スザンヌ (タレント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スザンヌ
プロフィール
別名義 山本 紗衣(本名)[1]
ザン・黄更城(風男塾
黄島斬(風男塾)
生年月日 1986年10月28日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本熊本県[1]鹿本郡植木町(現・熊本市北区
血液型 O型[1]
公称サイズ([1][2]時点)
身長 / 体重 166 cm / kg
スリーサイズ 85 - 59 - 88 cm
カップサイズ D
靴のサイズ 24 cm
活動
他の活動 バラエティタレント歌手
事務所 ケイダッシュステージ
モデル: テンプレート - カテゴリ

スザンヌ(Suzanne、本名:山本 紗衣(やまもと さえ)[1][2]1986年〈昭和61年〉10月28日[1][2] - )は、日本タレント歌手、元グラビアアイドル。アイドルグループ『中野風女シスターズ』『風男塾』歌手グループ『Pabo』・『アラジン』の元メンバー(いずれも、2011年に解散)。株式会社ケイダッシュステージ所属。

熊本県出身[1][2]。第一経済大学付属高等学校(現・第一薬科大学付属高等学校)中退[3]

略歴[編集]

1986年昭和61年)、熊本県鹿本郡植木町で2人姉妹の長女として生まれる[4]。幼稚園の年長の頃に市内の中央区域へ転居[5]。幼少期は、大人しく手のかからない子供だった。中学生時代は卓球部に所属[6]。14歳の頃に市内の下通モデルとしてスカウトされ[5]、CMに出演するなど[7]芸能活動を始めた。学力面は不十分で、三者面談でも「熊本で確実に合格できる高校はない」と言われ[8]、祖母の知人に紹介された芸能コースのある福岡の高校へ進学[9]福岡市の第一経済大学付属高等学校を2年生の時に中退後に芸能活動を始め、福岡の芸能事務所に所属。モデル、ローカルタレントとして福岡を中心に活動しつつ引っ越しのアルバイトなども励んだ。

RKB毎日放送深夜番組MTM』に出演した際、同局のプロデューサーから声が掛かり、現在の事務所へ移籍するために2006年(平成18年)春に上京。2006年からTOKYO MXのブログ番組『blog TV』木曜日22時00分の生放送で「スザンヌのこれ見てネット」コーナーを担当する。2006年末にフジテレビの深夜番組『グラビアトークオーディション』へ出演し、短い出演期間ながらハキハキとした明るいキャラクターを同局プロデューサーに見出されて同局のバラエティ番組に起用された。2007年(平成19年)3月2日から、アイドルグループ 『中野腐女子シスターズ』に健康オタク担当として加入し、2008年3月15日の「卒業」までメンバーを務めた。所属当時のイメージカラーは黄色、その後、金色へ格上げされた。

2007年(平成19年)5月に初出演したクイズ番組クイズ!ヘキサゴンII』の珍解答から常連解答者になると話題になり、その後バラエティ番組出演が急増。2007年9月に、テレビ番組の企画ユニット 『Pabo』(里田まい木下優樹菜と参加)のメンバーとしてCDデビューし、2008年4月に連続ドラマ無理な恋愛』(関西テレビ制作・フジテレビ系列)へ出演するなど、活動の場を広げた。

2008年11月18日に熊本県を日本全国にPRする「熊本県宣伝部長」を委嘱される[10]。任命式で「『知事』の仕事に頑張って取り組みたい」と述べ、熊本県知事蒲島郁夫を前に知事交代を宣言した[11]

2010年3月17日発売の写真週刊誌FRIDAY』(講談社)で、福岡ソフトバンクホークス投手斉藤和巳と交際が報じられた。スザンヌはブログで「彼はわたしにとって、とても大切な人」と表明し、斉藤も自身のブログで「彼女は僕にとって特別大事な人」とコメントした。2011年12月1日に結婚[12]

2013年8月に妊娠が判明し[13]、10月から産休に入る[14]2014年1月6日22時39分に第1子の男児を出産[15]

2015年3月17日に斉藤と離婚したことを所属事務所を通して発表[16][17]して18日に会見を開いた。5月に転居[18]

2021年4月4日、高校(中退した母校の通信制)に再入学することを明らかにした[19]

人物[編集]

家族[編集]

母親はかつてはモデルをしていたこともあり、2010年現在は地元の熊本市で「キャサリン's BAR」と称する飲食店を営んでいる。「キャサリン」は母親・藤本清美が切り盛りする店の常連であった外国人客が、「キヨミ」の「キ」からの連想で清美に付けた名である[20]

父親(実父ではなく母親の再婚相手なので継父)は元競輪選手藤本博之[21]。祖母は「ナンシー(本名:山本ナヲミ)」[21]、妹は「マーガリン(本名:山本真央)」[21] で、『テレビタミン』(熊本県民テレビ)のスペシャルゲストリポーターとして活動している。なお、二人の名はスザンヌによる命名ではない。

その他[編集]

九州青春銀行』(RKB毎日放送)で共演していた小倉優子相沢まき、『ヘキサゴンII』で共演した里田まい、木下優樹菜と親しく、また中村知世は第一経済大学付属高等学校芸能科の同級生[注 1] である。元いいとも青年隊植野堀誠とは同郷の隣の中学校で同じ塾の仲間である。さらに競輪選手の合志正臣と同じ小学校に通学していた。

カラオケは大好きと公言しているが、カラオケ以外で歌を歌うことは苦手としている[22]

好きなアーティストに倉木麻衣を挙げている。

読書家であり、自分がその日購入した本や、その本の感想を自身のブログで発表することがある。ミステリー恋愛小説を好むが、難解な漢字は適当に読むこともある[5]。健康維持のために青汁を飲むのが日課となっている[5]

ロックバンドTHE イナズマ戦隊の楽曲「Oh!スザンヌ」でモデルを務め、彼らのイベントにゲストとして登場した[23]。「Oh!スザンヌ」はファースト写真集のタイトルにも使われている。

クイズ! ヘキサゴンII[編集]

2007年5月2日放送分で初出演し、「予選ペーパーテスト」で最下位となり、クイズ本編では珍解答を連発した。その後常連出演するようになると里田まい、つるの剛士、木下優樹菜、上地雄輔野久保直樹とともに「ヘキサゴンおバカ6人組」と呼ばれるようになり、「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組への出演が増えるようになる。

同年8月に里田、木下と共にユニット『Pabo』結成し、夏の番組キャンペーンソング「恋のヘキサゴン」を歌唱する。9月26日に、同曲のシングルが発売された。翌年につるの、上地、野久保のユニット『羞恥心』とのコラボユニット『アラジン』として新曲「陽は、また昇る」のリリースを発表し、7月30日にシングルが発売された。2009年4月8日放送分で品川庄司庄司智春とユニット『トモとスザンヌ』を結成し、5月20日にシングル「出会えてよかった」が発売された。2010年に品川庄司のトリプルA面シングルで『スザンヌ×スザンぬ』として参加した。

2008年10月4日に行われたヘキサゴンファミリーコンサート『クイズ!ヘキサゴンII ヒットパレード』では、自身が『ヘキサゴン』出演以前から参加しており同年の3月に卒業したユニット「中野腐女子シスターズ」のメンバーがゲストとして登場し、スザンヌのソロ曲の際に「Go! Fight! 腐女子シスターズ」を披露した。

芸名[編集]

芸名の由来は、雑誌『BOMB』(学研パブリッシング)初登場時には「タクシーの運転手に外国人に間違われたので、とっさにスザンヌですと答えてしまい、これがきっかけ」と語る[6]

ユニット[編集]

作品[編集]

シングル[編集]

映像作品[編集]

  • 『九州青春銀行〜スザンヌの水族館でマーメイドショー!』(2007年)[注 2]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

準レギュラー出演

  • スクール革命!(日本テレビ)生徒として不定期出演、講師として出演する場合もある。

過去の出演番組

テレビドラマ

映画[編集]

声優[編集]

CM[編集]

その他の主な出演作[編集]

PV[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2008年(平成20年)/第59回 羞恥心~陽は、また昇る紅白スペシャル 19/26 aiko クイズ!ヘキサゴンII内のユニット(羞恥心 with Pabo)で出場

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、スザンヌは2年生の途中で中退。
  2. ^ 撮影はマリンワールド海の中道
  3. ^ 本人出演とは別に、実母・清美(キャサリン名義)出演、実妹・真央(マーガリン名義)出演の2パターンがある。
  4. ^ 宣伝部長兼ヴァンパイアとしてTV-CMやWEB用CM記者発表イベント等に参加。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “結婚!スザンヌと斉藤コーチのプロフィル”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2011年12月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20111202-871263.html 2020年12月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d スザンヌ KDash
  3. ^ “スザンヌ 同窓会で高校中退時に泣いてくれた担任に再会”. Ameba News. (2011年12月19日). https://news.ameba.jp/entry/20111219-216 2020年12月30日閲覧。 
  4. ^ 東京熊本県人会公式ホームページ「熊本出身有名人・芸能関係」
  5. ^ a b c d 熊本日日新聞』 2008年1月1日
  6. ^ a b 「スザンヌ」『BOMB』、学研パブリッシング、2008年7月、 20 - 27頁、2017年4月3日閲覧。
  7. ^ キャサリン 2009, p. 27.
  8. ^ キャサリン 2009, p. 22.
  9. ^ キャサリン 2009, p. 26-27.
  10. ^ スザンヌさんを「熊本県宣伝部長」に任命!」 - 熊本県庁 2008年11月18日
  11. ^ “スザンヌ“宣伝部長”県知事にも色気!?”. バラエティ・ジャパン. (2008年11月18日). オリジナルの2009年2月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090209201415/http://varietyjapan.com/news/showbiz/2k1u7d00000gb34x.html 2020年12月30日閲覧。 
  12. ^ “スザンヌ結婚! ソフトバンク・斉藤和巳コーチと”. MSN産経ニュース. (2011年12月2日). オリジナルの2011年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111202001955/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/111202/ent11120208330010-n1.htm 2011年12月2日閲覧。 
  13. ^ “現役復帰断念直後に…斉藤和巳氏 スザンヌ妊娠「不思議なタイミング」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年8月8日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/08/08/kiji/K20130808006378240.html 2020年12月30日閲覧。 
  14. ^ “スザンヌ、産休入り&「PON!」卒業「最高に楽しかった」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2013年10月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/10/31/kiji/K20131031006918690.html 2020年12月30日閲覧。 
  15. ^ “スザンヌ、第1子男児出産「喜びと感動で胸がいっぱい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2014年1月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2032792/ 2020年12月30日閲覧。 
  16. ^ スザンヌ、斉藤和巳氏と離婚「思いやりを持つことが出来なかった」 シネマトゥデイ(2015年3月17日)2015年3月17日閲覧
  17. ^ スザンヌ離婚、斉藤和巳も報告 原因は「すれ違い」 オリコンスタイル(2015年3月17日)2015年3月17日閲覧
  18. ^ 引っ越し”. スザンヌ オフィシャルブログ「Suzanne No Blogzansu」 (2015年5月4日). 2020年12月30日閲覧。
  19. ^ “スザンヌ、「34歳高校生になります!」願書公開にファン驚き 顔写真も清楚な雰囲気に”. ENCOUNT (株式会社Creative2). (2021年4月5日). https://encount.press/archives/157796/ 2021年4月7日閲覧。 
  20. ^ キャサリン 2009, pp. 153-154.
  21. ^ a b c “ママが明かした“スザンヌ家”の意外な過去…”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年2月6日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/06/kiji/K20090206Z00001840.html 2020年12月30日閲覧。 
  22. ^ ☆レコーディングだよぉ☆”. スザンヌの「ぶろぐザンス☆」 (2008年8月18日). 2020年12月30日閲覧。
  23. ^ “スザンヌ「目指せ紅白!」も事務所は歌NG”. ORICON NEWS (oricon ME). (2008年1月27日). https://www.oricon.co.jp/news/51504/full/ 2020年12月30日閲覧。 
  24. ^ 熊本県宣伝部長スザンヌが空港リムジンバスに現る!|空港リムジン|九州産交バス|九州産交グループ(2009年5月6日時点のアーカイブ
  25. ^ スザンヌ写真集「SECOND SEASON」発売記念記者会見”. WWSチャンネル (2011年10月30日). 2014年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • キャサリン『おバカでも明るい育て方』主婦と生活社、2009年。ISBN 978-4391137118

外部リンク[編集]