公立はこだて未来大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
公立はこだて未来大学
正門
正門
大学設置/創立 2000年
学校種別 公立
設置者 公立大学法人公立はこだて未来大学
本部所在地 北海道函館市亀田中野町116番地2
北緯41度50分30.5秒 東経140度46分1秒 / 北緯41.841806度 東経140.76694度 / 41.841806; 140.76694座標: 北緯41度50分30.5秒 東経140度46分1秒 / 北緯41.841806度 東経140.76694度 / 41.841806; 140.76694
学部 システム情報科学部
研究科 システム情報科学研究科
ウェブサイト 公立はこだて未来大学公式サイト
テンプレートを表示

公立はこだて未来大学(こうりつはこだてみらいだいがく、英語: Future University Hakodate、公用語表記: 公立はこだて未来大学)は、北海道函館市亀田中野町116番地2に本部を置く日本公立大学である。2000年に設置された。大学の略称は未来大、FUN。

概要[編集]

情報系の単科大学北海道道南圏で唯一の公立大学として開設。「爆発的に進展をつづける情報社会のグローバル化に呼応しながら、システム情報科学を基軸にした人材の育成と研究の未来、そして地域の未来を拓くことを針路」[1]としている。

亀田半島山の手の台地に立地し、亀田川の西側の河岸段丘上に位置している。なお、日本の公立大学で初めて大学名にひらがなを用い、日本の国公私立大学で初めて大学名に「未来」を付した。また、函館市の観光情報サイト「はこぶら」のサイト構築を手がけている。

沿革[編集]

組織構成[編集]

学部・学科[編集]

  • システム情報科学
    • 複雑系知能学科
      • 知能システムコース
      • 複雑系コース
    • 情報アーキテクチャ学科
      • 情報システムコース
      • 高度ICTコース(大学院までの一貫教育課程)
      • 情報デザインコース

大学院[編集]

  • システム情報科学研究科
    • 複雑系情報科学領域
    • 知能情報科学領域
    • 情報アーキテクチャ領域
    • 高度ICT領域
    • メディアデザイン領域

教育および研究[編集]

教育[編集]

研究[編集]

  • きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ - 人工知能(AI)に創作させるプロジェクト。松原仁教授を中心に、2012年9月に発足。SF作家星新一が得意とした400字詰め原稿用紙で十数枚のショートショートを教材として、新たなショートショートを生み出す。初の作品を2015年9月、第3回星新一賞に応募、第一次選考を通過した[6][7]
  • デジタル操業日誌 - 漁業向けiOSアプリ[8]和田雅昭教授が開発。iPadなどの端末に、操業した時間帯や海域、漁獲量などを記録し、資源管理を行う。将来的には、流通業者が魚種と量を入力すれば、最適な漁獲量をAI算出。乱獲を防ぐシステムを目指している。僚船の情報も閲覧でき、漁場の分散や別の海域での操業が即時に可能となり、漁期も早く終えられる利点があるという。北海道留萌市沖で操業「新星マリン漁協」はナマコの資源管理に使用。函館市の木直漁港も「狙った魚が少ないと燃料費で赤字になる。出港前の予測は本当に助かる」と話す。和田教授は「漁師の勘と経験が『情報』に変わり、大きな価値を生み出すようになった」と話し、和田教授は、2017年度中に実用化のめどが立ちそうで、クロマグロの小型魚など漁獲規制対象種の混獲も減らせる、としている[9][10]

学内組織と大学関係者[編集]

学内組織[編集]

大学関係者[編集]

著名な教職員[編集]

OB・OG[編集]

  • 仙石智義 - 1期生で、公立はこだて未来大学同窓会の会長。函館市「函館コミュニティプラザ」(通称「Gスクエア」)のセンター長。NPO法人函館市青年サークル協議会の事務局長[11]

施設[編集]

キャンパス・設計[編集]

5階吹き抜けのスペース「スタジオ」が建物の特徴である

本部棟はPC工法による「スタジオ」と呼ばれる天井高20mの大空間を中心に、透明なガラスの間仕切りを多用した計画となっている。設計は山本理顕設計工場[12]。約100×120mの平面のボックス型5階建。

2000年(平成12年)竣工し、2002年(平成14年)日本建築学会賞作品賞を受賞[13]。2004年(平成16年)には公共建築賞最高賞を受賞[14]

研究棟は、西側に隣接する傾斜地に2005年増築。二等辺三角形の格子壁が特徴的なデザインとなっている。設計は本部棟と同じく山本理顕設計工場が担当。

脚注[編集]

  1. ^ 建学の理念
  2. ^ “特報 土曜フラッシュ はこだて未来“志向”大学 開学1カ月 キャンパス活気 250人、充実の研究”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2000年5月13日)
  3. ^ “未来大の東京サテライト開設 常駐職員に伊東前学長”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2005年5月12日)
  4. ^ 虎ノ門ヒルズサテライトオフィス(2018年7月6日閲覧)
  5. ^ 「札幌市立大・はこだて未来大 学術交流で協定締結」『日本経済新聞』朝刊2018年7月4日(北海道経済面)2018年7月6日閲覧
  6. ^ 産経新聞朝刊2015年12月9日「広角レンズ ITが変える 小説 執筆支援ソフト、文豪は人工知能」
  7. ^ きまぐれ人工知能プロジェクト作家ですのよ(公立はこだて未来大学のページ)
  8. ^ 「デジタル操業日誌」をApp Storeで - iTunes - Apple
  9. ^ 産経新聞朝刊2012年10月9日「情報の未来 第3部 スマホファースト(1)手のひらの上の仕事場」
  10. ^ 産経新聞「産経電子版」2017年8月31日「データから魚種判別実験 定置網漁 AIで効率化」
  11. ^ 函館は若い人に寛大な街【未来大OB】Gスクエアセンター長 仙石智義さん(キャンパス・コンソーシアム函館)
  12. ^ “きのう今日あす 地方版から”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2001年5月25日)
  13. ^ 日本建築学会賞 「未来大」が受賞 自然環境と一体化評価”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2002年4月18日)
  14. ^ “はこだて未来大 公共建築賞最高賞に 生活施設部門・国交相表彰 地域利用推進など評価”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年10月18日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]