津軽二股駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
津軽二股駅
道の駅いまべつを併設するホーム(2008年8月)
道の駅いまべつを併設するホーム(2008年8月)
つがるふたまた - Tsugaru-Futamata
大平 (11.6km)
(2.0km) 大川平
青森県東津軽郡今別町大字大川平字清川[1]87-2
所属事業者 JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 津軽線
キロ程 46.6km(青森起点)
電報略号 フタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1958年昭和33年)10月21日[1]
乗換 津軽今別駅JR北海道海峡線[1]
備考 無人駅[1]
テンプレートを表示

津軽二股駅(つがるふたまたえき)は、青森県東津軽郡今別町大字大川平字清川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)津軽線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。元々は島式ホーム1面2線だった。

1970年(昭和45年)8月1日から簡易委託駅であったが、現在は無人駅となっている(蟹田駅管理)。発車時刻表・運賃表は、道の駅いまべつ正面玄関待合所に掲示されている。

構内位置図
(※2013年9月時点)
津軽二股駅出入口からみた津軽今別駅
津軽二股駅に接する、道の駅いまべつ(半島ぷらざアスクル)


駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
津軽線
大平駅 - 津軽二股駅 - 大川平駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 休業期間中も、風除室は津軽二股駅および津軽今別駅の待合室として利用可能[2]。当初の休業期間は2015年(平成27年)3月31日までの予定だった[2]が、延期された。
  2. ^ ただし、JTBの時刻表には「津軽今別と津軽二股は隣接しています」の文言が欄外に添えられている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『週刊 JR全駅・全車両基地』31号 青森駅・弘前駅・深浦駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年3月17日、23頁。
  2. ^ a b c 広報いまべつ 平成25年10月号(591号) (PDF)”. 今別町 (2013年10月1日). 2013年10月23日閲覧。
  3. ^ 広報いまべつ 平成27年3月号(608号) (PDF)”. 今別町 (2015年3月1日). 2015年4月4日閲覧。
  4. ^ “道の駅いまべつリニューアルオープンのお知らせ” (プレスリリース), 今別町, (2015年3月16日), http://www.town.imabetsu.lg.jp/out/kanko_view.php?no=544 2015年4月4日閲覧。 
  5. ^ 北海道新幹線 > 奥津軽いまべつ駅”. 青森県庁 (2015年3月30日). 2015年6月28日閲覧。
  6. ^ 青森ローカル線の旅③~北海道新幹線『奥津軽いまべつ駅』に潜入!~”. 藤川まゆ (2015年4月30日). 2015年6月28日閲覧。
  7. ^ 北海道新幹線 新函館北斗開業について (PDF) - JR北海道函館支社・2015年9月16日リリース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]