苫前町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とままえちょう
苫前町
上平グリーンヒルファーム - panoramio.jpg
苫前グリーンヒルウインドパーク及び苫前ウィンビラ
発電所
が所在する上平グリーンヒルウィンドファーム
町旗
苫前町旗
町章
苫前町章
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道留萌振興局
苫前郡
市町村コード 01483-4
法人番号 5000020014834 ウィキデータを編集
面積 454.60km2
総人口 2,992[編集]
住民基本台帳人口、2020年11月30日)
人口密度 6.58人/km2
隣接自治体 苫前郡羽幌町留萌郡小平町
雨竜郡幌加内町
町の木 ナナカマド
町の花 エゾエンゴサク
他のシンボル -
苫前町役場
町長 福士敦朗
所在地 078-3792
北海道苫前郡苫前町字旭37-1
北緯44度18分21.6秒東経141度39分10.9秒座標: 北緯44度18分21.6秒 東経141度39分10.9秒
Tomamae town hal.JPG
外部リンク 苫前町

日本地域区画地図補助 01450.svg

苫前町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
苫前町中心部と苫前漁港周辺の空中写真。1977年撮影の2枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
とままえ温泉ふわっとと風力発電所
苫前港の夕日

苫前町(とままえちょう)は、北海道留萌管内中部に位置する町。

概要[編集]

風力発電が盛んであり、国道232号から見える北海道最大級の風力発電風車群は雑誌などで取り上げられることも多い。

地名の由来[編集]

町名の由来はアイヌ語の「トマ・オマ・イ」toma-oma-i(エゾエンゴサク・ある・もの(場所))から。

地理[編集]

苫前町は、留萌地方中部、日本海側沿岸に位置する。

地形[編集]

山地[編集]

主な山
  • 丸山
  • 愛鳥山
  • 札足辺山
  • 朗音山
  • 古丹別山
  • 仙松山
  • 温根山
  • 鬼鹿山
  • 三毛別山
  • 三毛別
  • 知布志内山
  • 佐官別山
  • 大天狗岳
  • 奥三毛別山
  • 下古丹別山
  • 白頭山
  • 智保内山
  • 愛奴山

河川[編集]

主な川
  • 古丹別川
  • ルペシュペナイ川

湖沼[編集]

主な池
  • 三渓貯水池
主な湖
  • 苫前ダム

人口[編集]

Demography01483.svg
苫前町と全国の年齢別人口分布(2005年) 苫前町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 苫前町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

苫前町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落[編集]

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[1]

  • 苫前町 - 字霧立

隣接する自治体[編集]

留萌振興局
上川総合振興局

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 縄文時代より栄える。
  • 江戸時代(慶長年間)松前藩がトママイ場所を開く。
  • 1786年天明6年) 苫前神社の創建。
  • 1869年明治2年)北海道で国郡里制が施行され、天塩国および苫前郡が設置される。開拓使が管轄。
  • 1880年(明治13年)3村(苫前村白志泊村力昼村)の戸長役場を苫前村に設置
  • 1888年(明治21年)8月 苫前郡苫前村が白志泊村を編入
  • 1894年(明治27年)2月3日 苫前郡羽幌村(現羽幌町)を分村
  • 1897年(明治30年)7月15日 苫前村の戸長役場が羽幌村戸長役場を分離
  • 1902年(明治35年)4月1日 苫前郡力昼村(りきびる)を編入、二級町村制、苫前郡苫前村
  • 1915年大正4年)4月1日 一級町村制、苫前郡苫前村
  • 1915年(大正4年)12月9日-14日 三毛別羆事件。苫前町三毛別(さんけべつ、現在の地名は三渓)でヒグマが民家を襲撃した。ヒグマは最終的に射殺されたが、死者7名、負傷者3名の被害が発生し、日本獣害史上最悪の事件となった。
  • 1948年昭和23年)10月1日 町制施行、苫前町

施設[編集]

警察[編集]

本部
駐在所

消防[編集]

本部
消防署
  • 苫前支署(苫前郡苫前町字旭37-1)
  • 古丹別支署(苫前郡苫前町字古丹別25)

郵便局[編集]

主な郵便局
  • 苫前郵便局(集配局)
  • 古丹別郵便局(集配局)
  • 力昼郵便局

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

姉妹都市

経済[編集]

主要産業は沿岸漁業、農業、酪農、林業など。農業はなどを生産。

第一次産業[編集]

農業[編集]

農協
  • 苫前町農業協同組合(JA苫前町)

漁業[編集]

漁協
  • 北るもい漁業協同組合苫前支所
主な漁港

第三次産業[編集]

金融機関[編集]

拠点を置く企業[編集]

情報通信[編集]

マスメディア[編集]

中継局[編集]

生活基盤[編集]

ライフライン[編集]

電力[編集]

発電所

教育[編集]

三渓小学校跡

高等学校[編集]

道立

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

町立

交通[編集]

鉄道[編集]

現在、町内を鉄道路線は通っていない。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、JR北海道留萌本線留萌駅

廃止された鉄道路線[編集]

バス[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

霧立峠

国道[編集]

道道[編集]

道の駅[編集]

港湾[編集]

観光[編集]

小川神社

文化財[編集]

町の文化財[編集]

  • 修羅 - 苫前町郷土資料館蔵。船材の運搬具
  • 須恵器(甕)- 苫前町考古資料館蔵
  • 苫前町くま獅子舞 - 苫前町くま獅子保存会
  • 苫前運上屋跡
  • 陣屋の跡
  • 寺子屋発祥の地
  • 苫前戸長役場跡
  • 苫前町水田発祥の地
  • 岩見の一本松 - イチイの木

道指定有形文化財[編集]

  • 木造十一面観音立像[2] - 苫前町役場蔵

名所・旧跡[編集]

主な神社
  • 苫前神社
  • 古丹別神社
  • 小川神社(こがわじんじゃ、位置

出身・関連著名人[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]