羽幌町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はぼろちょう ウィキデータを編集
羽幌町
Teuri i 2.jpg
天売島・赤岩
Symbol of Haboro, Hokkaido.svg

羽幌町章
1935年昭和10年)8月10日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道留萌振興局
苫前郡
市町村コード 01484-2
法人番号 5000020014842 ウィキデータを編集
面積 472.65km2
総人口 6,435[編集]
住民基本台帳人口、2022年3月31日)
人口密度 13.6人/km2
隣接自治体 苫前郡苫前町初山別村
天塩郡遠別町雨竜郡幌加内町
町の木 オンコ(イチイ
町の花 ツツジ
他のシンボル -
羽幌町役場
町長 駒井久晃
所在地 078-4198
北海道苫前郡羽幌町南町1-1
北緯44度21分38秒 東経141度41分50.2秒 / 北緯44.36056度 東経141.697278度 / 44.36056; 141.697278
Haboro Town Hall.jpg
外部リンク 羽幌町

Indicator map for Kamikawa and Sorachi Subprefecture in Hokkaido Japan.svg

羽幌町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

羽幌町(はぼろちょう)は、北海道北部(道北)の西海岸にある半農半商の町で、留萌振興局管内中部に位置する。かつては、道内・国内屈指の炭鉱の街でもあった。日本海に沈む夕日のきれいな街としても知られている。

概要[編集]

北海道北部の日本海側、留萌管内のほぼ中央に位置し、東は天塩山系ピッシリ山を背景として、西は日本海に面する。 暑寒別天売焼尻国定公園の一部である天売島焼尻島も羽幌町に属しており、東西南北雄大な天然資源に恵まれた地であることから、その資源を活用した観光業、漁業、農業、畜産、風力発電が盛んな街であり、多くの観光客が訪れている。 基幹産業である漁業では、甘えび、ホタテ、タコ、ウニといった海産物を漁獲し、特に 甘えびの水揚げでも知られており、その漁獲量は日本一を誇る。同様に農業ではオロロン米、グリーンアスパラガス、長いもなどの農産物、潮風を受け豊富なミネラルを含んだ牧草を食べて育った焼尻めん羊の畜産などが盛んである。 日本海沿岸の海流おいて比較的温暖な地域に位置していることから、夕日が美しく見える街としても知られており、夏には多くの海水浴客が訪れている[1]留萌振興局管内では、留萌市に続き2番目の人口を有する。  

町名の由来[編集]

アイヌ語が転訛したものであるが、以下の諸説がある[2][3][4]

  1. 「ハプㇽ(hapur)」(柔らかい)…海岸の砂がやわらかであったことから
  2. 「ハポロペッ(ha-poro-pet)」(流出?・広大・川)…現在の羽幌川が出水時に砂浜を潰決する様から
  3. 「ハㇷ゚オㇿオペッ(? -oro-o-pet…前半部不明)」(ウバユリの鱗茎?・そこ・多くある・川)

1.は上原熊次郎山田秀三らが採用しているものである[2]。2.は永田方正によるもので[2]、町でも同様の説を紹介している[3]。3.は1973年(昭和48年)に国鉄北海道総局が発行した『北海道 駅名の起源』において、2.説を「疑問である」としたうえで、紹介されているものである[2][4]

地理[編集]

気候[編集]

年平均気温は7度前後で北海道平均と大差はなく、沿岸に対馬海流の影響を受け比較的温暖なため寒暖の差が少なく、とても過ごしやすい環境となっている[5]

羽幌町南3条(羽幌特別地域気象観測所、標高8m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 8.6
(47.5)
9.9
(49.8)
15.9
(60.6)
24.3
(75.7)
28.2
(82.8)
30.9
(87.6)
34.2
(93.6)
34.4
(93.9)
33.9
(93)
24.1
(75.4)
20.1
(68.2)
12.4
(54.3)
34.4
(93.9)
平均最高気温 °C°F −1.3
(29.7)
−0.7
(30.7)
3.1
(37.6)
9.4
(48.9)
15.4
(59.7)
19.3
(66.7)
23.1
(73.6)
24.7
(76.5)
21.6
(70.9)
15.2
(59.4)
7.5
(45.5)
1.0
(33.8)
11.5
(52.7)
日平均気温 °C°F −4.3
(24.3)
−4.0
(24.8)
−0.1
(31.8)
5.5
(41.9)
11.2
(52.2)
15.5
(59.9)
19.6
(67.3)
20.9
(69.6)
17.4
(63.3)
11.2
(52.2)
4.4
(39.9)
−1.7
(28.9)
8.0
(46.4)
平均最低気温 °C°F −8.3
(17.1)
−8.4
(16.9)
−4.2
(24.4)
1.2
(34.2)
6.9
(44.4)
12.0
(53.6)
16.3
(61.3)
17.3
(63.1)
12.8
(55)
6.9
(44.4)
1.0
(33.8)
−4.7
(23.5)
4.1
(39.4)
最低気温記録 °C°F −26.4
(−15.5)
−26.1
(−15)
−22.8
(−9)
−11.4
(11.5)
−3.6
(25.5)
−0.8
(30.6)
3.7
(38.7)
4.4
(39.9)
1.9
(35.4)
−4.7
(23.5)
−13.6
(7.5)
−22.5
(−8.5)
−26.4
(−15.5)
降水量 mm (inch) 116.5
(4.587)
82.2
(3.236)
67.8
(2.669)
58.1
(2.287)
72.2
(2.843)
67.8
(2.669)
129.8
(5.11)
136.6
(5.378)
143.8
(5.661)
152.0
(5.984)
161.1
(6.343)
149.9
(5.902)
1,337.7
(52.665)
降雪量 cm (inch) 159
(62.6)
110
(43.3)
65
(25.6)
8
(3.1)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
44
(17.3)
154
(60.6)
535
(210.6)
平均降水日数 (≥0.5 mm) 25.3 20.8 17.9 12.8 11.9 10.2 11.7 11.9 14.1 18.1 22.5 25.7 202.8
平均降雪日数 29.5 25.8 22.2 8.7 0.4 0.0 0.0 0.0 0.0 1.9 17.1 28.7 134.9
湿度 75 73 70 70 74 80 83 81 76 71 71 73 75
平均月間日照時間 52.8 77.1 133.8 174.2 203.1 177.3 168.1 173.7 172.1 125.5 53.4 32.5 1,543.6
出典:気象庁 (平均値:1991年-2020年、極値:1921年-現在)[6][7]
羽幌町中心部周辺の空中写真。1977年撮影の7枚を合成作成。
国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成。

留萌管内中部に位置する。天売島(西側)、焼尻島(東側)の島嶼部も含む。

  • 山: ピッシリ山(1032m)
  • 河川: 羽幌川、築別川
  • 島: 天売島、焼尻島

隣接している自治体[編集]

沿革[編集]

羽幌炭鉱羽幌本坑の立坑櫓

町の本格的な開拓は近隣の苫前町、初山別村より遅い明治中期以降であるが、大正期に優良な石炭を産出する羽幌炭鉱が発見されて以来、石炭中心のモノカルチャー都市として発展。昭和40年の国勢調査では人口30,266人、世帯数6,840戸を数え、道内有数かつ国内屈指の炭鉱の街として栄えた。しかし、炭鉱閉山の1971年(昭和46年)以降は過疎化が著しい。

昭和40年頃には、国鉄羽幌線羽幌炭礦鉄道築別線・上羽幌線が通る羽幌駅の賑わいは最高潮に達した。昭和45年まで羽幌炭礦鉄道では野球、女子バレー、ジャンプ、卓球の実業団チームを有し、スポーツの町としての発展に大いに寄与した。

炭鉱閉山後の1971年(昭和46年)、人口がついに3万人を割り込み、あわてて市制を施行しようとしたが、町が前年の国勢調査時に人口を大幅に水増しするという不正を行っていたことが発覚[8]。町長ら幹部を含む83人が統計法違反などの容疑で書類送検される事件となった(のちに町長らは有罪判決[8])。その後も人口減が続いており、市制施行には至っていない。

閉山後の炭鉱跡地を巡るツアーなども企画されており、youtubeなどでも紹介されていることから、観光資源としての活用も検討されている。

炭鉱閉山後は、豊富な天然資源を活用した漁業、農業をはじめとする第一次産業の基盤強化をはじめ、国定公園の天売島、焼尻島、はぼろバラ園やはぼろ温泉サンセットプラザを拠点として、豊かな自然を活かした観光事業を中心に町づくりが進められている[9]。郊外型のスーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストアなどが出店し、商業施設の増加が著しい。また、風力発電事業も盛んに行われており、郊外に多くの大型風車が立並んでいる。


経済[編集]

産業[編集]

主要産業は漁業、農業、畜産、観光(暑寒別天売焼尻国定公園

金融機関[編集]

立地企業・商業施設[編集]

特産品[編集]

農協・漁協[編集]

郵便局[編集]

公共機関[編集]

警察[編集]

消防[編集]

司法[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

1896年(明治29年)、平村より羽幌町に40戸が入植した歴史にちなむ[10][11]。1900年、平村より羽幌町地区に獅子舞道具がもたらされて平越中獅子舞(羽幌町指定無形文化財)が始まり、現在まで伝承されている[10][11][13]。1976年、羽幌町から獅子舞の源流調査などのため町議団が平村を訪問して以降交流が深まり、友好都市提携に至る[10]。2004年に平村は合併により南砺市の一部となったが、以後も交流は続けられている[10]
明治20年代、石川県・富山県から集団入植が行われたが、内灘町からも多くの移住者が羽幌町に移り、漁業(捕鯨ニシン漁)や農業に従事した[14][15]。1922年(大正11年)頃、内灘町出身者が加賀獅子羽幌神社に奉納し、以後今日まで羽幌加賀獅子舞(羽幌町指定無形文化財)として伝えられている[16][17]

地域[編集]

人口[編集]

Population distribution of Haboro, Hokkaido, Japan.svg
羽幌町と全国の年齢別人口分布(2005年) 羽幌町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 羽幌町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

羽幌町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[18]

  • 羽幌町 - 水面,字上羽幌,字築別炭礦,字羽幌礦

医療[編集]

住宅団地[編集]

  • 雇用促進住宅
  • 栄町夕陽ケ丘団地
  • 栄町南団地
  • 幸町団地
  • 寿町団地
  • 北町団地
  • 若葉団地
  • 神楽丘団地
  • 緑が丘団地
  • 川北団地
  • 北4条団地
  • 朝日団地
  • 築別団地
  • 中央団地
  • 焼尻団地(焼尻島)
  • 焼尻定住促進団地(焼尻島)
  • 天売団地(天売島)

教育[編集]

交通[編集]

国鉄羽幌駅跡とバスターミナル
羽幌港

鉄道[編集]

現在、町内を走る鉄道路線は存在しない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、JR北海道留萌本線留萌駅

廃止された鉄道路線[編集]

バス[編集]

コミュニティバス[編集]

港湾[編集]

羽幌港

道路[編集]

レジャー[編集]

  • 道の駅ほっと♡はぼろ
  • 羽幌町総合体育館(パワデール)
  • おろちゃんランド
  • 羽幌町スポーツ公園パークゴルフ場
  • 羽幌町民スキー場「びゅー」
  • はぼろサンセットビーチ
  • 羽幌炭鉱跡地
  • 焼尻郷土館(焼尻島)
  • 焼尻公園内歩道(焼尻島)
  • 白浜海岸、白浜キャンプ場(焼尻島)
  • 海底探勝船おろろん(天売島)
  • ノゴマ館フットパス(天売島)
  • 天売島パークゴルフ場(天売島)
  • 天売島キャンプ場(天売島)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

はぼろバラ園

文化財[編集]

天然記念物[編集]

  • 焼尻の自然林
  • 天売島海鳥繁殖地

道指定有形文化財[編集]

  • 旧小納家住宅(北海道指定有形文化財)[19][20]
    • 1900年(明治33年)竣工の洋風木造建築。羽幌町焼尻郷土館として利用されている。焼尻島の網元で、商店を兼営し郵便局などを併設した小納家の住宅。

町の文化財[編集]

  • 厳島神社旧鳥居の双脚
  • わにぐち焼尻厳島神社保管
  • 平越中獅子舞(羽幌町指定無形文化財) – 平越中獅子舞保存会[13]
  • 羽幌加賀獅子舞(羽幌町指定無形文化財) – 羽幌加賀獅子舞保存会[16]
    • 7月の羽幌神社祭で奉納される[16]ほか、町内外のイベントで披露される[17]。1922年(大正11年)頃、石川県内灘町からの移住者が加賀獅子を羽幌神社に奉納したのが始まり[16][17]。ニシン漁の衰退とともに1953年(昭和28年)に一時中断したが、1974年(昭和49年)に羽幌加賀獅子舞保存会が結成されて復活した[17]
  • 羽幌越中赤坂奴舞(羽幌町指定無形文化財) – 羽幌越中赤坂奴保存会[21]
    • 7月の羽幌神社祭で奉納される[21]。1923年(大正12年)頃、富山県出身者によってもたらされ、羽幌神社に奉納されたのが始まり[21]

神社[編集]

寺院[編集]

観光[編集]

祭事[編集]

  • 甘エビ祭り 6月下旬
  • 羽幌神社祭 7月上旬(平成22年7月8日〜10日)
  • サンセットサマーライブ 7月上旬・はぼろサンセットビーチ(休止)
  • サンセットビーチSummerフェスタ 7月下旬・はぼろサンセットビーチ
  • 羽幌・焼尻めん羊祭り 7月上旬(平成22年7月3日〜7月4日)
  • 天売うに祭り 8月上旬(平成22年7月31日〜8月1日)
  • 焼尻めん羊まつり

食文化[編集]

マスコミ[編集]

  • 北海道新聞社羽幌支局
  • 留萌新聞社中部支社
  • 羽幌タイムス(1946年創刊、2021年4月に休刊、同年11月末で廃刊。休刊時は1万1340号で発行600部)[8]

その他[編集]

羽幌町人口水増し事件[編集]

1970年に行われた国勢調査において町の人口は2万8千人余であったが、翌1971年になって町議の告発がきっかけとなり約5,900人もの人口の水増しが行われていたことが発覚した。町では前回の1965年の国勢調査で当時の市制施行要件を上回る3万人余の人口を記録し、新庁舎の建設に着手するなど市制施行に向けた動きが活発になっていたが、町の経済を支えていた羽幌炭鉱の経営が悪化したことで人口の流出が進み、調査時には3万人を大幅に割り込んでいた。警察の捜査の結果、町長ら幹部を含む83人が統計法違反や公文書偽造の容疑で送検された[27][28]

出身の有名人[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ まちの概要|羽幌町
  2. ^ a b c d アイヌ語地名リスト ノブト~ヒラキ P101-110”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ a b まちの概要”. 羽幌町. 2019年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月22日閲覧。
  4. ^ a b 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、107頁。ASIN B000J9RBUY
  5. ^ まちの概要|羽幌町
  6. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  7. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年6月閲覧。
  8. ^ a b c 羽幌タイムス廃刊 記者・茶谷さん「読者のおかげ」地元密着、75年で幕『読売新聞』朝刊2021年12月5日(北海道面)
  9. ^ まちのあゆみ|羽幌町
  10. ^ a b c d e f 羽幌町・富山県平村(現・南砺市)友好都市締結30周年 (PDF)”. 『広報はぼろ』 平成21年12月号. 羽幌町. 2012年2月6日閲覧。
  11. ^ a b c d e 羽幌町”. 南砺市友好交流協会. 2012年2月4日閲覧。
  12. ^ a b 羽幌の起源”. 羽幌町. 2012年2月5日閲覧。
  13. ^ a b c 平越中獅子舞”. 北海道文化資源データベース. 北海道. 2012年2月6日閲覧。
  14. ^ a b 羽幌町・内灘町姉妹都市提携30周年 (PDF)”. 『広報はぼろ』平成22年9月号. 羽幌町. 2012年2月6日閲覧。
  15. ^ a b 友好姉妹都市”. 内灘町. 2012年2月5日閲覧。
  16. ^ a b c d 羽幌加賀獅子舞”. 北海道文化資源データベース. 北海道. 2012年2月5日閲覧。
  17. ^ a b c d わたしたちが引き継ぐ伝統芸能-羽幌加賀獅子舞”. 『教育ほっかいどう』377号. 北海道教育委員会. 2012年2月5日閲覧。
  18. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課 (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級),男女別人口,総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files/data?fileid=000007841019&rcount=1 2017年5月20日閲覧。. ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  19. ^ 旧小納家住宅”. 文化遺産オンライン. 文化庁. 2012年2月6日閲覧。
  20. ^ 羽幌町焼尻郷土館(旧小納家住宅)”. 北海道文化資源データベース. 北海道. 2012年2月6日閲覧。
  21. ^ a b c 平越中獅子舞”. 北海道文化資源データベース. 北海道. 2012年2月6日閲覧。
  22. ^ 羽幌神社(公式ホームページ)、羽幌神社
  23. ^ [1]
  24. ^ [2]
  25. ^ 平越中獅子舞/北海道文化資源DB
  26. ^ 高野山真言宗 成田山 真如院
  27. ^ 「背伸びやめ 胸を張る」『読売新聞』2007年9月1日
  28. ^ 羽幌町人口水増し事件

補注[編集]

  1. ^ 北海道文化資源データベースでは、故郷をしのんで獅子頭を制作した、との記述がされている。

外部リンク[編集]