のってみゅうかー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
車両 1
車両 1(旧塗装)
車両 2
車両 2(旧塗装)

のってみゅうかー(本渡市街地循環バス)は、熊本県天草市本渡地区中心市街地にて運行しているコミュニティバスである。2009年10月1日より運行開始。

概要[編集]

これまで、天草諸島路線バス産交バスによって一手に引き受けられ、複雑な路線網を構成していた。これを整理してわかりやすくするとともに、スクールバスの路線バスへの統合なども行い、通学にも便利なダイヤとした。

これに加えて天草諸島の中心である本渡地区の市街地で空白地となっていたエリアを結ぶ循環バスを新設することになった。これが「のってみゅうかー」である。愛称は、公募によるもので「のってみようか」を意味する方言を意味する。

なお、この再編とコミュニティバス運行開始に際し、天草諸島(天草市、上天草市苓北町)では高齢者運転免許返納制度を導入し、天草諸島在住の65歳以上で、運転免許証を自主返納した人に産交バスが免許返納者割引乗車証を発行、これを提示した場合天草諸島全域の路線バスが半額となる扱いを開始した。この乗車証では快速あまくさ号利用時、天草諸島内の停留所(産交車庫前 - 登立)からの利用であれば、熊本市熊本駅桜町BT)まで利用しても割引が適用される。

系統[編集]

  • 北部ルート : 本渡バスセンター - 中央新町 - 箱の水 - 丸尾町 - 八幡町 - 天草警察署総合庁舎前 - 天草市役所 - 本渡バスセンター
    両方向循環。右回り(表記正順)平日は1日12本、土曜日・休日は8本で運転。左回り(表記逆順)平日は1日13本、土曜休日は7本で運転。一周の所要時間は20分である。
  • 南部ルート : 本渡バスセンター→天草市民センター前→天草中央総合病院→本渡港→本渡バスセンター
    2010年9月1日から運行。片方向循環。平日は1日17便、土曜日・休日は1日11便を運行。一周の所要時間は9分。

運行会社・運賃[編集]

  • 産交バス天草営業所が担当する。
  • 運賃は、100円均一(大人)。
    • 現金の他、定期券・くまモンのICカード・天草乗り放題きっぷ(2日券・3日券)・SUNQパス(全種類)・わくわく1dayパス(熊本県内版のみ)・免許返納割引乗車証でも利用可能。
    • 運行開始に合わせて、のってみゅうかーを運行するエリア内の一般路線も運賃を100円に値下げした。

車両[編集]

※車両都合時は小型の一般車両が使用される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]