九州新幹線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR logo (kyushu).svg 九州新幹線
「つばめ」「さくら」に使用される800系
「つばめ」「さくら」に使用される800系
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福岡県熊本県鹿児島県佐賀県長崎県
種類 高速鉄道新幹線
起点 博多駅(鹿児島ルート)
武雄温泉駅(長崎ルート)
終点 鹿児島中央駅(鹿児島ルート)
長崎駅(長崎ルート)
駅数 12駅(鹿児島ルート)
5駅(長崎ルート・新線部分のみ)
開業 2004年3月13日(鹿児島ルート。2011年3月12日に全通)
2022年度(長崎ルート)
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運営者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
使用車両 800系, N700系
路線データ
路線距離 鹿児島ルート:256.8 km
長崎ルート:66.0 km(新線部分のみ)
営業キロ 288.9 km(鹿児島ルート)
軌間 1,435 mm
電化方式 交流25,000 V・60Hz
架空電車線方式
最小曲線半径 4,000 m
最高速度 260 km/h
路線図
Kyushu Shinkansen map Kagoshima route and Nagasaki route.png
テンプレートを表示
新幹線800系と八代海

九州新幹線(きゅうしゅうしんかんせん)は、整備新幹線計画の一つで、九州旅客鉄道(JR九州)の高速鉄道路線(新幹線)およびその列車である。鹿児島ルート博多 - 鹿児島中央間)と長崎ルート(西九州ルート、博多 - 新鳥栖 - 長崎間)がある。鹿児島ルートは全線が開業しており、営業路線としては単に「九州新幹線」と呼ばれる。

鹿児島ルートは、全区間を独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構(旧日本鉄道建設公団)が建設し、JR九州がこれを借り受けて運営している。長崎ルートについても今のところ同方式が予定されている。

鹿児島ルート[編集]

鹿児島ルートは、博多 - 鹿児島中央間を結ぶ、新幹線規格(フル規格)の路線である。2004年新八代 - 鹿児島中央間が開業しており、2011年3月12日には博多までの全線が開業した[1][2]800系を使用した九州新幹線内の「つばめ」「さくら」のほか、新たに導入されたN700系7000・8000番台による「さくら」「みずほ」が山陽新幹線経由で新大阪駅まで乗り入れている[3]

みずほ」による新大阪 - 鹿児島中央間の所要時間は最速で3時間45分[4]、新大阪 - 熊本間は最速で2時間59分となる[4]。博多 - 熊本間は最速下り33分、上り34分。博多 - 鹿児島中央間は最速で上下とも1時間19分である。

設置駅
博多 - 新鳥栖 - 久留米 - 筑後船小屋 - 新大牟田 - 新玉名 - 熊本 - 新八代 - 新水俣 - 出水 - 川内 - 鹿児島中央

長崎ルート[編集]

長崎ルート(別称:西九州ルート)は、博多 - 長崎間を結ぶ路線である。一般的には長崎新幹線と呼ばれる。2008年に武雄温泉 - 諫早間が新幹線鉄道規格新線(スーパー特急方式)で着工されたが、2012年に諫早 - 長崎間が標準軌新線(フル規格)で着工され、武雄温泉 - 諫早間も標準軌新線で建設する方向となった。

フリーゲージトレイン(軌間可変電車)での運行を予定している[5]。フリーゲージトレインの実用化は難航しているが[6]、2011年10月の国土交通省の軌間可変技術評価委員会で「実用化に向けた基本的な走行性能に関する技術は確立している」との評価が出され[7]、耐久走行試験を行った上で実用化の最終判断を2013年度末までに行う予定である[7]。博多 - 新鳥栖間は鹿児島ルートと共用、新鳥栖 - 武雄温泉間は在来線を活用するとされているが[8]、これらはフリーゲージトレインが実用化されなければ実現不可能である。山陽新幹線への乗り入れについては、長崎県は新大阪までの直通運転を目指しているものの、2008年に当時のJR西日本社長山崎正夫がフリーゲージトレインの山陽新幹線乗り入れについて難色を示している[9]

在来線を活用
新鳥栖 - 佐賀 - 肥前山口 - 武雄温泉
標準軌新線(フル規格)で建設中
武雄温泉 - 嬉野温泉 - 新大村 - 諫早 - 長崎

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]