品川祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
品川 祐
27th Tokyo International Film Festival- Shinagawa Hiroshi.jpg
本名 品川 祐
生年月日 1972年4月26日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
血液型 A型
身長 173cm
方言 共通語関東方言
最終学歴 東京都立足立西高等学校中退
出身 吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校1期
コンビ名 品川庄司
相方 庄司智春
芸風 漫才コント(ボケ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業
活動時期 1995年 -
同期 ハチミツ二郎東京ダイナマイト
ランディーズ
バカリズムなど
過去の代表番組 えいごリアン3
ハッケン!!など
作品 ドロップ
他の活動 作家映画監督
配偶者  既婚
親族 山野愛子(祖母)
山野凱章(実父)
マダム路子(実母)
山野愛子ジェーン(従姉妹)
片岡五郎(継父)
公式サイト 公式ブログ
受賞歴
2007年 BLOG of the year男性タレント・俳優部門

品川 祐(しながわ ひろし、1972年4月26日 - )は、日本のお笑いタレント品川庄司のボケ担当。立ち位置は向かって左。相方は庄司智春。東京都渋谷区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。身長173cm、体重70kg[1]。作家・映画監督としては品川ヒロシ名義で活動。

略歴[編集]

幼い頃に両親が離婚し、母親に引き取られる。志学館中学校(現志学館中等部)在学中、不良漫画に憧れ公立である狛江市立狛江第三中学校に転学。東京都立足立西高等学校中退。その後定職を持たない期間があり、広島の歓楽街で1年間水商売をする[2][3]

23歳で東京吉本総合芸能学院(東京NSC)に第1期生として入る。1995年に同期の庄司智春とコンビ『品川庄司』を結成。

家系[編集]

母親は、美容家で国際魅力学会会長のマダム路子(品川路子)。父親は、山野グループの株式会社ヤマノ代表取締役元社長山野凱章。祖母は、山野愛子[4]。美容家山野愛子ジェーンは、従姉妹。2人の姉と1人の兄がおり、4人兄弟の次男で末っ子。長姉は、ヘアスタイリスト、次姉は、シナリオライター・エッセイスト(2012年病死)[5]、兄は、映像プロデューサー。株式会社ヤマノホールディングス代表取締役社長山野義友は従兄弟、会長の山野彰英(義友の父)は叔父にあたる。

父親ときちんと会ったのは高校入学時で、その後も殆ど会う機会は無かったが、父親は内緒で舞台を見に来るなどしていた。2007年3月、母のマダム路子が俳優の片岡五郎と再婚。実際には中学生時代から片岡が父親代わりだったとブログで公表している。

2003年9月18日、約10年間交際していた女性と結婚。2009年11月、不妊治療の末に妻が妊娠したことをブログで発表し、2010年4月15日に長女(第1子)が誕生。

人物[編集]

好感度が低い事で有名であり、品川本人はその理由としてスタッフに対する態度が悪かった事を挙げ、「それで仕事が減ったっていうのはあると思うし、単純に打ち合わせとか好きじゃなかったから」と述べている[6]。また、後輩や同期に対して「愛情表現」として聞き方によってはいじめ・イヤミともとれてしまう言葉を述べることがあり、品川本人にその気はなかったものの、後述の山里亮太まちゃまちゃなどのように実際にその発言で傷ついてしまった者もいる[7]

2007年に「アメトーーク!」(テレビ朝日)で有吉弘行から「おしゃべりクソ野郎」とあだ名を付けられた時に相当ショックを受けたことに関しては、のちに「本当は芸人として喜ばなきゃいけない。おいしいパスだったのに…」と反省の弁を語っている。また、当時から映画を撮ろうと考え、「バラエティ界のヤツを見返してやろう」と思っていたという[6]

現在は、好感度が低い事を他人からイジられることを受け入れて仕事をしていると述べており、バラエティの仕事が減って以降は、映画や著書の印税で生活しているという[6]

お笑い評論家のラリー遠田は、好感度の低さが表沙汰になる前に「人気者なのに愛されない芸人」として品川を取り上げ、その嫌われる原因は、品川が売れるためにとった戦略にあるとしていた。現実を踏まえて一歩一歩地道にキャリアを重ねる品川の生き方には夢がなく、テレビに夢や憧れを見いだそうとしている多くの一般視聴者にとっては相反するものであるためだという。ただし同時に、「シャレにならないほど不景気で後ろ向きな時代だからこそ、シャレにならないほどリアルでがむしゃらな芸人が結果を出している」とも評していた[8]

ネット炎上騒動[編集]

2011年2月3日、南海キャンディーズ山里亮太パーソナリティを務めるラジオ番組山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)にて、山里が『リンカーン』(TBS)にて「ある先輩芸人」にいじめを受けていたことを暴露した。実名は伏せての説明であったが、最後に「品川さ…」と言ってしまったため、ネットユーザーの批判がネット上で湧き上がった。これを受けて品川は自身のTwitterで「僕からしたら、『そんなこと言ってねえよ』です。山里がどういうつもりで喋ったのか分かりません」と反論したものの、「にしても、ちょっとTwitterでその手のtweetが多いので、Twitterをやめようと思います」「山里が悪いということではありません。山里と直接話す前にここで知っちゃって、それに対して腹を立てた自分が嫌なだけです」と理由を説明し、同日午後にツイッターのアカウントごと削除する事態に発展した[7]

その後、同月9日に品川は山里と直接面会し、山里から涙ながらの謝罪を受けた。同月10日放送の『山里亮太の不毛な議論』番組冒頭で山里は謝罪をし、品川自身もサプライズゲスト(山里には事前に知らせなかった)として番組に出演した。山里が言われたという品川の言葉について、本人は「覚えていない」として発言の撤回を強要しようとしたが、山里が折れなかったために結局「自分なら言いそう」と半ば認め、「俺としては、愛情表現。それが俺の場合は愛情表現が下手くそって言う」と釈明した。品川は同日夜に、山里の発言後からラジオ出演に至るまでの詳細な経緯や所感を自身のブログで説明した[9][10]

出演[編集]

品川祐としての出演。コンビ出演は品川庄司を参照。

テレビ[編集]

バラエティなど

ドラマ

ほか

映画[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CD[編集]

著作[編集]

執筆活動でのペンネームは「品川ヒロシ」。

監督としての主な活動[編集]

映画[編集]

  • 2003年、短編映画『two shot』にて、監督・脚本・主演を務めた。
  • 2008年、「ドロップ」
    • 監督・脚本を務める。自身の小説『ドロップ』を原作に映画化。
  • 2011年公開「漫才ギャング角川映画
  • 2014年、「サンブンノイチ
    • 監督・脚本を務める。木下半太の同名小説を映画化。
  • 2015年、「Zアイランド
    • 監督・脚本を務める。哀川翔の芸能生活30周年、通算111本目のアニバーサリーとなる作品。

ドラマ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉本興業 芸人顔検索プロフィール | 品川庄司
  2. ^ 中国新聞、2014年3月29日21面
  3. ^ 品川ヒロシ | web R25 - Yahoo! JAPAN
  4. ^ お笑い芸人の知られざる血縁関係”. リアルライブ. フェイツ (2014年8月13日). 2014年8月18日閲覧。
  5. ^ 品川祐 次姉の死を号泣告白デイリースポーツ(2015年11月23日)11月24日閲覧。
  6. ^ a b c 品川祐 嫌われた原因を激白 スタッフに対する「態度が悪かった」
  7. ^ a b “南キャン・山里をいじめた? 非難殺到で品川祐ツイッター引退”. J-CASTニュース. (2011年2月7日). http://www.j-cast.com/2011/02/07087441.html 2011年2月8日閲覧。 
  8. ^ “お笑い評論家・ラリー遠田の【この芸人を見よ!】第26回 人気者なのに愛されない芸人・品川祐の「がむしゃらなリアル」”. 日刊サイゾー. (2009年4月9日). http://www.cyzo.com/2009/04/post_1826.html 
  9. ^ 品川blog:山里のラジオ(2011年2月10日)
  10. ^ “品川祐と山里が「和解」 いじめではなく「愛情表現だった」”. J-CASTニュース. (2011年2月10日). http://www.j-cast.com/2011/02/10087765.html?p=all 
  11. ^ DOBERMAN INFINITY、品川ヒロシ監督・脚本・演出の新曲「to YOU」Short Movieに中川家も出演”. OKMusic (2015年12月3日). 2016年3月19日閲覧。
  12. ^ 庄司は何もやっていません!品川ヒロシ、恵比寿★マスカッツのMV監督”. お笑いナタリー (2015年11月19日). 2015年11月19日閲覧。
  13. ^ 中谷美紀 東京国際映画祭「フェスティバル・ミューズ」就任”. 東スポ (2014年9月30日). 2014年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]