下灘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Japanese Nada Letter.pngと異なる可能性があります。
下灘駅
Shimonada Station 201507(1).JPG
駅舎
しもなだ
Shimonada
S08 伊予上灘 (5.3 km)
(2.6 km) S10
所在地 愛媛県伊予市双海町大久保
北緯33度39分18.81秒 東経132度35分21.60秒 / 北緯33.6552250度 東経132.5893333度 / 33.6552250; 132.5893333座標: 北緯33度39分18.81秒 東経132度35分21.60秒 / 北緯33.6552250度 東経132.5893333度 / 33.6552250; 132.5893333
駅番号 S09
所属事業者 四国旅客鉄道(JR四国)
所属路線 予讃線(愛ある伊予灘線)
キロ程 222.4 km(高松起点)
電報略号 シモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
78人/日
-2019年-
開業年月日 1935年昭和10年)6月9日[1][2]
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホーム
停車中の伊予灘ものがたり

下灘駅(しもなだえき)は、愛媛県伊予市双海町大久保にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線(愛ある伊予灘線)のである。駅番号S09。標高11 m[3]。観光列車・伊予灘ものがたり運転停車する[4][5]

ホームから広い海(伊予灘)を眺めることができ[5][6]、駅周辺は鉄道写真の撮影名所の一つとして鉄道ファンの間に知られている。海面を埋め立てる形で国道378号が開通するまでは[2][3]、ホームの下にすぐ波が打ち寄せるほど線路海岸が近接した「日本一海に近い駅」だった(この名称は現在でも使用される場合がある)[2][6][7]

歴史[編集]

当駅は1935年(昭和10年)6月9日に国鉄予讃本線が伊予上灘駅から当駅まで1駅分だけ延伸したのと同時に下灘駅として開業した。当初は終着駅であったが、開業のおよそ4か月後の10月6日には当駅から伊予長浜駅までが開通したため、途中駅となった。

1986年(昭和61年)3月3日には向井原駅 - 内子駅間の新線開通により向井原駅から伊予長浜駅を経て伊予大洲駅に至る線路が幹線としての役割を喪失したため、当駅においても優等列車が通ることはなくなった。

その後、当駅は1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化を経て現在に至っている。なお、予讃本線は1988年(昭和63年)6月1日に予讃線に改称となった。

年表[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。元は島式ホーム1面2線だったが、向井原駅 - 内子駅間の新線開業後に駅舎側の1線を撤去して現在のようになった。そのため、駅舎からホームまでの間は極力段差をなくすため列車の発着する部分を中心にコンクリートで埋められている。またかつては終着駅でもあったため構内は比較的広く、側線もある。

開業当初からの木造駅舎が改装されながら残っている。駅舎内部には待合所のほか、今は使われていない出札口などがある。

簡易委託駅だが[3]、出札業務の受託を行っていた駅前のたばこ店が休業したため、事実上の駅員無配置駅となっている[5]

なお、下灘駅の駅舎内部に記念乗車券の臨時販売所を、2019年(令和元年)7月20日から9月30日まで設置した[10]

ホーム柱に取り付けれられている『しもなだ』のホーロー看板2014年に有志によって取り付けられたものである[11]

駅周辺[編集]

国道378号線が開通する前の下灘駅(1974年)

駅は下灘の集落から1キロメートルほど東にある。駅から国道沿いに西へ行くと海を埋め立てて造ったがあり、周辺は役所の支所や郵便局、小学校などがあり、賑やかである。そこからさらに豊田川上流の方へ行くと中学校がある。

利用状況[編集]

  • 1日平均の乗降人員は72人である(2016年度) 。

下灘駅の利用状況の変遷を下表に示す[12]

  • 輸送実績(乗降人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す[12]
  • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年 度 当駅分輸送実績(乗降人員):人/年度
定期 定期外 合 計
2005年度(平成17年度) 42,340 8,760 51,100
2006年度(平成18年度) 36,500 7,300 43,800
2007年度(平成19年度) 37,332 8,052 45,384
2008年度(平成20年度) 33,580 8,030 41,610
2009年度(平成21年度) 32,850 7,300 40,150
2010年度 (平成22年度) 32,850 13,140 45,990
2011年度 (平成23年度) 27,084 9,516 36,600
2012年度 (平成24年度) 22,692 7,320 30,012
2013年度 (平成25年度) 22,630 5,110 27,740
2014年度 (平成26年度) 18,250 4,380 22,630
2015年度 (平成27年度) 18,250 5,110 23,360
2016年度 (平成28年度) 19,032 6,588 25,620

作品の舞台としての下灘駅[編集]

  • 青春18きっぷのポスターに3度採用されている[4][5][13]
    ポスターによく登場するアングル
    • ポスターの写真撮影の際に片側にしか駅名表記がなかった駅名標をひっくり返し、撮影後に元に戻したが、ポスター通りの風景を求める旅行者の声によって裏表ともに駅名が書かれたものに変わった。
    • 前述のとおり窓口業務を行っていないため、青春18きっぷを購入することはできない。
映画・ドラマ
バラエティ・ドキュメント
CM
テレビアニメ・ゲーム
書籍

イベント[編集]

  • 駅のホームを舞台代わりに利用した音楽イベント「夕焼けプラットホームコンサート」が毎年9月の第1土曜日に開催されている。「内山線」(内子経由の新線)開通の1986年(昭和61年)に始まり、駅の利用が少なくなればやがて廃線になるのではないかとの危機感から、旧双海町産業課の若松進一(当時。現観光カリスマ)らの手によって実現にこぎ付けたものである。

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

四国旅客鉄道
予讃線(愛ある伊予灘線)
伊予上灘駅 (S08) - 下灘駅 (S09) - 串駅 (S10)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、639頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  2. ^ a b c d 【今日は何の日?】海と「青春18」で有名な駅が誕生”. 乗りものニュース (2021年6月9日). 2021年11月14日閲覧。
  3. ^ a b c 全国鉄道事情大研究 四国篇』76頁。
  4. ^ a b c “海に沈む夕日 ホーム直結 下灘駅(愛媛県伊予市)”. 日本経済新聞. (2019年3月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXKZO41926830R00C19A3H91A00/ 2021年11月14日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 旅人たちと分かち合う、瀬戸内海の夕暮れ 愛媛県・下灘駅”. 朝日新聞デジタルマガジン & Travel (2020年9月21日). 2021年11月14日閲覧。
  6. ^ a b “【鉄道アルバム・列車のある風景】日本一海に近い駅・JR予讃線 晩秋の夕日に映える”. 産経ニュース. (2017年1月26日). https://www.sankei.com/article/20170126-76RDW2COTBIW3G2FRA745Y2WIA/ 2021年11月14日閲覧。 
  7. ^ 下灘駅よりも海までの距離が近い駅は全国にいくつかあり、例えば同じ愛媛県内の梅津寺駅は現在でもホームのすぐ隣が海である。
  8. ^ “「通報」紀勢本線朝来駅ほか17駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 8. (1986年3月1日) 
  9. ^ “予讃・牟岐線の12駅を停留所化 四国総局、職員配置は76駅に”. 交通新聞 (交通協力会): p. 1. (1986年3月4日) 
  10. ^ 「下灘駅記念乗車券」のデザイン及び下灘駅での販売計画について - JR四国
  11. ^ “JR駅でホーロー製看板の除幕式 伊予市”. 愛媛新聞ONLINE. (2014年7月27日). https://www.ehime-np.co.jp/news/local/20140727/news20140727319.html 2021年11月14日閲覧。 
  12. ^ a b 伊予市内のJR駅利用状況”. 伊予市. 2019年3月12日閲覧。
  13. ^ JR下灘駅 | 観光スポット一覧”. 伊予市. 2015年8月24日閲覧。
  14. ^ 『全国映画ドラマロケ地事典』p320 日外アソシエーツ編集(2011年)全国書誌番号:21946393
  15. ^ NHK-ドキュメント72時間-2016年バックナンバー
  16. ^ [1]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]