豊田皓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

豊田 皓(とよだ こう、1946年4月28日 - )は、日本実業家記者

フジテレビジョン代表取締役社長日本民間放送連盟副会長、フジ・メディア・ホールディングス・フジテレビ取締役副会長、サンケイリビング新聞社代表取締役社長・会長を歴任した。

経歴[編集]

  • 1965年 - 東京都立小石川高等学校卒業[1]
  • 1971年 - 成城大学経済学部卒業。
  • 1971年4月 - フジテレビ入社。総務・社会部記者・制作・営業などに配属。
  • 1997年6月 - 営業統括本部営業局長
  • 2001年6月 - 取締役(営業担当)
  • 2005年6月 - 常務取締役(営業・ネットワーク・事業・ライツ開発担当)
  • 2007年6月 - 代表取締役社長
  • 2012年4月1日 - 日本民間放送連盟副会長[2]
  • 2013年6月27日 - 代表取締役副会長[3]
  • 2014年9月29日 - サンケイリビング新聞社代表取締役社長[4]
  • 2015年6月22日 - サンケイリビング新聞社代表取締役会長[5]
  • 2017年6月 - フジテレビ代表取締役副会長を退任。
  • 2018年4月 - 旭日重光章を受章

人物[編集]

高校・大学ではラグビー部に所属[6]。趣味は読書で、学生時代は小説やシナリオを書いていた。

作家・椎名誠とは友人である[7]

同期入社[編集]

エピソード[編集]

  • 社長就任後、「はねるのトびら」(2007年7月25日放送分)に初の出演。
  • 爆笑レッドカーペット」では、放送期間延長や放送時間変更などの『辞令』を下すことがあった。
  • FNSの日」では2007年の第21回から5代目の製作総指揮を務め、副会長就任後も2016年の第30回まで制作代表として番組制作に携わった。

関連項目[編集]

脚注[編集]