をして注意を促している。また、山間部等の見通しの悪い区間を運行する場合には、車外スピーカーから音楽を流してバスの接近を知らせることもある。

事業者や路線によっては、降車は路線上の任意の場所で取り扱うが、乗車は停留所でしか取り扱わない場合もある。これをフリー降車制という。

この制度は日本特有のものではなく、イギリスオーストラリアにおいても"Hail And Ride"の名で同様のサービスが実施されている。

日本の主な採用事業者[編集]

北海道[編集]

東北地方[編集]

関東地方[編集]

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州地方[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北陸鉄道株式会社. “フリーバスについて”. 2015年12月15日閲覧。
  2. ^ 始発停留所を起点に21時以降最終まで実施。
  3. ^ 久米南口 - 南白橿間において9時30分から15時30分の間と20時以降最終まで実施。