豊岬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
豊岬駅
とよさき
Toyosaki
初山別 (6.0km)
(2.5km) 天塩大沢
所在地 北海道苫前郡初山別村字豊岬
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 羽幌線
キロ程 85.5km(留萠起点)
電報略号 トキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1958年昭和33年)10月18日
廃止年月日 1987年昭和62年)3月30日
備考 羽幌線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の豊岬駅と周囲約500m範囲。上が幌延方面。豊崎地区の北側にあり、周囲は稲作地帯である。既に無人駅になって年月が経つが、島式ホームの駅舎側本線は残されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

豊岬駅(とよさきえき)は、北海道苫前郡初山別村字豊岬にかつて設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)羽幌線廃駅)である。電報略号トキ。羽幌線の廃線に伴い、1987年(昭和62年)3月30日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、島式ホーム片面使用の1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の西側(幌延方面に向かって左手側)に存在した。かつては、島式ホーム1面2線を有する列車交換可能な職員配置駅であった。使われなくなった駅舎側の1線は、交換設備運用廃止後も側線として残っていた。

無人駅となっていたが、有人駅時代の駅舎が残っていた。駅舎は構内の西側に位置し、ホーム南側とを結ぶ構内踏切で連絡した[1]

駅名の由来[編集]

当駅が所在する地名より。

駅周辺[編集]

大沢トンネル(2011年)駅の北方に所在

歴史[編集]

駅跡[編集]

1999年(平成11年)時点で、駅前への道路のみ存在していた[2]。製材所の資材置場になっている。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
羽幌線
初山別駅 - 豊岬駅 - 天塩大沢駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三原田勝正小学館1983年7月、201頁。ISBN 978-4093951012
  2. ^ 『鉄道廃線跡を歩くVI』 宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、1999年3月、23頁。ISBN 978-4533031502

参考文献[編集]

  • 国土地理院25000分の1地形図

関連項目[編集]

外部リンク[編集]