九州産業交通ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
九州産業交通ホールディングス株式会社
Kyushu Industrial Transportation Holdings Co., Ltd.
種類 株式会社
略称 九州産交HD、九州産交、産交
本社所在地 860-0804
熊本県熊本市中央区辛島町5番1号 日本生命熊本ビル2階
設立 1942年(昭和17年)8月17日
(九州産業交通株式会社)
業種 陸運業
法人番号 5330001001133
事業内容 グループ会社の事業管理、支援、レストラン、売店事業他
代表者 矢田 素史(代表取締役社長)
資本金 10億6,500万円
発行済株式総数 2,090万1,843株
売上高 連結:252億8,038万円
単独:8億1,259万1千円
2013年9月期)
営業利益 連結:15億2,840万4千円
単独:2億1,036万7千円
(2013年9月期)
純利益 連結:11億7,070万3千円
単独:2億4,804万円
(2013年9月期)
純資産 連結:121億3,266万7千円
単独:55億432万9千円
(2013年9月30日現在)
総資産 連結:323億2,004万2千円
単独:133億1,010万4千円
(2013年9月30日現在)
従業員数 連結:1,556人 単独:51人
(2013年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 (株)エイチ・アイ・エス 84.61%
澤田ホールディングス(株) 4.99%
熊本第一信用金庫 2.51%
(2015年9月30日現在)
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク www.kyusanko.co.jp
テンプレートを表示

九州産業交通ホールディングス株式会社(きゅうしゅうさんぎょうこうつうホールディングス、英文表記:Kyushu Industrial Transportation Holdings Co., Ltd.[1] )は、熊本県にあるバス事業を中心とした企業を傘下に持つ持株会社である。

概要[編集]

2006年(平成18年)4月1日に、熊本県最大のバス事業者である九州産業交通株式会社が持株会社へ移行し、今まで同社が直轄して路線バス・高速バス等を行ってきた事業を「九州産交バス株式会社」に、ロープウェー・旅行業・ホテル・全日空熊本地区総代理店などの事業を「九州産交ツーリズム株式会社」、熊本交通センター等を運営する事業を「九州産交ランドマーク株式会社」に、それぞれ会社分割(新設分割)にて承継した。

当初はエイチ・エス証券株式会社(現・澤田ホールディングス株式会社)の子会社である株式会社エイチ・エスインベストメントを無限責任組合員とするHIS-HS九州産交投資事業有限責任組合が過半数の議決権を有する筆頭株主であったが、2008年に同有限責任組合が解散したことなどから、澤田ホールディングスとエイチ・アイ・エス(HIS)が主要株主となった。

2012年(平成24年)にHISが株式公開買付けを行って過半数の議決権を取得し、HISの連結子会社となった。

路線バス・高速バス運行のほか、熊本市桜町地区の再開発[2]、インターネット通販、物販・飲食店、農業、ホテルなど50近い事業を運営している[3]

沿革[編集]

関連会社[編集]

(九州産交グループ)

過去の関連会社[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有価証券報告書内での表記。公式ホームページ上には「Kyushu Sangyo Kotsu Holdings Co., Ltd.」との表記がある。
  2. ^ 桜町再開発概要(九州産交グループ)
  3. ^ 【探訪 地方の豪族企業】九州産業交通HD(熊本市)バスがつなぐ50の事業/復活へ 手堅く手広く『日経産業新聞』2017年9月29日(総合面)
  4. ^ 九州産業交通ホールディングス株式会社株券に対する公開買付けの結果及び子会社の異動に関するお知らせ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]