留萌市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
るもいし
留萌市
Ougonmisaki.JPG
Emblem of Rumoi, Hokkaido.svg
留萌市章(1964年12月16日制定)[1]
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 留萌振興局
団体コード 01212-2
法人番号 2000020012122
面積 297.83km2
総人口 21,862
住民基本台帳人口、2017年3月31日)
人口密度 73.4人/km2
隣接自治体 雨竜郡北竜町沼田町
増毛郡増毛町留萌郡小平町
市の木 アカシア
市の花 ツツジ
留萌市役所
市長 高橋定敏
所在地 077-8601
北海道留萌市幸町1丁目11番地
北緯43度56分27.5秒東経141度38分13.3秒
Rumoi city office.JPG
外部リンク 留萌市

日本地域区画地図補助 01450.svg

留萌市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト

留萌市(るもいし)は、北海道留萌管内の中心で、留萌振興局が置かれる。主な産業は貿易などのその他商業、土木業、水産加工業である。留萌港では現今においてもニシンが水揚げされ、その魚卵であるカズノコの国内最大の加工地である。

市名の由来はアイヌ語「ルルモッペ」(潮が奥深く入る川)から。

地理[編集]

留萌市中心部と留萌港周辺の空中写真。1977年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

留萌振興局南部、日本海沿岸に位置する。

  • 山 : ポロシリ山 (730.5m)
  • 河川 : 留萌川、セタベツ川、八線沢川、十二線川、十五線川、林の川、中幌糠川、チバベリ川、チバベリ右川、桜庭川、タルマップ川、ポンルルモッペ川、ヌルマップ川、マサリベツ川
  • 湖沼 : 礼受沼、中幌ダム
  • その他 : 黄金岬
留萌市(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 7.8
(46)
10.9
(51.6)
13.8
(56.8)
24.6
(76.3)
29.1
(84.4)
32.0
(89.6)
33.2
(91.8)
35.0
(95)
33.1
(91.6)
24.0
(75.2)
21.2
(70.2)
14.0
(57.2)
35.0
(95)
平均最高気温 °C (°F) −1.3
(29.7)
−0.8
(30.6)
2.8
(37)
9.4
(48.9)
14.8
(58.6)
18.8
(65.8)
22.7
(72.9)
24.6
(76.3)
20.9
(69.6)
14.9
(58.8)
7.6
(45.7)
1.4
(34.5)
11.3
(52.3)
日平均気温 °C (°F) −4.4
(24.1)
−4.1
(24.6)
−0.4
(31.3)
5.5
(41.9)
10.6
(51.1)
15.0
(59)
19.2
(66.6)
20.9
(69.6)
16.8
(62.2)
10.9
(51.6)
4.3
(39.7)
−1.5
(29.3)
7.7
(45.9)
平均最低気温 °C (°F) −7.9
(17.8)
−7.8
(18)
−4.0
(24.8)
1.6
(34.9)
6.6
(43.9)
11.8
(53.2)
16.3
(61.3)
17.8
(64)
12.7
(54.9)
6.6
(43.9)
0.9
(33.6)
−4.4
(24.1)
4.2
(39.6)
最低気温記録 °C (°F) −23.4
(−10.1)
−22.8
(−9)
−22.4
(−8.3)
−10.1
(13.8)
−2.8
(27)
1.6
(34.9)
5.0
(41)
7.1
(44.8)
1.1
(34)
−4.4
(24.1)
−9.5
(14.9)
−19.1
(−2.4)
−23.4
(−10.1)
降水量 mm (inch) 100.0
(3.937)
70.2
(2.764)
52.9
(2.083)
43.3
(1.705)
58.8
(2.315)
50.8
(2)
97.1
(3.823)
121.3
(4.776)
139.6
(5.496)
131.3
(5.169)
144.4
(5.685)
117.5
(4.626)
1,127
(44.37)
降雪量 cm (inch) 197
(77.6)
156
(61.4)
109
(42.9)
17
(6.7)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
1
(0.4)
47
(18.5)
170
(66.9)
697
(274.4)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 20.9 16.9 13.3 8.9 8.9 7.6 8.6 9.2 12.4 15.4 18.9 21.5 162.5
 % 湿度 77 75 72 71 75 81 84 82 78 73 73 75 76
平均月間日照時間 51.3 72.6 131.5 171.0 199.4 186.2 169.5 174.3 171.2 128.8 52.6 32.4 1,540.9
出典 1: Japan Meteorological Agency
出典 2: 気象庁[2]

隣接する自治体[編集]

人口[編集]

Demography01212.svg
留萌市と全国の年齢別人口分布(2005年) 留萌市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 留萌市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
留萌市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 38,691人
1975年 36,882人
1980年 36,626人
1985年 35,542人
1990年 32,429人
1995年 30,060人
2000年 28,325人
2005年 26,826人
2010年 24,454人
2015年 22,221人
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[3]

  • 留萌市 - 水面調査区,大字留萌村字留萌,大字留萌村字千葉辺利

沿革[編集]

上空から望む留萌市街

江戸時代まではアイヌ日本人が混在、明治期にニシン漁の北上に伴い漁村として日本人の村が市内に点在。

大正期に入り、各地に炭鉱(大和田炭鉱、豊平炭鉱、浅野炭鉱、達布炭鉱)が発見され隆盛をきわめる。昭和22年頃には留萌本線羽幌線天塩炭砿鉄道留萠鉄道達布森林鉄道など多くの鉄道路線が留萌駅に乗り入れしていた。

1960年代までの人口は4万人以上であったが、ニシン漁の衰退や炭鉱の相次ぐ閉山により減少に転じた。

  • 天明6年(1786年) - 留萌神社の創建。
  • 慶応3年(1867年) - ルルモッペ場所が箱館奉行直轄となる。
  • 明治2年(1869年) - ルルモッペを留萌(るもえ)と命名する、山口藩支配となる。
  • 1877年(明治10年) - 戸長役場を元町(川北)に建造する(留萌市の開基)。
  • 1899年(明治32年) - 大和田炭鉱開業
  • 1902年(明治35年) - 留萌郡礼受村(れうけ)を編入。二級町村制施行、留萌郡留萌村。
  • 1907年(明治40年) - 留萌郡三泊村(さんどまり)と合併し、改めて留萌郡留萌村が発足。一級村制施行。
  • 1908年(明治41年) - 町制施行。
  • 1910年(明治43年) - 留萌 - 深川間に鉄道開通。
  • 1914年大正3年) - 増毛支庁を現在の留萌市に移し、留萌支庁と改称する。
  • 1918年(大正7年) - 留萌町で初の中等教育を実践する留萌実科女子学校が開校する。
  • 1919年(大正8年) - 北炭豊平炭鉱開業。
  • 1919年(大正9年) - 国内最北の普通中等教育機関である留萌高等女学校開校[4]
  • 同年 - 留萌家政学校開校[4]
  • 1921年(大正10年) - 留萌 - 増毛間に鉄道開通。
  • 同年 - 留萌港築港費として生命保険会社向けに年利10%で町債249万5千円を発行、石炭、木材の積出港として整備を始める。
  • 1923年(大正12年) - 国内最北の中学校である旧制留萌中学校が開校する[4]
  • 1924年(大正13年)-8月1日、留萌実業新聞社社屋、天塩サイダー本社工場等焼失
  • 同年8月31日 - 留萌日日新聞社設立、9月1日より発刊
  • 同年9月19日 - 留萌実業新聞杯野球大会(留萌町初の硬式野球大会)が開催される。
  • 1925年(大正14年) - 折からの不況により町債のデフォルトを蓬莱生命帝国生命朝日生命太陽生命福寿生命国光生命常盤生命に宣言、社会問題になる。
  • 同年 - 留萌実科女子学校、留萌家政学校、留萌高等女学校が統合、新「留萌高等女学校」になる[4]
  • 1927年(昭和2年) - 留萌本線留萌-大椴間開業
  • 1928年(昭和3年) - 留萌鉄道桟橋会社を京橋区銀座7-5に設立、留萌築港線開業、留萌駅から留萌港までの鉄道輸送が始まり、国内外との交易量が飛躍的に拡大する。
  • 1929年(昭和4年) - 留萌鉄道恵比島駅から太刀別駅の留萌炭鉱線を開業し、浅野昭和炭鉱から留萌港までの石炭輸送を本格的に開始する。
  • 1931年(昭和6年) - 羽幌線大椴-古丹別間開業
  • 1940年(昭和15年) - 古丹別森林鉄道古丹別線開業、古丹別の木材の羽幌線、留萌築港線経由の留萌港への積み出しが始まる。
  • 同年 - 羽幌森林鉄道羽幌奥羽幌間開業、羽幌線、築港線経由での留萌港への木材積出しが急増。
  • 1941年(昭和16年) - 天塩炭鉱鉄道留萌-達布間が開業、天塩炭田の石炭の留萌港から本格的な積み出しが始まる。
  • 同年 - 羽幌炭鉱鉄道築別炭砿線開業、築別炭砿からの羽幌線、築港線経由の留萌港からの石炭の本格的な積み出しが始まり、留萌港周辺に運送会社、商社、炭鉱会社の支店が集まる。
  • 1943年(昭和18年) - 古丹別森林鉄道三毛別線開業、三毛別の木材の羽幌線、留萌築港線経由の留萌港への積み出しが始まる。
  • 1944年(昭和19年) - 国内最北の市町村立中学校である旧制留萌町立中学校開校[4]
  • 1945年(昭和20年) - 達布森林鉄道、天塩炭鉱鉄道達布-滝下間開業、小平地方の木材の留萌港からの本格輸送(天鉄留鉄築港線軽油)が始まる。
  • 同年 - 停戦後の8月22日、留萌沖で樺太引き揚げ船三隻が撃沈される(三船殉難事件)。停戦後、スターリントルーマンに「留萌と釧路を結ぶ線以北にソビエト軍を進駐させる」という提案をしたが、トルーマンは拒否した。
  • 1947年(昭和22年)10月1日 - 市制施行。
  • 1948年(昭和23年) - 留萌市立千鳥学院高等学校開校[4]
  • 1949年(昭和24年) - 羽幌炭鉱鉄道上羽幌線曙-三毛別間開業、羽幌炭鉱のからの留萌港への石炭積み出しが急増、留萌駅から魚の行商に出かける戦争未亡人が大量に表れる。
  • 1954年(昭和29年) - 留萌市立高校閉校[4]
  • 1956年(昭和31年) - 三井物産の取り扱いによる数の子の留萌港での輸入および市内での加工が始まり空前の大ヒットとなる。
  • 1958年(昭和33年) - 達布森林鉄道廃止、天塩鉄道を経由せず留萌港までのトラック輸送に転換、天塩鉄道の貨物事業が赤字に陥る。
  • 同年 - 元町大火により旧市街のほとんどが消失し、市の経済に深刻な打撃を与える。
  • 1959年(昭和34年) - 大和田炭鉱閉山、失業者が市内に急増する。
  • 1960年(昭和35年) - 三井物産によるタラコの国内移入加工が始まり空前の大ヒットとなる。
  • 1961年(昭和36年) - 古丹別森林鉄道、輸入材の急増により廃止、留萌港の利用が急減する。
  • 同年 - 留萌市立千鳥学院高校閉校[4]
  • 1963年(昭和38年) - 羽幌森林鉄道廃止、羽幌地方の木材の留萌駅、留萌港利用が無くなり、留萌の木材加工業が衰退する。
  • 1965年(昭和40年) - 市内で初の看護婦養成機関である留萌医師会立留萌看護学校開校。
  • 1966年(昭和41年) - 留萌地方初の工業高校である留萌工業高等学校が開校[4]
  • 1967年(昭和42年) - 炭鉱の閉山により貨物輸送が停止した天塩炭鉱鉄道が廃止され、子会社の天鉄バスによるバス輸送に転換。
  • 1969年(昭和44年) - 留萌鉄道営業休止、旅客輸送は沼田町営バスに転換。
  • 1970年(昭和45年)羽幌炭鉱鉄道廃止、留萌駅の乗降客が急減、留萌港の取り扱いも急減し、留萌市から企業の撤退が相次ぐ。
  • 同年 - 豊平炭鉱閉山、再び市内に失業者が急増する。
  • 1971年(昭和46年) - 留萌高等学校、夏の甲子園出場(0-1 県立岐阜商業高校
  • 1972年(昭和47年) - 本市出身の若松勉(留萌東光小-留萌中-ヤクルト)が道内出身者初の首位打者を獲得。
  • 1977年(昭和52年) - 開基100年。
  • 同年 - 若松勉が2度目の首位打者獲得。
  • 1987年(昭和62年) - 国鉄羽幌線廃止、留萌本線が盲腸線となる。
  • 1997年(平成9年) - 開基120年。
  • 1998年(平成10年) - 留萌工業高校が閉校。
  • 同年 -本市出身の大高友美(クロカン)が長野オリンピック出場。
  • 1999年(平成11年) - 留萌看護学校閉校。
  • 2002年(平成14年) -本市出身の大高友美(クロカン)、武山香織(スノーボードハーフパイプ)がソルトレークオリンピック出場。
  • 2004年(平成16年) - 増毛町小平町と法定の「留萌南部三市町合併協議会」を設置。
  • 2005年(平成17年) - 1月12日合併協議会の解散が決まる。
  • 2006年(平成18年) - 本市出身の五十嵐亮太ヤクルト)と本間満ダイエー)がオールスターゲームに投票で選出され、市内出身者が初めて複数名同時選出された。
  • 同年 - 本市出身の大高友美(バイアスロン)がトリノオリンピック出場。

経済[編集]

1940年代まではニシン漁にのみ頼る漁業の町で、定住人口は4万人弱、出稼ぎ労働者は3万人以上いて、歓楽街は大いに賑わっていた。

1910年代から周辺の炭鉱開発が進み、鉱業の占有率が年々高まった。また1950年のニシン資源の枯渇からは、水産加工業者向けに三井物産などが海外から魚卵などを輸入し、さらに市内の木材加工業者も1950年代から北洋材の輸入を始めたため、1950年以降は市の経済は貿易と鉱業の2本柱となった。

また、このころ市内の水産加工業者が数の子を黄色く加工し、贈答用に売り出したところ、空前の大ヒットとなり、1950年代の留萌港の国内における数の子輸入のシェアはほぼ100%であった[4]。 この成功から稚内市岩内町紋別市などの道内の漁港に貿易船を派遣し、国内交易によりタラコを集積した上で、真っ赤に加工し、贈答用に売り出した。こちらも大ヒットし、1950年代のタラコ加工の国内における留萌市内の水産加工会社のシェアは60%を超えていた[4]

1960年代に炭鉱が閉山[4]となり、私鉄も相次いで解散し、1960年代以降は貿易と工業の2本柱となった。

しかし、大消費地に近い札幌や首都圏の工場に数の子、タラコのシェアを奪われ、市内の水産加工業は年々衰退したため、1970年代には地場企業の首切り、賃金カットが進み、歓楽街の衰退、小売店の閉店、企業の支店の撤退を招いた。 その頃より市の行政は「官依存」に傾倒して行き、政界も革新から保守へのシフトが進み、中央への陳情による土建行政が始まった。

1980年代には市内の失業者を受け入れるために港湾、道路、ごみ処理場の整備をはじめ、高額所得法人の上位を土建業者が占めるようになり、市債の発行が急激に膨らんだ。

1990年代には木材加工業者が廃業、あるいは海外進出し、市内での経済活動がほとんどなくなり、木材輸入業者も市内から撤退した。頼みの「官」も留萌海運局の旭川への移転、留萌海上保安局の小樽への統合など撤退が相次ぎ、商店街はかつてない不安定な状況に立たされた。1990年代以降の市内の経済は公務員の給与と、公共工事に依存する典型的な官依存の都市となった。

2000年(平成12年)の国勢調査による従事者数の割合は公務員を含む第三次産業だけで全従事者数の7割以上を占め圧倒的に高く、第二次産業が3割。第1次産業は3%余りを占めるに過ぎない。

細目ではサービス業26.28%、卸売・小売・飲食店20.28%、建設業16.42%、製造業12.04%、その他(分類不能)公務員11.78%、運輸・通信業6.23%、金融・保険業2.50%、農業1.76%、漁業1.18%、電気・ガス・熱供給業0.61%、林業0.55%、工業0.16%の順となっている。

うち公務員について「その他公務員」11.78%に各産業別公務員(市立文化センター職員は「サービス業」に分類など)の合計10.55%を含めると全体の22.3%を占めている。

立地企業[編集]

金融機関

鉱工業

商業

  • ホクレン留萌支所
  • 株式会社ワタミバイオ耕研
  • 澤井石油商事株式会社
  • カナモト留萌営業所

小売業

  • チューオー株式会社

運輸・倉庫

  • 日本通運株式会社留萌支店
  • 旭川通運株式会社留萌支店
  • 旭川食糧株式会社留萌支店(旧留萌米穀株式会社本社)

マスコミ

その他

  • 留萌ひまわり基金法律事務所

農協・漁協

郵便[編集]

宅配便[編集]

留萌南センター・留萌北センター

公共機関[編集]

行政[編集]

留萌振興局

概要[編集]

近年、税収や人口の減少の影響で留萌市の財政は悪化している。

歴代市長[編集]

  • 初代・2代 原田太八:1947年(昭和22年)10月1日 - 1954年(昭和29年)2月27日
  • 3代・4代 橋本作一:1954年(昭和29年)3月27日 - 1962年(昭和37年)3月1日
  • 5代 - 10代 原田榮一:1962年(昭和37年)3月10日 - 1986年(昭和61年)3月9日
  • 11代・12代 五十嵐悦郎:1986年(昭和61年)3月10日 - 1994年(平成6年)3月9日
  • 13代 - 15代 長沼憲彦:1994年(平成6年)3月10日 - 2006年(平成18年)3月9日
  • 16代 高橋定敏:2006年(平成18年)3月10日 - 現職

市議会[編集]

定数は16人。

会派 議席数
民主・市民連合 4
萌政会 4
萌芽クラブ 5
公明党 2

2007年(平成19年)6月9日現在)

姉妹都市・提携都市[編集]

司法機関[編集]

  • 旭川地方裁判所留萌支部
  • 旭川家庭裁判所留萌支部
  • 留萌簡易裁判所

教育[編集]

統合・廃止された学校

  • 北海道留萌市立高等学校(公立<市立>、廃校)
  • 北海道留萌千鳥学院高等学校(公立<市立>、留萌市立高等学校に統合)
  • 北海道留萌女子高等学校(公立<道立>、留萌高等学校に統合)
  • 北海道留萌工業高等学校(公立<道立>、廃校)
  • 留萌市立礼受小学校(廃校)
  • 留萌市立沖見小学校(留萌小学校に統合)
  • 留萌市立幌糠中学校(2007年3月廃校)
  • 留萌市立幌糠小学校(2014年3月廃校)
  • 留萌市立三泊小学校

住宅団地[編集]

  • 道営住宅泉団地
  • 道営住宅野本団地
  • 道営住宅沖見団地
  • 道営住宅栄町団地
  • 道営住宅高砂団地
  • 道営住宅野本中央団地

交通[編集]

港湾[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

市内の元川町2丁目交差点は、国道231号( - 起点・札幌市)、国道232号( - 起点・稚内市)、国道233号( - 起点・旭川市)が集まる国内でも珍しい連番3国道の終点となっている[5]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財

  • 重要有形民俗文化財
    • 留萌のニシン漁撈(旧佐賀家漁場)用具
  • 史跡
    • 旧留萌佐賀家漁場
  • 市の文化財
    • 星兜残欠 他2件 - 海のふるさと館蔵
    • 黄金岬の日和山烽火台跡
    • 三泊漁港遺跡

名所・旧跡

観光スポット

祭り

  • るもい呑涛まつり(7月下旬)
  • 萌っ子春待里(3月上旬)

郷土芸能

  • 礼受神楽

名産品

  • ニシン - にしんの糠漬け身欠きニシン切り込み
  • 数の子…旧来の塩カズノコに加え、醤油漬・親子マリネ・子持ち昆布風など新商品の開発が進められている。
  • その他各種水産加工品…エビ・イカなどの沖漬(鮮魚を調味液に漬けたもの)や塩辛、タラコ(紅葉子)ほか
  • にしんそば
  • にしんパイ

出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

出典

  1. ^ ○市の紋章”. 留萌市. 2015年4月11日閲覧。
  2. ^ 留萌 主な要素”. 気象庁. 2016年4月13日閲覧。
  3. ^ [|総務省統計局統計調査部国勢統計課] (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/GL08020103.do?_csvDownload_&fileId=000007841019&releaseCount=1 2017年5月20日閲覧。. ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l 留高50年史
  5. ^ 佐藤健太郎 「国道の名所を行く/国道の始まる場所」『ふしぎな国道』 講談社〈講談社現代新書〉、2014年、44頁。ISBN 978-4-06-288282-8

参考文献

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光