ヤマト運輸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤマト運輸株式会社
Yamato Transport Co., Ltd.
Yamato Holdings (headquarters) 1.jpg
ヤマトホールディングスおよびヤマト運輸本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-8125
東京都中央区銀座二丁目16番10号
設立 2005年平成17年)3月31日
業種 陸運業
法人番号 1010001092605
事業内容 トラック輸送
航空輸送
海運
倉庫
代表者 長尾裕代表取締役社長
資本金 500億円
発行済株式総数 100万株
従業員数 157,863人(2016年3月15日現在)
決算期 3月末日
主要株主 ヤマトホールディングス
外部リンク www.kuronekoyamato.co.jp
テンプレートを表示

ヤマト運輸株式会社(ヤマトうんゆ、Yamato Transport Co., Ltd.)は、日本宅配便事業を行う企業である。ヤマトホールディングス株式会社の中核事業会社で、100%出資子会社

目次

概要[編集]

クロネコヤマトの宅急便の配送車(トヨタ・クイックデリバリー初代マイナーチェンジ版)

2005年平成17年)11月1日付で株式移転により、旧法人がヤマトホールディングス株式会社商号を変更。同年3月31日に設立した完全子会社「ヤマト運輸分割準備株式会社」を「ヤマト運輸株式会社」に商号変更した上で、ヤマトホールディングス株式会社のすべての事業を、吸収分割により新・ヤマト運輸が譲受して事業会社化し、持株会社制へ移行した。

近年では、当社の旧法人時代から、郵便局(現:日本郵便)の「ゆうパック」を新たに導入を検討していたローソンと、従来通り排他的契約を求めるヤマトとが騒動に発展。ヤマト側は譲らず、郵政民営化論を巻き込み、公平性に欠けているとの意見広告を展開した[1][2]。ローソン本部は宅配取次契約の中途解約を通告[1]。ヤマトは独占禁止法違反で日本郵政公社を提訴し対立を深めた[2]。最高裁まで争ったが、ヤマトの敗訴に終わった[3]。詳細はローソン・ゆうパックの記事を参照のこと。

2007年(平成19年)頃までの数年間、二代目社長・小倉昌男の死去による御曹司・小倉康嗣の処遇を巡る派閥抗争が続いた。2005年(平成17年)の持株会社ヤマトホールディングスへの移行の際の社長人事が焦点となっていたが、康嗣は2007年(平成19年)9月1日付で専務執行役員から社長付に、経営学修士号取得のための海外留学を名目に異動。次期社長と目された47歳の経営幹部が20代のビジネスマンが取得するような資格を目指して社業を離れるということは、「留学に名を借りた御曹司の追放」と業界内では目された[4][5]

社訓[編集]

1931年昭和6年)12月制定 創業者:小倉康臣

一、ヤマトは我なり[注 1]
一、運送行為は委託者の意思の延長と知るべし
一、思想を堅実に礼節を重んずべし

経営理念[編集]

ヤマトグループは、
社会的インフラとしての宅急便ネットワークの高度化、
より便利で快適な生活関連サービスの創造、
革新的な物流システムの開発を通じて、
豊かな社会の実現に貢献します。

誓いの言葉[編集]

お客様との約束は必ず守ります。
お客様には明るく元気に挨拶します。
お客様の荷物は基本ルールを守り責任をもってお届けします。
お客様に信頼される情報入力を実行します。
思いやりのある運転を実行します。

愛称・ブランドマークの由来[編集]

ブランドマークの親子猫マークは、1957年、当時のアメリカのAllied Van Lines(アライド・ヴァンラインズ)社のマスコット・マークを見て共鳴した小倉初代社長が同社に許可を得て、当時のヤマト運輸広報担当者がデザインを担当したが、その担当者の長女(当時6歳)がそれをモチーフに画用紙に書いた絵を原案としたという[6]。その画用紙の表には親猫と二匹の子猫の絵、裏には子猫を口元に咥えた親猫が描かれており、後者をもとにデザインされた。また黒猫マークが完成された後もその画用紙は担当者の机の引き出しに保管していたが、担当者が1966年に急逝した際にその画用紙は他の宣伝資料と共に群馬県内の倉庫の一角に移された。

2019年にヤマト運輸が創業100周年を迎えることから社史編纂の準備の為、資料等を探すべく群馬県の倉庫を整理していたところ、この原案となった画用紙が発見された[6][7][8][注 2]

他企業などとの関係[編集]

他の交通機関を利用した輸送[編集]

  • JR貨物鉄道貨物輸送も利用している。
  • 京都市嵐山では京福電鉄(嵐電)の路面電車(客貨混載輸送)と電動自転車を併用した方法で配達が行われている。1日1運行貸切で嵐山地区周辺の配達に対応[11]
  • 一部の地域で、路線バスを利用した輸送を行っている[12][13]。主な輸送区間は以下の通り。
    • 名士バス士別軌道十勝バス
      • 2016年9月27日から上記3社の路線バスによる宅急便輸送を開始した[14]。輸送区間は、名士バスが名寄 - 美深間と名寄 - 下川間、士別軌道が士別 - 朝日間、十勝バスが足寄 - 陸別間。
    • 岩手県交通
    • 岩手県北自動車(岩手県北バス)
      • 2015年6月3日から106急行バスと宮古 - 重茂間の路線バスによる貨客混載輸送を開始した。主に岩手県宮古市重茂半島向けの宅急便を輸送している[15][16]。106急行バスでこの輸送を行う便に使用される車両は後部を荷物室に改造した専用車で、「ヒトものバス」という愛称が付けられている。荷物室を備えたバス車両を使用してのバスでの宅急便輸送は全国初[13]
    • 全但バス
      • 2017年6月22日から江原 - 神鍋高原間の路線バスによる宅急便輸送を開始した[17]。この輸送を行う便に使用される車両は中扉付近の座席を撤去した専用車である。
    • 産交バス
      • 2016年10月3日から人吉 - 五木間の路線バスによる宅急便輸送を開始した[18]。この輸送を行う便に使用される車両は中扉付近の座席を撤去した専用車で、「くらしハコぶバス」という愛称が付けられている。
    • 宮崎交通
      • 2015年10月1日から西都バスセンター - 村所間の路線バスによる宅急便輸送を開始した[19][20]。2016年6月1日からは延岡 - 高千穂間並びに諸塚 - 日向間でも輸送を開始した。この3路線で輸送を行う便に使用される車両は中扉付近の座席を撤去した専用車で、「ヒト・ものハコぶエコロジーバス」の愛称が付けられている[21][22]。また、2017年1月16日からは、西都バスセンター - 村所間で、全国初となる保冷用荷物室を備えたバスでのクール宅急便輸送を開始した[23]

その他[編集]

  • 法律により信書便は配送できない。荷物の中に信書(手紙)を入れて送ることは民間事業者による信書の送達に関する法律(信書便法)に反する。なかには、荷物の中に手紙を入れて送る利用者もいるが、それを知りながら配達を行った場合、配達業者のみならず、利用者も郵便法違反となり罰せられる(荷物に付随する無封の添え状の同封については、信書に当たらないと現在では解釈されており、信書を送ることが禁止されている「ゆうパック」においても認められている)。そのため、荷物の内容によっては、引き受けを拒否される場合がある。更に、有価証券商品券も含む)、現金などの類も禁止されている。宅急便に関しては30万円まで送ることが出来る。(補償額が30万円と誤解されている場合が多く、30万円まで補償されている訳では無い。ただし、別途で保険を掛けることが可能だが、ヤマト便の適用となり宅急便では荷受を拒否される)が、上記禁止事項に違反している場合には、配達中の事故による補償の対象とならない。
  • 当時の日本郵政公社ゆうパック)とローソンの業務提携実施に伴い、2004年(平成16年)11月18日よりローソンでのサービス取り扱いを停止した。続いてミニストップパンプキンサークルKサンクスもゆうパックに切り替えたため取り扱いを停止した。以降、サービスを継続しているコンビニエンスストアはセブンイレブンファミリーマートスリーエフセーブオン新鮮組リトルスタージャストスポットリックスココストアアンスリー日通(現在は、JPエクスプレスが譲受)を扱う京阪系を除く)、宮城県内のNEWDAYSなどである。その後2010年9月からデイリーヤマザキが、2012年6月からはサークルKサンクスが再度ヤマトの取り扱いを開始した。サービスの詳細は後述の外部リンクを参照のこと。
  • 大都市のオフィス街や商店街では、会社で駐車場を借りて、配達車両を一旦駐車し、そこで道路交通法に抵触しない台車リアカーのような近隣への配達専用台車に積み替え、配達員が各宛先に配っている。
  • 運送業界では「クロネコヤマト」として圧倒的な知名度を誇る同社だが、宅急便に関するグッズやトラックの玩具・模型は一切市販されておらず、非売品の販売促進用グッズ(集配用トラックやベーストレーラーのミニカーなど)のみが存在している。これは、宅急便のカラーデザイン・ロゴ作成の際デザイナーと『営利目的での使用は一切行わない』という契約が結ばれたためとされている[注 4]
  • 2006年(平成18年)の道路交通法改正(放置車両罰則の厳格化や駐車監視員制度の導入など)をうけ、従来の配送トラックによる集配荷から台車(手押車)や電動アシスト自転車つきリヤカーなどによる集配荷を積極的に導入している。この影響で都心部や都市近郊商業・住宅地へのデポ(営業所)を積極的に展開しており2006年(平成18年)度末時点で7,746、2007年(平成19年)度末7,910、2008年(平成20年)度末9,949店(支店除く。有価証券報告書記載内容)となっている。これは郵便局(2009年(平成21年)1月で24,135局)につぎ民間主体ベースでは突出して多い(佐川急便は2008年(平成20年)11月21日時点で354)。
  • 一般に宅配事業サービスは「宅配便」と呼称する。「宅急便(タクキュウビン、タッキュービン)」は商品名であり、ヤマトホールディングス株式会社の登録商標[24]である。

沿革[編集]

旧ヤマト運輸(2005年(平成17年)10月以前)については、ヤマトホールディングスを参照。
  • 2005年(平成17年)
  • 2010年(平成22年)3月29日 - 三越伊勢丹ビジネス・サポートと物流全般に関する業務委託契約を締結。当時の大和運輸が三越と絶縁して以来31年ぶりに全国規模での全般的な業務委託が復活した[26]
  • 2013年(平成25年)9月 - 羽田クロノゲートベース開業[27]
  • 2015年(平成27年)6月3日 - 貨客混載を岩手県北自動車と共同で開始[28]

支社・主管支店[編集]

主管支店コードは営業所コードの2桁目と3桁目を表すもので、個別に6桁のコードで識別する。コードの詳細は以下のとおりである。

1桁目商品種別コード[編集]

沖縄ヤマト運輸においては、3と4が存在せず、全て0で統一されている。

  • 0宅急便部門(例・札幌主管支店:000、青森主管支店010)
  • 3メール便部門(2010年(平成22年)4月1日に「0宅急便部門」と統合し廃止)
  • 4ヤマトグローバルエキスプレス2008年(平成20年)3月31日まで自社の航空貨物(エキスプレス)部門だった。)
  • 5以降はグループ会社で使用(ホールディングス含む)

2桁目・3桁目支社・主管支店コード()内は支社・主管支店所在地/担当区域[編集]

  • BB支社

北海道支社[編集]

  • 00札幌(札幌市厚別区。札幌市・石狩北部・後志北部)
  • 02函館(北斗市。渡島・檜山、及び後志管内のうち黒松内町、寿都町、島牧村)
  • 03千歳(千歳市。石狩南部・後志南部=黒松内町、寿都町、島牧村は除く=・空知南部・胆振・日高)
  • 04・05道北(旭川市。04は空知北部=新十津川町・砂川市・上砂川町以北=・留萌・上川・宗谷、05=オホーツク)
  • 07・08道東(芽室町。07=十勝、08=釧路・根室)

東北支社[編集]

  • 10青森(青森市
  • 11秋田(秋田市
  • 12岩手(北上市。岩手県全域)
  • 13宮城(仙台市泉区。宮城県全域)
  • 14山形(山形市。山形県全域)
  • 15福島(郡山市。福島県全域。2008年(平成20年)10月1日、郡山主管支店より名称変更)
  • 16八戸エリア支店(青森主管支店管下。青森県三八地域)
  • 17大館エリア支店(秋田主管支店管下。秋田県北部内陸地域)
  • 18横手エリア支店(秋田主管支店管下。秋田県南部)

関東支社[編集]

  • 21茨城(土浦市。茨城県全域)
  • 22栃木(鹿沼市。栃木県全域)
  • 23群馬(前橋市。館林市を除く)
  • 24埼玉(上尾市。上尾市・さいたま市全域・春日部市・加須市・北足立郡伊奈町・北葛飾郡杉戸町・松伏町・久喜市・越谷市・幸手市・蓮田市・羽生市・南埼玉郡宮代町・吉川市のほか千葉県野田市、群馬県館林市も管轄)
  • 25千葉(千葉市花見川区。千葉市全域・旭市・安房郡・夷隅郡・印旛郡・市原市・勝浦市・鴨川市・香取郡・木更津市・君津市・佐倉市・山武郡・袖ヶ浦市・館山市・銚子市・長生郡・東金市・富里市・成田市・富津市・茂原市・八街市・四街道市・いすみ市・香取市・山武市・匝瑳市・南房総市を管轄)
  • 26横浜(横浜市磯子区。横浜市の中区・南区・戸塚区・泉区・磯子区・金沢区・港南区・栄区・瀬谷区・戸塚区と三浦半島鎌倉市藤沢市を管轄)
  • 27厚木ゲートウェイ(愛川町。神奈川県西部、相模原市全域、厚木市・綾瀬市・海老名市・座間市・平塚市・茅ヶ崎市・大和市・寒川町・中郡を管轄)
  • 28神奈川(横浜市鶴見区。川崎市全域と横浜市鶴見区・神奈川区・西区・港北区・都筑区・保土ヶ谷区・旭区・緑区・青葉区を管轄)(2006年(平成18年)11月新ターミナル完成)
  • 34西埼玉(東松山市。埼玉県の南西部、北西部、秩父地方と三芳町・桶川市・川越市・北本市・行田市・鴻巣市・狭山市・所沢市・富士見市・川島町・ふじみ野市を管轄)
  • 35船橋(船橋市浜町。浦安市・市川市・船橋市・我孫子市・印西市・柏市・鎌ヶ谷市・白井市・流山市・習志野市・松戸市・八千代市を管轄。野田市は距離の関係で船橋でも千葉でもなく埼玉)
  • 37山梨(昭和町。山梨県全域)

東京支社[編集]

32 羽田クロノゲート

北信越支社[編集]

中部支社[編集]

  • 50静岡西(静岡市駿河区。51静岡主管支店の管下ベース店)(2010年(平成22年)4月1日に静岡支店より名称変更)
  • 51静岡(裾野市。伊豆半島、富士山南部、静岡市全域、庵原郡を管轄)(2010年(平成22年)4月1日に新静岡より名称変更)
  • 52浜松(浜松市東区。浜松市全域を含む遠州、島田市、志太郡、榛原郡、藤枝市、牧之原市、焼津市を管轄)
  • 53中部ゲートウェイ(豊田市。東三河、西三河、豊明市、知多半島、名古屋市の緑区を管轄。2016年(平成28年)9月に安城市から現在の場所に移転し名称変更)
  • 54名古屋(名古屋市港区。名古屋市の熱田区・昭和区・天白区・中川区・中村区・瑞穂区・港区・南区、愛西市、弥富市、津島市、あま市、海部郡を管轄)
  • 55三重(四日市市。三重県全域)
  • 57愛知(長久手市。名古屋市の中区・東区・西区・千種区・北区・守山区・名東区、愛知郡、稲沢市、尾張旭市、春日井市、小牧市、瀬戸市、日進市、西春日井郡、北名古屋市、清須市、長久手市を管轄)
  • 58岐阜(関市。岐阜県全域と愛知県の一宮市<旧 葉栗郡・尾西市を含む>、犬山市、江南市、丹羽郡を管轄)

  • 以前は53中部ゲートウェイの管轄のうち豊田市とみよし市が57愛知主管支店の管轄、名古屋市緑区と知多半島が54名古屋主管支店の管轄、57愛知主管支店の管轄のうち名古屋市中区・東区・西区・千種区が54名古屋主管支店の管轄、その残り(北区・守山区・名東区を含む)と58岐阜主管支店の管轄全域は廃止された56小牧主管支店の管轄だった。
  • また、51新静岡主管支店の管轄のうち富士市と富士宮市は以前は50静岡支店の管轄だった(静岡支店は新静岡主管支店管下)。
  • 58岐阜主管支店の管轄のうち愛知県犬山市、江南市、丹羽郡は2008年(平成20年)10月までは57愛知主管支店の管轄だった。

関西支社[編集]

60大阪管内のクロネコ便、大阪城天守閣内の売店等への配送後

※ 68は2001年(平成13年)まで枚方市・交野市・高槻市・三島郡島本町は62京都主管支店管轄、箕面市・茨木市・摂津市・大阪市都島区・旭区・守口市・門真市・寝屋川市・四條畷市は61阪神(現・西大阪)主管支店管轄、鶴見区・大東市・東大阪市・八尾市は60大阪主管支店管轄だった。 ※ 61のうち大阪市西区・福島区・此花区・西淀川区は2007年(平成19年)9月30日以前は60大阪主管支店管轄、尼崎市・伊丹市・西宮市・芦屋市は66兵庫主管支店管轄だった。 ※ 66のうち、大阪府豊能郡は2007年(平成19年)10月まで61西大阪主管支店の管轄だった。

中国支社[編集]

  • 70岡山(岡山市中区。岡山市、玉野市、瀬戸内市、備前市、和気町、倉敷地域、井笠地域のほか広島県福山市も管轄)
  • 71・75三次(三次市。71は広島県北部=庄原市、神石高原町、世羅町、府中市、三次市、安芸高田市、75=島根県全域)
  • 72広島(広島市安佐南区。広島市全域、呉市、大竹市、廿日市市、江田島市、東広島市、安芸太田町、北広島町、尾道市、三原市、竹原市、大崎上島町を管轄)
  • 73山口(山口市。山口県全域)
  • 77津山(鏡野町。岡山県北部、高梁市、新見市、吉備中央町、赤磐市や鳥取県全域も管轄)

中国5県のうち山陰両県には主管支店がない。2003年(平成15年)3月31日まで75島根主管支店があり、隠岐諸島を除く島根県全域を管轄していたが、75島根主管支店は71三次主管支店へ統合された。その後、鳥取県全域と島根県松江市、安来市、隠岐諸島は岡山県の77津山主管支店、その他の島根県は広島県の71三次主管支店管轄になり、現在では鳥取県全域は岡山県の77津山主管支店、島根県全域は広島県の71・75三次主管支店管轄になっている。

※ 以前は72広島主管支店の管轄のうち尾道市・三原市・竹原市・大崎上島町が71三次主管支店の管轄だった。

四国支社[編集]

  • 80香川(宇多津町。香川県全域、愛媛県四国中央市・新居浜市を管轄)
  • 82徳島(松茂町。徳島県全域)
  • 83高知(南国市。高知県全域)
  • 84・85愛媛(松山市。84=中予・南予、85は西条市以西の東予=今治市、西条市、上島町)

2003年(平成15年)3月31日まで四国ヤマト運輸という別会社だった(航空貨物(エキスプレス)部門は除く)。その翌日、愛媛県北東部を管轄していた85新居浜支所を閉鎖して80香川主管支店に統合された。なお、同社は元々は四国高速運輸徳島市)というヤマト運輸との資本・人的関連が一切ない会社で、宅急便は同社がフランチャイズで行っていた。そのためクール宅急便など四国では使えないサービスもあった。1991年(平成3年)にヤマト運輸が子会社化して四国ヤマト運輸となり、宅急便事業以外の部門は或る休眠子会社を四国高速運輸に社名変更した上で移管している。

九州支社・沖縄ヤマト[編集]

2003年(平成15年)3月31日まで大分(日田市・中津市を除く)・宮崎・鹿児島の3県は九州ヤマト運輸という別会社の管内だった(本社:鹿児島)。当時は大分県のうち日田市は90福岡管轄だった。

※ 以前は95大分主管支店の管轄のうち中津市が91北九州主管支店の管轄、96宮崎主管支店の管轄のうち西臼杵郡全域と椎葉村が94熊本主管支店の管轄だった。

エキスプレス事業本部[編集]

4桁目以降事業所コード[編集]

000〜990までの間で、各事業所の個別のコードが符番される。

1桁目が0の場合

  • 000支社・主管支店

(例・北海道支社:0BB-000、東北支社:0BB-100、東京主管支店:031-000 例外で札幌主管支店のみ000-010)

  • 001主管支店営業企画課
  • 002主管支店社会貢献課
  • 003主管支店人事総務課
  • 004主管支店事務管理センター
  • 005主管支店サービスセンター
  • 006主管支店コールセンター

※ 地域により主管支店に属さないコールセンター機能のみの事業所がある(例・南魚沼コールセンター)

  • 600法人営業支店(旧:物流システム支店・物流システム営業所)、(主管支店に最低1つはある。宮城法人営業支店は650(ただし、仙台三越の売り場発送扱いは651)、埼京法人営業支店は700。沖縄ヤマトは別番号)
  • 770第二法人営業支店(必ず存在するものではない)
  • 990ベース店(主管支店管下に必ずある。例外として2箇所ある主管もある。静岡主管)
  • ××9支店(数店のセンターを管轄する。2009年(平成21年)4月1日にエリア支店より名称変更)

1桁目が3の場合(2010年(平成22年)4月1日に宅急便部門と統合により廃止されたため、現在は使用されていない)

  • 000メール便ベース店
  • 990メール便ベース店 作業課
  • ××9メール便支店(数店のメール便センターを管轄する。2009年(平成21年)4月1日にメール便エリアより名称変更)

コールセンター[編集]

全国どこからでも、フリーダイヤル0120-01-9625となるが、かけた地域を管轄する主管支店にあるコールセンター東京都内の一部地域は秋田県横手市(横手エリア支店内に設置)または2007年(平成19年)11月より新潟県南魚沼市(市内の議事堂内に設置)、2010年(平成22年)4月より中部支社内(愛知県・三重県・岐阜県・静岡県)も宮崎県都城市に設置のコールセンター、2012年(平成24年)7月より中国支社内(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)も鳥取県鳥取市に設置のコールセンターに転送)に接続される。

2012年10月より、携帯電話からも架電可能(PHSは不可)な全国共通の番号として、ナビダイヤルを導入し、一部の地域を除き、0570-200-000で、近隣のコールセンターに接続されるようになった(一部地域に該当する場合は、下3桁の番号が異なる)。このため、同月以降は、従来の各コールセンターごとの番号はホームページ上から非公開となった(他県からの問い合わせは、別途問い合わせにより確認する形となる)。その後、PHSや一部IP電話から架電する際の番号として、050-3786-3333が追加された。

  • 英語による対応のコールセンター(集荷、再配達、その他の要望等)のフリーダイヤル番号として、0120-17-9625がある。(午前9時-午後6時)
  • 再配達用の自動音声によるフリーダイヤル番号として、0120-24-9625がある。
  • オークション宅急便には、お客様向けの専用フリーダイヤル0120-78-9625がある。
  • 国際宅急便には、専用フリーダイヤル0120-5931-69がある。
  • クロネコDM便のお問い合わせには、0120-11-8010があり、同フリーダイヤルは、携帯電話PHSからも利用できる。
  • クロネコメンバーズの問い合わせ用番号として、0120-36-9625がある。こちらは、携帯電話・PHSから通話可能。
  • 2010年(平成22年)2月15日に名張市コールセンター稼動(一部=集荷、再配達は2009年(平成21年)11月15日より稼動)[29][30]

取扱商品種別[編集]

宅急便関連商品(日本国内)[編集]

  • 宅急便(発払い・着払い 複数口割引有り)
    2005年(平成17年)発行の送り状(左に05の表示があり)より取扱店控え(2枚目の部分)で、依頼人・受取人の住所電話番号がマスクされる仕様に変更されたが、2007年(平成19年)発行分が登場するまで裏側のカーボンがあったために裏側から判別できた。個人情報保護法が始まった関係もあり、2007年(平成19年)版(左に07の表示があり)よりカーボンレスとなった(902番伝票を除く)。また、1994年(平成6年)版(左に94以降の表示あり)以降は、集荷または支店・営業所(宅急便センター)持ち込み専用の送り状が発行され、取扱店控えの紙のない送り状が新たに登場した。
  • クール宅急便(冷蔵・冷凍 発払い・着払い)
  • スキー宅急便(発払い)
  • ゴルフ宅急便(発払い)
  • 空港宅急便(発払い)
  • スキー・ゴルフ・空港・宿泊施設往復宅急便(発払い)
  • 機密文書リサイクルサービス(発払い 月極め契約のみ)
  • 宅急便タイムサービス(発払い 一部地域取扱い不可)
  • S-PAT9時便(発払い 一部地域取扱い不可 エキスプレスネットワークが販売主体で、配達はYGXが行なう。)
  • 超速宅急便(発払い 北海道・東京・関東・九州・沖縄のみ取扱い)
  • パソコン宅急便(発払い・着払い)
    専用の梱包箱(買い取り品)を用いる点以外は、基本的に一般の宅急便と同じ。なお、梱包箱のみの購入も可能で、この場合は他社で送付しても差し支えない。
  • 宅急便コレクトサービス(発払いの代金引換 月極め契約のみ 支払は現金・商品券・クレジットカード・デビットカード・電子マネー<nanacoedyWAONのみ>)
  • オークション宅急便(発払い・代金引換)
  • ヤマト便(発払い・着払い[注 5]
  • らくらく家財宅急便(ヤマト運輸・ヤマトホームコンビニエンス)
  • JITBOXチャーター便ヤマトボックスチャーター
  • 美術便(発払い ヤマトロジスティクスが販売主体)
  • 宅急便コンパクト(発払い)
    2015年3月のクロネコメール便廃止の代替措置の一つとして導入。従来の宅急便の最小サイズであった60サイズよりも低価格で小型の荷物を送るサービス。専用の箱(有料)と送り状を使用。
  • ネコポス(発払い 法人・個人事業主契約)
    2015年3月のクロネコメール便廃止の代替措置の一つとして導入。定められた規格以内の小型の荷物の発送に利用可。郵便受けに投函。

※ この他各地域によって当日配達便が設定されている場合がある。

東京支社内では、コンビニエンスストアから出せる「ナイトサービス」「Todayサービス」や当日17時までに届く「宅急便ビジネス5・関東当日便」などのサービスがある。(但し、これらのサービスは2011年3月の東日本大震災以降中止されている)

船橋主管支店内では、営業所大型車立寄時間前(遅くとも午前10時迄)に直接荷物を持ち込むと、関東圏内であれば当日の夕方(18時以降)に配達するサービス「関東当日便」、全国発送締切(18時ないし19時)以降に集荷した荷物を、翌日中に配達する「2サイクル・ナイト集荷」がある。2サイクル・ナイト集荷は、集荷エリアと配達エリアの両方が当該サービス提供エリア内でなければならない。これらの独自の地域サービスは、繁忙期[注 6]の時季(7月・12月)は、到着が遅れる事もある。

ヤマト運輸のサイトには、発送元と発送先の郵便番号を入力することで荷物の着日を検索できる「宅急便料金・お届け予定日検索」というフォームがある。しかし、集荷時刻によってはこの装置の検索結果通りの日には荷物が届かず1〜数日先になることがある。コンビニエンスストアなどと取次店から集められた便は早めに締め切られる。通常16〜17時締切が一般的でそれ以後は各営業所(概ね締切19時。営業所により異なる[注 7])に持ち込むか、集荷を依頼する手段もある。

宅急便関連商品(日本国外)[編集]

メール便関連商品[編集]

  • クロネコDM便(発払い・法人契約のみ)

☆DM便以外2015年3月末で廃止。DM便はクロネコメール便廃止の代替措置として2015年4月より導入。

クロネコヤマトのWebサービス[編集]

宅配ロッカー発送サービス
  • 集荷受付
  • パソコン宅急便集荷受付
  • 再配達受付
  • 宅急便送り状印字サービス
  • 送り状発行システム「C2」

(取扱い商品 宅急便発払い・宅急便着払い・クール宅急便・往復宅急便・空港宅急便・スキー宅急便・ゴルフ宅急便)

  • 宅配ロッカー発送サービス
  • 宅急便店頭受取りサービス
  • クロネコメンバーズ(ホームページや店頭に置いてあるネコピットで利用可能)
  • クロネコマイページ(月極契約のみのサービス)
  • Web請求書提供サービス(月極契約のみのサービス)
  • クロネコBizステーション(法人一括精算のみのサービス)

宅急便e-お知らせシリーズ[編集]

  • お届け予定eメール
  • ご不在連絡eメール
  • お届け完了eメール
  • お届け予定eメールシリーズご案内の2次元コード宅急便伝票も存在している。

引越関連商品(販売・運営はヤマトホームコンビニエンス)[編集]

  • らくらく家財宅急便(宅急便と名が付いているが、宅配便ではなく引越商品扱い。旧小さな引越便)
  • 引越らくらくパック
  • 引越らくらくエコノミーパック
  • 引越チャーター便
  • 建替引越パック
  • リフォーム引越の達人
  • 高齢者ホーム入居サービス
  • 単身引越サービス2M3BOX
  • 海外引越(海外引越はヤマトロジスティックスが販売)
  • 引越しユニット便S

その他の商品関連[編集]

  • クロネコヤマトの特選市場
  • 物販(販売元はヤマトホームコンビニエンス)
  • 包装資材
  • 送り状発行ソフト「B2」

(取扱い商品 宅急便・クール宅急便・宅急便タイムサービス・宅急便コレクトサービス・国際宅急便・国際パーセルサービス・クロネコメール便・クロネコメール便速達サービス・クロネコメール便コレクト 月極め契約のみ)

  • クロネコ@ファックス
  • クロネコ探検隊
  • インターネット美術館

伝票番号による商品種別[編集]

ヤマト運輸では、特殊な商品を伝票番号の上4桁によって商品別の識別をしている。なお、複数口用の伝票番号(5口までは1つの番号で管理できるが、3口以上の場合は副伝票と呼ばれる伝票番号の記載がない茶色の専用伝票が別途必要)や、1990年代までに発行された一部の古い伝票番号などは、3桁-4桁-4桁の11桁の伝票番号であり、これらについては一部例外も存在する(利用自体は、過去の形式であっても可能)。

基本的に0ないし9から始まる番号がクロネコメール便、1~3で始まる番号が宅急便だが、過去の送り状などに例外がある(1999年(平成11年)版の宅急便着払送り状は、9から始まる11桁となっているものがある)。

  • 178x 送り状発行ソフト「B2」で発行された宅急便元払い
  • 190x スキー・ゴルフ・空港・宿泊施設往復宅急便(往路)
  • 191x スキー・ゴルフ・空港・宿泊施設往復宅急便(復路。下2桁が+12となる)
  • 194x 送り状発行システム「C2」で発行された宅急便着払い
  • 90xx〜94xx クロネコメール便(未収契約荷主用で色は黄色。グラム別に色が違うバーコードシールも存在する)
  • 95xx クロネコメール便(一般現金払い用。両サイドが丸くなっている。色は白色の赤枠)
  • 96xx クロネコメール便(取扱店荷受用。一つのバーコードシールに控え票もついていて、色は現金払い用と同じだが、両サイドが丸くなっていない)
  • 97xx 送り状発行ソフト「B2」で発行されたクロネコメール便速達

電子マネーでの利用[編集]

2009年(平成21年)6月16日午前8時から全国の直営店で電子マネーEdynanacoの取り扱いが開始された(関東地区の一部店舗では2008年に先行導入)。ただし、一部商品の支払いが出来ないほか、残額不足分の現金併用も出来ない。なお、チャージ(入金)は、ヤマト運輸での店舗やドライバーの携帯端末では出来ない。WAONは、4ヶ月遅れの10月21日から取り扱いが開始された。さらに、2010年(平成22年)6月17日からセールスドライバーの集荷でも電子マネー決済が可能となった。

2011年(平成23年)5月23日からJRグループの交通系電子マネー(KitacaSuicaTOICAICOCASUGOCA)の取り扱いが開始され、相互利用している交通系ICカードでも利用可能となった[31]。さらに、2013年(平成25年)3月23日からは全国交通系電子マネーの相互利用開始に伴い、9種類の交通系電子マネーが全国の直営店およびドライバーの携帯端末で利用可能になった。

2014年(平成26年)5月12日よりヤマト運輸独自の電子マネー「クロネコメンバー割」が開始された。これはクロネコメンバーズ電子マネーカード(nanaco / 楽天edy / WAONのいずれかが付随)に「クロネコメンバー割」分を別途チャージ[注 8]して運賃支払いに充当した場合に10%割引するというサービスである。また、大口顧客向けにチャージ最低額が高額な代わりに宅急便運賃が15%割引できる「クロネコメンバーズ割BIG」[注 9]も用意された。「クロネコメンバー割」分のチャージはヤマト運輸直営店かドライバーの携帯端末でのみ可能で、利用もヤマト運輸での支払いにのみ充当可能。2015年(平成27年)11月10日から着払いの利用も可能となる[32]。なお、運賃以外のオプション料金(クール便追加料金など)には割引が適用されないほか、『ヤマト便』の運送保険料には現金以外の決済を受け付けていない。また、宅急便コレクト(代金引換)にも充当不可。

使用車両[編集]

ヤマト運輸は主にトヨタ自動車が製造するクイックデリバリー(QD)200を主力として使用しているが、2016年で生産を終了している。最近では2tトラック(主にトヨタ・ダイナや三菱ふそう・キャンター、いすゞ・エルフ)や1.5t未満のトラック(主にマツダ・ボンゴやトヨタ・タウンエース、日野・デュトロ)、軽自動車(主に三菱・ミニキャブやスズキ・エブリィ、ホンダ・アクティー)も投入している。一部の豪雪地域にはランドクルーザーも存在する。

車両番号[編集]

  • A号車 メール便用の原付バイク、従業員送迎バス(通称:ネコバス)その他初代ウォークスルーバンなど。

8人乗りに改造された教習用ウォークスルーも含まれる。

  • B号車 主に大型車(長距離輸送の運行車、10t車など)BはBigから。
  • C号車 シャーシ。(被牽引車)長距離運行用のコンテナ車、および海コン車両用のシャーシなど。
  • D号車 集配用2トントラック。Dはドライバンを意味し、荷台のコンテナは冷凍機が付かない、通常のパネルバンを指す。I号車と比べワイド、ロングの車両が採用される。
  • E号車 4トン車両。工業地帯などの集配用に使われる。日野レンジャーいすゞフォワードなどが採用される。
  • F号車 フォークリフト。構内の荷物の積み下ろしなどに使われる。
  • G号車 軽四輪自動車。冷凍機を積まない通常のライトバン車両。
  • H号車 トラクター(トレーラーヘッド)
  • I号車 集配用2トントラック。コンパクトなボディにクール機能付きのパネルバンで主に日野デュトロいすゞエルフなど様々なトラックが採用されている。
  • J号車 集配用2トントラック。最大の特徴は全車オートマチックにコンパクトなボディを採用し、新制度以降に免許を取得したドライバーでも運転可能となっている。
  • K号車 軽四輪自動車。冷凍機を搭載している軽トラックベースか、冷凍庫を搭載したライトバンなど。
  • L号車 リース契約車両。ヤマトリース管理車両の他、様々な理由からリース契約となっている車両全般を指す。
  • M号車 集配用2トントラック。Mはマルチバンの略で、冷凍庫と通常の荷室の両方を装備するパネルバンを採用する。
  • N号車 初代QD(2t)マイナーチェンジ後
  • P号車 集配用2トントラック。他の車両よりも小さいエンジンを搭載し、環境性能やコストダウンを狙った採用だった。
  • R号車 初代クイックデリバリー(QD)(2t)平成25年以降に生産された最新型クイックデリバリーも含む。
  • S号車 初代QD(1t)マイナーチェンジ後も変更なし
  • T号車 主に1t以下のライトバン。(一部2t車あり)Tは初期に採用されたタウンエースから取られており、ライトバンベースもしくはライトバン並みの低車高の集配車である。主にハイエースバネットバン、バネットトラックが採用される。
  • U号車 ヤマトグローバルロジスティクス所有車両。連絡車両の軽自動車から美術品梱包用の4トントラックまで全て含まれる。
  • V号車 集配用のリヤカー付き自転車
  • W/R号車 2代目QD
    • W号車については形は変わらないが投入地域により全長が500mm長いボディーもある。エンジン(LPGもある)やステッカーなどには様々であり、エンジンは当初は4Bを搭載していたが、後に長期規制に対応したN04Cに変更された。また、クール宅急便のステッカーも当初はN号車と同じステッカーだったが、後にデザイン変更(これはほかのトラックも同様である)され、しまいにはステッカーさえない(ウォークスルーに冷蔵・冷凍庫搭載が1t仕様を除き標準装備となったためで、冷蔵・冷凍庫搭載のトラックには引き続き貼られている)。
    • 一部のD・M・W号車はハイブリッド機構を搭載しており、ハイブリッド車にはクール宅急便のステッカーを貼っていた位置にHybridと書かれている。
    • ヤマト運輸は当面、ハイブリッド車を順次投入し、N号車やR号車の置き換えを始めた。
  • Y号車 主に幹部用の送迎車や、ヤマトホールディングスの秘書課所有の車両。見た目は通常の黒塗りのセダンが採用される。
  • 無番号 繁盛期に使用するリース契約車両、レンタカーなど

2007年(平成19年)から2010年(平成22年)までトヨタ・FCHV(燃料電池自動車)を愛知県常滑市の中部国際空港周辺で、2010年(平成22年)には三菱・ミニキャブMiEV(電気自動車)のプロトタイプ車を東京都内で集配車としてモニター使用している。ミニキャブMiEVは2011年(平成23年)度に100台を発注、東京都内と京都市内に配置する予定である[33]。また安全指導車として三菱・i-MiEVを導入している。

2013年3月1日からは試験的に、トヨタ自動車、日野自動車と協力し、EVトラックも一部地域で導入している。

不祥事[編集]

サービス残業による賃金未払い問題[編集]

2007年(平成19年)9月以降、従業員に対しサービス残業を命じ賃金を支払っていない事例が複数発覚している。

また、通販需要が過多によるサービス残業もあり、2017年度3月期決算には最終利益見通しが340億円黒字から190億円へと大幅な下方修正をした[34]

関西支社への是正勧告[編集]

2007年9月23日、大阪南労働基準監督署がヤマト運輸関西支社に対し、労働基準法違反容疑で是正勧告を行っていたことが発覚した[35]

2007年7月、大阪労働基準監督署が集配センターを立ち入り調査し、従業員の携帯端末に記録された労働時間と、給与計算に使用する勤怠記録に記載された労働時間に差異があることを発見した。さらに、従業員らへの事情聴取により、携帯端末に記録されていない時間であっても従業員らが勤務し、その時間分の給与が未払いであることを確認した。同年7月、大阪労働基準監督署は関西支社に対し、未払い賃金の支払い、および、管理体制を是正する改善報告書の提出を勧告した。

ヤマト運輸広報課は「一部の集配所でタイムスケジュール通りに勤務をしなかったのが原因で、会社として指示していない」[36]などとコメントしていたが、勧告内容を認め「未払い賃金は支払う」[36]としている。

2007年10月31日、ヤマト運輸関西支社は大阪南労働基準監督署に改善報告書を提出した。しかし、改善策に具体性を欠きサービス残業に対する未払い賃金の総額も未記載だったため、大阪南労働基準監督署は改善報告書を受理せず、ヤマト運輸関西支社に再提出を命じた[37]

豊中の集配センターへの是正勧告[編集]

2007年9月29日、淀川労働基準監督署が大阪府豊中市に所在するヤマト運輸の集配センターに対し、労働基準法違反容疑で是正勧告を行っていたことが発覚した。

2007年7月、淀川労働基準監督署が調査したところ、勤務時間を記録する携帯端末の起動前や終了後に、従業員に荷物の積み込みや伝票整理を行わせていたことが判明した。淀川労働基準監督署は労働基準法違反と認定し、同月、集配センターに対し是正勧告を行った。なお、淀川労働基準監督署は、携帯端末の記録と給与計算時の出退勤時刻が異なっており「労働時間が短くなるよう改ざんされた疑いのあるケースを、同センターでも確認している」[38]としている。

エリア支店長への是正勧告(徳島にて)[編集]

2007年9月29日、徳島労働基準監督署はヤマト運輸のエリア支店の支店長に対し、労働基準法違反容疑で是正勧告を行っていたことが発覚した[38]。8月、徳島県徳島市のヤマト運輸集配センターに勤務するドライバーが、サービス残業を行っており、それに加えて、休憩していないにもかかわらず休憩時間を消化したとの虚偽記録をコンピュータ入力されていたと認定し、これらの行為は違法であるとし、同月中に支店長への是正勧告を行った。

徳島以外での労基署未調査の事例[編集]

ヤマト運輸では、ドライバーらが持つ「ポータブルポス」(Portable POS Terminal。略して「PP」と呼ばれる)と呼ばれる携帯端末により、労働時間を記録しているとされている。

しかし、読売新聞の調査によると「センター長らが毎月、主管支店に来て、パソコンで部下の出勤・退勤時刻を改ざんしていた」[39]埼玉県)、「PPを起動させず、一日中仕分け作業をしたこともあった」[39]神奈川県)、「午前6時台にPPを起動させても、コンピューターには午前7時と記録された」[39]長野県)、「センター長が赤ペンで書き換えた記録を主管支店幹部が入力していた」[38]滋賀県)といった従業員らの証言があり、携帯端末の記録どおりに賃金を支払っていない事例が、全国的に発生しているとみられている。しかし、これらの証言に対し、ヤマト運輸は「これまでの(社内)調査では、事実は認められないが、さらに調査を継続する」[39]とコメントしている。

東京都、埼玉県、長野県の一部支店では、端末終了時の操作画面は「勤務交番通」から「はい」を選択すると勤務交番作成時の休憩時間(通常1時間)、「いいえ」を選択すると任意の休憩時間(10分単位で入力可能)となっている。「はい」を選択すると自動的に1時間休憩したと記録される。1時間未満の休憩であっても「はい」を選択していたため、労働時間分の賃金が未払いになると指摘されていた。(ドライバーが休憩未取得時の操作方法を知らなかった事が原因)[37]

大阪府の支店、および、兵庫の一部支店では、ドライバーが操作しなくても、毎日自動的に休憩時間が「1時間」と記録される問題が発覚している[37]

未払い残業代などを求め訴訟(滋賀にて)[編集]

同社の滋賀県大津市内の宅配員が、2005年(平成17年)10月以降、未払いの残業代の他、説明が無いまま給与から違法に控除をされていたとして、2009年(平成21年)6月10日に、これらの支払を求め、大津地裁訴訟を起こした[40]

クール宅急便に関する不祥事[編集]

西大阪主管支店が、2011年12月29日から30日にかけて扱った冷蔵扱いの荷物について、一般の荷物と共に常温で輸送していたことが、翌2012年1月になって判明した。また、他にも別に、冷凍扱いのおせち料理を含めた荷物も、常温輸送していた疑いが持たれている。同社は、当時、各地で寒波の影響による交通渋滞が発生し、その影響で冷蔵設備を持つ車両の手配が思うようにできなかったことを理由としているが、今後実態調査を実施するとしている[41]

また2013年6月には、大手のスーパーが荷物に温度測定機器を仕込み調査した結果、温度が大きく上昇する時間があったことが発覚。改善を求められたという[42]

2013年10月には、都内複数の営業所で「クール宅急便」として預かった荷物を保冷用コンテナを開けっ放しの状態で放置し、常温で仕分けていることが、同社関係者が撮影した動画などでリークされ発覚した。また同関係者は8月に、荷物に温度測定機器を取り付けて実態を調査し、冷蔵扱いの荷物が一時27度に達する状態に晒されていたことも報告している。一連の朝日新聞の報道に対し同社は記事内容を全面的に認め謝罪。同日の聞き取り調査では全国の約5%程度の事業所(約200箇所)で同じことが行われていることがわかったという。会見では、同じ保冷用コンテナの荷物は5分以内に仕分けるというルールに対し「無理があるのではないか」という質疑があり、森日出男常務執行役は「可能だと思う」と答えつつ、ルール変更の検討を示唆した[43][44][45]

その他の不祥事[編集]

  • 配達員が多数のメール便ダイレクトメールなどを配達せずに自宅に保管したり、廃棄したりする事例が複数発生している[46][47][48][49][50][51][52][53]
  • 2008年(平成20年)2月、当時あった労働者派遣業者「グッドウィル」が派遣労働者宛に発送した信書を、ヤマト運輸が違法に配達していたことが発覚した[54]。2007年(平成19年)7月以降、グッドウィルが派遣労働者(約80万人)に宛てた信書を、ヤマト運輸は「メール便」と偽って発送したとされる。総務省は「書類内容は明らかに(受取人を特定した)一般信書」[54]との見解を示しており、郵便法違反容疑での業務改善指導を発令するとしている。
  • 1988年(昭和63年)から20年以上にわたって、ヤマト便に関わる運送保険を保険募集資格がない一般の取扱店やコンビニエンスストアに販売させていた。また、直営拠点やセールスドライバーにおいても重要事項説明書の交付を行っていなかった。これらのこと(保険業法第300条第1項第1号および第307条第1項第3号違反)から、2010年(平成22年)1月15日から1週間、運送保険の募集停止の行政処分が科された(2009年(平成21年)12月28日)。また、この件ではヤマト運輸が所属する朝日火災海上保険も業務改善命令を受けている[55][56]
  • 2012年1月中旬に宮城野医療から川崎市の物流センターまで運送するよう依頼された3箱に入った医療機器127個分を運送中に損傷した上で無断で廃棄したとして、神戸市中央区の医療機器卸「宮野医療器」が運送業者のヤマト運輸(東京都)に約1500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、神戸地裁の武宮英子裁判官は31日、ヤマト運輸に約1350万円を支払うよう命じた[57]
  • 2013年8月15日に愛知主管支店から大阪府内に発送された宅急便75個とメール便約50個が富山県日本海に投棄された。契約している協力会社の運転手が同日夜に富山県に向かう際に富山県行きの荷物と一緒に誤って大阪府行きの荷物も積み込み輸送し、翌8月16日にミスに気づき投棄したもの[58][59]
  • 2017年4月14日には、男性配達員が愛知県内の女性に伝票の電話番号から個人的なメールを送っていた事が発覚し、ストーカー規制法に基づいた警告をしている[60]

イメージキャラクター[編集]

現在

  • 加藤清史郎(ヤマトホームコンビニエンスとの2010年(平成22年)春の引っ越しキャンペーン)
  • TOKIO(新宅急便、2010年(平成22年)2月〜)

過去

スポンサー[編集]

現在[編集]

地上波[編集]

BS[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画等[編集]

  • 魔女の宅急便1989年〈平成元年〉 公開)
    スポンサーとして製作委員会に参加。全国の営業所・取扱店にチラシ・ポスター・割引鑑賞券をおきグッズプレゼントなどのPRを行い、1989年(平成元年)7月から12月にはテレビCMや雑誌・新聞広告で大規模なキャンペーンを実施。また、キャラクターを印刷したダンボール箱やビニール袋を配布した[61]
  • 耳をすませば』(1995年〈平成7年〉 公開)
    月島がカントリーロードの歌詞カードを学校に忘れたのを気づき取りに戻るシーンで「宅急便」のトラックが走っている。

備考[編集]

  • 2006年(平成18年)4月21日にグループ子会社の配達商品(食品)に欠陥が生じ翌日の大手新聞各紙にお詫び広告が掲載されてから5月31日までテレビCMをすべて自粛していた(再開は6月1日)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 中国でも現地社員達は「ヤマトは私、私はヤマト」と唱えている
  2. ^ 同社のトラックには古くからこのマークが描かれており、1967年の日活映画「拳銃は俺のパスポート」(野村孝監督)に当時の大和運輸のトラックが登場するシーン(撮影のために貸し出されたと見られる)では、「大和運輸」の社名と共に、ネコのマークが写っている。
  3. ^ なお、東京ディズニーリゾートは同じ宅配便サービスの「ペリカン便」を行っていた日本通運がオフィシャルスポンサーとなっている。
  4. ^ ヤマト運輸に関連した模型としては2016年(平成28年)2月バスコレクショントミーテック製)で「ヒトものバス」が発売されているが、意匠は一般的な宅急便車両とは大きく異なる。
  5. ^ 但し、運送保険料は『着払い』には出来ない。
  6. ^ 心(立心偏)を亡くさず、また商売繁盛の願いを込めて、社内では繁期と呼んでいる。
  7. ^ ベースが併設されている営業所では、概ね21時。こちらも営業所により異なる。
  8. ^ チャージできる金額は、5千円から千円単位で2万9千円まで。
  9. ^ 『BIG』を発行する場合は、発行手数料324円(税込み)が必要。
  10. ^ 2011年8月28日の放送は、山口の無免許運転発覚によりスポンサー活動を自粛した。
  11. ^ ゴールデン移行後の当初は、同業他社の佐川急便が、スポンサーに付いていた。
  12. ^ a b テレビ朝日系列『報道ステーション』から放送局・放送枠ごと移動
  13. ^ なお、ヤマト運輸は、2010年4月から後続番組の「ザ!鉄腕!DASH!!」のスポンサーに付く。
  14. ^ 1997年5月10日放送の「河田町からお台場の引越企画」では、架空のカウンタックのめちゃイケ運輸が登場したが、この時に流れていた曲は当時流れていた当社のCMソングの替え歌が使われた他、荷物に貼る注意シールも当社で現在も使用しているものにほぼ似せたものが使われた。
  15. ^ 月曜は同業他社の日本通運がスポンサーに付くが、2013年4月改編で姉妹番組の「報道ステーションSUNDAY」と「いきなり!黄金伝説。」へ提供枠を移動した。後任はairweave。2013年4月改編よりさらに同業他社の佐川急便が金曜に付く。
  16. ^ 東京向け(78.6MHz)はTRAFFIC INFORMATIONに差し替え(提供も印傳屋に変更)。

出典[編集]

  1. ^ a b クロネコヤマトは変えません。”. ヤマトホールディングス (2004年8月26日). 2015年2月1日閲覧。
  2. ^ a b ヤマト運輸”. TBS (2006年8月13日). 2015年2月1日閲覧。
  3. ^ コンビニ「ゆうパック」差し止め訴訟、ヤマト運輸の敗訴確定”. 読売新聞 (2009年2月17日). 2009年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月1日閲覧。
  4. ^ 日下淳の東京レポート 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (1) 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (2)
  5. ^ 日下淳の東京レポート 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (2) 決着した「クロネコヤマト」の後継者問題 (2)
  6. ^ a b “クロネコマークの原案、見つかる! 作者は当時6歳、担当者の娘さん”. Withnews. (2016年4月14日). http://withnews.jp/article/f0160414002qq000000000000000W03610101qq000013138A 2014年6月25日閲覧。 
  7. ^ “ヤマトグループ「ネコマーク」の原案か 6歳の子が描いた絵が見つかる”. ライブドアニュース. (2016年4月14日). http://news.livedoor.com/article/detail/11411491/ 2014年6月25日閲覧。 
  8. ^ クロネコヤマトのマーク 関心空間
  9. ^ “<ヤマト運輸>アマゾン即日配送撤退へ”. 河北新報ONLINE NEWS (河北新報社). (2017年4月7日). オリジナル2017年4月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170409090617/http://www.kahoku.co.jp/naigainews/201704/2017040701001219.html 2017年4月9日閲覧。 
  10. ^ “Yahoo!オークションの商品発送が24時間可能~安価な宅配サービス「はこBOON」、全国のファミリーマートでスタート!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), Yahoo! JAPAN, (2010年2月25日), オリジナル2010年3月5日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100305081956/http://pr.yahoo.co.jp/release/2010/0225a.html 2014年1月2日閲覧。 
  11. ^ ヤマト運輸と京福電鉄 路面電車で宅急便輸送”. 物流ウィークリー. 物流産業新聞社 (2011年5月30日). 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  12. ^ 岩手県交通(北上市) 乗合バスの車両空間を利用した宅配運送 (PDF)”. 国土交通省東北運輸局. 2013年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  13. ^ a b “岩手県北自動車とヤマト、本格貨客混載バス運行 国内初”. 産経新聞. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年6月4日). オリジナル2015年6月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150610131322/http://www.sankei.com/region/news/150604/rgn1506040017-n1.html 2017年4月9日閲覧。 
  14. ^ 北海道で路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載」を開始”. ヤマト運輸・名士バス士別軌道十勝バス (2016年9月27日). 2016年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  15. ^ 路線バスを活用した宅急便輸送「貨客混載」の開始について”. ヤマト運輸・岩手県北バス (2015年6月3日). 2015年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  16. ^ “路線バスで荷物も輸送 県北自動車とヤマト運輸”. 岩手日報 (岩手日報社). (2015年6月4日). オリジナル2015年6月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150605194629/https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150604_1 2017年4月9日閲覧。 
  17. ^ 全但バスとヤマト運輸が「客貨混載」を開始”. ヤマト運輸・全但バス (2017年6月22日). 2017年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月23日閲覧。
  18. ^ 熊本県で路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載 」の開始”. ヤマト運輸・産交バス (2016年10月3日). 2016年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  19. ^ 西日本初!路線バスが宅急便を輸送する「客貨混載(きゃくかこんさい)」の開始”. ヤマト運輸・宮崎交通 (2015年9月24日). 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  20. ^ レスポンス編集部 (2015年9月25日). “路線バスで宅急便を輸送…ヤマト、宮崎県で「客貨混載」開始”. レスポンス. イード. 2015年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  21. ^ バスが宅急便を輸送する「客貨混載」の路線拡大~延岡市-高千穂町、日向市-諸塚村を結ぶ2路線で「客貨混載」を開始し、地域住民の生活サービス向上を実現します~”. ヤマト運輸・宮崎交通 (2016年6月1日). 2016年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  22. ^ ヤマト・宮崎交通、宮崎県北地域で貨客混載を拡大”. LogisticsToday (2016年6月1日). 2016年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  23. ^ 日本初!保冷専用BOXを搭載した路線バスで「客貨混載」を開始~宮崎県西都市-西米良村を結ぶ路線バスが保冷専用BOXを搭載し、クール宅急便も輸送~”. ヤマト運輸・宮崎交通 (2017年1月16日). 2017年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月9日閲覧。
  24. ^ 登録番号 第1377677号 登録日:1979年(昭和54年)4月27日
  25. ^ ヤマト運輸「宅急便店頭受取りサービス」を開始へResponse2006.1.20(金)
  26. ^ 三越伊勢丹グループと業務委託契約を締結 ヤマト運輸ニュースリリース 2010年(平成22年)3月29日。これによるとそれまでも一部の店舗や限定的な範囲(クール宅急便など)での取引はあった。
  27. ^ 羽田クロノゲートのご案内 ヤマトロジスティクス
  28. ^ 路線バスを活用した宅急便輸送「貨客混載」の開始についてヤマトホールディングス
  29. ^ “三重・名張の廃校、丸ごとコールセンターに ヤマト運輸”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年5月30日). オリジナル2009年6月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090602055630/http://www.asahi.com/business/update/0526/NGY200905250021.html 
  30. ^ 旧長瀬小にヤマト運輸のコールセンター 名張市”. 伊賀タウン情報 YOU. ユー (2009年5月26日). 2009年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月4日閲覧。
  31. ^ 唯一の「玄関先電子マネー決済」 サービス拡大 ヤマト運輸で交通系電子マネーがご利用可能に
  32. ^ クロネコメンバーズ宅急便運賃割引サービス「クロネコメンバー割」について~沖縄でのサービスを開始!全国どこでもお得に便利にご利用いただけます~ - ヤマト運輸2015年11月2日ニュースリリース
  33. ^ 軽商用電気自動車「MINICAB‐MiEV」 100台発注を決定 - ヤマト運輸 平成23年5月17日
  34. ^ “ヤマト 従業員への未払い金支給で大幅下方修正”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2017年4月18日). オリジナル2017年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170418061706/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170418/k10010952711000.html 2017年4月18日閲覧。 
  35. ^ “ヤマト運輸に労働時間改ざんの疑い、関西支社に是正勧告”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月22日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070923i101.htm [リンク切れ]
  36. ^ a b 「ヤマト運輸に是正勧告 - 大阪南労基署 - 運転手にサービス残業」『朝日新聞』43623号、朝日新聞東京本社、2007年9月24日。
  37. ^ a b c “ヤマト運輸 休憩15分 記録は60分…管理端末設定 : ニュース : ジョブサーチ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年11月5日). http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07110502.cfm [リンク切れ]
  38. ^ a b c “ヤマト運輸サービス残業、徳島なども…全社実態調査へ : ニュース : 関西発”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月30日). http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070930p102.htm [リンク切れ]
  39. ^ a b c d “宅配ドライバーのサービス残業、徳島でもヤマト運輸に勧告 : 社会”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2007年9月30日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070930i401.htm [リンク切れ]
  40. ^ “提訴:大津の宅配員、ヤマト運輸を 「控除は違法」640万円支払い求め”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年6月10日). http://mainichi.jp/kansai/news/20090610ddf041040028000c.html [リンク切れ]
  41. ^ “ヤマト運輸:「冷蔵扱い」を通常配送 西大阪主管支店”. 毎日jp (毎日新聞社). (2012年1月6日). http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120106k0000e040173000c.html [リンク切れ]
  42. ^ “「クール宅急便」ずさん温度管理、ヤマト運”. 日本経済新聞 (日本経済新聞). (2013年10月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2501Z_V21C13A0CC0000/ 
  43. ^ “クール宅急便、常温で仕分け ヤマト運輸、荷物27度に”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞). (2013年10月25日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310240371.html 
  44. ^ “扉開けっ放し・箱は常温で置きっぱなし クール宅急便”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞). (2013年10月25日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310240729.html 
  45. ^ “クール宅急便、200カ所で常温仕分け ヤマト運輸”. 朝日新聞DIGITAL (朝日新聞). (2013年10月25日). http://www.asahi.com/articles/TKY201310250397.html 
  46. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2007年12月20日
  47. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2008年12月25日
  48. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2009年8月5日
  49. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2009年10月15日
  50. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2009年11月24日
  51. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2011年9月7日
  52. ^ “メール便廃棄:5年間で700通配達せず…ヤマト運輸支店”. 毎日jp (毎日新聞社). (2011年11月12日). オリジナル2011年11月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20111113005841/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20111112k0000e040023000c.html 
  53. ^ クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2011年12月7日
  54. ^ a b “ヤマト運輸を指導へ=メール便で郵便法違反の疑い-総務省”. 時事ドットコム (時事通信社). (2008年2月2日). http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008020200159 [リンク切れ]
  55. ^ “無資格で保険販売20年…朝日火災とヤマト運輸”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年12月29日). オリジナル2009年12月31日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2009.12.31-042401/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091228-OYT1T01093.htm 
  56. ^ 運送保険募集業務に係る行政処分について ヤマトホールディングス 2009年12月28日付ニュースリリース。
  57. ^ 医療機器を無断で廃棄 ヤマト運輸に賠償命令 - 神戸新聞NEXT、2014年1月30日
  58. ^ 宅急便・クロネコメール便の未配達について - ヤマト運輸、2013年8月29日
  59. ^ “ヤマト運輸協力会社運転手、宅配便など海に投棄”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2013年9月2日). オリジナル2013年9月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/2013.09.04-055757/http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130902-OYT1T00562.htm 2017年4月18日閲覧。 
  60. ^ “ヤマトの配達員が伝票の電話番号を見て女性にメール 警察が警告”. NHK NEWSWEB (日本放送協会). (2017年4月14日). オリジナル2017年4月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170418115250/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170414/k10010949171000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001 2017年4月18日閲覧。 
  61. ^ 叶精二『宮崎駿全書』フィルムアート社、2006年

外部リンク[編集]