アイシン精機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トヨタ自動車 > トヨタグループ > アイシン精機
アイシン精機株式会社
AISIN SEIKI Co., Ltd.
Headquarters of AISIN SEIKI.JPG
左奥:共同館、手前:本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7259
名証1部 7259
本社所在地 日本の旗 日本
448-8650
愛知県刈谷市朝日町2丁目1番地
設立 1949年6月1日
業種 輸送用機器
事業内容 自動車用部品の製造
代表者 伊原保守取締役社長
資本金 450億49百万円
(2015年3月31日時点)[1]
発行済株式総数 2億9467万4634株
(2015年3月31日時点)[2]
売上高 連結:2兆9639億71百万円
(2015年3月期)[3]
営業利益 連結:1657億52百万円
(2015年3月期)[4]
純利益 連結:773億18百万円
(2015年3月期)[5]
純資産 連結:1兆5326億93百万円
(2015年3月末時点)[6]
総資産 連結:2兆9302億8百万円
(2015年3月末時点)[7]
従業員数 連結:9万4748人
(2015年3月末時点)[8]
決算期 3月末日
主要株主 トヨタ自動車 6,555万株 22.25%
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 豊田幹司郎(会長)
藤森文雄(副会長)
外部リンク http://www.aisin.co.jp/
テンプレートを表示

アイシン精機株式会社(アイシンせいき、AISIN SEIKI Co.,Ltd.)は、トヨタグループの巨大自動車部品メーカー。トヨタ自動車系列だが、2011年現在では日本国外メーカー、さらには日産自動車をはじめとする日本国内他社にも部品を供給している。CIは「Geared up for the future」。

概要[編集]

主な事業は自動車部品の開発と生産。ブレーキシステムや、大容量トランスミッションエンジン関連、ドア周り部品、GPSカーナビゲーションなどを手がけている。音声案内を行うボイスカーナビゲーションを世界で初めて世に送り出した。オートマチックトランスミッション(自動変速機)においては世界トップレベルとも言われる。近年はトヨタグループの製品(自動車や自動織機の技術など)を応用した商品が開発され、系列としてはベンチャー的である。

他にもベッドミシンなど住生活関連製品、ガスヒートポンプなどのエネルギー関連製品、さらには電動車いすなど福祉用品も扱っている。1980年代前半までは、シャープ製のカラーテレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジなどを「TOYOTA」マークをつけて「トヨタ家庭用機器」として販売していた。また、1976年に伊奈製陶(現LIXIL)と共同開発した「シャワートイレ」はその後の主力製品となった。

2009年6月から藤森文雄が社長に就任。豊田幹司郎以来となる二人目の生え抜き社長である。

アイシン精機は、一つの事業が大きくなった場合は分社化するという特徴があり、グループ会社は全世界で180社以上存在する。 中でも、子会社であるアイシン・エィ・ダブリュは、近年成長が著しく、親会社であるアイシン精機と比較しても売上高・社員数共にほぼ変らないという規模まで成長している。

ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグに所属するシーホース三河を運営している。2000年頃までは成績低迷に喘いでいたが、他チームを解雇されたりチームの廃部で居場所を失ったりした選手を多数受け入れて、2002年にはオールジャパン優勝を果たした。この苦労話が「ファイブ」として小説となった。これが劇画化されビッグコミックで連載され、また2008年1月にはNHKテレビドラマ化もされた。

沿革[編集]

JR北海道厚別駅札幌市厚別区)西口近くの木造小屋に残存している「トヨタ洗濯機」のホーロー看板(写真左上。2016年7月撮影)
  • 1943年2月18日 - 陸軍航空本部の命により、航空用発動機量産のため、トヨタ自動車工業と川崎航空機工業の共同出資によって「東海航空工業株式会社」として設立[9]
  • 同年3月29日 - 既存企業との社名の重複が発覚、「東海飛行機株式会社」に改称(トヨタ自動車75年史には、登記が3月19日、社名変更が4月8日とある。)[10]
  • 1949年6月 - 東海飛行機が愛知工業株式会社と社名を変更して航空機部品生産からミシン、自動車部品生産へと転換。
  • 1961年10月 - 愛知工業が名古屋証券取引所1部に上場。
  • 1965年8月 - 新川工業株式会社と合併してアイシン精機株式会社に社名を変更。
  • 1970年5月 - 東京証券取引所大阪証券取引所各1部に上場。
  • 2001年11月 - 創立35周年を記念として本社敷地内に展示施設のアイシンコムセンターを建設。
  • 2009年12月 - 大阪証券取引所上場廃止。

製品[編集]

施設[編集]

  • 本社・刈谷工場・試作工場・技術本館・共同館 - 愛知県刈谷市朝日町
  • 新川工場 - 愛知県碧南市六軒町
  • 新豊工場 - 愛知県豊田市高丘新町
  • 安城工場 - 愛知県安城市三河安城町
  • 西尾ダイカスト工場・西尾機関工場・工機工場 - 愛知県西尾市南中根町
  • 小川工場 - 愛知県安城市小川町
  • 半田工場・半田電子工場 - 愛知県半田市日東町
  • 衣浦工場 - 愛知県碧南市港南町
  • 豊頃試験場(テストコース) - 北海道中川郡豊頃町

関連会社[編集]

グループ主要会社[編集]

連結子会社[編集]

  • アイシン東北
  • アイシン九州
  • アイシン九州キャスティング
  • アイシン北海道
  • ASブレーキシステムズ
  • 埼玉工業
  • 寿技研工業
  • 愛知技研
  • アイシン・メタルテック
  • シンコー精機
  • アイシン・エンジニアリング
  • アイシン・コムクルーズ
  • アイシン・インフォテックス
  • イムラ材料開発研究所
  • アイシン・コスモス研究所
  • テクノバ
  • エフティテクノ
  • アイシン・コラボ
  • 新三商事
  • 光南工業
  • 碧南運送
  • サンエツ運輸
  • 富士興産
  • アイシン新和
  • コザカイ工業
  • エイティーメンテナンス
  • エイティーマテリアル
  • イナテツ技研
  • 福田工業
  • エイ・ティー南陽
  • エイティーテクノス
  • エイティーアグリー
  • 高丘工業
  • 新和工業
  • エイ・シー工業
  • エィ・ダブリュ・サービス
  • エクォス・リサーチ
  • エィ・ダブリュ・エンジニアリング
  • エィ・ダブリュ・メンテナンス
  • エィ・ダブリュ・ソフトウェア
  • シーヴイテック
  • オーキス・ジャパン
  • エィ・ダブリュ・アイ・エス
  • テクノメタル
  • となみの工業
  • エイディーノウビ
  • エイディーサンユートピア
  • エイディーグリーン
  • エイ・ケイ・ケイ・エム
  • エーアイ・マシンテック
  • 辰栄メンテナンス
  • トーホー化工

持分法適用会社[編集]

  • エクセディ
  • キャタラー
  • 日本クラッチ
  • 山形クラッチ
  • 豊明木工
  • 東和繊維工業
  • 中川工業
  • 株式会社日出ハイテック

脚注[編集]

  1. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>提出会社の経営指標等>資本金
  2. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>提出会社の経営指標等>発行済株式総数
  3. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>連結経営指標等>売上高
  4. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>連結損益計算書>営業利益
  5. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>連結経営指標等>当期純利益
  6. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>連結経営指標等>純資産額
  7. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>連結経営指標等>総資産額
  8. ^ アイシン精機>株主・投資家情報 >IR資料>有価証券報告書>平成27年(2015年)3月期>連結経営指標等>従業員数
  9. ^ アイシン精機40年のあゆみ - ( / 20151023)
  10. ^ 第5節 戦時下の研究と生産 第9項 航空機の開発と製作 - トヨタ自動車75年史(2012年版 / 2015年10月23日閲覧)
  11. ^ 現在は室外機のみ供給している。
  12. ^ 室外機の種類によってはパナソニック産機システムからOEM供給されている場合もある。ダイキンがアイシン向けに供給する製品は型番の頭に「AISIN」の「A」がつく(例:リモコン「ABRC1E3」はダイキンの「BRC1E3」と同じ)。部品によってはダイキンそのものを流用している。過去にはハウスメーカー向けに手掛けたハウジングエアコンもダイキンからのOEMである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]