無人駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
無人駅の例(下館二高前駅)。ホーム、ベンチ、上屋のみで出改集札口や事務室が全く見当たらない。

無人駅(むじんえき)は、駅員が配置されていない鉄道駅[1]駅員無配置駅。とりわけ駅員による出札・改札・集札が行われない駅を指す。

「無人駅」の「無人」とは駅員を務めるが皆という意味で、乗降客数とは関係がない。有人駅であっても時間帯により駅員が不在の「時間帯無人駅」もある[1]

なお、路面電車停留場は駅員を置かないことが基本的な仕組みであることから、無人駅に含まれない場合が多い。

日本の無人駅[編集]

旅客を取り扱う無人駅では、特別な理由が無い限り乗車・下車は通常通り行われる。駅員がいないため出札改札集札について省略されるか、有人駅とは別の方法(運転士による車内収受や商店・民家などへの券売委託など)か、自動化手段(自動券売機自動改札機など)がとられる。

無人駅は、かつては駅勢圏人口や乗降客が極端に少ない過疎地ローカル線に設けられる事例が多かったが、ICカード乗車券の普及や鉄道事業者側の経費削減という都合も加わり、近年では大都市圏の都市鉄道でも比較的多く見られる。

国土交通省の集計によると、2002年3月時点で日本にあった9514駅のうち無人駅は4120駅(43.3%)だった。2020年3月時点では9465駅のうち4564駅(48.2%)へ増えた[1]

なお、旅客と直接接する出札・改札などの業務を行う係員がいない場合に無人駅と称される場合が多く、ウィキペディア日本語版でもこの分類に従っている。

無人駅の設備[編集]

乗車駅証明書発行機[編集]

乗車駅証明書を発行する機械で、駅の改札口付近に設置され、駅名・発行日・時間が印刷された乗車駅証明書が発行される。運賃精算はこの証明書を見せて行う。不正乗車が容易であることから、無人駅用の自動券売機の設置や、列車内での乗車整理券発行によって、乗車駅証明書発行機は数を減らしてきたが、JR東日本管内では2019年10月に実施された消費税の増税に伴う運賃改定前に無人駅用の自動券売機を撤去して、乗車駅証明書発行機に置き換えて逆に数を増やした。

簡易型IC乗車券改札機[編集]

ICカード乗車券が使用できる路線の無人駅に、入場用と出場用の2種類が設置される。ICカード用の改札機はあるが、磁気乗車券類に対応した改札機は設置していない駅もある。

入場印字機[編集]

自動券売機設置無人駅(主にJR西日本管轄)や、時間帯によって駅員配置がない駅に設置される。乗車券や回数券を通すと入場日時・駅が刻印される。

無人駅用自動券売機[編集]

駅集中管理システムを導入していない線区で、乗車駅証明書発行機または簡易委託の代わりに設置される[2]。また、営業時間が短い業務委託・簡易委託駅での導入例もある[3]。購入できるのは、概ね2,000円以下の近距離乗車券で、支払い方法は、JR西日本のICOCAエリアにおけるICOCA入金兼用機等の一部例外を除いて硬貨千円札のみである。また過去には、JR東日本盛岡支社管内の一部無人駅において、JR線内用および連絡乗車券(八戸駅経由青い森鉄道線または盛岡駅経由いわて銀河鉄道線)発売用として2台の簡易型券売機が設置されていた。盗難・破壊対策のため管理駅や警備会社等への通報装置や監視カメラなどを備えていることもある。

臨時改札[編集]

通常は無人駅だが、臨時的に営業日を設けて窓口営業を実施すること。JRでは「無人駅特改」(旅客への案内では「特別改札」)と言い、民営化前後の乗客増への対応や、余剰人員対策として、管理駅から派遣という形で臨時窓口を設けた。当初は特別補充券で対応していたが、臨時窓口が恒常化してくると、管理駅の別窓口という形で乗車券を発行した。従って、その無人駅で乗車券を購入すると、発行駅名には管理駅名が記されていた。

例として、行楽期に利用客が一時的に増える川湯温泉駅土合駅武田尾駅などが挙げられる。また、JR東海では「さわやかウォーキング」を開催する際、開催駅が無人駅だった場合、臨時改札を設ける[4]。管理駅や運輸区から改札や集札、乗車券類の発券を行うため駅員や車掌が派遣される。

東武鉄道の無人駅では、臨時改札をする時としない時での乗車券の購入の仕方が異なる。改札をする時は駅員が常備券で目的地までの乗車券を発行し、改札をしないときは乗車券販売委託をされている商店や民家で240円(11 - 15キロメートル相当)までの乗車券を購入をするか、入出場証明書を発行機で発行し、降車駅の有人改札で精算をする。

青い森鉄道の無人駅では、朝の通勤・通学時間帯のみ一部の無人駅に係員を配置[5]し、集改札を行う他、沿線で大きな祭りやイベント開催時に、区間と時間を限って、臨時に社員が配置される(この時間帯は、電車も全てのドアから乗降可能となる)。

また、高校や大学が近くにある無人駅では、平日朝の通学時間帯のみ集札業務を行う駅員や係員が配置される駅がある。

無人駅での乗降方法[編集]

無人駅での乗車[編集]

自動券売機が設置されている駅では、有人駅と同様に自動券売機で乗車券を購入してから乗車する。乗車駅証明書が備え付けてある駅では、証明書を取ってから乗車する。この場合の運賃の支払は降車時に降車駅または列車内の運賃箱で行う。また、一部事業者を除き、ワンマン列車に乗る場合は、乗車時に車内に設けられている発行機で整理券を取る必要がある場合もある。乗車券および証明書・整理券が入手できなかった場合は、列車に乗ったらすぐに運転士または車掌に申告する[6]

JR九州などは、車椅子を使用する無人駅の利用者に対して事前に連絡よう呼び掛けている。なお、このことは無人駅で列車の利用が制限されることにつながり、憲法が保障する移動の自由を侵害し、障害者差別を禁じた法律にも違反するものだとして、2020年にJR九州が訴えられている[7]。2020年のバリアフリー法改正時に、無人駅での障害者対応のガイドライン整備が附帯決議されたこともあり、国土交通省は2021年に向けて鉄道事業者向けのガイドラインづくりを進めている[1]

無人駅での降車[編集]

列車内または駅舎に設置された運賃箱に「乗車券」または「乗車駅証明書(整理券)と運賃」を入れる。定期券は乗務員に呈示する。なお、運賃の管理の観点から、ワンマン列車が無人駅に停車した際の乗降は、入口は整理券発行機が設置されている1両目後側ドアのみ、出口は運賃箱が設置されている1両目前側ドアのみと指定されていたり、2両連結している場合でも列車からの乗降はもっぱら1両目の車両だけが利用でき、2両目からの直接の乗降できず(2両目はドアを開閉せず)1両目を通して行う必要があったりする場合がある。

管理[編集]

管理は、運営会社や地域住民、併設された設備の管理者によって行われる。

JRでは主に、その無人駅を管轄する直営駅が定期的に巡回して照明など設備の維持補修・清掃、時刻表や掲示物の管理、自動券売機の運用管理、ダイヤ混乱(運休など)時の遠隔一斉放送実施などの管理を行うのが一般的である。

ただし、業務効率化のため設備管理業務を直営駅から保線担当部署へ移管する例もある(JR九州の鉄道事業部管理エリアなど)。

えちぜん鉄道三国芦原線三国港駅武豊線武豊駅などのように、夜間滞泊を伴う場合は乗務員宿泊施設も設置されている。

複数無人駅の集中管理[編集]

有人の管理駅から、複数の無人駅を遠隔管理するシステムが導入されている。

近畿日本鉄道は、無人駅の利用者からの電話インターホンによる問い合わせに、約30人のスタッフが一括して対応する「総合案内センター」を奈良市に設置した。大阪府三重県に置いていたコールセンターの機能を統合した[8]

他の施設との併設駅舎[編集]

利用客が少ない駅では、他の施設と駅舎が併設されているものや、駅舎を他の施設として利用している駅もある。以下に例を示す。簡易委託駅として扱われている駅もある。

このような駅は、従業員や施設管理者が常駐する施設になっているとはいえ、駅業務を担当する駐在職員がおらず、乗車券も販売していないため、無人駅に当てはまる。ただし、併設されている施設又は近隣の商店などで乗車券を販売している場合は簡易委託駅に類する。

また2007年、当時の郵便局会社(現・日本郵便)は、過疎地での簡易郵便局の閉鎖を減らすため、JR東日本の無人駅に簡易郵便局を併設する計画を表明した[9]

ヨーロッパの無人駅[編集]

ヨーロッパの場合、切符の確認は列車内の車掌による検札(車内検札)が一般的であり、有人駅でも無人駅でも駅構内に改札や改札機を設ける例は多くはない[10]

駅に掲示された路線図と「目玉マーク」(スイス連邦鉄道

また、ヨーロッパの鉄道では切符の行先を乗り越すと罰金が科される場合があるなど、日本の鉄道のように乗り越し精算が認められていないことが多く、有人駅にも無人駅にも乗り越し精算機は設置されていない[10]また、無人駅でも券売機だけは設置されているような駅から乗車した場合、そのような駅や列車に「目玉マーク」がついている場合がある。これは列車内での発券をしないので、有効な切符を持って乗車しないと高額な罰金が課せられるという意味である。このような列車に有効な切符を持たずに乗車してしまうと、頻繁に巡回している検札に無券乗車であることを発見された場合だけでなく、乗車後すぐに車掌に申し出たとしても例外なくかなり高額の罰金が課せられることになっている。「知らなかった」「外国語が読めなかった」「すぐに車掌に支払おうと思っていた」などの事情は一切考慮されない。[要出典]

イギリスの事例については「停車場 (イギリス)」、ドイツの事例については「停車場 (ドイツ)」も参照のこと。

無人化の問題点[編集]

無人駅から乗車し、無人駅で下車する際に、車内改札も集札もない場合の素通りや、駅集中管理システムを無視して改札口を強行突破するといった不正乗車のリスクがある。多少の「とりこぼし」よりも、削減できる人件費の方が経営的に重視され、無人駅が増加している。

治安[編集]

駅構内の治安維持が難しいことから、駅に監視カメラを設置したり、警察や地域ボランティアによるパトロールなどが行われたりすることもある。

駅舎[編集]

車掌車改造の駅舎(札沼線中小屋駅

無人駅の中には、廃車となった貨車(主に車掌車)の車体を待合所に改造し、老朽化した元来の駅舎を代替している事例も北海道を主体に存在する[11]。特に1984年2月1日国鉄ダイヤ改正以降、貨物列車が軒並み削減されてから多く見られるようになったが、元が貨車だけに居住性は悪い。多少改造されているとはいえほとんどが原型を留めている。また製造されてからはもとより、設置されてから年月が経過したため、老朽化で撤去されるケースもある。

トイレ[編集]

無人駅のトイレについては、建物の老朽化・維持にかかる費用面などの理由で、閉鎖・撤去された駅も多い。また、設備が長らく更新されていない駅もある。鉄道事業者ではなく自治体側が近所に公衆トイレとして設置する事例がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 無人駅 5割に増加 国交省集計/障害者、利用に支障」『朝日新聞』朝刊2020年11月16日1面(2020年11月18日閲覧)
  2. ^ 製造元のレシップ社は「簡易型自動券売機」と呼称。記事名不明[リンク切れ]
  3. ^ JR西日本管内の委託駅では受託者の窓口営業時間外のフォローを目的として設置されることが多く、窓口営業時間中には窓口での購入を促すプレートが提示されているケースが多い。
  4. ^ 飯田線下川合駅中央本線定光寺駅など。
  5. ^ 青森方では、日祝日を除き筒井駅野内駅間で運賃収受などを行う。
  6. ^ 精算時にその駅から乗車したことを証明するため。乗車した駅の証明ができないと、乗車列車の始発駅からの運賃を請求されることもあるので注意されたい。
  7. ^ 駅無人化で権利侵害と提訴 車いす障害者、JR九州を”. 『日本経済新聞』 (2020年9月23日). 2020年9月23日閲覧。
  8. ^ 「無人駅の乗客対応 一括で/近鉄、奈良に総合案内拠点/周辺駅員の負担を軽減」『日経産業新聞』2018年4月20日(働き方面)
  9. ^ 朝日新聞』2007年10月26日
  10. ^ a b 海外鉄道サロン編『ヨーロッパおもしろ鉄道文化』交通新聞社、2011年
  11. ^ 貨車の改造駅で簡易委託である駅もごく少数だが存在している(釜谷駅、かつての荻伏駅など)。また、北海道以外でも少数存在する(平原駅信濃平駅など)。

関連項目[編集]