りんどう号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
りんどう号(長崎県交通局)
りんどう号(九州産交バス)

りんどう号とは、熊本県熊本市長崎県長崎市を結ぶ高速バスである。

沿革[編集]

  • 1989年5月 高速特急「りんどう号」を6往復で新設(産交3、県営3) 
    • 共通専用色スーパーハイデッカー3列シート車
    • 開始当時の停留所:熊本交通センター - 通町筋(熊本行・降車のみ) - 味噌天神 - 水前寺公園前 - 熊本県庁前 - 帯山中学校前 - 松の本 - 武蔵ヶ丘 - 西合志 - 植木IC - 鹿央 - 菊水IC - 大村バスセンター - 大村・木場 - 諫早IC - 昭和町 - 長崎駅前。所要時間は3時間38分。
  • 1990年1月26日 九州横断道(のちに長崎自動車道に改称)大村 - 武雄北方IC間開通に伴い、高速道路1本化。高速道上に「松原」・「大村IC」バス停を新設し、大村バスセンターには停車しなくなる。これに伴い所要時間が3時間となる。
  • 1991年 2往復増便し、8往復に(産交4、県営4)。
  • 1992年8月 2往復増便し、10往復に(産交5、県営5)。
  • 1997年5月頃 一般道・有明フェリー経由で運行していた特急「ありあけ号」廃止
  • 1998年 熊本市内の乗降場所に西原停留所が追加(熊本発着の九州島内高速バスの熊本市内停留所が統一される)。
  • 2000年頃 乗降方式を変更し(これまでは高速道路内バス停に限り全て乗降可能だった)、完全クローズドドアとなった事により同一県内間のみの利用は不可となる。
  • 2002年6月 産交便を1往復減便し、9往復に(産交4、県営5)。
  • 2004年9月30日 九州横断バスの一部区間であった熊本 - 島原 - 長崎間の運行を廃止(九州横断バスは熊本 - 別府間のみに)。これにより、当路線は熊本 - 長崎間を結ぶ唯一のアクセス手段となる。
  • 2006年5月15日 県営便を1往復減便し、8往復(産交4、県営4)に。
    • 減便による乗客積み残しを考慮し、県営便の一部車両(2往復のみ)を4列化。
    • 大橋停留所(熊本発便、長崎発便とも停車)と中央橋停留所(熊本発便のみ停車)新設
  • 2008年7月1日 熊本IC経由(熊本県庁前 - 帯山中学前 - 西原 - 松の本 - 武蔵ヶ丘)から益城IC経由(熊本県庁前 - 自衛隊前 - 東町中央 - 益城インター口 - 武蔵ヶ丘)に経路変更
  • 2009年12月1日 熊本側発着点を熊本交通センターからJR熊本駅前まで延伸
  • 2010年10月1日 熊本側発着場所を熊本駅前から西部車庫まで延伸とともに、長崎行きの停車箇所に通町筋バス停を追加(長崎行き・熊本行きともに通町筋に停車)。
  • 2013年7月1日 - 山浦PAでの途中休憩がこれまでの5分間から10分間へ。
  • 2014年12月1日 - 2015年3月31日までの期間限定で一部便が「東そのぎIC」に停車(1日1便熊本行の乗車のみ)。
  • 2015年10月1日 - 熊本市桜町一帯再開発事業におけるバスターミナル建て替えに伴い、熊本交通センター乗降場所を変更[1]
  • 2015年11月1日 - 2016年3月31日までの期間限定で一部便が「東そのぎIC」に停車(1日1便熊本行の乗車のみ)。
  • 2016年4月23日 - 熊本地震の影響で運休していた運行を1往復のみ再開(県営便単独)。尚、九州道一部区間通行止めの為、益城IC口~植木IC間一般道迂回。また、4月25日から2往復に増便(産交1、県営1)。同年5月1日より通常の本数・運行経路に戻る。
  • 2017年10月1日 - ダイヤ改正。産交便を1往復減便し1日7往復14便(産交3、県営4)に。また、これまでの山浦PAにおける10分間休憩から、広川SA多久西PAの2箇所においてそれぞれ15分間ずつ(合計30分間)の休憩に変更。
  • 2019年4月1日 - 熊本駅前再開発工事着手に伴い、長崎行きの乗り場がこれまでの「のりば3」(高速・特急バス専用)から、一般路線バス熊本交通センター方面乗り場と同じ「のりば1」へ変更。
  • 2019年9月11日 - 熊本市桜町一帯再開発ビル(名称:SAKURA MACHI Kumamoto)完成に伴う同ビル内バスターミナルに乗り入れ開始により、熊本交通センター乗降場所を変更。名称もこれまでの「熊本交通センター」から「熊本桜町バスターミナル」に改称[2][3][4]
  • 2019年10月1日 - 消費税増税に伴い、運賃改定。同時にダイヤ改正を行い、産交便を1往復増便し1日8往復16便(産交4・県営4)に。また、これまで停車していた「鹿央」・「中央橋」(長崎行きの降車のみ)への停車を廃止。

運行経路・停車停留所[編集]

太字は停車停留所。熊本県内(西部車庫 - 菊水IC)のみおよび長崎県内(松原 - 長崎駅前)のみの利用は不可。

西部車庫 - 熊本駅前 - 熊本桜町バスターミナル - 通町筋 - 味噌天神 - 水前寺公園前 - 熊本県庁前 - 自衛隊前 - 東町中央 - 益城インター口 - 益城IC - (九州自動車道) - 武蔵ヶ丘 - 西合志 - 植木IC - 菊水IC - 鳥栖JCT - (長崎自動車道) - 松原 - 大村IC - 大村木場 - 諫早IC - 長崎多良見IC - (長崎バイパス) - 川平料金所 - 昭和町 - 大橋 - 長崎駅前
  • 長崎行きは、熊本駅前は1番のりばから、熊本桜町バスターミナルは5番のりばから発車する。
  • 当初は途中休憩は無かったが、2000年頃辺り(時期不明)より山浦PAにおいて5分間程度の途中休憩が取られるようになり、2013年7月1日より休憩時間が10分間となった。2017年10月1日からは広川SA多久西PAの2箇所に休憩場所を変更し、それぞれ15分間ずつ(合計30分間)の休憩を行う。
  • 所要時間は、桜町BT〜長崎駅前間で3時間33分(途中30分の休憩を挟むため)。

運行会社・使用車両・車内設備[編集]

運行開始当初は、両社ともに肌色をベースにピンク・紫・青色のリボンをあしらったデザインである当路線専用オリジナル塗装を纏ったスーパーハイデッカー車両の西工SD-I(仕様はフェニックス号(初代)と同じで、シャーシは県営が三菱・産交がいすゞ日野、車内は両社共に3列シート仕様)にて統一されていたが、経年化に伴う順次車両更新から共通塗装は廃止され、現在は写真の通り両社別々の塗装(両社とも自社局高速バス専用カラー)のハイデッカー車両が使用されている。

車内設備[編集]

  • 3列シート(2 + 1列 29人乗り) ※九州産交(1往復を除く)全便
  • 4列シート(2 + 2列 37人乗り) ※長崎県営便と九州産交の1往復のみ
  • トイレ
  • 毛布(膝掛け)

運行の関係上まれに、長崎県営便でも3列シート車が充当される場合がある。また、九州産交便では利用の最も多い時期(お盆正月ゴールデンウィーク等はもとより、学生の夏休み冬休み春休み期間やランタンフェスティバル期間中など)においては一部便を除き4列シート車で運行されている。なお、多客時期等における続行便においてはトイレが設置されていない貸切車での運行となる事もある。

脚注[編集]

  1. ^ バスターミナル移転のお知らせ (PDF)”. 熊本桜町再開発株式会社 (2015年10月1日). 2016年1月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年10月16日閲覧。
  2. ^ 【2019年9月11日】熊本交通センター所在地および名称変更について (九州産交バス)
  3. ^ バスターミナルをご利用の方へ (SAKURAMACHI Kumamoto)
  4. ^ 熊本桜町バスターミナル(旧称:熊本交通センター)の乗り場のご案内 (PDF)”. 九州産交バス (2019年9月2日). 2019年9月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]