JR東日本ホテルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JR東日本ホテルズ(ジェイアールひがしにほんホテルズ)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)グループ各社が運営するホテルの総称。関東地方に所在するホテルは一部を除き、同社完全子会社の日本ホテル株式会社が運営(群馬県所在は経営のみ)し、他地域のホテルは、各地域子会社などが運営する。

本部は、日本ホテルに置かれている。

グループホテル[編集]

運営会社の記述のないホテルは日本ホテルにより運営。

東京ステーションホテル[編集]

東京ステーションホテルはラグジュアリーホテル。2015年1月23日、スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド(SLH)に正式加盟[1]

  • 東京ステーションホテル

メトロポリタンホテルズ[編集]

メトロポリタンホテルズはシティホテルのブランドである。

ホテルメッツ[編集]

ホテルメッツはビジネスホテルのブランドである。

  • 東北地方
    • ホテルメッツ八戸 - 運営:盛岡ターミナルビル
    • ホテルメッツ北上 - 運営:盛岡ターミナルビル
    • ホテルメッツ福島 - 運営:仙台ターミナルビル
  • 関東地方
    • 栃木県
      • ホテル アール・メッツ宇都宮
    • 茨城県
      • ホテルメッツ水戸
    • 埼玉県
      • ホテルメッツ浦和
    • 東京都
      • ホテルメッツ渋谷
      • ホテルメッツ目白
      • ホテルメッツ駒込
      • ホテルメッツ田端
      • ホテルメッツ赤羽
      • ホテルメッツ高円寺
      • ホテルメッツ国分寺
      • ホテルメッツ武蔵境
      • ホテルメッツ久米川
      • ホテルメッツ立川
    • 神奈川県
      • ホテルメッツ川崎
      • ホテルメッツ溝ノ口
      • ホテルメッツかまくら大船
      • ホテルメッツ横浜鶴見
    • 千葉県
      • ホテルメッツ津田沼
  • 中部地方
    • 新潟県
      • ホテルメッツ長岡 - 運営:トッキー
      • ホテルメッツ新潟 - 運営:トッキー

ホテルファミリーオ・ホテルフォルクローロ[編集]

ホテルファミリーオ・ホテルフォルクローロは長期滞在型宿泊施設、リゾートホテルのブランドである。
2015年3月、ホテルのブランド名を「ファミリーオ」・「フォルクローロ」から「ホテルファミリーオ」・「ホテルフォルクローロ」に改称した[2]

  • 東北地方
  • 関東地方
    • ホテルファミリーオ館山 - 運営:日本ホテル
    • ホテルファミリーオみなかみ[3] - 運営:ホテルメトロポリタン高崎(日本ホテル経営)
  • 中部地方
    • ホテルファミリーオ佐渡相川 - 運営:トッキー

単独ホテル[編集]

EASTYLE MEMBERS[編集]

独自の会員組織として、「EASTYLE MEMBERS」(イースタイルメンバーズ)がある。全グループホテルでホテル・直営レストラン利用毎にポイントが貯まり、貯まったポイントは対象ホテル・レストランでの利用代金に充当出来る。2014年8月1日にJR九州ホテルズ運営のJR九州ホテル及び同ブロッサムブランドが対象ホテルになり、2016年3月18日から小倉ターミナルビルが運営するステーションホテル小倉も対応となったため、分鉄開発運営の花べっぷ及びジェイアール九州ハウステンボスホテル運営のホテルオークラJRハウステンボス以外のJR九州グループホテルはすべて対応となった)。

会員証は、SuicaSUGOCAをはじめとする共通利用可能な交通系電子マネー(全国相互利用可能なもの9種類は基本的に対応するが、SuicaSUGOCA以外のカードの登録の場合は、万が一の際は保証外としている)に対応している。また、Suicaに限り貯まったポイントを直接Suicaポイントに交換可能となっている[5]

因みに、加入の際に、Suicaなどを持ち合わせていない場合は、紙の会員証が仮発行され、後日、加盟ホテルのフロントで手続きを行えば、Suicaなどを正式な会員証として利用することができる。また、登録したカードの障害・紛失や、Suicaなどが一体となったクレジットカードの有効期限に伴う差し替え、モバイルSuicaを利用している携帯電話機種変更などによって、裏面の番号(Suicaであれば、JEから始まる17桁の番号に相当)が変更になる場合も、同様に加盟ホテルでのカードの変更手続きを要する。

当会員制度の導入当初は、年会費はなかったものの、入会金が525円かかっていた。後に入会金徴収制度は撤廃されているため、現在は、無料で入会できる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東京ステーションホテル 開業 100週年を記念し スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールドに <東京初のホテル> として正式加盟”. スモール・ラグジュアリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド、東京ステーションホテル (2015年2月26日). 2015年3月16日閲覧。
  2. ^ ホテル名称変更について(JR東日本ホテルズ公式サイトより)
  3. ^ ファミリーオ新治は4月1日より ホテルファミリーオみなかみ に名称変更します。
  4. ^ “シーサイドホテル芝弥生閉館のお知らせ” (プレスリリース), 日本レストランエンタプライズ, (2016年4月1日), http://www.nre.co.jp/hotel/tabid/289/Default.aspx?itemid=452&dispmid=1499 2016年7月17日閲覧。 
  5. ^ 【事前告知】EASTYLE MEMBERSに「JR九州ホテルズ」が加盟いたします!(2014年8月~) - JR東日本ホテルズ・JR九州ホテルズ 2014年5月2日

外部リンク[編集]