富岡仮乗降場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富岡仮乗降場
とみおか
Tomioka
大椴 (4.3km)
(4.5km) 鬼鹿
所在地 北海道留萌郡小平町字鬼鹿富岡
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 21.6*km(留萠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)5月13日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
*キロ程は実キロ
テンプレートを表示
1977年の富岡仮乗降場と周囲約500m範囲。上が羽幌方面。鬼鹿富岡地区のある谷筋入口(写真下方面)からは約800m程も離れた人家の無い海縁に、何故に設置されたのか怪訝さえ感じさせるような辺鄙な所にある。かつては旧国道と浜との間に何軒かの人家があった。国道からホームへの短い小道の横に待合室が見える。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

富岡仮乗降場(とみおかかりじょうこうじょう)は、北海道留萌管内留萌郡小平町にあった日本国有鉄道(国鉄)羽幌線仮乗降場廃駅)である。羽幌線の廃線に伴い1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

草むらになっている。

また、2011年(平成23年)時点では駅附近の小椴子川にコンクリート造りの橋台及び築堤が残存している[1]。また、別の沢にもコンクリート造りの橋台が残存している[1]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
大椴駅 - 富岡仮乗降場 - 鬼鹿駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社、2011年9月、212頁。ISBN 978-4894536128

関連項目[編集]