みのや雅彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みのや 雅彦
出生名 簑谷 雅彦
生誕 1961年6月23日
出身地 日本の旗 日本北海道苫前郡羽幌町
学歴 北海道羽幌高等学校
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
フォークシンガー
活動期間 1981年
レーベル ウエスレコーズ
公式サイト 今も夢しかなかった(公式サイト)
松山千春

みのや 雅彦(みのや まさひこ、1961年6月23日 - )は、北海道出身のシンガーソングライター。 デビュー時の名前は、簔谷雅彦(本名)。なお、「蓑谷雅彦」という表記がしばしば見受けられるが、誤りである(「」は草冠ではなく竹冠)。

出身は苫前郡羽幌町で、北海道羽幌高等学校卒業。同町の羽幌町観光大使も勤めている。

来歴・人物[編集]

シンガーソングライターの松山千春に憧れ、高校時代にSTVラジオのオーディションに参加。その後、STVラジオの番組などに出演して活躍していたことが契機となり、1981年11月1日にシングル「白い嵐」でCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)からデビュー。(なお、同日には白井貴子もみのやと同じレコード会社からデビューしている。)

自身最高のヒット曲は、ドラマ主題歌にもなった「笑えないピエロ」(1983年11月発売/オリコン最高68位/売上数26,620枚)である[1]。その他、大仁田厚に提供し、自身もセルフカバーした「夢しかなかった」も、代表曲である。

デビュー以来、地元・北海道を中心に活動しており、道内各地でイベントやライブを行なう。

特技は剣道、趣味はプロレス観戦で、小学生時代から応援しているため、プロレス関係者との交友が広い。特に大仁田厚と厚い交流を持ち、大仁田が創設した団体であるFMWは、みのやの地元・羽幌町で興行を行っている。また同団体に所属していたハヤブサとも親しく、近年ではハヤブサとのジョイントライブも全国各地で行っている。

いくつかのラジオ番組を持ち、長くラジオのパーソナリティーも務める。「ハイヤングKYOTO」(KBS京都)でパーソナリティを務めたこともあり、その縁で北海道内だけでなく関西でマンスリーライブ活動も行っている[2]。松山千春の物真似も得意で、自身の番組でも時折披露することがある。かつて、同じレコード会社であった事から大江千里とも交友があり、STVラジオの番組にもゲストで駆けつけたこともある。

落語家の桂竹丸がSTVラジオでパーソナリティーをしていたのが縁で一時期、鹿児島の南日本放送ラジオの「おおすみパワーボム」(現在は「たけまる商店・営業中」内の一コーナーになっている)にも出演していたこともあった。

2007年4月29日、大仁田厚が主催した夕張市チャリティープロレス興行に協力。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

白い嵐(作詞・作曲:簑谷雅彦,編曲:水谷公生 1981年11月発売 CBSソニー
B面:君のことで(作詞・作曲:簑谷雅彦)
やさしい時代(作詞・作曲:簑谷雅彦,編曲:水谷公生 1982年3月発売 CBSソニー
B面:窓の雨模様(作詞・作曲:簑谷雅彦)
哀しいつばさ(作詞・下田逸郎、作曲・簑谷雅彦,編曲:川村栄二 1983年4月発売 CBSソニー
B面:笑えないピエロ(作詞・作曲:簑谷雅彦)
笑えないピエロ(作詞・作曲:簑谷雅彦,編曲:川村栄二,フジテレビ系「月曜ドラマランド・どっきり双子先生」主題歌) 1983年11月発売 CBSソニー
B面:問わず語らず(作詞・作曲:簑谷雅彦)
遅すぎたラブ・ソング(作詞・作曲:簑谷雅彦,編曲:武部聡志 1984年9月発売 CBSソニー
B面:舞雪(作詞・作曲:簑谷雅彦)
戻れない日々(作詞・来生えつこ、作曲・来生たかお,編曲:川村栄二 1985年4月発売 CBSソニー
B面:あこがれ(作詞・作曲:簑谷雅彦)
片想い(作詞・簑谷雅彦、山木康世、作曲・簑谷雅彦、編曲:石川鷹彦 1985年10月発売 CBSソニー
B面:悲しみのジングル・ベル(作詞・作曲:簑谷雅彦)
All We Need is Love(作詞・作曲:Gan-Ba-Run-Da-Club(宇佐元恭一国安修二・簑谷雅彦),編曲:中村哲 1986年8月発売 CBSソニー
B面:Diamond=Love(作詞・作曲:Gan-Ba-Run-Da-Club(宇佐元恭一・国安修二・簑谷雅彦))
月の舟(作詞・みのや雅彦、作曲・蛎崎弘 1992年10月発売 日本フォノグラム
C/W:会いに行こう(作詞・小林まさみ、作曲・蛎崎弘)
遠い微笑み(作詞・作曲:みのや雅彦) 1993年3月発売 日本フォノグラム
C/W:夢しかなかった(作詞・作曲:みのや雅彦)
夢しかなかった(作詞・作曲:みのや雅彦) 1995年1月発売 日本フォノグラム
C/W:遠い微笑み(弾き語り)(作詞・作曲:みのや雅彦)
遠い初雪(作詞・田口俊、作曲・みのや雅彦、テレビ北海道パワーギャング」エンディングテーマ) 1998年9月発売 マジックアイランドレコード
C/W:君を救けに行く(作詞・作曲:みのや雅彦)
哀しいね(作詞・作曲:みのや雅彦) 1999年2月発売 マジックアイランドレコード
C/W:鍵(弾き語り)(作詞・作曲:みのや雅彦)
ガラクタ(作詞・作曲:みのや雅彦) 2000年4月発売 マジックアイランドレコード
C/W:僕達は/あの日に帰れる汽車があるなら(作詞・作曲:みのや雅彦)
GOAL(作詞・作曲:みのや雅彦)
STVテレビ「2006札幌国際ハーフマラソン」エンディングテーマ/STVラジオ北海道大好きキャンペーンソング
2006年7月発売 ウエスレコーズ
C/W:(作詞・作曲:みのや雅彦)

アルバム[編集]

遠くをみつめて 1982年5月発売(プロデュース:稲葉竜文、アレンジ:瀬尾一三水谷公生 CBSソニー
偶然/しあわせ廻り道/ロンリー・チャーリー/ひとりララバイ/やさしい時代/風が通り過ぎた街/汽車のあとを/願い/まぶしい朝陽/夜
原風景 1983年6月発売(プロデュース:稲葉竜文、アレンジ:川村栄二 CBSソニー
オーバーチュア―海にきています―/青い影/国道232/たわむれ/窓辺にもたれて/哀しいつばさ/笑えないピエロ/男と女のいる時間/夜明けの街を/問わず語らず/海にきています
笑えない道化師 1984年5月発売(プロデュース:稲葉竜文、アレンジ:川村栄二飛澤宏元 CBSソニー
炎の予感/にがい朝/寒い季節/孤独な週末/雨の日時計/笑えないピエロ/早春・ときめき(フジテレビ系「ライオン劇場」主題歌)/夏の夕暮れ/秋/Mr. Good Bar―ジキル&ハイド―
DEAR MY FRIENDS 1985年10月発売(プロデュース:山木康世ふきのとう)、アレンジ:石川鷹彦 CBSソニー
彷徨/信愛/冬の海/愛すべき人達は眠りについているだろうか/片想い/円舞曲/雪/遠い昔に/ひとりきり/涙が歌にかわるとき
Harmony 1986年11月発売(宇佐元恭一国安修二との共作) CBSソニー
ダウンタウン・ラプソディー/Hurt/ウィンターソング/クリスマス・ホワイト/All We Need Is Love/Samba de GAN-BA/Ruled Paradise/リアライズ/ビリーブインマジック/Samba de GAN-BA(Reprise)
時代覚悟 1990年11月発売、※ライブアルバム 自主制作盤
夢-舞い上がれ-/太陽の下で/混沌(カオス)/リグレット-君を失えば-/パーティー/笑わせ上手/笑えないピエロ/予感/びしょ濡れの午前2時/TOKYO Stormy Night/時代覚悟/明日をさがして/Jealousy Lover/遠くをみつめて-FAR AWAY-
OVER 1992年10日発売(プロデュース:蛎崎弘、アレンジ:本田昌生鳥山信和、武沢豊) 日本フォノグラム
君の中何かが変わり始めてる/月の舟/Lonesome Woman/星空に咲いた虹/くたばれROCK'N'GIRLS/会いにゆこう/モデラート・キッスで踊ろう/TOMORROW/hONEY bEE/さざ波
夢しかなかった 1994年8月発売(プロデュース:武沢豊安全地帯)、アレンジ:武沢豊、菊地圭介西川進 日本フォノグラム
たとえ空から無情の雨が降り続けても/友達/泣いちまえよ/びしょ濡れの午前2時/その指も、そのくちびるも/冬春夏秋(とうしゅんかしゅう)/部屋/夢しかなかった/黄昏に/遠い微笑み
大空-15年目の扉- 1996年4月発売、※ライブアルバム 自主制作盤
白い嵐/愛口上/再会/私を愛していましたか/羽幌より〜憧れのフォークシンガーへの手紙/給料日前/これから/白い雪の夜/SMILE AGAIN/いつの日か/大空/心に降る雪
この声を聴いていて 1998年9月発売(プロデュース:牧田和男、アレンジ:菊地圭介) マジックアイランドレコード
愛している〜それ以上にどんな言葉があるだろう〜/新しい日々/鍵/真実は涙の中/ありがとう/愛をすてないで/涙/孤独になれ/今は・・・/この声を聴いていて
ふたつの気持ち 1999年6月発売(プロデュース:牧田和男、アレンジ:WIZARD、友常正巳、みのや雅彦) マジックアイランドレコード
ガラクタ/心は永遠に/青春の夕日/レクイエム/郷愁/8月の雨/傷ついた翼/ふたつの気持ち/人生の果てまで/おいで僕のそばに
今も夢しかなかった 2000年7月発売(プロデュース:牧田和男、アレンジ:MMTS) マジックアイランドレコード
笑えないピエロ/手紙/酔うほどに/秋の青空/恋心/明日へ/眠れない/泣いてしまいたい夜に/白い嵐/遠くをみつめて-FAR AWAY-/涙色の夜を越えて
溶け出すほど 2006年11月8日発売 WESS RECORDS
空 〜アルバムリミックス〜/再会/傘/悲しませるだけなのに/羽幌より〜憧れのフォークシンガーへの手紙/この空と僕だけは/ケンゾーじいさんのように/窓の外へ
GOAL 〜アルバムリミックス〜/溶け出すほど/愛されてきたように/今 旅立ちのとき
MINOYA SONGS 2007年6月発売 WESS RECORDS
夢しかなかった/笑えないピエロ/白い嵐/挽歌/旅的途上/あの頃の僕は/ロードショー
CLEAR 2010年10月発売,オリコン最高266位 WESS RECORDS
雪の花/しあわせ/がんばってね/ストレート/僕の名を呼ぶ声
みのや雅彦 THE BEST~いい歌づくし~ 2011年6月発売,オリコン最高129位 WESS RECORDS
白い嵐/笑えないピエロ/信愛/遠い微笑み/夢しかなかった/冬春夏秋/ガラクタ/あの日に帰れる汽車があるなら/ふたつの気持ち/傷ついた翼/GOAL//この空と僕だけは/雪の花/がんばってね
百の言葉千の想い 2012年6月発売,オリコン最高136位 WESS RECORDS
胸いっぱいの人生/FOR YOU~孤高のヴィーナス~/いとしい名前/君は今も輝いている/俺の居場所/母子歌/恋ばかりは/ありし日の…/ふたりララバイ/遠方より友(ホッケ)
僕に似た人へⅡ/百の言葉 千の想い/母子歌(live ver. at 2011 道新ホール)/ラストメッセージ
本当の歌 2013年10月発売,オリコン最高215位 WESS RECORDS
此処から/命の音/恋と愛/東京/星屑の輝き/涙に罪はない/冬花火/遥かな約束/ターボさんの長ーい独り言/STAGE/本当の歌/それでも人は生きて行く/凛
最高の一日 2014年9月3日発売,オリコン最高204位,オリコン・インディーズアルバムランキング最高19位 WESS RECORDS
讃歌/星になった君/遙かなる/大切なとき/Bye Bye/LaLaLaこの世は/scene/本当は誰とも別れたくないよ/心には青い空/鳥孝にて/ドラマ「最高の一日」/永遠の絆/ 25時の声
stardust 2015年11月11日発売 WESS RECORDS
君は今 泣いたりしていないか/今日も明日もあさっても/俺たちの青春/天国があるなら/笑うことも涙するのも/stardust

現在の主な出演番組[編集]

  • りべーるウィークエンドスペシャル・みのや雅彦30分一本勝負(旭川FMりべーる、日・15:00〜15:30 (以前は「30分一本勝負」として日曜日の17:00〜17:30、そのまた以前は「60分一本勝負」として土曜日の24:00〜25:00に放送していた。)
  • 我ら歌家族(ラジオカロスサッポロ、金・16:00~17:00)

過去の主な出演番組[編集]

提供した楽曲[編集]

  • 「夢しかなかった」(大仁田厚のアルバム「邪道」(1992年)へ収録)※自身もセルフカバー
  • 「映画のような人生を」(工藤じゅんき/2002年シングルで発売 - STV札幌テレビ放送アナウンサー
  • 「For You 〜孤高のヴィーナス〜」(白鳥智香子、作曲のみ/作詞:田口俊(2000年))
  • 雪の花」、「きっと」、「北の熱い女(作曲)(作詞:鳥井実)」(ちはらさき - 北海道を中心に活動する演歌歌手)
  • 「俺たちの青春」(STVラジオ企画「シニア世代応援団3Gプロモーション」テーマソング[3]

出版した書籍[編集]

  • 「夢しかなかった〜夢を支えたストロング・ハート達〜」(2001年・サンクチュアリ出版)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 内記 章「北の音楽戦士たち」P260「北海道出身のアーティスト チャート100ランクインデータ」”. 中西出版. 2013年12月16日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ みのや雅彦マンスリー「ストロングハート」”. 四谷LIVE INN MAGIC. 2015年9月22日閲覧。
  3. ^ STVラジオのパーソナリティを務めるMC3人によるユニット、3Gプロモーション(和久井薫牧やすまさ工藤準基)が、みのやの楽曲を歌ってる