デマンド型交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デマンドバスから転送)

デマンド型交通(デマンドがたこうつう)とは、利用者の事前予約に応じる形で、運行経路や運行スケジュールをそれに合わせて運行する地域公共交通のこと[1]英語ではDRT(Demand Responsive Transport)といい、日本語ではデマンド型交通またはデマンド応答型輸送サービスと訳される[1]。利用者の要求 (demand) に応じて運行される公共交通であることからこう呼ばれる。バスによるデマンド型交通をデマンドバスという。オンデマンドバスと呼ぶこともある[2]。車両に乗合タクシーを使用する形態を取る場合もあるが、仕組みとしては同じものである(この場合はデマンドタクシーと呼称)。

システム[編集]

アイシン精機(現・アイシン)が開発した会員制デマンド型交通サービス「チョイソコ[3]
公共が主体となって導入した完全デマンド型の例、三条市デマンド交通「ひめさゆり」

デマンド型交通は、ダイヤによって固定ダイヤ型と非固定型、路線によって定路線型と自由路線型、乗降場所によってバスストップ型と各戸送迎型に分けられる[4]

類型[編集]

デマンド型交通の類型は迂回路方式、フレックスルート方式、フルデマンド方式に分けられる。

  • 迂回路方式
    • 通常は路線バスとして運行し、事前予約があった場合に迂回したり経路を延長して運行する方式[5]
  • フレックスルート方式
    • 停留所候補は定められているが、事前予約に応じて可変なルートで運行する方式[5]
  • フルデマンド方式
    • 完全なドア・ツー・ドアで利用客の要望に応じて呼び出しがあった地点から目的地まで運行する形態[5]
    • 東京大学はドア・ツー・ドア方式で、かつ乗客全員が希望時間に乗降できるようなソリューションを提供するデマンドバスサービス「コンビニクル」を開発している[5]
    • 公立はこだて未来大学もフルデマンド方式の一種として、運行中にデマンドを受け付ける実時間スケジューリングの「スマートアクセスビークル(SAV)方式」を開発している[5]

簡易型とエリア型[編集]

デマンド型交通の形態は簡易型とエリア型に分けられることもある。

  • 簡易型
    • 路線固定型 - 起点と終点が固定されており予約が入ったときにのみ運行する形態[1]
    • 迂回型 - 通常は固定された起点と終点との間を運行し、迂回経路上にある停留所には予約が入ったときにのみ運行する形態[1]
  • エリア型
    • 起終点固定デマンド型 - 起点と終点及びその出発時刻と到着時刻のみ固定されており、起点出発前に予約を受けた地点を経由して運行する形態[1]
    • 完全デマンド型 - 路線・経路(起点と終点)や到着時刻も固定されておらず任意の時刻での予約が可能な形態[1]

北米のデマンド型交通[編集]

北米ではイスラエル発祥のViaが事業展開を行っている[4]。Viaでは地図アプリ上に仮想のバーチャルバスストップを設定し、乗客がスマートフォンのアプリを利用して乗車地点と乗車時間及び後者地点と降車時間を要望すると、複数の乗客の要望に合うように最適なルートとダイヤを設定してバスのドライバーに指示を出す仕組みになっている[4]。Viaでは、路線、料金、運行時刻は全く固定されておらず柔軟に変更できる利点がある[4]

欧州のデマンド型交通[編集]

EU[編集]

EUではDRT(Demand Responsive Transportation)政策プロジェクトの一環で各地の都市でフレックスルート方式の実験的が行われている[5]

スウェーデン[編集]

スウェーデンでは国の政策で特定地域運行型(STS: Special Transport Services)のDRTが大規模に展開されている[5]。世界の都市の大規模DRT(2002年調査)の比較データによると、首都ストックホルムでは対人口比利用率で人口185万人に対して450万回、ヨーテボリでも人口56万人に対して170万回と高利用率になっている[5]

ヨーテボリ市の北側エリアでは、従来利用されていたタクシー乗り合いサービスに代え、200m以上離れないように停留所を配置したミニバスによるデマンド型交通「フレックスライン」が運行されている[5]

日本のデマンド型交通[編集]

形態[編集]

簡易型[編集]

京急ポニー号
初代車両5台中の1台 (C4546)

日本では、1972年6月27日に阪急バス富士通いすゞ自動車との共同開発で大阪府豊能郡能勢町に初めて導入した[6][7]1997年10月に廃止[8])。

コール・モービル・システムを導入したデマンドバスも阪急バスが最初であり、東京芝浦電気三菱自動車工業と共同開発で、大阪府箕面市1975年5月10日に運行を開始した[9][10]。1985年7月3日に廃止[8]、一般路線化された。運行は阪急バス茨木営業所が担当。

1975年12月24日には、東京急行電鉄(現:東急バス)が同社初のデマンドバスとして「東急コーチ」自由が丘線を運行開始。三菱自動車工業(現:三菱ふそうトラック・バス)製の中型貸切車を使用し、三菱グループとデマンドシステムを共同開発した。以降、コーチ路線は各地に追加されたが、2001年前後にデマンドルートを廃止し一般路線化された(「東急コーチ」の名称は引き続き使用)。

1999年10月15日には、京浜急行電鉄(現:京浜急行バス)が「京急ポニー号」を運行開始。京急では初のデマンドバス路線で、運行開始にあたり「東急コーチ」を運行していた東急バスの協力を仰いでいる[11]

2021年からは、大阪シティバス大阪市高速電気軌道の子会社)が、オンデマンドバスの名称で運行を開始した[12]

エリア型[編集]

高度道路交通システム (ITS) を導入したデマンドバスは、2000年運行開始の中村まちバスが最初とされる[13]

日本での採用例[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 地域公共交通と連携した包括的な生活保障のしくみづくりに関する研究報告書 (Report). 国際交通安全学会. (2011-03). p. 112. http://www.iatss.or.jp/common/pdf/research/h2298.pdf 2018年4月7日閲覧。. 
  2. ^ オンデマンドバスとは? Osaka Metro、2022年5月11日閲覧。
  3. ^ 元田光一 (2021年3月1日). “第17回 デマンド型交通サービス「チョイソコ」、全国13地区に拡大した理由”. 日経BP. https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/052500076/021800026/ 2021年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b c d 始まった地方交通革命”. KPMG. 2022年2月1日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 田柳恵美子、中島秀之、松原仁. “デマンド応答型公共交通サービスの現状と展望”. 2022年2月1日閲覧。
  6. ^ 谷沢保 (1972). “バス経営における決断と実行-ディマンド・バスの意味をきく―”. 運輸と経済 32(9): 42-47. 
  7. ^ 辻 弌朗 (1972). “能勢町デマンドバスシステムについて”. トランスポート 22(9): 32-36. 
  8. ^ a b 『ハートフルネットワーク : 阪急バスこの15年 : 阪急バス株式会社創立75周年記念誌』阪急バス株式会社、2002年。 
  9. ^ 谷沢 保 (1975). “デマンドバスの新方式―阪急間谷団地バス―”. 高速道路と自動車 13(10): 53-58. 
  10. ^ 辻 弌朗 (1976). “バス最前線からの報告―能勢町デマンドバス・箕面市間谷コールモビルシステ ム―”. 運輸と経済 36(6): 39-45. 
  11. ^ 『バスラマ・インターナショナル スペシャル 臨時増刊1995 リエッセ&日野バスファミリー』p.55「リエッセユーザーを訪ねて リエッセだからできた新しい路線 京浜急行電鉄株式会社」ぽると出版、1995年11月15日。ISBN 4-938677-75-X
  12. ^ オンデマンドバスのご案内
  13. ^ 砂田洋志「高知県四万十市の地域公共交通システムの調査報告 : 中村まちバスの調査報告」『山形大学紀要. 社会科学』第46巻第1号、山形大学、2015年7月、 121-138頁、 ISSN 0513-4684NAID 120005713169

関連項目[編集]

外部リンク[編集]