あの空をおぼえてる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

あの空をおぼえてる』は、ジャネット・リー・ケアリー著の児童文学。原題は『Wenny Has Wings』。2003年2月にポプラ社から和訳版(浅尾敦則訳)が刊行された。

また、舞台設定を日本に変えての映画が制作・公開された。

書籍[編集]

  • Wenny Has Wings Janet Lee Carey, Atheneum(July 1, 2002) ISBN 978-0689842948
  • 「あの空をおぼえてる」ジャネット・リー ケアリー著、浅尾 敦則訳、ポプラ社 (2003/02) ISBN 978-4591074589

映画[編集]

あの空をおぼえてる
監督 冨樫森
脚本 山田耕大
原作 ジャネット・リー ケアリー
製作 古澤寿斗
木村典代
製作総指揮 北川直樹
出演者 竹野内豊
水野美紀
広田亮平
吉田里琴
音楽 中野雄太
主題歌 平井堅
いつか離れる日が来ても
撮影 中澤正行
編集 森下博昭
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 日本の旗 2008年4月26日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2007年秋に撮影が行われ、ほとんどのシーンが岐阜で撮影されたものである。家族が住む家はイラストレーター・まつやまたかしの自宅を借りて撮影が行われた[1]

あらすじ[編集]

10歳の英治はある日、妹絵里奈と共に事故に遭う。絵里奈は命を落とすも、命をとりとめた。英治は、悲しみにくれる両親を何かと励まそうとするが、父、雅仁はいつまでも悲しみに心を閉ざすばかりだった。

家族が再生していく姿を、英治の目線から描かれている。途中、絵里奈が生きていた頃の幸せそうな家族の様子が、幾度となく登場する。

キャスト[編集]

斜線括弧内は原作における名前。

スタッフ[編集]

[編集]

受賞[編集]

  • 第4回フランスKINOTAYO映画祭・ソレイユ・ドール「金の太陽賞」(最優秀作品賞)

脚注[編集]

  1. ^ まつやまたかし. “自分で建てた憧れのアメリカンハウス”. 2011年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]