いきなり団子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いきなり団子

いきなり団子(いきなりだんご)は、熊本県郷土料理郷土菓子である。

熊本弁では「いきなりだご」とも呼ばれる。

概要[編集]

輪切りにしたサツマイモ(小豆あん)を(ねりもち)、または小麦粉を練って平たく伸ばした生地で包み、蒸した食品。見た目は大福にも似ている。

地元では一般家庭において伝統的に作られ続けるという、菓子としては珍しい歴史を持つ[1]。なお、最近はサツマイモの上にアズキ(こしあん、またはつぶあん)を乗せ、そのまま包む製法が一般的になってきている。

たい焼きと同様に廉価で出来立てを味わえる存在である。近年保存技術の発達により、真空パックや冷凍食品も販売されている。

名称[編集]

名称の由来は短時間で「いきなり」作れるという意味と、来客がいきなり来てもいきなり出せる菓子という意味と、生のを調理する「生き成り」(いきなり)という語句意味が重なっていると言われる。

別の言われとして、熊本の一部地域では今でも片付けが苦手な人を「いきなりな人」と言い、そこから転じて「いきなり」とは「ざっとしている」ことを意味し、ざっと作れる菓子との説もある。また、「いきなり」とは地元の古い方言で「簡単」という意味があり、「いきなり団子」とは「簡単に作れる団子」の意ともされる。

類似の菓子[編集]

福岡県筑後地方には、いきなり団子とほぼ同じ「いきなり饅頭」と呼ばれる饅頭状の菓子があり、特に熊本県に隣接する大牟田市などではお土産物としても扱われている[2]。そのほか、福島県には「あだたらのいも小町」といういきなり団子同様の菓子がある。中のあんは、つぶあんである。

1996年に、さつまいもの産地として有名な川越市の菓子商がいきなり団子に酷似する「いも恋」という商品を出し、人気を得ている。こちらも輪切りのさつまいもにあんこを乗せ、山芋ともち粉入りの生地で包んで蒸したものである。

いきなり団子が登場する作品[編集]

  • ケロロ軍曹
  • つばき、時跳び
    • 熊本市出身・在住の小説家梶尾真治作のタイムトラベル・ロマンス。いきなり団子の名称と製法を広めるきっかけを作ったのが実は平成から幕末時代にタイムトラベルした主人公であったという設定で、作品中の一場面に登場する。
  • リアル
    • 鹿児島県出身の漫画家井上雄彦作の漫画作品。作中の登場人物・野宮朋美が母親からの旅行土産を何かと人に渡す癖があり、その一つとして登場する。
  • 劇場版 弱虫ペダル
    • 「熊本 火の国やまなみレース」初日のレース前に、ヒロ君の彼女がいきなり団子を食べている描写がある。また、箱根学園クライマー東堂尽八が「巻ちゃんといきなりだんご食べたかった」とぼやいているシーンがある。

出典[編集]

  1. ^ 豊田(2006):54ページ
  2. ^ 大牟田のお土産品(大牟田観光協会ホームページ内)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]