方向幕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

方向幕(ほうこうまく)とは、公共交通機関の行き先や運行区間、路線名などを表示するため車両に設置される幕を使用した装置である。Rollsign(ロールサイン)とも呼ばれる。

本項目ではヘッドマークについても記述する。

方向幕の例(バス)
車両から取り外した幕フィルム(小田急電鉄列車)

概説[編集]

列車バス等の車両前面や側面に設置される。 行き先のみを表示する装置は「行先字幕」や「行先表示幕」、種別を示す装置は「種別幕」、系統番号や経由地を表示する装置は「系統幕」と呼ぶ場合がある。行き先と合わせて種別を表示したり、系統幕に種別を表示することもある。

日本では、鉄道の日車両基地などの催しで廃品として販売され、短時間で完売になることも多い人気のコレクターズアイテムである。ネットオークションなどでは高額で取引されており、マニアによって方向幕を盗難される場合もある[1]

1990年代以降は発光ダイオード (LED) を使った行先表示器が多用されるようになった。新規製作車両のほとんどがこのLED表示器を装備しているほか、方向幕をLED表示器に交換するケースも多い。

英語ではロールサインといい、バスのロールサインのデザインは部屋の壁面を飾るディスプレイにもよく利用される[2]

鉄道[編集]

日本[編集]

表示内容[編集]

主に、列車の終着駅路線名が記載される。経由駅や列車種別を加えたものや、終着駅と路線名を組み合わせた表示もある。また、決まった区間を往復する列車では、両端の駅を表示する場合がある。

路面電車では、最終便の表示のみ赤色としたり、その1本前の便の表示を緑色にする例がある。列車種別を記載している場合は、種別を色分けしたり、走る路線のラインカラーを加えている例もある。

設置箇所[編集]

車両の正面及び側面に設置される。正面の表示の多くは運転席窓の上部または下部に設置される。側面の表示は窓の上部に設置される。いずれか、あるいはどちらにも無い車両も存在する。

方向幕の切り替え[編集]

ダイヤル式字幕表示機操作盤の例(小田急5000形電車

方向幕は手動、または電動で切り替えられる。手巻きの幕は、幕の内側に番号が小さく記入されており、ハンドル近くに掲出された行先対照表と照らし合わせながらハンドルを回して表示させる場合が多い。

電動幕は、乗務員室に装備された指令機により、編成中の全字幕表示機を操作する。電動幕の初期の採用例としては国鉄481系電車長野電鉄0系電車が挙げられる[3]。私鉄によっては、東武8000系10000系等ダイヤルではなく列車種別ボタンと行先ボタンを押して表示内容を決定するものがある。また、ダイヤル式指令機では、小田急電鉄や遠州鉄道などのように、表記されているのが数字ではなく表示内容になっている事業者も存在する[4]

電圧比較式、パルスコード式などスムーズに動くものは、国鉄では201系や205系など1980年代以降に新造された車両などに多い。同期進段式は、コマごとに一瞬停止する。電動式方向幕を搭載し始めたばかりの頃からの一般的だったもの。103系113系183系など国鉄中期以降に製作された車両に多い。

路面電車における系統表示[編集]

系統のみ表示する装置は、大阪市電、南海電鉄阪堺上町線(現阪堺電気軌道)などに見られる程度で、ほとんどが方向幕に行き先と系統番号が一緒に表示される。大阪市電は戦前は「いろは」表示であったが、戦中に番号に変更した。

韓国[編集]

韓国の地下鉄において、日本と同様の方向幕がある。最近は、LED化されている車両が多くなっている。通常は、行き先をハングルと英語で併記(LED車の場合、ハングルと英語を交互に表示、光州地下鉄では日本語でも表示)し、首都圏電鉄急行(日本の快速に相当)では、日本のような「種別 行き先」ではなく「行き先 急行 (Rapid)」と表示されている。ただし、循環運転を行っているソウルメトロ2号線では、内回り電車を「内線循環 (Inner Circle Line)」、外回り電車を「外線循環 (Outer Circle Line)」とだけ表示されている。かつては単に「循環(Circle line、その後 Circulation に変更)」とだけ表示されていた。またソウル特別市都市鉄道公社6号線では、一部がループ線になっているので、ループ線のある鷹岩方面に向かう際は「鷹岩循環 (Eungam Loop)」、鷹岩ループ線を過ぎると「峰火山」と途中で行き先が変わる。いずれも、途中どまりの列車の場合、通常通り行き先を表示する。なお、ソウルメトロ2号線、6号線は1号線と違い、右側通行なので注意が必要である。

中国[編集]

中国の鉄道では、日本と同じLEDタイプの方向幕がある。その殆どが「开往○○」(○○ゆき)と書かれている。

台湾[編集]

台湾の台湾鉄路管理局では、種別ではなく、列車名で管理されているため、方向幕には、列車名、行き先が表示されている。また縦貫線において、途中で線路が「山線」と「海線」に分かれるため、どちらを経由するかが記載されている。LED化された車両の場合、号車→列車番号→種別(列車名)→経由→行先の順に表示される。

インドネシア[編集]

インドネシアKRLジャボタベック (PT.KAI) の各車両にも方向幕が装備されており、行き先と列車種別が表示されている。

バス[編集]

日本[編集]

バスの正面(左)と側面(右)の方向幕 バスの正面(左)と側面(右)の方向幕
バスの正面(左)と側面(右)の方向幕
フルカラーLEDを使用した行先表示

バス前面、側面、後部に表示される。側面の表示には多数の経由地が掲載される。

路線バス後部の方向幕は、北海道では装備していない事業者が多い。1950年代には装備されていたが、1970年頃導入の新車から廃止が始まった。なお、現在はじょうてつバスでは1997年 - 2000年に自社発注で導入、及び札幌市営バスから引き継いだ同時期のバス車両には、方向幕のLED化と並行して後部に方向幕が装備されるようになった。2010年代に入るとフルカラーのLED表示がバスにも波及し始めている。

この他に、かつては名古屋鉄道2004年名鉄バスに分社)が1970年代(おおむねディーゼル車の排出ガス規制がK-(昭和54年規制)の適用を受けていた時期まで)に導入していた路線車両でも、後部方向幕を装備していない車両が多かった。また、遠州鉄道も交通バリアフリー法が施行されるまでの導入車では、後部方向幕を装備していなかった。また、東武バスでは、観光地を除くと最後の利根川以北の車庫であった境車庫の配置車は、朝日自動車に移管される2000年まで後部方向幕の装備車は無かった。

表示の形式[編集]

表示の形式 解説 表示例
終点のみを表示 「(終点)」
(終点のみ表示)
系統番号などが付加されていないか表示する必要のない路線の経由地を明記する必要のないもの
Bus houkoumaku mae A a.jpg
経由地と終点を表示 「(経由地)(終点)」
(経由地と終点を表示)
系統番号などが付加されていないか表示する必要のない路線の経由地を明記する必要のあるもの
Bus houkoumaku mae B a.jpg
系統番号などと終点を表示 「(系統番号など)(終点)」
(系統番号などと終点を表示)
系統番号などが付加されている路線で経由地を明記する必要のないもの
Bus houkoumaku mae C a.jpg
前面(系統幕が独立しているタイプ。この例では系統幕に番号ではなく種別を表示している、また系統幕をのぞいた方向幕では終点のみの表示の例と見ることも出来る。)
系統番号などと始点終点両方を表示 「(系統番号など)(始点)-(終点)」
(系統番号などと始点-終点を表示)
系統番号などが付加されている路線で経由地を明記する必要のないもの
短距離区間の場合や、使用頻度が低い表示のコマ数節約で見られる。
Bus Rollsign(Front) Mizue Sta.-Seisokojo.JPG
系統番号などと経由地・終点を表示 「(系統番号など)(経由地)(終点)」
(系統番号などと経由地さらに終点を表示)
一般に上に該当しないもの
前面
前面(系統幕が独立しているタイプ。系統幕をのぞいた方向幕では経由地と終点のみの表示の例と見ることも出来る。)
大まかな地名と終点を表示 「(地名(終着)地名)」
「(地名(終着))」
終着停留所名ではあまりに細かすぎる場合は、市町村名や広域地名を表示させてわかりやすくする場合がある(中距離系統や団地路線に多い)
行き先となる大まかな地名を大きく記載し、停留所名を小さく表記した例

系統番号や経由地などが別の幕に記載されることもある。また高速バス、都市間バス、中距離・郊外路線、近距離団地路線などでは、終着の停留所名ではなく都市名或いは大まかな地名を記載し、わかりやすくする場合(例:「都城」、「つくば・土浦」、「○○団地」など)や究極的には終着停留所名と一致しない場合(「新鹿沼」)もある。これらは、ターミナルなどでインデックスの役割を果たすためである[5]

また、行き先となる駅の所属路線名やバス路線向かう方向などの情報を方向幕の地の色によって示している路線もある。

経由地表示の切替[編集]

循環線の表示例(昭和バス

循環線などの場合、ひとつの方向に対して複数の表示を用意し、適当な停留所を通過するごとに乗務員が操作して表示を変えるという形をとる場合が多いが、始発から終点までの経由地を矢印でつないだりすることでひとつの表示にまとめることもある。またLED式の場合、表示の変更が容易なため、走行中に途中経由地の表示を変えることができる(西鉄バスなど)[6]

幕式のものと違って物理的な限界がないため、メモリーカードの容量の上限までコマ数を増やすことも可能である。

最終便・深夜バスの表示[編集]

事業者によっては、幕を照らすランプの色を変えて最終の1本前(緑色)・最終(赤色)を示しているところがある(LEDに取り替えられた路線では端のLEDの点灯色を赤や緑として示している)。また東急バス横浜市営バスなど、幕自体の地色を変えて深夜バスである旨を示す事業者もある。前述の2社はともに緑地に白文字、LEDでは緑枠としている。

  • 東京・埼玉を走る国際興業株式会社ではLED幕の際に「行先」と「最終バス」を交互に表示している。(例:最終バス THE LAST BUS→池55 小茂根五丁目)のように表記される。側面・後面は日本語のみターンされる。
  • 東武バスでは、本来系統が表示される部分に「終バス」が表示される。(例:北01 西新井大師→終バス 西新井大師)

その他の表示[編集]

種類 解説 表示例
回送中 「回送」「回送中」「回送車」 回送中のバスであり利用できないことを表示。多くのバスに「回送」もしくは「回送車」のいずれかの幕がある。一部の事業者では、「すみません回送中です」と表記する場合もある。
神姫バスの例
貸切 「貸切」 路線バス車を特定の団体等が貸し切っていることを表示。
貸切表示の例(正面)
臨時 「臨時」 イベント等の多客時に設定される臨時運行であることを表示。
臨時表示の例(正面)
代行 「代行バス」「列車代行」「鉄道代行」 災害等により鉄道が不通となった際に設定される鉄道代行バスであることを表示。
代行バス表示の例(正面)
事業者名 「○○バス」「○○交通」 該当する表示幕が存在しない場合等に表示。
事業者名表示の例(正面)
フリー乗降 フリー乗降のマーク等 フリー乗降区間を含む系統の場合に表示。
フリー乗降表示の例(正面)
乗降中 「乗降中」 停留所において利用客が乗降中であることを表示。
乗降中表示の例(後面)
教習車 「教習車」「研修」「研修車」 社員教育や新路線・経路変更路線の開設準備による教習などにより、教習中のバスであることを表示。
教習車表示の例(正面)
緊急事態表示 「SOS」「緊急事態発生」 テロバスジャックなど緊急事態が発生した場合に表示。
緊急事態表示の例(正面)
緊急事態表示の例(側面)
故障車 「故障車」「けん引中」 車両故障で緊急点検を行う際や、自走不可能となり救援バスによりけん引移動となった際に表示。東京都交通局などで使用されている。

また、イベントではないが、停車中に後方の表示機に「衝突注意」を表示するバスもある。

青森県弘南バスでは他社局から購入した車両の内、後部方向幕を装備している車両は、方向幕の上に広告ステッカーを貼っている。なお、弘南バスでは幕表示の車両は五所川原市内循環100円バスのみ後部方向幕を使用していたが、2012年初夏の車体更新で後部方向幕を撤去した。但し、2016年10月1日の路線再編により、前方方向幕の使用を開始[7]した。

特殊な例として、熊本県内を走る熊本バス産交バスでは、車両の後方方向幕は(LEDのものを除き)現在「熊本バス」、「産交バス」と社名表記に固定された状態となっている。また、青森市営バスでは、車両の後方方向幕は電光表示ものを除き、表示窓の部分に「青森市営」のステッカーを貼っている。

また、イベント時には特別なイラストやデザインを施した行き先表示を行うことがある。例として、西鉄バスではAKB48 41stシングル選抜総選挙開催の折に、変更が容易なLED表示機の利点を生かして前面や側面を当該イベント仕様にしたバスを運行したことがある。[8][9]

方向幕表示パターンの多い例として、神奈川中央交通大和営業所に240表示の製品が納入されたことがある[10]

設置箇所[編集]

正面・側面・最後尾に設置されるが、何かがない無い車両や一部をサボなどで表現する車両も存在する。

  • 側面の幕に関しては、入口側のドアに近い位置に設置される事がある。
  • 乗り降りのドアが変更になった場合やどちらからも乗り降りする車両などには、側面の方向幕がドアから遠いときもある。

中国[編集]

中国では前面および側面に3桁表示が可能な7セグメントディスプレイのみ設けられていて、バス停に番号に対応する停車表が設置されている。

韓国、台湾[編集]

韓国、台湾では、路線番号とともに両端のバス停名を表示しており、バスを見ただけでは、それがどちら側に行くのかわらない場合が多い。そのため、フロント部分に行き先を記載した紙が掲示してある場合もある。なお、韓国のバスは、行き先や経由地等をバス車体に直接貼り付けたものが多く、その路線でしか使用できないのが大半である(日本のような、回転式の方向幕がついていない車両が大半)。表示は、現地語でしか表示していないことが多かったが、近年導入されている新型車では、LED式表示器を利用したものが多く、現地語と英語(釜山広域市蔚山広域市の市内バスの一部は日本語、中国語も表示)を交互に表示するようになった。またLED表示機では、先述の鹿児島市交通局のように、設定により行き先以外の内容を表示させる場合もある。台湾の統聯客運などでは、左折、右折、発車の際の後続車への注意喚起、自社のバス路線宣伝や、旧正月前後に「謹賀新年」などと表示されている。

ヘッドマーク[編集]

トワイライトエクスプレス」ヘッドマーク

ヘッドマークとは、鉄道車両バスの列車・系統番号等を示すために先頭部・後尾部・車体側面に取り付ける板ないしは表示幕のこと。板状のものは愛称板(あいしょうばん)とも称される。また、後尾部に取り付けられているものをテールマークともいい、ブルートレインではブームとなった1979年頃から盛んになっている。先頭部に付けられた、板状で主に目的地を記したものは、鉄道ファンの間で俗に前サボとされ珍重される。意味としては「前サインボード」。

鉄道[編集]

日本では、特急列車に使用される列車愛称とそれにちなんだ絵柄を用いたものが広く知られている。

戦時中、特急の運転を中止していた日本国有鉄道は1949年、特急へいわの運転によって特急の運転を再開。へいわは翌1950年特急つばめと改称される。この時大阪鉄道管理局の明石孝が、列車の最後尾につけられるテールマークを機関車の前面にもつけることを発案。これがヘッドマークの起源と言われている[11]

電車・気動車の特急形車両は当初白地に紺色文字[12]で日本語、赤文字でローマ字標記をしていたが、1978年10月改正を皮切りにイラストの採用が始まり、1985年3月改正までに全ての特急列車がイラスト入りヘッドマークに変更された[13]。国鉄分割民営化後は783系を筆頭に愛称表示器を装備しない特急車両が次々と登場したことから[14]、ヘッドマークを装備した特急列車は全体的に減少傾向にある。その一方、651系では新たにLEDを使用したヘッドマーク表示装置を開発、多彩な表示が可能なことから他社でも追随する例が出ており、国鉄型車両でもヘッドマークをLED式に改造した車両が登場している。

新幹線車両は前面部への取り付けが技術的に困難である。ただし、新幹線車両であっても「鼻」とも通称された連結器カバーを持つ車両(0系100系200系)では装飾実績があり、1987年3月の国鉄分割民営化時や各車両の引退時などでマークが付けられた実績がある。2003年に開催された日本シリーズでは、開催地が山陽新幹線沿線であったことから700系電車の前面窓下に福岡ダイエーホークス(当時)阪神タイガース両球団マークを貼り付け、『ホークス・タイガース応援列車』として走行している。

1970年代には特急列車のうち、定期客車列車が寝台列車による運行のみとなったことにより、合理化・省力化のため牽引機関車にヘッドマークを設置しない事例が多かった[15]。これは、当時の労使関係によるところが大きいとされているが、例外的に東京機関区電気機関車の運行を担当した東京駅発着で東海道山陽本線経由の列車(いわゆる、九州ブルトレ群)については設置されていた事例が多い[15]。通常運行される特急列車以外では、イベント列車、記念列車、あるいは車両の引退間際や車体広告の一環として特製のヘッドマークがつけられることがある。

定期の貨物列車においては長らくヘッドマークが取り付けられる事が無く、コンテナ専用列車「たから」(1959年11月運行開始)の車掌車にテールマークが取り付けられた程度であった。定期貨物列車にヘッドマークが設置されたのは、1986年11月1日国鉄ダイヤ改正で運行開始した「スーパーライナー」(東京貨物ターミナル駅新鶴見信号場 - 幡生操車場下関貨物駅間)6本で、牽引を担当した吹田機関区EF66形に取り付けて運行された。以降は旅客列車と同様合理化・省力化のために取り付けは基本的に行われていないが、2000年代以降では毎年夏~秋ごろに広島車両所が一般公開の告知を兼ねて、ヘッドマークを装着して運行している[16]

JR以外の鉄道会社では通勤形車両にヘッドマークを装着することが多く、その中でも阪急電鉄京阪電気鉄道西武鉄道京王電鉄大手私鉄4社は定期列車へ積極的にヘッドマークを装着している。一方私鉄の中には専用の特急形車両を保有する事業者もあるが、これらの車両のヘッドマークは文字のみというケースが多い。

バス[編集]

列車と同様のヘッドマークをバスにも使用した例 列車と同様のヘッドマークをバスにも使用した例
列車と同様のヘッドマークをバスにも使用した例

バスでは、愛称や系統を示すためにヘッドマークが掲出される。例えば都営バスでは、都市新バス系統の車両について、フロントガラス下部にヘッドマーク(丸型)+愛称板が取り付けられている。過去には、冷房車であることを示すヘッドマークなどが掲出された例もある。

また、特定の列車に接続するバスに、列車と同様のヘッドマークを掲出することもある。例えば、1987年から数年間、小田急電鉄小田原線で休日朝の急行のうち1本を「丹沢号」として運行した際に、渋沢駅で当該列車からの接続を受ける神奈中バス大倉行きに、同じデザインの「丹沢号」ヘッドマークを掲出した。

前面下部にマグネットによる取り外し式のヘッドマークを掲出している四條畷市コミュニティバス

この他に観光地観光イベントの宣伝目的で、京都府京都京阪バスでは、京阪宇治バス時代には観光客への沿線のアピールおよびイベントの宣伝として2006年度より一部のバスの前面に数種類のヘッドマークを装着していたが、現在は廃止された。京阪バスでも四條畷市コミュニティバスや、現在廃止されたくるっとBUSや八幡市南北線で運用の車両については磁石式のヘッドマークを取り付ける(但し一般系統などに充当される場合は外される)。

これに似たケースとして「バスマスク」、俗称として、「よだれかけ」などと呼ばれるものがある。これはフロントガラスの下に布を張る(垂れ幕を下げる)方式であり、近年多く見られる。

バスマスクの例(PASMOご利用いただけます) バスマスクを行き先表示として使用した例(神奈川中央交通の厚101系統)
バスマスクの例(PASMOご利用いただけます)
バスマスクを行き先表示として使用した例(神奈川中央交通の厚101系統)

都営バスにおいても過去に「都市新バス開通」・「tobus.jp広告」・「都議会議員選挙啓発」・「西葛01試験運行」(該当路線運用車のみ)など多数の実績がある。また、PASMO導入路線では、導入開始後からしばらくの間は、「PASMOご利用いただけます」と書かれたピンク色の幕を下げて運行することとなっている。また京阪バスでは各種イベント及びキャンペーン実施時に、及び寝屋川営業所管内では寝屋川警察署によるひったくり防止運動の垂れ幕を掲出する。ことでんバスでは本来専用塗装車両が使用されるショッピング・レインボー循環バスやイオン高松線が検査などのため一般車両で運行される際に垂れ幕を掲出している。また、方向幕が幕式の頃は、運行頻度の少ない路線において、方向幕の代用として掲出するケースもみられた。

脚注[編集]

  1. ^ 「オークションで高く売れる」 廃車予定のJR表示幕盗んだ疑い http://news.yahoo.co.jp/pickup/6182392
  2. ^ 『部屋を心地いいインテリアにする本』学研プラス、2015年、49頁
  3. ^ 小林宇一郎「新車インタビュー 信濃路のイキな通勤型新車 長野電鉄 OSカー『鉄道ファン』1966年4月号(NO.58)、鉄道友の会、1966年4月1日、 35頁。
  4. ^ 保育社『日本の私鉄2 小田急電鉄』p157 ISBN 4586532025
  5. ^ 宇都宮駅バスのりば
  6. ^ http://m-tech.nnr.co.jp/cardevice/led.html
  7. ^ これまでは、方向幕を使用せず、表示窓の上に固定表示していた。
  8. ^ “AKB48総選挙会場行き臨時バス運行” (pdf) (プレスリリース), 西日本鉄道, (2015年6月5日), http://www.nishitetsu.co.jp/release/2015/Information/15_i_027.pdf 2015年6月9日閲覧。 
  9. ^ 柴田進 (2015年6月5日). “西鉄、AKB48総選挙会場行き臨時バスを特別な行先案内表示で運行”. トラベル Watch (インプレス). http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20150605_705689.html 2015年6月9日閲覧。 
  10. ^ 方向幕製作メーカー 株式会社交通電業社公式「FAQ」ページ[1](2010年10月18日閲覧)より。
  11. ^ 鉄道ファン」1990年2月号 p.136 交友社
  12. ^ 583系は黄緑または黄色文字を使用。
  13. ^ 「鉄道ファン」1985年4月号 p.124
  14. ^ 一部の車両では車両形式や列車名をエンブレムやロゴとして表示しているものもある。
  15. ^ a b 『鉄道ジャーナル』1998年6月号別冊 P54 (鉄道ジャーナル社、1998年)
  16. ^ EF66 36に「広島車両所公開」ヘッドマーク 鉄道ホビダス 2016年9月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]