アルピコ交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルピコ交通株式会社
ALPICO Kotsu Co.,ltd.
Highland rail-3000.JPG
上高地線の電車
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 松電、松本電鉄
本社所在地 日本の旗 日本
390-0831
長野県松本市井川城2丁目1番1号
設立 1920年5月29日
業種 陸運業
事業内容 鉄道業乗合バス事業貸切バス事業、航空サービス業、飲食・小売業、不動産業ホテル業、 他
代表者 代表取締役社長 古田龍治
資本金 1億円(2015年3月31日現在)
売上高 123億1百万円(2015年3月期)
総資産 129億35百万円(2015年3月期)
主要株主 アルピコホールディングス(株) 100%(2015年3月31日現在)
関係する人物 上條信(筑摩鉄道創業者)
伊原五郎兵衛(松本電気鉄道初代社長)
外部リンク www.alpico.co.jp/traffic/
特記事項:社名の変遷:筑摩鉄道→筑摩電気鉄道→松本電気鉄道
テンプレートを表示

アルピコ交通株式会社(アルピコこうつう、ALPICO Kotsu Co.,ltd.)は、長野県松本市井川城二丁目1番1号に本社を置き、長野県鉄道バス事業を中心に営む会社である。アルピコホールディングス株式会社の完全子会社であり、アルピコグループの中核企業である。旧社名は松本電気鉄道(まつもとでんきてつどう)。

概要[編集]

ALPICOの中心的存在松本バスターミナル
バス

2011年平成23年)4月1日をもって、諏訪バス川中島バス合併し、商号を改めた。かつては、浅間線という松本市東郊の浅間温泉までの軌道路面電車)も経営していた。

3社合併前よりグループ共通でコーポレートアイデンティティを実施しており、現社名はグループ名であるALPICO(アルピコ)から採られている(アルプスの会社の意)。主たる営業エリアは長野県の松本地域・諏訪地域・長野地域および東京都で、それぞれに松本支社・諏訪支社・長野支社・東京支社を置いている。

鉄道は「Highland Rail」(ハイランドレール=高原鉄道)、高速・貸切バスは「Highland Express」(ハイランドエクスプレス=高原急行)、一般路線バスは「Highland Shuttle」(ハイランドシャトル=高原路線バス)と標高の高い地域が営業エリアであることを押し出したキャッチコピーで統一されている。

歴史[編集]

歴代社長[編集]

  • 初代 上條信1920年(大正9年) - 1928年(昭和3年) 筑摩鉄道時代、筑摩電気鉄道前期
  • 2代 伊原五郎兵衛:1928年(昭和3年) - 1944年(昭和19年) 筑摩電気鉄道後期、松本電気鉄道初期
  • 3代 百瀬藏六:1944年(昭和19年) - 1947年(昭和22年)
  • 4代 山本寅雄:1947年(昭和22年) - 1950年(昭和25年)
  • 5代 瀧澤知足:1950年(昭和25年) - 1987年(昭和62年)
  • 6代 瀧澤至:1987年(昭和62年) - 1998年(平成10年)
  • 7代 瀧澤徹:1998年(平成10年) - 2008年(平成20年)
  • 8代 堀籠義雄:2008年(平成20年) - 2010年(平成22年)
  • 9代 古田龍治:2010年(平成22年) -
    • 先代の堀籠義雄とはアルピコホールディングスの社長のまま交代

鉄道事業[編集]

北アルプスを望みながら走る上高地線の列車(2008年2月撮影)

2011年(平成23年)4月1日、アルピコ交通に社名変更したが、鉄道については駅案内表示・放送等すべて旧来通り「松本電鉄上高地線」「松本電鉄線」と呼称されている。

路線[編集]

現有路線[編集]

廃止路線[編集]

車両[編集]

現有車両[編集]

過去の車両[編集]

イメージキャラクター[編集]

渕東なぎさ(えんどう なぎさ)[3]

  • 2012年3月制定
  • アルピコ交通社員で上高地線新村駅勤務
  • 19歳、152cm、好きな食べ物はりんご、スイカ、ワッフル
  • CV新田恵海(長野市出身)
  • 渕東駅」と「渚駅」に由来し命名
  • ネットなどでの拡散を期待してアニメ風キャラクターになった[4]
  • なぎさTRAIN(ラッピング電車)が、5パターンの運行表に従って1日1 - 12往復する

バス事業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]