B&Sみやざき号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
JR九州バス
産交バス

B&Sみやざき号(ビーアンドエスみやざきごう)は、熊本県八代市新八代駅宮崎県宮崎市宮崎駅とを結ぶ高速バスである。2011年3月12日より運行開始。

概要[編集]

九州新幹線鹿児島ルート)が全線開通するのに合わせて運行開始された。九州新幹線の直接の沿線ではない宮崎地区に対し、新幹線と高速バスを接続させることで新幹線開通効果を宮崎県に波及させることを主な狙いとしている。愛称の「B&S」は「Bus」と「Shinkansen」から。

新八代駅 - 宮崎駅間を2時間10分 - 2時間18分で結ぶ。宮崎行きは九州新幹線の下り「さくら」に7分で接続し、新八代行きは九州新幹線の上り「さくら」に20分で接続することにより、博多駅 - 宮崎駅間を現行の高速バス「フェニックス号」より約1時間早い最速3時間10分で移動できるとともに、渋滞の多い区間をバスで通過しない事により定時性の確保に優れていることを謳い文句としている。また、バスの号数も新八代で接続する新幹線の号数に合わせられている[1]

座席は全席予約指定制(定員40名)。予約発券は高速バスネットJR九州みどりの窓口でも取り扱う。高速バスネットの構築に関わったJRバス関東JR東海バス西日本JRバスが一切関わらない路線が同システムに参加するのは広島 - 高松線に次いで2例目であるが、広島 - 高松線が2013年3月に同システムから撤退したため、現在では通年運行する路線としては唯一となっている。概ね25%の割引となる新幹線と高速バスを組み合わせた割引切符「B&Sみやざき2枚きっぷ」を販売している。このほか、SUNQパスも南部九州版・全九州版のみ使用可能。2013年5月21日より2015年3月31日までの期間限定で、乗車日の3日前までに購入すると往復運賃が10000円になる「B&Sみやざき早特往復きっぷ」も販売している。

この路線の設定にあたっては、新幹線と高速バスの相乗効果を狙うJR九州グループと、「フェニックス号」の運行事業者のうち西鉄グループとの対立を招いたとされ、結果的に本路線の運行開始1ヶ月後の4月12日を以てJR九州バスが「フェニックス号」の運行から離脱(代替としてJR九州バス単独運行による高速バス「たいよう」の運行を開始)という事態を招く遠因になったと報じられている[2][3]

運行会社[編集]

運行経路・停車停留所[編集]

太字は停車停留所。【】は一部便のみ停車。

新八代駅(東口) - 八代IC - (九州自動車道) - 人吉IC - 【えびのIC】 - えびのJCT - (宮崎自動車道) - 小林IC - 都城北 - 宮崎IC - 宮交シティ - 宮崎駅
  • 宮崎行きでの途中乗車、新八代行きでの途中降車は不可。
  • 宮交シティは5番のりばから、宮崎駅は駅西口前の高速バスターミナル(「KITEN」1F)Bのりばから発車する。

運行車両[編集]

運行開始時の産交バスの車両(この車は現在天草営業所へ転属)

各社とも4列シートでトイレ付きのハイデッカー車両を使用する。JR九州バスでは本系統の運行開始にあわせて、水戸岡鋭治・ドーンデザイン研究所監修による、新幹線800系電車と一体感をもたせたデザインの専用車両(三菱ふそう・エアロエース)を導入している[5]。また、産交バスでは運行開始時より他路線からの転用車が使用されていたが、2012年10月1日からはパウダールーム装備トイレ・各座席コンセント・プラズマクラスターエアコンが完備された新型車両(日野・ニューセレガ)が導入された[6]

脚注[編集]

  1. ^ B&Sみやざき”. 九州旅客鉄道 (2011年). 2011年11月30日閲覧。
  2. ^ “高速バス:福岡-宮崎間、共同運行解消 新幹線戦略で溝、JR九州と西鉄などに分裂”. オッショイ!九州 (毎日新聞). (2011年1月20日). http://mainichi.jp/seibu/seikei/news/20110120ddp041020021000c.html 2011年2月15日閲覧。 
  3. ^ その後、2012年4月25日の運行を以って「たいよう」は廃止され、翌日より「フェニックス号」の運行に復帰したことによって両陣営との競合は1年で終了した。
  4. ^ 同営業所が運行する高速バス路線としては「エアラインやつしろ号」廃止以来約6年半ぶりの路線。
  5. ^ B&Sみやざき つづき - ジェイアール九州バス BLOG 2011年1月24日
  6. ^ B&Sみやざき号 車内配置図 (九州産交)

外部リンク[編集]