貨客混載

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

貨客混載(かきゃくこんさい)とは、貨物旅客輸送、運行を一緒に行う形態のこと。鉄道路線バスタクシー飛行機フェリーなどで行われる。多くの場合、旅客が滞在するスペースと貨物を積載するスペースは明確に分離される。対語は客貨分離ヤマト運輸などでは、客貨混載(きゃくかこんさい)と表現している[1]。英語では貨客混載仕様の輸送機器や運用をコンビと呼ぶ。

21世紀における日本の動き[編集]

日本では、効率の良い大規模輸送や高頻度輸送を目的として客貨分離(例:混合列車荷物列車郵便車の廃止等)が進められてきた経緯がある。しかしながら21世紀に入ると、二酸化炭素排出量削減などの環境問題や地方で進行し始めた人口減少対策、さらにトラックドライバー不足などにより、客貨分離が必ずしも効率的ではない状況も見られるようになった。

2011年、ヤマト運輸が環境負荷の軽減を目的に京福電鉄(嵐電、京都府)を利用した宅配便輸送を開始。2015年6月には、ヤマト運輸がトラックドライバー不足を補う目的で岩手県北自動車岩手県)を利用した宅配便輸送を、県庁所在地の盛岡市三陸地方宮古市間で開始した>。こうした動きを背景に同年12月に開催された、交通政策審議会社会資本整備審議会では、過疎地物流網を維持するために、バスや鉄道の輸送力を活用した貨客混載の検討を進める必要があること。また、都市内物流でも、トラックドライバー不足対策の観点から旅客輸送力を活用した貨物輸送を検討べきとの指摘を行った[2]。以降、ヤマト運輸が宮崎交通宮崎県)を、佐川急便北越急行新潟県)を利用するといった事例が拡大、さらには宅配事業者が共同で東京メトロ東京都)を利用し、荷物輸送を行う構想も浮上している[3]

2017年国土交通省過疎地などで、貨物自動車(ライトバンツーリングワゴン等)に旅客を乗せる事例等の解禁や、従来存在した乗り合いバス(路線バス)による貨物輸送の重量制限(350kgまで)を撤廃する規制緩和を9月1日から実施した[4][5]

2017年11月1日、北海道旭川市の旭川中央ハイヤーは、佐川急便と共同で、乗り合いタクシーを利用した戸別配送事業を開始した[6]

貨客混載は国鉄時代に存在した、いわゆる荷物車とは規模がかなり小さいため、異なる概念となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 路線バスが宅急便を輸送する「客貨きゃくか混載こんさい」の路線拡大 ヤマト運輸ホームページ(2016年6月1日)2017年7月23日閲覧
  2. ^ 可能性秘める貨客混載日本流通新聞(2016年6月13日)2017年7月23日閲覧
  3. ^ 都心の地下鉄で貨物列車計画 五輪規制を見据え今秋実験 朝日新聞(2017年8月26日)2017年7月23日閲覧
  4. ^ トラックの旅客運送解禁 9月1日から 過疎地など対象 東京新聞(2017年7月1日)2017年7月23日閲覧
  5. ^ 「貨客混載」期待も課題も『日刊工業新聞』2017年8月31日。
  6. ^ 貨客混載 タクシーが荷物も宅配 北海道・旭川で全国初 毎日新聞(2017年11月1日)2017年11月7日閲覧

関連項目[編集]