番屋ノ沢仮乗降場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
番屋ノ沢仮乗降場
ばんやのさわ
Banyanosawa
力昼 (2.1km)
(6.6km) 古丹別
所在地 北海道苫前郡苫前町字力昼
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 35.1*km(留萠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1955年昭和30年)3月26日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
*キロ程は、実キロ
テンプレートを表示
1977年の番屋ノ沢仮乗降場と周囲約500m範囲。右が羽幌方面。海岸より500m程内陸に入った位置で、周囲には家が多く、ホームへの小道の途中に紺色の屋根の、一般駅の駅舎と遜色の無い大きさを持つ待合室が見える。ホームは一般駅よりは短いが、仮乗降場としては長い方。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

番屋ノ沢仮乗降場(ばんやのさわかりじょうこうじょう)は、かつて北海道留萌管内苫前郡苫前町字力昼に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線仮乗降場廃駅)である。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に営業を停止し、廃止された。

概要[編集]

力昼集落に所在する力昼駅は同集落から大きく外れた場所に置かれており、乗客の便を図るため集落に近い場所に当仮乗降場が設置された。そのため仮乗降場でありながら利用客は力昼駅よりも多かったとされ、ホームも土盛りで乗車券簡易委託販売があった。

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の南側(幌延方面に向かって右手側)に存在した[1]。仮乗降場ながら駅舎を有しており、駅舎入口には「番屋ノ沢(力昼)乗降場」と表記されていた[1]

駅名の由来[編集]

当仮乗降場の所在地附近の河川名より。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
力昼駅 - 番屋ノ沢仮乗降場 - 古丹別駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 書籍『追憶の鉄路 北海道廃止ローカル線写真集』(著:工藤裕之、北海道新聞社2011年12月発行)82-83ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]