半保護されたページ

平井堅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平井 堅
出生名 平井 堅
生誕
出身地 日本の旗 日本 三重県名張市
学歴 横浜市立大学卒業[1][2]
ジャンル
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1995年[4] -
レーベル
事務所
公式サイト Ken Hirai Official Website

平井 堅(ひらい けん、1972年1月17日[4] - )は、日本シンガーソングライター大阪府生まれ三重県名張市育ち[5]。身長183cm[6]

略歴

大阪府東大阪市で生まれ[7]、2歳から高校卒業まで三重県名張市桔梗が丘で育つ[8][5]三重県立上野高校を卒業後上京し、横浜市立大学在学中から横浜市関内のライブハウスや新宿のライブハウス「新宿21世紀」専属の歌手などとして活動[9][10]する。その傍ら、『Sony Music Entertainment Audition '93~Breath』に応募し、入選した[11]のをきっかけに1993年よりソニーレコードと契約。1995年にCDデビュー。1枚目のシングル「Precious Junk」はフジテレビドラマ『王様のレストラン』(三谷幸喜作品)のタイアップであったものの、オリコン最高50位と振るわなかった。その後も目立ったヒット曲に恵まれず、一時期はシングルの出荷枚数が1万枚以下という時期さえあった[12]。この間、地元FM三重や福岡の番組でパーソナリティをつとめたり、デビュー翌年には『オールナイトニッポン』のジングルを担当していたこともあった。

2000年、これが売れなければ契約打ち切りという背水の陣でリリースした8枚目のシングル「楽園」のテレビCMが、平井本人からの依頼を受けて同じ芸能事務所研音所属の江角マキコが出演していた[13][14]ことで問い合わせが殺到し、スポーツ新聞ワイドショーなどに大きく取り上げられた。このCMは、他の地域に比べて平井の認知度が高かった北海道[15][16]福岡県[17]限定で同年1月18日から深夜帯に放送されていたものだったが、この反響により全国放送が決定し[14]、またFM各局でも楽曲が注目されて大ヒット。アーティストとして遅咲きではあったが、この「楽園」におけるレコード会社のマーケティング戦略の成功[18]で高まった注目度を追い風にして、以後ヒット曲を多数リリースしている。

2004年にリリースしたシングル「瞳をとじて」などのヒットもあり、4作のアルバム(コンピレーションアルバムを含む)がミリオンセラーを記録した。これは男性ソロアーティストとしては、歴代1位の記録である。なお、オリコン年間ランキングでシングル、アルバム共に1位になったアーティストは、光GENJIDREAMS COME TRUE宇多田ヒカルMr.ChildrenGLAYの6組と平井だけである[注 1]

2001年に第30回ベストドレッサー賞(芸能部門)受賞、2005年にはデビュー10周年を記念し、初の写真集『歌バカ一代』を学研より10万部限定で発売している。

エピソード

  • デビューの年には、母校・三重県立上野高校の学園祭でコンサートを行なっており、アンコールではその独特の歌いまわしでアレンジした校歌を披露した。またこの時、母校の財政事情を心配した平井は、一切のギャラの受け取りを辞退した。
  • 一青窈の歌のピッチを下げると平井堅が歌っているように聞こえることが話題となった。この事は『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』などでも紹介された[20]
  • 自身のCDが発売された時には、自分でCDショップに行って買う上、自身の曲を買おうか迷っている客に対して自ら直接勧めに行く[21]
  • 純日本人だが、その彫りの深い顔から外国人と間違えられることが多い。「ソレデモシタイ」のPVは、自身が新宿駅西口を歩いていたところインド人の団体からインド人に間違えられたことにヒントを得て作られた[22]
  • 2015年3月に稼働したバンダイナムコゲームスのアーケードゲーム『鉄拳7』に登場するシャヒーンというキャラクターが平井そっくりだということでTwitter上で話題になった[23]

ディスコグラフィ

シングル

CDシングル

発売日 タイトル 規格品番 オリコン 初収録アルバム
Sony Records レーベル
1st 1995年5月13日 Precious Junk SRDL-3998 (8cm CD)[注 2] 50位 un-balanced
2000年10月1日 DFDZ-5001 (8cm CD)[注 2]
2nd 1995年6月21日 片方ずつのイヤフォン SRDL-4029 (8cm CD)[注 2] -
2000年10月1日 DFDZ-5002 (8cm CD)[注 2]
3rd 1995年11月22日 横顔 SRDL-4117 (8cm CD)[注 2] - Stare At
2000年10月1日 DFDZ-5003 (8cm CD)[注 2]
4th 1996年8月21日 ドシャブリ SRDL-4205 (8cm CD)[注 2] -
2000年10月1日 DFDZ-5004 (8cm CD)[注 2]
5th 1996年11月1日 Stay With Me SRDL-4285 (8cm CD)[注 2] -
2000年10月1日 DFDZ-5005 (8cm CD)[注 2]
6th 1997年7月21日 HEAT UP SRDL-4404 (8cm CD)[注 2] - Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ
2000年10月1日 DFDZ-5006 (8cm CD)[注 2]
7th 1998年5月29日 Love Love Love SRCL-4264 (12cm CD)[注 3] - THE CHANGING SAME
2000年10月1日 DFCZ-1005 (12cm CD)[注 3]
8th 2000年1月19日 楽園 SRCL-4720 (12cm CD)[注 3] 7位
2000年10月1日 DFCZ-1014 (12cm CD)[注 3]
9th 2000年5月10日 why SRCL-4813 (12cm CD)[注 3] 8位
2000年10月1日 DFCZ-1018 (12cm CD)[注 3]
DefSTAR Records レーベル
10th 2000年10月18日 LOVE OR LUST DFCZ-1022 (12cm CD) 6位 gaining through losing
11th 2000年12月6日 even if DFCZ-1024 (12cm CD) 3位
12th 2001年2月14日 Miracles DFCZ-1030 (12cm CD) 4位
13th 2001年5月16日 KISS OF LIFE DFCZ-1033 (12cm CD) 2位
14th 2002年1月30日 Missin' you 〜It will break my heart〜 DFCL-1057 (12cm CD) 4位 LIFE is...
15th 2002年5月22日 Strawberry Sex DFCL-1071 (12cm CD) 13位
16th 2002年8月28日 大きな古時計 DFCL-1078 (12cm CD) 1位
17th 2002年11月6日 Ring DFCL-1086 (12cm CD) 1位
18th 2003年5月8日 LIFE is... 〜another story〜 DFCL-1099 (レーベルゲートCD) 3位 Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ
DFCL-1151 (レーベルゲートCD2)[注 4]
2004年6月21日 DFCL-1240 (12cm CD)
19th 2003年7月30日 style DFCL-1107 (レーベルゲートCD) 12位 SENTIMENTALovers
DFCL-1159 (レーベルゲートCD2)[注 4]
2004年7月7日 DFCL-1245 (12cm CD)
20th 2004年4月28日 瞳をとじて DFCL-1133 (レーベルゲートCD2) 2位
DFCL-1257 (12cm CD)
21st 2004年5月19日 キミはともだち DFCL-1134 (レーベルゲートCD2) 5位
DFCL-1258 (12cm CD)
22nd 2004年10月6日 思いがかさなるその前に… DFCL-1166 (レーベルゲートCD2) 1位
DFCL-1266 (12cm CD)
23rd 2005年10月26日 POP STAR DFCL-1220 (12cm CD) 1位 Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ[注 5]
24th 2006年6月14日 バイマイメロディー DFCL-1280 (12cm CD) 2位 FAKIN' POP
25th 2007年1月17日 哀歌 (エレジー) DFCL-1340 (12cm CD) 5位
26th 2007年2月28日 君の好きなとこ DFCL-1341 (12cm CD) 5位
27th 2007年9月12日 fake star DFCL-1390 (12cm CD) 6位
28th 2008年2月20日 キャンバス / 君はス・テ・キ♡ DFCL-1400 (12cm CD) 6位
29th 2008年4月23日 いつか離れる日が来ても DFCL-1501 (12cm CD) 19位
30th 2009年9月23日 CANDY DFCL-1600 (12cm CD) 7位 JAPANESE SINGER
31st 2009年10月21日 僕は君に恋をする DFCL-1601/2
(CD+DVD、初回生産限定盤)
3位
DFCL-1603 (CD、通常盤)
32nd 2010年10月13日 Sing Forever DFCL-1686
(CD EXTRA、初回生産限定盤)
7位
DFCL-1687 (CD、通常盤)
33rd 2010年11月10日 アイシテル DFCL-1725
(CD EXTRA、初回生産限定盤)
9位
DFCL-1726 (CD、通常盤)
34th 2011年5月4日 いとしき日々よ DFCL-1771 (12cm CD) 7位
35th 2012年5月30日 告白 DFCL-1891/2
(CD+DVD、初回生産限定盤)
5位 THE STILL LIFE
DFCL-1893
(CD、フルヴォリューム通常盤)
Ariola Japan レーベル
36th 2014年4月2日 グロテスク feat. 安室奈美恵 BVCL-583/4
(CD+DVD、初回生産限定盤A)
4位 THE STILL LIFE
BVCL-585/6
(CD+DVD、初回生産限定盤B)
BVCL-587 (CD、通常盤)
37th 2014年12月10日 ソレデモシタイ/おんなじさみしさ BVCL-619/20
(CD+DVD、初回生産限定盤)
13位
BVCL-621
(CD、フルヴォリューム通常盤)
38th 2015年8月5日 君の鼓動は君にしか鳴らせない BVCL-660/1
(CD+DVD、初回生産限定盤)
18位
BVCL-662
(CD、フルヴォリューム通常盤)
39th 2016年5月25日 Plus One/TIME BVCL-720/1
(CD+DVD、初回生産限定盤)
15位
BVCL-722 (CD、通常盤)
40th 2016年6月22日 魔法って言っていいかな? BVCL-734 (12cm CD) 15位
41st 2017年3月1日 僕の心をつくってよ BVCL-776/7
(CD+DVD、初回生産限定盤)
7位 Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2[注 6]
BVCL-778
(CD、フルヴォリューム通常盤)
BVCL-779
(CD、期間限定生産盤)
42nd 2017年6月7日 ノンフィクション BVCL-818
(CD、ライブ音源初回限定盤)
10位
BVCL-819 (CD、通常盤)
43rd 2018年5月30日 トドカナイカラ BVCL-895 (12cm CD) 18位 あなたになりたかった
44th 知らないんでしょ? BVCL-896 (12cm CD) 16位
45th 2018年11月28日 half of me BVCL-948/9
(CD+DVD、初回生産限定盤)
15位
BVCL-950 (CD、通常盤)
46th 2019年12月4日 #302 BVCL-1025/6
(CD+DVD、初回生産限定盤)
11位
BVCL-1027 (CD、通常盤)
BVC8-4/5
(CD+グッズ、ファンクラブ盤)

配信限定シングル

発売日 タイトル 規格 収録CD
Ariola Japan レーベル
1st 2013年10月23日 桔梗が丘 デジタル・ダウンロード グロテスク feat. 安室奈美恵
2nd 2019年5月29日 いてもたっても あなたになりたかった
3rd 2020年3月27日 怪物さんfeat.あいみょん

アルバム

オリジナル・アルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
Sony Records レーベル
1st 1995年7月7日 un-balanced CD SRCL-3247[注 7] 57位
2000年10月1日 DFCZ-1001[注 8]
2nd 1996年12月1日 Stare At SRCL-3718[注 7] -
2000年10月1日 DFCZ-1002[注 8]
3rd 2000年6月21日 THE CHANGING SAME SRCL-4854[注 7] 1位
2000年10月1日 DFCZ-1020[注 8]
DefSTAR Records レーベル
4th 2001年7月4日 gaining through losing CD DFCZ-1036 2位
SACD DFGZ-9002
5th 2003年1月22日 LIFE is... CD DFCL-1092 1位
6th 2004年11月24日 SENTIMENTALovers DFCL-1170 1位
7th 2008年3月12日 FAKIN' POP DFCL-1500 2位
8th 2011年6月8日 JAPANESE SINGER CD+DVD DFCL-1782/3
(初回生産限定盤A)
3位
DFCL-1784/5
(初回生産限定盤B)
CD DFCL-1786
(通常盤)
Ariola Japan レーベル
9th 2016年7月6日 THE STILL LIFE CD+DVD BVCL-731/2
(初回生産限定盤)
4位
CD BVCL-733
(通常盤)
2016年12月14日 CD+BD BVCL-768/9
(Deluxe Edition)
CD+DVD BVCL-770/1
(Deluxe Edition)
10th 2021年5月12日 あなたになりたかった CD+DVD BVCL-1147/8
(初回生産限定盤)
2位
CD+Blu-ray BVCL-1145/6
(初回生産限定盤)
CD BVCL-1149
(通常盤)
CD+DVD BVC8-10/1
(ファンクラブ限定盤)
CD+Blu-ray BVC8-8/9
(ファンクラブ限定盤)

カバー・アルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
DefSTAR Records レーベル
1st 2003年12月10日 Ken's Bar CD DFCL-1122 3位
2009年5月27日 Blu-spec CD DFCL-20007
2nd 2009年5月27日 Ken's Bar II CD+DVD DFCL-1502/3
(初回生産限定盤)
2位
CD DFCL-1504
(通常盤)
Blu-spec CD DFCL-20008
Ariola Japan レーベル
3rd 2014年5月28日 Ken's Bar III CD+DVD BVCL-590/1
(初回生産限定盤A)
4位
2CD BVCL-592/3
(初回生産限定盤B)
CD BVCL-594
(通常盤)

コンピレーション・アルバム

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 備考
DefSTAR Records レーベル
2001年11月28日 Kh re-mixed up 1 2CD DFCL-1053/4 6位 リミックス音源集。シングルにカップリングされていた曲と新たにリミックスされた曲で構成されている。
2005年11月23日 Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ 2CD+DVD DFCL-1330/2
(初回生産限定盤)
1位 1stシングル『Precious Junk』から、23rdシングル『POP STAR』までのシングル表題曲集。
初回生産限定盤には、収録曲の全ビデオクリップを収めたDVDが付属している。


2CD DFCL-1333/4
(通常盤)
2009年9月2日 Blu-spec 2CD DFCL-20012/3
2010年11月10日 Ken Hirai 15th Anniversary c/w Collection '95-'10 “裏 歌バカ” 3CD DFCL-1710/2
(初回生産限定盤)
5位 1stシングル「Precious Junk」から32ndシングル「Sing Forever」までのシングルカップリング曲集。
初回生産限定盤には、シングルにカップリングされていた曲と新たにリミックスされた曲で構成されたリミックス音源集『Kh re-mixed up 2』が付属している。
2CD DFCL-1713/4
(通常盤)
Ariola Japan レーベル
2017年7月12日 Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2 4CD BVCL-807/10
(初回生産限定盤A)
2位 シングル表題曲集と、平井が敬愛するアーティストによる書き下ろし楽曲全10曲が収録されているスペシャル・ディスク『歌バカだけに』とのセット。
初回生産限定盤Aには1stシングル「Precious Junk」から、初回生産限定盤Bと通常盤には24thシングル「バイマイメロディー」から42ndシングル「ノンフィクション」までが収められている。
初回生産限定盤Bには、収録曲のビデオクリップを収めたBlu-rayが付属している。
3CD+Blu-ray BVCL-811/4
(初回生産限定盤B)
3CD BVCL-815/7
(通常盤)

映像作品

発売日 タイトル 規格品番 順位 備考
1996年12月1日 Ken Hirai Films Vol.1 SRVM-570 (VHS)
SRBL-1080 (DVD)
1995年発売のシングル曲等のMV集。
2001年7月1日 DFVZ-8002 (VHS)
DFBZ-7002 (DVD)
2004年12月22日 DFBL-7065 (DVD)
2000年6月21日 Ken Hirai Films Vol.2 SRVM-5707 (VHS)
SRBL-1079 (DVD)
1996年~2000年発売のシングル曲のMV集。
2001年7月4日 DFVZ-8006 (VHS)
DFBZ-7006 (DVD)
2004年12月22日 DFBL-7066 (DVD)
2001年7月4日 Ken Hirai Films Vol.3 DFVZ-8007 (VHS)
DFBZ-7007 (DVD)
17位 2000年10月~2001年発売のシングル曲のMV集。
2002年1月30日 Ken Hirai Films Vol.4
LIVE TOUR 2001 gaining through losing at the BUDOKAN
DFBL-7051 (DVD) 3位 2001年10月5日の日本武道館公演を収録
2003年1月22日 Ken Hirai Films Vol.5 DFVL-8055 (VHS)
DFBL-7056 (DVD)
14位 2002年発売のシングル曲等のMV集。
2003年12月10日 Ken Hirai Films Vol.6
MTV UNPLUGGED KEN HIRAI
DFBL-7059 (DVD) 8位 2003年1月20日、日本人初の"MTV UNPLUGGED"出演時の模様と、
ライヴに至る経緯を追ったドキュメント映像を収録。
2004年11月24日 Ken Hirai Films Vol.7 DFBL-7063 (DVD) 5位 2003~2004年発売のシングル曲等のMV集。
2005年12月7日 Ken Hirai Films Vol.8
“Ken Hirai 10th Anniversary Tour Final at Saitama Super Arena”
DFBL-7080/1 (初回生産限定盤DVD)
DFBL-7082 (通常盤DVD)
DFXL-2 (Blu-ray)
9位 2005年7月17日さいたまスーパーアリーナ公演を収録。
初回生産限定盤のみ2005年5月13日原宿RUIDO公演と、
ライヴツアーのドキュメント映像を収録。
2008年4月23日 Ken Hirai Films Vol.9 DFBL-7110 (DVD) 49位 2005年~2008年2月発売のシングル曲等のMV集。
2008年12月17日 Ken Hirai Films Vol.10
Ken Hirai Live Tour 2008 FAKIN' POP
DFBL-7120/1 (初回生産限定盤DVD)
DFBL-7122 (通常盤DVD)
DFXL-7 (Blu-ray)
18位 2008年6月16日大阪城ホール公演を収録。
初回生産限定盤のみドキュメント映像などを収録。
2009年6月10日 Ken Hirai Films Vol.11
Ken's Bar 10th Anniversary
DFBL-7123/4 (DVD) 6位 2008年12月24日横浜アリーナ公演を収録(Disc1)。
2008年5月29日ビルボード東京公演を収録(Disc2)。
Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special! DFXL-8 (Blu-ray) 2008年12月24日横浜アリーナ公演を収録。
2012年5月30日 Ken Hirai Films Vol.12 DFBL-7147 (DVD) 4位 2008年~2011年発売のシングル曲等のMV集。
2016年3月23日 Ken Hirai Films Vol.13
『Ken Hirai 20th Anniversary!! at Zepp Tokyo』
BVXL-55 (初回限定盤Blu-ray)
BVXL-56 (通常盤Blu-ray)
20位 2015年5月13日Zepp Tokyo公演を収録
BVBL-120/1 (初回限定盤DVD)
BVBL-122 (通常盤DVD)
19位
2018年12月5日 Ken Hirai Films Vol.14
『Ken’s Bar 20th Anniversary Special !!』
BVXL-72 (Blu-ray) 34位 2018年5月30日東京ドーム公演と2018年8月28日ニューヨーク公演を収録。
BVBL-142/3 (DVD) 17位
2021年5月12日 Ken Hirai Films Vol.15 BVXL-77 (Blu-ray) 7位 2012年~2020年発売のシングル曲等のMV集。
BVBL-154 (DVD) 10位

その他

発売日 曲名 収録作品
1996年9月21日 moonstruck with 平井堅 CHAKA「with friends」
1996年12月21日 HOLDING ON TO PROMISES (featuring KEN HIRAI) GERRY DeVEAUX「BACK TO YOU」
1998年8月26日 君が笑ったら Original Soundtrack「せつない
2000年12月13日 セントオブウーマン〜夢の香り〜 feat. 平井堅 K DUB SHINE「生きる」
2002年5月22日 Eyes on you [24] 中森明菜Resonancia
2003年3月12日 You are the sunshine of my life Various Artists「Conception〜Stevie Wonder Tribute」
2005年6月22日 Got Me A Feeling BONNIE PINKREMINISCENCE
2009年12月9日 When You Wish Upon a Star Various Artists「Mellow Disney」
2012年9月19日 東京ピエロ feat. 平井堅 大橋トリオ「White」
2013年2月20日 さよならレストラン feat. 平井堅 古内東子「and then... 〜20th anniversary BEST〜」

タイアップ一覧

曲名 作品
Precious Junk フジテレビ水曜劇場王様のレストラン』主題歌
片方ずつのイヤフォン テレビ朝日系「VIDEO JAM」オープニングテーマ
横顔 フジテレビ系「めざまし天気」エンディングテーマ
ニッポン放送オールナイトニッポン」エンディングテーマ
HEAT UP ABC系「速報!甲子園への道」テーマソング
Love Love Love TBS系「愛のヒナ壇」オープニングテーマ
君が笑ったら テレビ朝日系ドラマ『TOKYO HEART BREAK せつない』挿入曲
Miracles キッコーマン「万上焼酎 トライアングル」CMソング
KISS OF LIFE フジテレビ系月9ドラマラブ・レボリューション』主題歌
Strawberry Sex 本田技研工業That's」CMソング
大きな古時計 NHKみんなのうた」2002年8 - 9月
au by KDDI「EZ 着うた」CMソング
Ring 日本テレビ水曜ドラマサイコドクター』主題歌
LIFE is... 〜another story〜 TBS系金曜ドラマブラックジャックによろしく』主題歌
任天堂ファイアーエムブレム 烈火の剣」CMソング
THE ROSE ネスレジャパンネスカフェ プレジデント」CMソング
LOVIN' YOU オンワード樫山「VANILLA CONFUSION」CMソング
WHAT A WONDERFUL WORLD ソニーハンディカム PC300K」CMソング
瞳をとじて 東宝配給映画『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌
DESPERADO キリンビール「キリンラガービール」CMソング
キミはともだち フジテレビ系火9ドラマワンダフルライフ』主題歌
思いがかさなるその前に… トヨタ自動車カローラ フィールダー」CMソング
フジテレビ系ドラマ『積木くずし真相〜あの家族、その後の悲劇〜』主題歌
POP STAR フジテレビ系月9ドラマ『危険なアネキ』主題歌
ため息キップ 大同生命CMソング
バイマイメロディー au by KDDI「LISMO」CMソング
hug コカ・コーラ紅茶花伝」CMソング
哀歌(エレジー) 東宝配給映画『愛の流刑地』」主題歌
君の好きなとこ 日本テレビ系土曜ドラマ演歌の女王』主題歌
美しい人 資生堂ELIXIR SUPERIEUR」CMソング
fake star 明治製菓「Fran Aromatier」CMソング
キャンバス フジテレビ系火9ドラマ『ハチミツとクローバー』主題歌
君はス・テ・キ♥ リプトン「新リプトン リモーネ」CMソング
Cry&Smile!! 味の素クノール カップスープ」CMソング
UPSET LG電子FOMA L705iX」CMソング
Twenty! Twenty! Twenty! J-WAVE開局20周年ソング
いつか離れる日が来ても ソニーピクチャーズエンタテインメント配給映画『あの空をおぼえてる』主題歌
写真 日本中央競馬会2008年イメージソング
Moon River アスミック・エースエンタテインメント配給映画『ザ・ムーン』日本版主題歌
Heart Of Mine ショウゲート配給映画『愛を読むひと』日本版イメージソング
僕は君に恋をする 東宝配給映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』主題歌
一人じゃない NHK教育連続人形活劇『新・三銃士』エンディングテーマ
太陽 「没後120年 ゴッホ展 -こうして私はゴッホになった-」テーマソング
TBS系「炎の天才画家ゴッホ〜120年目の真実」テーマソング
アイシテル パラマウント ピクチャーズ ジャパン=松竹配給映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』主題歌
Unchained Melody パラマウント ピクチャーズ ジャパン=松竹配給映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』挿入歌
Sing Forever 日本テレビ系『スッキリ!!』10月テーマソング
夢のむこうで 東宝配給映画『星守る犬』主題歌
いとしき日々よ TBS系日曜劇場JIN-仁-(完結編)』主題歌
Run to you NEXCO中日本イメージソング
告白 テレビ朝日系木曜ドラマWの悲劇』主題歌
Woman"Wの悲劇"より テレビ朝日系木曜ドラマ『Wの悲劇』挿入歌
桔梗が丘 ミサワホーム創立45周年記念CMソング
青空傘下 日本赤十字社「はたちの献血」キャンペーンソング
やつらの足音のバラード GLOBAL WORK『フク、フクフク 世界人』「フク、フクフク 出会い 篇」CMソング
ソレデモシタイ 日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」11月エンディングテーマ
おんなじさみしさ NHK総合ドラマ10さよなら私』主題歌
Tomorrow 映画『ANNIE/アニー』主題歌[25]
切手のないおくりもの ギャガ配給映画『繕い裁つ人』主題歌
君の鼓動は君にしか鳴らせない TBS系日曜劇場『ナポレオンの村』主題歌[26]
愛にこだわれ 東洋ゴム工業「TOYO TIRES」CMソング[27]
魔法って言っていいかな? パナソニックLUMIX TZ85」CMソング [28]
TIME 伊勢志摩サミット2016応援ソング [29]
Plus One テレビ朝日系木曜ドラマ『グッドパートナー 無敵の弁護士』主題歌[29]
Missionary 東洋ゴム工業「TOYO TIRES」CMソング [30]
僕の心をつくってよ 映画『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』主題歌 [31]
ほっ クレディセゾンCMソング
ノンフィクション TBS系日曜劇場『小さな巨人』主題歌
トドカナイカラ ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給映画『50回目のファーストキス』主題歌
知らないんでしょ? テレビ朝日系木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』主題歌
half of me フジテレビ系木曜劇場黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』主題歌
HOLIC J-WAVE開局30周年アニバーサリー・ソング
いてもたっても ワーナー・ブラザース配給映画『町田くんの世界』主題歌
#302 TBS系金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』主題歌
1995 日本テレビ系『スッキリ』2021年5月度テーマソング

楽曲提供


ミュージックビデオ

受賞歴

2001年
2002年
  • ゴールドディスク大賞「ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(gaining through losing)
  • MTV Video Music Awards Japan「最優秀男性アーティストビデオ賞」
2003年
  • ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」(大きな古時計)
  • ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(LIFE is...)
  • ゴールデン・アロー賞「音楽賞」
  • SPACE SHOWER Music Video Awards「BEST MALE CLIP」(Ring)
2004年
  • ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(Ken's Bar)
2005年
  • ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」(瞳をとじて)
  • ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(SENTIMENTALovers)
  • MTV Video Music Awards Japan「最優秀男性アーティストビデオ賞」(瞳をとじて)
  • MTV Video Music Awards Japan「最優秀映画ビデオ賞」(瞳をとじて)
2006年
  • ゴールドディスク大賞「ロック&ポップ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」(『Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection '95-'05 歌バカ』)
  • MTV Video Music Awards Japan「最優秀男性アーティストビデオ賞」(POP STAR)
  • SPACE SHOWER Music Video Awards「BEST BEST POPS VIDEO」(POP STAR)
2007年
  • SPACE SHOWER Music Video Awards「BEST MALE CLIP」(バイマイメロディー)
2008年
  • J-WAVE 第13回 TOKIO HOT 100 AWARD「ベスト男性アーティスト賞」
2009年
  • 第1回DEGジャパン アワード/ブルーレイ大賞「審査員特別賞」(Blu-ray『Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP"』)
  • J-WAVE 第14回 TOKIO HOT 100 AWARD「特別賞」
2015年
  • SPACE SHOWER TV MUSIC VIDEO AWARDS 2015「特別賞」(ソレデモシタイ)
  • MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2015「CONTRIBUTON TO ENTERTAINMENT AWARD」
2017年
  • TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 SPACE SHOEWR MUSIC AWARDS「BEST POP ARTIST」
2018年
  • SPACE SHOEWR MUSIC AWARDS 2018「VIDEO OF THE YEAR」(ノンフィクション)

出演

テレビ

NHK紅白歌合戦出場歴

出演順は「出演順/出場者数」を表す。
年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
2000年(平成12年)/第51回 楽園 12/28 モーニング娘。 紅白初出場
2002年(平成14年)/第53回 2 大きな古時計 20/27 中森明菜 マサチューセッツ州から中継・
2年ぶりの出場
2003年(平成15年)/第54回 3 見上げてごらん夜の星を 22/30 藤あや子 坂本九(映像)とデュエット
2004年(平成16年)/第55回 4 瞳をとじて 27/28 天童よしみ トリ前
2007年(平成19年)/第58回 5 哀歌 (エレジー) 21/27 中村中 3年ぶりの出場
2008年(平成20年)/第59回 6 いつか離れる日が来ても 11/26 大塚愛
2011年(平成23年)/第62回 7 いとしき日々よ 05/25 川中美幸 3年ぶりの出場
2017年(平成29年)/第68回 8 ノンフィクション 16/23 松田聖子 6年ぶりの出場

ラジオ

  • 2時いろネットワーク(1997年 - 1998年、AIR-G'
  • 平井堅の聞いてもらってすいません(CROSS FM
  • 平井堅のたまリバ!(1999年 - 2000年、FM世田谷栃木放送FM佐賀でもネットされた)
  • 平井堅のオレは歌バカだ!(1998年 - 2001年、AIR-G')
  • ACROSS THE VIEW 〜 MAD ABOUT SINGIN' (2000年 - 2001年、J-WAVE
  • BREAD&CIRCUS〜FLYING EASY ON SATURDAY NIGHT〜(2005年、J-WAVE)
  • FLYING EASY(2005年、J-WAVE・CROSS FM)
  • 平井堅のオールナイトニッポン(2008年3月10日、ニッポン放送
  • 平井堅のOH! MY RADIO(2001年 - 2004年、2009年、J-WAVE)
  • RADIPEDIA(2010年1月〜12月、J-WAVE)
  • 平井堅 NOW ON AIR 〜やっと逢えたね〜(2016年1月 - 、FM三重ほか)[34]

CM

PV

主なライブ

ライブツアー

開催日 タイトル 会場 備考
1995 12月13日
12月16日
LIVE TOUR '95『横顔』 大阪ミューズホールほか 全国3都市・3公演(大阪、東京、福岡)
1997 1月27日
1月31日
Winter Tour '97『Stare At』 札幌PENNY LANE 24ほか 全国3都市・3公演(北海道、大阪、東京)
2000 10月17日
11月12日
LIVE TOUR 2000『THE CHANGING SAME』 渋谷CLUB QUATTROほか 全国6都市・7公演(東京、愛知、北海道、宮城、大阪、福岡)
2001 8月7日
10月5日
LIVE TOUR 2001『gaining through losing』 栃木県総合文化センターほか 全国20都市・21公演(栃木、広島、福岡、長崎、熊本、沖縄、神奈川、東京、石川、
静岡、愛知、三重、北海道(札幌・帯広)、岩手、宮城、香川、京都、兵庫、大阪)
DVD『Ken Hirai Films Vol.4 LIVE TOUR 2001 gaining through losing at the BUDOKAN』に収録
(日本武道館10月5日公演のみ)
2003 4月15日
6月15日
LIVE TOUR 2003『LIFE is...』 日本武道館ほか 全国12都市・21公演(東京、広島、埼玉、愛知、宮城、新潟、北海道、徳島、兵庫、
神奈川、大阪、福岡)
2005 5月17日
7月17日
Ken Hirai 10th Anniversary Tour 三重県・伊賀市文化会館ほか 全国22都市・29公演(三重、大分、福岡、徳島、愛媛、山口、岡山、静岡、石川、新潟、
群馬、青森、秋田、北海道(札幌・函館)、宮城、広島、鹿児島、沖縄、愛知、大阪、埼玉)
DVD『Ken Hirai Films Vol.8“Ken Hirai 10th Anniversary Tour Final at Saitama Super Arena”』に収録
(さいたまスーパーアリーナ7月17日公演のみ)
2008 5月2日
7月20日
Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP" 日本武道館ほか 全国14都市・24公演(東京、三重、広島、愛知、北海道、兵庫、福井、大阪、静岡、宮崎、
徳島、福岡、埼玉、沖縄)
DVD『Ken Hirai Films Vol.10 Ken Hirai Live Tour 2008 FAKIN' POP』に収録
(大阪城ホール6月16日公演のみ)
2011 5月2日
7月20日
KEN HIRAI Live Tour 2011 "JAPANESE SINGER" 横須賀芸術劇場ほか 全国19都市・22公演(神奈川、北海道(苫小牧・札幌・釧路)、岩手、宮城、山口、広島、鳥取、
福井、石川、長野、愛媛、香川、長崎、福岡、愛知、埼玉、大阪)
2015 9月4日
11月23日
Ken Hirai 20th Anniversary Live Tour 2015 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホールほか 全国24都市・24公演(滋賀、奈良、兵庫、北海道(函館・旭川)、大分、長崎、鹿児島、千葉、東京、
静岡、三重、岐阜、愛媛、香川、埼玉、広島、岡山、神奈川、長野、新潟、岩手、宮城、沖縄)
2016 3月26日
5月8日
Ken Hirai 20th Anniversary Special!! Live Tour 2016 マリンメッセ福岡ほか 全国5都市・8公演(福岡、大阪、北海道、愛知、東京)
アルバム『THE STILL LIFE』Deluxe Edition-Special Limited Package-のボーナスDVD・Blu-rayに収録
(国立代々木競技場 第一体育館5月8日公演のみ)
2017 4月11日
4月19日
Ken Hirai Special Live!! "THE STILL LIFE" 大阪城ホール、日本武道館 全国2都市・4公演(大阪、東京)
シングル「ノンフィクション」初回生産限定盤ボーナストラックに一部音源(10曲)収録
(日本武道館4月19日公演のみ)

コンセプト・ライブ「Ken's Bar」

「Ken's Bar」とは、通常のコンサートとは異なり、バーのマスターに扮する平井が選曲したBGMをバックに、お酒や食事をしながら生演奏とトークを楽しんでもらうという、大人の空間を演出したコンセプト・ライブである。特徴としては、積極的に他のアーティストのカバーが行われる点である。基本的には古今東西男女を問わず、本人が歌いたい楽曲やお気に入りの楽曲、リスナーへ紹介したい楽曲が中心だが、リクエストを募った年もある(2002年公演など)。

第1回公演は、7枚目のシングル「Love Love Love」が発売された1998年5月29日に、当時新宿区大久保にあった「ONAIR Okubo PLUS」にて観客50名で開催され[35]、その後半年にわたり月1~2回のペースで行われた。当時、6枚のシングルをリリースしながらいずれもヒットにはつながらず、歌う機会を失いつつあった平井が苦肉の策として行ったライブであった[36]。これ以降、平井のライフワークと位置づけられ、単発公演、全国ツアー、ファンクラブ限定イベントなど、様々な形で毎年欠かさず行われている。

会場は、当初は少人数スペースであったが、徐々に動員が増え、「楽園」でのブレイク以降は2005年12月の東京ドーム公演など、開催規模が大きくなっていった。しかし規模の大小にかかわらず、必ずテーブル席が用意されてドリンク・コーナーが設けられるなど、スタート時からのコンセプトは必守している。

ライブの模様は完全生中継や、衛星放送などで開催から程なく録画放送されることがある。また、ステージの模様がDVDなどで映像ソフト化されている公演もある。

2003年12月には開店5周年を記念して、平井ソングの原点ともいえるアーティストの楽曲をアコースティック形式でカバーしたコンセプト・カバー・アルバム『Ken's Bar』をリリース。同時に12/9(火)~12/14(日)の期間限定で、当時港区西麻布にあったダイニングバー「VERANDA」に『Ken's Bar nishiazabu』を開店。オープン前日のプレイベントでは、平井が80名の観客を前にKen's Bar収録の「LOVIN' YOU」をはじめ、計5曲をアコースティック編成で披露した[37]。その後、10周年には『Ken's Bar Ⅱ』、15周年には『Ken's Bar Ⅲ』をそれぞれリリース。20周年には記念して行われた東京公演とニューヨーク公演を全曲ノーカット完全収録したBlu-ray・DVDをリリースしている。

アルコールが絡む演出上、2006年冬の名古屋公演では、開催後に飲酒運転取締りの検問が実施されることが事前に公表された[38][39][40]。「運転の方はお酒でなく、僕の歌声で酔ってください」と平井堅自らが観客に呼びかけるシーンもあった。なお、違反者はゼロであったと後日、スポーツ新聞に掲載されている。

「Ken's Bar」ではない通常のコンサート公演でも、合間に“Mini Ken's Bar”と題したコーナーが設けられることがある(例としては、2005年の「Ken Hirai 10th Anniversary Tour」[注 9]や2008年の「Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP"」[注 10]など)。

これまでの公演一覧

開催日 タイトル 会場 備考
1998 5月29日
11月27日
Ken's Bar ONAIR Okubo PLUS
ジャスマックプラザ札幌(7/28のみ)
月1~2回のペースで開催
12月23日 Ken's Bar X'mas Special クラブチッタ川崎
1999 6月2日
11月10日
Ken's Bar 目黒BLUES ALLEY JAPAN 月1~2回のペースで開催
12月19日 Ken's Bar Special クラブチッタ川崎
2000 1月19日
4月19日
Ken's Bar 目黒BLUES ALLEY JAPAN マンスリー開催
12月17日 Ken's Bar Deluxe 台場TRIBUTE TO THE LOVE GENERATION
2001 2月14日 Ken's Bar VALENTINE SPECIAL
7月7日 Ken's Bar 福岡IMZホール
12月8日 Ken's Bar Special 大阪城ホール
2002 7月7日
8月24日
Ken Hirai LIVE TOUR 2002『Ken's Bar』 札幌芸術の森野外ステージほか 初の「Ken's Bar」スタイルによる全国ツアー。11ヶ所・15公演(東京、
栃木、広島、福井、名古屋、宮城、北海道、大阪、香川、福岡、沖縄、台湾)
12月17日 Ken's Bar Special 横浜アリーナ
2003 7月7日 Ken's Bar 5th Anniversary Special Vol.1 沖縄・宜野湾野外音楽劇場
12月8日 Ken's Bar nishiazabu プレイベント 西麻布VERANDA 12/9(火)~12/14(日)の期間限定で港区西麻布にオープンした『Ken's Bar
nishiazabu』のプレイベントでのミニ・ライブ
12月22日
12月23日
Ken's Bar 5th Anniversary Special Vol.2 横浜アリーナ
2004 7月7日
7月30日
Ken's Bar 2004 三重県営アリーナほか 2度目の「Ken's Bar」スタイルによる全国ツアー。5ヶ所公演(三重、長野、
山梨、高知、長崎)
12月18日
12月26日
Ken's Bar Winter Special 幕張イベントホール
神戸ワールド記念ホール
2005 12月20日 Ken Hirai 10th Anniversary Ken's Bar Special
in TOKYO DOME
東京ドーム 「Ken's Bar」過去最多の観客動員数4万人
2006 7月7日 Ken's Bar 2006 福岡・国営海の中道海浜公園(野外劇場)
7月20日
8月30日
Ken's Bar Members '06 Zepp Sendaiほか 初のファンクラブツアー。全国7ヶ所・10公演(宮城、北海道、新潟、東京、
大阪、広島、福岡)
12月19日 Ken's Bar 2006 Winter 名古屋レインボーホール
2007 7月7日
8月16日
Ken's Bar 2007 SUMMER さぬき市野外音楽広場テアトロンほか 全国5ヶ所公演(香川、宮城、宮崎、東京、和歌山)
12月23日 Ken's Bar 2007 Winter 札幌きたえーる
2008 5月29日 Ken's Bar 10th Anniversary Special ビルボード東京 DVD『Ken Hirai Films Vol.11 Ken's Bar 10th Anniversary』Disc2に収録
12月24日 Ken’s Bar 10th Anniversary Christmas Eve special ! 横浜アリーナ DVD『Ken Hirai Films Vol.11 Ken's Bar 10th Anniversary』Disc1、
Blu-ray『Ken's Bar 10th Anniversary Christmas Eve Special!』に収録
2009 2月14日 Ken's Bar 10th Anniversary Valentine Special!
supported by GODIVA
大阪城ホール Concept Cover Album「Ken's Bar II」初回生産限定盤のDVDに収録
5月28日 Ken's Bar 「Ken's Bar Ⅱ」Release Special
at YOKOHAMA BANK ART
横浜 BankART1929 馬車道 史上最少人数の10名を招待。
31st Single「僕は君に恋をする」初回生産限定盤のDVDに収録
7月7日
8月30日
Ken's Bar 2009 河口湖ステラシアターほか 全国7ヶ所公演(山梨、青森、北海道、千葉、石川、大分、兵庫)
12月23日 Ken's Bar 2009 Winter さいたまスーパーアリーナ
2010 5月13日 Ken Hirai 15th Anniversary Special !! Vol.1
Ken's Bar 2010
日本武道館 32nd Single「Sing Forever」初回生産限定盤のCD EXTRA『Ken Hirai 15th
Anniversary Live Digest Movie 1995-2010』に一部収録
7月20日
8月21日
Ken Hirai 15th Anniversary Special !! Vol.2
Ken's Bar 2010 Summer
真駒内セキスイハイムアイスアリーナほか 全国15ヶ所公演(北海道、広島、岐阜、富山、岩手、山形、三重、京都、滋賀、
静岡、鳥取、岡山、愛媛、熊本、長野)
8月25日
8月26日
Ken Hirai 15th Anniversary Special !! Vol.3
Ken's Bar in N.Y.
B.B. King BLUES CLUB & GRILL New York 初のニューヨーク公演。33rd Single「アイシテル」初回生産限定盤のCD EXTRA
『Ken's Bar in N.Y.(LIVE MOVIE)』に一部収録
2011 12月25日 Ken's Bar 2011 マリンメッセ福岡
2012 7月7日 Ken's Bar 2012 アイメッセ山梨
2013 5月29日 Ken' Bar 15th Anniversary Kh(+)Members Special! 日本武道館 開店15周年を迎えた「Ken's Bar」のファンクラブ会員限定記念公演
5月30日 Ken' Bar 15th Anniversary Special! vol.1 日本武道館 初のLIVE VIEWINGを実施。全国の映画館にて上映(全国:19ヶ所・34スクリーン)
Concept Cover Album「Ken's Bar III」初回生産限定盤AのDVDに収録
7月6日
7月7日
Ken' Bar 15th Anniversary Special! vol.2 沖縄・宜野湾海浜公園野外劇場
12月7日
12月24日
Ken' Bar 15th Anniversary Special! vol.3 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナほか 全国5ヶ所・8公演(宮城、大阪、徳島、北海道、神奈川)
2014 2月14日
2月15日
Ken' Bar 15th Anniversary Valentine Special! Blue Note TOKYO Concept Cover Album「Ken's Bar III」初回生産限定盤BのボーナスCDに一部音源収録
5月28日 Ken' Bar 15th Anniversary Special! vol.4 さいたまスーパーアリーナ
12月23日 Ken's Bar 2014 Winter マリンメッセ福岡
2015 12月23日
12月24日
Ken Hirai 20th Anniversary Ken's Bar X'mas Special!! 横浜アリーナ
2016 7月7日 Ken's Bar 2016 幕張メッセ イベントホール
12月24日 Ken's Bar 2016 X'mas Eve Special! 大阪城ホール
2017 7月7日
7月8日
Ken's Bar 2017 山梨・河口湖ステラシアター
12月23日
12月24日
Ken's Bar 2017 X'mas Eve Special! 横浜アリーナ
2018 5月29日 Ken’s Bar 20th Anniversary Members Special !! TOKYO DOME CITY HALL 開店20周年を迎えた「Ken's Bar」のファンクラブ会員限定記念公演
5月30日 Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.1 TOKYO DOME CITY HALL 全国LIVE VEWING 全35館にて実施
Blu-ray『Ken Hirai Films Vol.14 Ken's Bar 20th Anniversary Special !!』、
DVD『Ken Hirai Films Vol.14 Ken's Bar 20th Anniversary Special !!』Disc1に収録
8月27日
8月28日
Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.2
〜Premium Live in NY〜
Sony Hall /New York USA 28日公演のみBlu-ray『Ken Hirai Films Vol.14 Ken's Bar 20th Anniversary Special !!』、
DVD『Ken Hirai Films Vol.14 Ken's Bar 20th Anniversary Special !!』Disc2に収録
11月23日
12月24日
Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.3 北海道・北海きたえ〜るほか 全国5ヶ所・6公演(北海道、福岡、広島、宮城、神奈川)
2019 4月12日
5月22日
Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.4 大阪城ホールほか 4都市6公演(大阪、三重、徳島、東京)
12月24日 Ken’s Bar Special!! in SHANGHAI 中国・上海:National Exhibition & Convention
Center Hong Arena(国家会展中心虹館EH)
初の中国大陸での公演
10th Album「あなたになりたかった」ファンクラブ限定盤(完全受注生産)に収録
2020 12月23日 Ken Hirai 25th Anniversary Special !! Ken's Bar
- ON LINE -
横浜某所 初の配信ライブ
10th Album「あなたになりたかった」初回生産限定盤CD+DVD/CD+BDに収録

出演イベント

  • 1995年10月26日 - Air-G' 13th Anniversary Concert(北海道厚生年金会館)
  • 1996年11月07日 - ねんきんロックライブ(サッポロファクトリーホール)
  • 1996年11月10日 - CHAKA with friendsライブ(赤坂BLITZ)
  • 1997年12月19日 - ブラボーMIX LIVE(北海道文化放送)
  • 1998年08月10日 - クロスFM 5th アニバーサリーLiveピース~Music Voices~(福岡ドラムロゴス)
  • 2000年02月14日 - AIR-G'バレンタインスペシャルライブ(札幌ジャスマックプラザ ザナドゥ)
  • 2000年03月22日 - Jam For Joy Vol.10(渋谷ON AIR EAST)
  • 2000年07月19日 - NEW PORT LOVE CRUISE(熊本市新港特設ステージ)
  • 2000年08月05日 - CROSS FM 7th ANNIVERSARY 「MUSIC VOICE 2000」(Zepp Fukuoka)
  • 2000年08月12日 - MTV MUSIC SUMMIT(台湾・台北市立体育場)
  • 2000年08月20日 - J-WAVE LIVE 2000 SUMMER(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2000年11月18日 - Babyface Special Live(南青山CAY)
  • 2001年01月16・17日 - New Century Dream Live 2001(阪急三番街 シアター・ドラマシティ)
  • 2001年03月14日 - 日本ゴールドディスク大賞(NHKホール)
  • 2001年08月11日 - J-WAVE LIVE 2000+1(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2002年01月29日 - MTV ANNIVERSARY PARTY(ZEPP TOKYO)
  • 2002年05月24日 - MTV Video Music Awards Japan '02(国際フォーラムホールA)
  • 2002年06月28日 - 2002 FIFA WORLD CUPTM KOREA / JAPAN OFFICIAL CONCERT(東京スタジアム)
  • 2002年08月10日 - J-WAVE LIVE 2000+2(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2002年12月01日 - サントリー1万人の第九コンサート(大阪城ホール)
  • 2003年03月08日 - SPACE SHOWER TV Music Video Awards 03(日本武道館)
  • 2003年03月28日 - BAY RHYTHMIX FAINL PARTY(舞花イクスピアリ)
  • 2003年07月27日 - FM802 MEET THE WORLD BEAT 2003(万博博記念公園もみじ川芝生広場)
  • 2003年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003(国営ひたち海浜公園)
  • 2003年08月10日 - J-WAVE LIVE 2000+3(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2004年05月07日 - SONY MUSIC FESTIVAL 2004(渋谷公会堂)
  • 2004年08月28日 - J-WAVE LIVE 2000+4(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2004年09月09日 - 坂本九音楽祭!(ミューザ川崎シンフォニーホール)
  • 2005年02月25日 - J-WAVE SAPPORO BEER TOKIO HOT 100 AWARD 授賞式(恵比寿ガーデンホール)
  • 2005年03月28日 - SPACE SHOWER TV MUSIC VIDEO AWARDS '05(日本武道館)
  • 2005年05月29日 - MTV Video Music Award Japan '05(東京ベイNKホール)
  • 2005年08月20日 - J-WAVE LIVE 2000+5(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2005年08月26日 - ロックロックこんにちは! Ver.Episode-Q(大阪城ホール)
  • 2006年05月27日 - MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2006(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2006年07月23日 - SETSTOCK'06(広島・国営備北丘陵公園)
  • 2006年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006(茨城・国営ひたち海浜公園)
  • 2006年08月19日 - J-WAVE LIVE 2000+6(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2006年08月27日 - MONSTER baSH 2006(香川・国営讃岐まんのう公園)
  • 2007年03月08日 - MTV iCON(SHIBUYA-AX)
  • 2007年03月17日 - SPACE SHOWER TV MUSIC VIDEO AWARDS '07(日本武道館)
  • 2007年08月18日 - J-WAVE LIVE 2000+7(横浜アリーナ)
  • 2008年08月17日 - J-WAVE LIVE 2000+8(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2008年10月01日 - LIVE!!TOGETHER J-WAVE開局20周年記念ライブ(都内・非公表)
  • 2009年05月02日 - 亀の恩返し(日本武道館)
  • 2009年05月31日 - FM802 RADIO MASIC(大阪城ホール)
  • 2009年08月16日 - J-WAVE LIVE 2000+9(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2009年08月22日 - ロックロックこんにちは!(宮城・国営みちのく杜の湖畔公園)
  • 2010年08月15日 - J-WAVE LIVE 2000+10(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2011年08月20日 - J-WAVE LIVE 2000+11(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2011年11月11日 - 美空ひばりメモリアルコンサート だいじょうぶ、日本! 〜空から見守る 愛の歌〜(東京ドーム)
  • 2011年11月29日 - FM802「ヒロ寺平生誕60周年ライブ! Daddy's Reborn Jam」(大阪城ホール)
  • 2012年07月14日 - ap bank fes '12 Fund for Japan つま恋(静岡)
  • 2012年07月28日 - HIGHER GROUND 2012-FINAL-』(福岡・海の中道海浜公園野外劇場)
  • 2012年08月18日 - SETSTOCK'12 -10th Anniversary in Bihoku-(広島・国営備北丘陵公園)
  • 2012年09月01日 - J-WAVE LIVE 2000+12(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2013年02月07日 - 古内東子「and then…~20th anniversary BEST~ Release Party Live」(青山ブルーノート)
  • 2013年05月19日 - 亀の恩返し2013(日本武道館)
  • 2013年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013(茨城・国営ひたち海浜公園)
  • 2013年08月16日 - J-WAVE LIVE 2000+13(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2013年08月24日 - MONSTER baSH 2013(香川・国営讃岐まんのう公園内芝生広場)
  • 2013年09月21日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル 2013(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2014年05月06日 - FM802 HOLIDAY SPECIAL「Q's STYLE ABENO G.W. EDITION」(あべのキューズモール スカイコート)
  • 2014年05月31日 - FM802 25th ANNIVERSARY 802GO! SPECIAL LIVE RADIO MAGIC(大阪城ホール)
  • 2014年08月30日 - J-WAVE LIVE 2000+14(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2014年09月20日 - GONTITI ダブル還暦フェスティバル 〜one hundred twenty of Happiness〜(大阪フェスティバルホール)
  • 2015年08月09日 - SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2015(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2016年06月25日 - 第27回金曲獎(GOLDEN MELODY AWARD)(台湾・台北小巨蛋)
  • 2016年08月21日 - SUNSTAR presents J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016(国立代々木競技場第一体育館)
  • 2017年02月27日 - WOWOW 武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~(東京国際フォーラム)
  • 2017年03月04日 - 光文社3誌×J-WAVE×表参道ヒルズ 大人のひな祭り(表参道ヒルズ スペースオー)
  • 2017年03月07日 - SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2017(東京国際フォーラム ホールA)
  • 2017年03月18日 - TRICERTOPS DINOSAUR ROCK'N ROLL7 DAY.2(EXシアター)
  • 2017年07月22日 - J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2017 supported by antenna*」(横浜アリーナ)
  • 2017年08月06日 - WEST GIGANTIC CITYLAND '17(大阪・舞洲スポーツアイランド)
  • 2017年10月07日 - 靱公園 MUSIC FESTA FM COCOLO ~風のハミング~(靱公園センターコート特設会場)
  • 2017年11月30日 - ロックロックこんにちは!Ver.21~EXPO2017~(Zepp Namba)
  • 2018年03月01日 - SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018(パシフィコ横浜 国立大ホール)
  • 2018年06月03日 - 日比谷野音 95 周年・日比谷公園115周年記念KPP CAMP ~もんだいガールとネガティブボーイとNEOたち~(日比谷野外大音楽堂)
  • 2018年07月15日 - J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported byantenna*(横浜アリーナ)
  • 2018年09月15日 - WE♥ NAMIE HANABI SHOW 前夜祭~I ♥ OKINAWA/I ♥ MUSIC~ supported by セブン-イレブン(沖縄コンベンションセンター展示棟)
  • 2018年09月17日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル2018(幕張メッセ国際展示場)
  • 2019年06月22日 - AIMYON vs TOUR 2019 “ラブ・コール ”(Sendai PIT)
  • 2019年07月15日 - J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION(横浜アリーナ)

書籍

写真集

  • 『Ken Hirai“歌バカ一代”10th Anniversary Special Photo Book』2006年3月、ピンナップスアーティスト[41]学研ISBN 4054029531
     デビュー10周年を迎えた平井の初の公認写真集。矢嶋英幸撮影による10周年ライブのステージ上から、舞台の裏側、オフショットなどに加えて、平井堅自らがプロデュースしたインサイドストリーフォトセッションを掲載。オリジナルポストカードが付いていた[42][43][44]

アニバーサリーブック

  • 『歌バカ二十年』2016年1月、エムオン・エンタテインメントISBN 4789736555
     平井がデビューした1995年から現在までの20年間に音楽雑誌『ワッツイン』『GB』『PATi・PATi』『BREaTH』他に掲載された記事をアーカイブした「Part.1」と、新規撮り下ろし、20年間のヒストリーに迫るロングインタビューなどを1冊にまとめた「Part.2」の計2冊がオリジナルBOXに収められている。自身の誕生日である2016年1月17日に、オフィシャルサイト完全予約限定商品として発売された[45][46][47]

絵本

  • 『大きな古時計』2002年8月、ピンナップスアーティスト、学研、ISBN 4052017978
     平井堅が歌う『大きな古時計』を絵本化したもの。平井堅直筆の歌詞(保富康午の訳詞)と『みんなのうた』で放映された塩田雅紀のイラストレーション(未発表シーンも含む)で構成されている。巻末には平井のロングインタビューが掲載され、付録としてオリジナルポストカードが付いていた[48][49]

  

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 光GENJIはシングル1988年「パラダイス銀河」アルバム1988年「光GENJI」、ドリカムはシングル1995年「LOVE LOVE LOVE」アルバム1994年「MAGIC」1995年「[[DELICIOUS (DREAMS COME TRUEのアルバム)|]]」、宇多田はシングル2001年「Can You Keep A Secret?」アルバム1999年「First Love」2001年「Distance」2002年「DEEP RIVER」2004年「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」、嵐はシングル2009年「Believe」アルバム2009年「All the BEST! 1999-2009」、Mr.Childrenはシングル1994年「innocent world」1996年「名もなき詩」アルバム2007年「HOME」、GLAYはシングル1998年「誘惑」アルバム1997年『REVIEW-BEST OF GLAY』、平井堅はシングル2004年「瞳をとじて」、アルバム2006年「歌バカ」。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 廃盤
    現在、製造中止。 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name ":8cm"が異なる内容で複数回定義されています
  3. ^ a b c d e f 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「:12cm」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  4. ^ a b 2003年11月の「レーベルゲートCD」から「レーベルゲートCD 2」への移行に伴う新品番への変更。
  5. ^ 7thアルバムFAKIN' POPにも収録。
  6. ^ 2枚のシングルは後に、10thアルバムあなたになりたかったにも収録。
  7. ^ a b c 廃盤
    現在、製造中止。
  8. ^ a b c 現行再発盤
    DefSTAR Recordsより販売。
  9. ^ 2005年12月7日に『Ken Hirai Films vol.8 / Ken Hirai 10th Anniversary Tour Final at Saitama Super Arena』(通常盤:DFBL-7082、限定盤:DFBL-7080/1)のタイトルで映像ソフト化されている。2006年11月22日にBlu-ray Disc盤(DFXL-2)も発売された。
  10. ^ 2008年12月17日に『Ken Hirai Films vol.10 / Ken Hirai Live Tour 2008 "FAKIN' POP" at OSKA-JO HALL』(通常盤:DFBL-7122、限定盤:DFBL-7120/1、Blu-ray Disc盤:DFXL-7)のタイトルで映像ソフト化されている。

出典

  1. ^ 平井堅、PV撮影で母校に凱旋”. BARKS (2008年2月15日). 2015年3月14日閲覧。
  2. ^ 平井堅 新曲ミュージックビデオは母校で撮影!”. RO69. ロッキング・オン (2008年2月15日). 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Elremenko, Alexey. Ken Hirai|Biography & History - オールミュージック. 2020年6月11日閲覧。
  4. ^ a b 平井堅プロフィールソニーミュージック公式HP
  5. ^ a b 平井堅プロフィールソニーミュージック公式HP、および、サンケイスポーツ 2月19日(金)「平井堅が伊勢志摩サミット公認サポーター『三重がふるさとでよかった』」、「2歳から高校卒業(三重県立上野高校)まで同県名張市で育った平井は『荷が重いですが光栄。三重がふるさとでよかった』と大喜び」。
  6. ^ 平井堅 プロフィール”. DiMORA(出典:VIPタイムズ社・日本タレント名鑑). 2015年4月16日閲覧。
  7. ^ 平井堅さんを東大阪出身というのは抵抗がある45歳。”. 週刊ひがしおおさか (2005年9月13日). 2018年7月17日閲覧。
  8. ^ 平井堅、新曲“桔梗が丘”のMVで親子初共演。メイキング有りのYouTube特別ver.を公開”. rockin’on.com (2013年10月11日). 2021年5月18日閲覧。
  9. ^ 平井堅がデビュー前に修業していたライブハウス「新宿21世紀」”. ライブハウス「新宿21世紀」 (2020年5月13日). 2021年5月17日閲覧。
  10. ^ Special Interview 樋渡隆弘”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  11. ^ Special Interview 玉田勝吾”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  12. ^ Special Interview 佐藤康広”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  13. ^ Interview 第30回 児玉 英毅 氏”. Sony Music.co.jp . 2021年6月18日閲覧。
  14. ^ a b 江角マキコ効果…音楽CM全国区へSANSPO.COM、2000年2月9日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  15. ^ Special Interview 石川千鶴子”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  16. ^ Special Interview 野口朱美”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  17. ^ Special Interview 江本祐一”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  18. ^ Special Interview 藤原俊輔”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  19. ^ 平井堅さんの奇蹟 原由子朝日新聞デジタル(2012年6月4日閲覧)
  20. ^ 『へえの本 トリビアの泉』第16巻、フジテレビトリビア普及委員会、講談社、2006年、26頁。ISBN 4-0635-2744-1
  21. ^ TVでた蔵 2010年10月11日放送 スッキリ!!”. ワイヤーアクション (2010年10月11日). 2015年7月18日閲覧。
  22. ^ 濃い顔ズラリ!平井 堅、「ソレデモシタイ」MVを全編インドで撮影”. JAPAN MUSIC NETWORK BARKS (2014年10月30日). 2021年5月18日閲覧。
  23. ^ 平井堅さんのことシャヒーンって言うなよ! 「鉄拳7」の新キャラクター・シャヒーンがめっちゃ平井堅に似ていると話題に - 2015年3月24日付「ねとらぼ」(ITmedia)より。
  24. ^ バックコーラスとして参加。
  25. ^ “平井堅が歌う「Tomorrow」をフル尺で!『アニー』特別映像公開”. シネマトゥデイ. (2014年12月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068762 2014年12月8日閲覧。 
  26. ^ 平井堅、唐沢主演日曜劇場に主題歌提供「熱い気持ち引っぱり出した」”. ORICON (2015年6月25日). 2015年6月25日閲覧。
  27. ^ 平井 堅の新曲が「TOYO TIRES」CM曲に決定、「ソレデモシタイ」をtofubeatsがリミックス”. CD Journal (2015年7月16日). 2015年7月16日閲覧。
  28. ^ “綾瀬はるか、平井堅とコラボ LUMIX新CM18日から放送”. スポニチアネックス. (2016年3月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/18/kiji/K20160318012231920.html 2016年3月18日閲覧。 
  29. ^ a b “平井堅が「伊勢志摩サミット」応援ソングのデモ音源公開、三重県知事「やばい!」”. 音楽ナタリー. (2016年4月18日). http://natalie.mu/music/news/183907 2016年4月18日閲覧。 
  30. ^ “平井堅、TOYO TIRES新CMに壮大バラード提供”. 音楽ナタリー. (2016年5月31日). http://natalie.mu/music/news/189078 2016年5月31日閲覧。 
  31. ^ “「僕でいいの?」平井堅がドラえもん映画に主題歌提供、初対面も果たす”. 音楽ナタリー. (2016年12月1日). http://natalie.mu/music/news/211424 2016年12月1日閲覧。 
  32. ^ “JUJU×吉田羊のデュエット曲(作詞作曲:平井堅)MV公開”. CDジャーナル (音楽出版社). (2018年2月28日). https://natalie.mu/music/news/271456 2018年3月1日閲覧。 
  33. ^ 平井堅がドラえもんとコラボ 2・24アニメ本編にもキャラ出演”. ORICON NEWS (2017年2月3日). 2017年2月3日閲覧。
  34. ^ 平井堅5年ぶりのラジオレギュラー番組、元日スタート”. 音楽ナタリー (2015年12月21日). 2015年12月22日閲覧。
  35. ^ 角川書店刊「CDでーた」(2005年12月14日発行、第17巻第12号通算332号)23ページ参照。
  36. ^ Special Interview 瀬間祐子”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト (2020年5月13日). 2021年5月18日閲覧。
  37. ^ Ken's Bar nishiazabu Report”. Sony Music Online Japan (2003年12月20日). 2021年5月18日閲覧。
  38. ^ お酒つき平井堅さんコンサート、終演後に全車検問(2006年12月06日 朝日新聞)
  39. ^ 平井堅のライブで飲酒検問実施(2006年12月16日 日刊スポーツ)
  40. ^ 平井堅 恒例「Ken's Bar」を5会場で開催”. 音楽ナタリー (2007年5月2日). 2021年7月1日閲覧。
  41. ^ ピンナップスアーティスト”. 株式会社ピンナップスアーティスト Official Site. 2021年7月8日閲覧。
  42. ^ Special Photo Book 平井堅 10th Anniversary”. 学研出版サイト. 2021年7月8日閲覧。
  43. ^ Ken Hirai“歌バカ一代”10th Anniversary Special Photo Book”. HMV&BOOKS online. 2021年7月8日閲覧。
  44. ^ Special Interview nadY”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト. 2021年5月18日閲覧。
  45. ^ 平井堅 デビュー20周年記念 アニバーサリーブック、2016年1月17日(日)発売決定!”. ソニーミュージックオフィシャルサイト (2015年8月17日). 2021年7月8日閲覧。
  46. ^ 平井堅 デビュー20周年記念アニバーサリーブック『歌バカ二十年』”. エムオン・エンタテインメント出版情報サイト. 2021年7月8日閲覧。
  47. ^ Special Interview 瀬間祐子”. Ariola Japan 平井堅25th ANNIVERSARY特設サイト. 2021年5月18日閲覧。
  48. ^ 平井堅「大きな古時計」”. 学研出版サイト. 2021年7月8日閲覧。
  49. ^ ミュージシャンの本 大きな古時計”. KINOKUNIYA WEB STORE. 2021年7月8日閲覧。

外部リンク