山田耕大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山田 耕大(やまだ こうた、1954年3月23日 - )は、日本の脚本家映画プロデューサーシナリオ作家協会主催シナリオ講座講師、大阪芸術大学教授。日本シナリオ作家協会専務理事[1]

愛知県名古屋市生まれ。東海高校東京大学経済学部卒業。日活企画部にて多数のロマンポルノ作品のプロデュースを行い、後に独立して映画製作会社「メリエス」を設立。数多くの映画をヒットさせた。こがねみどりの別名で脚本を書いたこともあった。現在はシナリオライター業に専念している。血液型はO型。

代表作[編集]

ほか。

プロデュース作品[編集]

ほか。

TV[編集]

  • みのもんたの人生相談デカ
  • 北の捜査線・小樽港署
  • 太陽にほえろ!2001
  • ママに別れのラブストーリーを
  • 最後の依頼人
  • 人情質屋の事件台帳

ほか。

著作[編集]

  • 日活ロマンポルノ外伝 昼下りの青春(シナリオ作家協会・刊)

その他[編集]

  • 俳優の三浦洋一とは東海高校時代の同級生で、かつては同じクラスだったという。

脚注[編集]