みどりの窓口

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

みどりの窓口(みどりのまどぐち)とは、主にJRグループの旅客鉄道各社が設置・営業する乗車券類発売所(出札所)のうち、マルス端末が設置され、JRグループ旅客全社の鉄道線乗車券類(乗車券・特急券指定券など)やJRバス(一部路線のみ)の座席指定制路線の乗車券・指定券などを総合的に発券できる発売所である。窓口形式でない発売所も多い。

概説[編集]

店舗方式のみどりの窓口(JR西日本・茨木駅(駅改良工事前))
オープンカウンター形式のみどりの窓口(JR北海道・岩見沢駅
クローズカウンター形式のみどりの窓口(JR東日本・津軽新城駅

マルス端末が設置された日本国有鉄道の発売所システム・ネットワークを継承する形で、JRの主なと国鉄から転換したJR以外の京都丹後鉄道土佐くろしお鉄道のと鉄道IRいしかわ鉄道あいの風とやま鉄道えちごトキめき鉄道など、一部鉄道各社に設置されている。日本の一部大手旅行会社空港旅客ターミナルバスターミナルフェリーターミナルなどにも設置されている。ブランドとシステムを継承しているだけで、みどりの窓口の標示はロゴマークを除き、各社に違いがある。

みどりの窓口」は東日本旅客鉄道(JR東日本)の登録商標(日本第3116438号)で、東海旅客鉄道(JR東海)はみどりの窓口であってもその名称を使用せず「JR全線きっぷうりば[1]などとする場合が多く[2]、同様の理由で「ブルートレイン」の名称も使用を控えていた。

駅務室に窓を設けただけの小さなものから、ターミナル駅の大規模な窓口までその形態は様々である。乗降人員の少ない駅では、窓口専任の係員を配置せずに有人改札の係員が窓口業務を兼務している。1988年3月12日までは座席指定券類のほかに青函連絡船による自動車航送予約も引き受け、航送当日に桟橋窓口に車検証を持参して乗船名簿に記入した。

「みどりの窓口」の発祥は、門司鉄道管理局が全国に先駆けてはじめた国鉄セールスマンによる団体旅行勧誘に始まる。当時、小倉駅、博多、佐賀、佐世保、後藤寺の各駅に1人ずつ配属されたが、小倉駅の助役で当時41歳の渡辺清が第一号で、現在の「みどりの窓口」の発案者の1人でもある。この模様は1963年12月27日発行のアサヒグラフで取り上げられ、NHKも放送した。

「みどりの窓口」の由来は、切符の地紋が、常備券は赤や青で、この窓口で発券されるものは淡い緑色であることによる[3]1990年代後半からは水色に代わり、偽造防止を兼ねて濃い水色の帯と「JR」マークのホログラムを施している。

1960年代までは、東海道新幹線特急列車など優等列車の指定券や寝台券は列車ごとの台帳で管理され、空席照会や予約に際して窓口から台帳の保有駅や統括する乗車券センターへ電話連絡していた。この方式では指定券の発行に1 - 2時間を要したり、同一座席を重複販売してしまうことがあった。

上記の問題を解決するとともに、指定券の手配をオンライン方式に切り替えることを目的として、1965年10月1日実施のダイヤ改正当日に始発駅を発車する列車から販売を開始するため、9月24日から日本全国の主要152駅と日本交通公社の83か所の営業所に開設された。

その後も、マルスの能力向上に連動して、設置駅の拡大や他の大手旅行会社へも接続が行われ、2011年時点で大都市近郊の大半の駅や大手旅行会社の窓口に設置されている。

国鉄時代は、駅出札窓口の中でも原則どおりに指定席専用取扱窓口のみを「みどりの窓口」と称することが多く、他の自由席・定期券等取扱窓口は単に「きっぷうりば」「国鉄全線窓口」と呼ばれることも多かった。

JR化以後は、合理化のため各駅の窓口減少、サービス向上のためマルス端末を増設、旧型印刷発行機の置き換え、常備・硬券取扱いからの移行、などの影響で、指定席取扱窓口と自由席のみ取扱窓口の併設駅は僅少となっている。主要駅でマルス端末とPOS端末(基本は自由席専用で、多客時のみに営業する場合が多い)を併設する場合も、同一窓口、別窓口など各駅により状況は異なるがオープンカウンター式のみどりの窓口に内包されている場合が多い。マルス端末の取扱券種は拡大し、指定券に限らず乗車券・自由席特急券・急行券・定期券・イベント券・航空券なども発売しており、複数窓口設置駅で「指定席取扱窓口(みどりの窓口)」と「自由席窓口」をそれぞれ配置する必要がない。

市販の時刻表の索引地図は、JR線・第三セクター線、及びバスターミナル(2014年8月時点で草津温泉駅のみ)[4]でみどりの窓口が設置されている駅を記載している。

1965年9月24日みどりの窓口開設駅[編集]

都道府県 開設駅
北海道 札幌駅旭川駅帯広駅釧路駅小樽駅室蘭駅函館駅
青森県 青森駅弘前駅
岩手県 盛岡駅花巻駅
宮城県 仙台駅
秋田県 秋田駅
山形県 山形駅酒田駅
福島県 福島駅郡山駅会津若松駅平駅(いわき駅)
茨城県 水戸駅
栃木県 宇都宮駅黒磯駅日光駅
群馬県 高崎駅渋川駅桐生駅
埼玉県 大宮駅
千葉県 千葉駅
東京都 東京駅有楽町駅新橋駅品川駅五反田駅目黒駅渋谷駅新宿駅高田馬場駅池袋駅
上野駅御徒町駅秋葉原駅神田駅錦糸町駅両国駅浅草橋駅御茶ノ水駅飯田橋駅中野駅
阿佐ケ谷駅荻窪駅吉祥寺駅立川駅八王子駅大井町駅大森駅蒲田駅赤羽駅北千住駅
神奈川県 横浜駅新横浜駅大船駅鎌倉駅小田原駅
新潟県 新潟駅長岡駅直江津駅[5]
富山県 富山駅高岡駅[6]
石川県 金沢駅動橋駅[7]大聖寺駅
福井県 福井駅敦賀駅
山梨県 (なし)
長野県 長野駅松本駅軽井沢駅
岐阜県 岐阜駅岐阜羽島駅
静岡県 静岡駅浜松駅清水駅沼津駅三島駅熱海駅伊東駅
愛知県 名古屋駅豊橋駅熱田駅尾張一宮駅千種駅
三重県 四日市駅
滋賀県 大津駅米原駅彦根駅
京都府 京都駅福知山駅
大阪府 大阪駅新大阪駅京橋駅玉造駅鶴橋駅天王寺駅湊町駅(JR難波駅)放出駅
兵庫県 神戸駅三ノ宮駅芦屋駅尼崎駅明石駅加古川駅姫路駅
奈良県 奈良駅
和歌山県 東和歌山駅(和歌山駅)白浜駅
鳥取県 鳥取駅米子駅
島根県 松江駅
岡山県 岡山駅倉敷駅宇野駅
広島県 広島駅三原駅尾道駅福山駅呉駅
山口県 小郡駅(新山口駅)下関駅岩国駅徳山駅防府駅宇部新川駅
徳島県 徳島駅
香川県 高松駅
愛媛県 松山駅
高知県 高知駅
福岡県 博多駅門司駅小倉駅黒崎駅久留米駅大牟田駅
佐賀県 佐賀駅
長崎県 長崎駅佐世保駅
熊本県 熊本駅
大分県 大分駅別府駅
宮崎県 宮崎駅延岡駅
鹿児島県 西鹿児島駅(鹿児島中央駅)鹿児島駅
沖縄県[8] (国鉄の路線はなく、みどりの窓口の設置もなし)

出典: 『国鉄監修 交通公社の時刻表』1965年10月号「みどりの窓口」案内②、③

取扱業務[編集]

  • 鉄道乗車券類の発売・変更・払い戻し
  • 航空券の発売・変更・払い戻し
  • レンタカー券の発売・変更・払い戻し
  • 旅館・ホテル券の発売・変更・払い戻し
  • JRバス乗車券(一部路線のみ)・一部他社高速バス乗車券などのバス乗車券の発売・変更

(JR夜行バス・JR高速バスはインターネット予約の普及等により、みどりの窓口での取り扱いを終了した路線が多い)

  • 旅行プラン商品の販売
    • 航空券・旅館・ホテル券・旅行プラン商品等の発売は旅行業務取扱管理者資格を持った社員が在籍しないと発売できない為、すべてのみどりの窓口で行われているとは限らない。

閉鎖と営業時間短縮・業務委託[編集]

中期経営構想・ニューフロンティア2008として、インターネット携帯電話で指定席券を予約する「えきねっと」・「e5489」・「エクスプレス予約」・JRハイウェイバスの「高速バスネット」などオンライン窓口サービスの急速に普及を考慮し、2000年代半ばからJR東日本を中心に、みどりの窓口の閉鎖や営業時間を短縮している。廃止窓口の代替に指定席券売機を設置しているが発売券種に制限がある。都市部を中心にびゅうプラザなど旅行センターと一体化した窓口を設置している駅もある。湯沢駅五所川原駅など、「みどりの窓口」が廃止されて「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたのちに「指定席券売機」が後継するも、再び「みどりの窓口」の営業を再開した事例もある。

JR東海では地方路線を中心に無人駅化を進めており、対象となった駅は無人化されるかあるいは駅が所在する自治体などの負担で簡易委託駅が設置されるが、いずれの場合も「みどりの窓口」は撤去される。後者の場合はマルス端末を存置して指定券や企画券を引き続き取り扱う駅があるが、クレジットカードの使用が不可となるなど取り扱いが制限されて「みどりの窓口」から外れる。高山本線岐阜駅を除くJR東海管轄区間34駅のうち5駅、飯田線豊橋駅辰野駅を除く92駅のうち9駅、などみどりの窓口を設置する駅は減少している。

JR西日本では乗車券・定期券・指定券が購入可能な多機能通信対話型指定券券売機「みどりの券売機プラス」の設置に合わせて、東淀川駅甲南山手駅などでみどりの窓口を廃止している。無人駅化に伴いみどりの窓口が廃止されたり、関連子会社へ業務委託を行ったり、営業休止時間が設けられるケースもある。一方、規模の小さい駅でもみどりの窓口とみどりの券売機を併置する駅もある。

この他整備新幹線開業に伴い、並行在来線として第3セクター鉄道へ移管された路線の駅でもみどりの窓口が廃止されるケースがある(肥薩おれんじ鉄道 水俣駅阿久根駅(旧鹿児島本線)・青い森鉄道 野辺地駅浅虫温泉駅(旧東北本線)など)。

時刻表の索引地図でみどりの窓口の表示がない駅でもきっぷ発売窓口が存在する駅もある。また特急列車が運行されていない路線で新駅が開業する場合はみどりの窓口を設置せず指定券券売機を設置する場合がある。大型時刻表の索引地図では通信対話機能がない指定席券売機設置駅(おおさか東線放出駅久宝寺駅を除く途中駅など)はみどりの窓口が設置されていない駅(ただし「券売機で指定券を購入できます」の注釈あり)と表示しているが、通信対話型指定席券売機(みどりの券売機プラスなど)を設置している駅(JR京都線JR総持寺駅JR神戸線摩耶駅・および先述のみどりの窓口をみどりの券売機プラスに代替し廃止した駅など)はみどりの窓口設置駅として表示される。

JR各社の特記事項[編集]

JR東海は白い看板に「JR全線きっぷうりば」と表記し、一部の構内案内地図を除いて「みどりの窓口」マークも用いていない。乗車券類の購入、変更、払戻し、クレジットカードを扱う。時刻表でみどりの窓口の表記のない簡易委託駅は、マルス端末が設置されている場合でも、乗車券類の払戻しや変更が出来ないなど一部の取扱に制限がある。

案内表記の更新が行われていない駅は「JR線きっぷうりば」などの表記に「みどりの窓口」のマークを小さく併記し、子会社のJR東海ツアーズも「みどりの窓口」マークが未だ併記されている場合がある。

JR西日本は、北陸本線高月駅紀勢本線周参見駅などの簡易委託駅でマルス端末の設置駅は、索引地図に「みどりの窓口」の表示があるがJR東海の場合と同様に直営駅・業務委託駅よりも取扱に制限がある。

九州旅客鉄道(JR九州)は、対象列車に限定はあるがPOS端末で指定券が発行可能であるため、一部駅はマルス端末が未設置でPOS端末のみ設置されていても「みどりの窓口」が表示されている場合があり、同社ウェブサイトの駅情報検索でもその旨が表示される。時刻表の索引地図はマルス端末設置駅のみが表示されている。

テレビ番組「みどりの窓口」[編集]

1965年から1985年3月にかけて、のちにテレビ朝日となるNETテレビで『みどりの窓口』が放送された。国鉄が提供し同社関連の情報を伝える内容で、月 - 土曜日の朝7時45分から15分間生放送されていた。1972年4月放送分からカラー化されたが、NETの番組の中で最も遅いカラー化である。NETとテレビ朝日の女性アナウンサーだった南美希子中里雅子西田百合子野崎由美子小宮悦子原麻里子などがキャスターを担当した。南はテレビ朝日入社直後にこの番組を担当して鉄道関連で博識となり『タモリ倶楽部』などに出演する。

朝の首都圏の運行情報、特急・寝台特急列車の空席情報、国鉄からの告知、のほかに首都圏に限らない列車や沿線のみどころなどを紹介するコーナーが放送された。空席情報のBGMポール・モーリアの「ペガサスの涙」やイエロー・マジック・オーケストラの「テクノポリス」などを用い、ブルートレインブームの夏休み中に小学生参加の鉄道クイズ大会が開催されたこともあった。

放送時間については変遷があり、1970年代後期は朝7時30分からの時期があった他、1980年代からは放送時間が朝6時45分からに繰り上げられ、1983年秋以降は同局の朝ワイド番組「おはようテレビ朝日」の1コーナー(7時台半ば)になった。土曜日の放送は独立したままで6時45分からの放送だった。

1985年4月からは、内容をそのままテレビ東京に移して『レール7』という番組になった。

1987年4月の国鉄分割民営化に伴い、提供はJR東日本に引き継がれた。その後1991年4月から『列車でいい旅』にタイトル変更され、1992年3月に放送を終了した。

2013年まで放送されていた『やじうまテレビ!』で首都圏内のJR・私鉄各線の運行状況について簡単ではあったが、天気コーナーの後半で伝えられていた。

当時放映された紹介などの国鉄制作のPR映像は一部が交通博物館に保存され、館内で上映されることもあった。しかし同館閉館後の扱いは不明であり、2007年開館の鉄道博物館でも館内での上映や映像の貸し出し等の扱いは行われていない。このPR映像の一部(主に特急シリーズ)は鉄道ジャーナル社が制作を担当していた。この映像は同社の手によってビデオ・DVD化されており、同社に申し込むか、一部の書店で購入することができる。

その他[編集]

国鉄時代のみどりの窓口(みどりの窓口がない特急・急行列車停車駅も含む)における指定券の発売時間は、前売の指定券が10時から17時まで、当日乗車の指定券は窓口の営業開始時間から当該列車の発車時刻までとなっていた。みどりの窓口がなく、かつ普通列車しか停車しない駅(『国鉄監修 交通公社の時刻表』ではその他の駅と表記していた)における指定券の発売時間は、前売の指定券・当日乗車の指定券共10時から17時までとなっていた。

JR化後の指定券の発行は4時30分から23時55分までに限定している。[要出典]

以前は毎日9時57分から9時59分59秒(JST)までの3分間、1か月前発売時の窓口のフライング防止のため、すべてのみどりの窓口で指定券の発売ができなかった(ただし、自由席券や乗車券などオフラインで発行するものは発売可能だった)が、2007年10月1日より機能改修され廃止されている。

JRバスについては、マルス(みどりの窓口)による管理とは別に、2006年から、マルスの管理・運営をしている鉄道情報システムが開発した高速バス専用の座席予約システムである「高速バスネット」の運用が始まっている。路線によっては、別の高速バス専用の座席予約システムである「発車オ〜ライネット」による販売も行っている。→高速バス#マルスシステムでの高速バス乗車券・指定券発券を参照。

みどりの窓口では、乗車券や特急券など一般的な切符は切符の記載事項を英文にして発券することも可能である。ただし、端末の種類により英文での発行が不可能な場合もある。券の種類の下に説明が印字され(普通乗車券であれば"FARE TICKET")日本語の駅名の下にもローマ字で駅名が印字される。有効期限や注意事項も翻訳されて印字される。本来はジャパンレールパスなどを使用する訪日外国人へ指定券などを発行する時に使う機能であるが、日本人でも希望すれば英文で発券することができる。

前述のみどりの窓口のない駅員配置駅での指定券発行は、マルス指令(指定席計画〔JR西日本〕等会社により用語が異なる)あるいは決められたマルス端末設置駅へ電話を用いてのやり取りとなる。このため、発行駅での聞き間違いのないように、席番号についてはA席「アメリカ」、B席「ボストン」、C席「チャイナ」、D席「デンマーク」、E席「イングランド」と発音しているが[9]、これはAとD(デーと発音する場合)やB、C、D、Eの母音が同じために席番号の混乱を防ぐためである。発行駅では指定席内容を復唱して確認する。

国鉄時代は長らくクレジットカードが利用できなかったが、1985年に「JNRカード」(民営化後は「JRカード」)を発行開始したのを機にJRカードに限り[10]使用できるようになった。1990年代後半から国際ブランド(VISAMasterCardなど)のカードの取り扱いが始まり[12]、2004年にJR東海が国際ブランドのカードの取り扱い開始に踏み切ったことにより全旅客会社の窓口で一般カードが使用できるようになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 品川駅
  2. ^ 豊橋駅など、小さく「みどりの窓口」と表記している駅も存在する。
  3. ^ 杉山淳一 (2011年11月5日). “鉄道トリビア(123) 「みどりの窓口」はなぜ「みどり」?”. マイナビニュース. 2011年12月10日閲覧。
  4. ^ JR時刻表2014年9月号及びJTB時刻表2014年9月号
  5. ^ 現在駅自体はえちごトキめき鉄道が管理しているが、みどりの窓口のみJR東日本が設置している。
  6. ^ 現在はあいの風とやま鉄道が設置している窓口で、クレジットカード利用不可など一部のサービスに制限がある。
  7. ^ 現在は無人駅で、窓口の営業自体がない。
  8. ^ 1965年当時、沖縄県は米国統治下。
  9. ^ 種村直樹 『鉄道旅行術』 日本交通公社出版事業局、1977年
  10. ^ 民営化後は、一部の旅客会社がJRカードとは別の独自のカードを発行するようになったが、これらのカードは発行会社の窓口でしか利用できなかった。ただし、国際ブランドが付く前の「JR東海エクスプレス・カード」はJR西日本の一部の窓口でも利用することができた。現在はどのカードでも国際ブランドが付帯しており、全旅客会社で国際ブランドのカードが取り扱われているため、発行会社以外の窓口でも国際ブランドのカードとして使用することができる。
  11. ^ “JR東日本 窓口の取扱カード拡大”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2001年4月18日) 
  12. ^ 一例として、JR西日本は1999年4月より国際ブランドのカードを取り扱うようになった。JR東日本でも2001年10月よりJCB、MasterCard、VISAの取扱を開始した[11]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]