エゾエンゴサク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エゾエンゴサク
Ezoengosaku.png
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: ケシ科 Papaveraceae
: キケマン属 Corydalis
: エゾエンゴサク C. ambigua
学名
Corydalis ambigua Cham. & Schltdl.[1]

エゾエンゴサク蝦夷延胡索、学名:Corydalis ambigua )はキケマン属多年草。北海道から東北地方の日本海側に分布し、山地の湿った森林内、林縁部に生える。

特徴[編集]

高さは10-20cm。葉は楕円形の小葉3枚からなる。花期は4-5月で、茎の上部に総状花序の濃い青紫色の花を咲かせる。水色や薄紫や白色の花を咲かせるものや、花弁の先だけピンクないし赤紫色のものや、葉が細長い個体もある。

和名は、蝦夷に生えることと、地中の塊茎が漢方薬の「延胡索」に似ていることから付けられた。

春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種。

利用[編集]

エゾエンゴサクは、同属のキケマンムラサキケマンなどと違い、毒性が無く風味が良いので食用に供される。花を含む地上部は普通の野菜のように加熱調理して食べる。塊根はアイヌ語で「トマ」と呼ばれ、保存食として利用されてきた。 有毒のキケマンは草をちぎると不快臭がするので判別は容易である。観賞用としても良いが、漢方薬にも使用される。

画像[編集]

近縁種[編集]

主な群生地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Corydalis ambigua in GRIN”. 2014年10月31日閲覧。