中山うり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中山うり
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ジャズ
職業 シンガーソングライター
美容師
担当楽器 ボーカル
アコーディオン
トランペット
活動期間 2004年 -
レーベル ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
公式サイト 中山うり公式サイト

中山 うり(なかやま うり、1981年1月9日 - )は、日本の女性シンガーソングライターである。埼玉県上尾市出身。埼玉県立与野高等学校卒業。

略歴[編集]

高校の吹奏楽部員として第46回全日本吹奏楽コンクール高校前半の部にトランペットで出場し、金賞を受賞[1][2]。2001年にカフェレストランでヴォーカリストとしてステージデビューしている。2005年以降、東京都内のライヴハウスを中心にワンマンライブを度々開催する。2006年6月にフルタイムからフリータイムの美容師となり、それ以降は音楽活動に重点を置くようになる。2006年9月には初の音源をiTunes Storeからネット配信し、フリーダウンロード曲に選ばれた「月とラクダの夢を見た」のダウンロード数が1週間で46,900件を記録(当時歴代2位)、配信アルバム『-中山うり-Uri Nakayama-EP』はジャズ・アルバム・チャートで1位、総合アルバム・チャートでもトップテンにランクインした[3]。2006年夏以降は、フジロックサマーソニックライジング・サンといった野外ロック・フェスティバルや音楽イベントに積極的に参加している[4][5][6][7]。2007年にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルからメジャーデビュー。2007年からは地方都市でもワンマンライブを開催し、2008年4~5月には4都市で初ツアーを開催、11~12月にも4都市でツアーを開催した。2012年9月1日に所属事務所ワールドアパートから独立した[8]

エピソード[編集]

幼稚園の時にエレクトーンを、小学校5年生でトランペットを始めている[9]。父親が好んで聴いていた歌謡曲ラテン音楽ジャズを耳にするなど、幼少時から特にジャンルを問わず様々な音楽に親しんでいた。特に、中学生の頃に初めて聴いたルイ・アームストロングは「クラシックからトランペットに入った身として衝撃を受けた」と語っており、今でも好きなミュージシャンとしてその名を挙げている[10][11]。高校時代には、吹奏楽甲子園と呼ばれる普門館で行われた全日本吹奏楽コンクール吹奏楽部員としてトランペットで参加して金賞を受賞した[1][2]。しかし中学生の頃からは美容師を目指しており、高校卒業後に入学した美容学校では音楽活動から離れていた。その時に精神の安定を保つためにも自分には音楽が必要なことを実感して、美容師として働き始めてから音楽活動を再開するようになる。音楽を表現する手段として歌を歌いたくなり、しばらくの間はピアノを友達に弾かせて歌とピアノだけでライブをしていたが、何か個性的な楽器を一人で弾きながら歌いたいと思うようになった。そこで、かつて鍵盤楽器をやっていたこともあってアコーディオンに興味を持ち、cobaの父親が経営している楽器屋を訪れる。その場でアコーディオンを試奏し、勢いで買ってしまったことがアコーディオンの弾き語りを始めるきっかけとなった[9][10][11]

音楽性[編集]

中山うりの音楽はレーベル会社等から「ジプシー・スウィングミュゼットタンゴなど世界中のアコーディオン音楽をブレンド」したものと紹介され、そのボーカルは「ミラクルヴォイス」であると宣伝されている[12][2]。低めの柔らかい声で歌い、声を張って歌い上げることはあまりない。中山うりはボーカルの他にアコーディオントランペットも演奏する。アコースティックなサウンドを基調としており、iTunes Storeからネット配信した際にはジャズチャートにランクインした[3]。カバー曲として高田渡の「生活の柄」、中島みゆきの「ばいばいどくおぶざべい」、あがた森魚の「夜のレクエルド」、石原裕次郎の「夜霧よ今夜も有難う」等を取り上げるなど、フォークソング歌謡曲からの影響も伺われる。作曲は歌詞よりメロディーが先で、ピアノなどの鍵盤楽器から作ることが多い[13]

歌詞[編集]

殆どの曲は日本語の歌詞で歌っているが、スキャットだけの曲やインストゥルメンタルの曲もある。歌詞は、港町や祭り、サーカスが来た架空の街などの情景をモチーフにすることが多く、多くのJ-POPの歌手のように表立って恋愛をモチーフとすることはあまりない。『エトランゼ』リリースの際には、「自分の感情から出てくることより、完全に登場人物にひとり歩きさせて物語を作っている」[14]と語っていたが、『ケセラ』リリースの際には「ファンタスティックでも異国情緒でもなく、自分が笑ったり泣いたり傷ついたりしているところもできるだけ表現していきたい」と語っている[15]

ライブ[編集]

ライブのパフォーマンス[16][17][18][19][20]では、イスに座ってアコーディオンを弾きながら歌い、時々傍らに置いたトランペットを吹いている。ライブの際は原色の衣装で、頭に花飾りを付けることが多い。ライブの際のバンドは、サポートメンバーを加えたアンプラグドな5人編成を基本としている。最小編成はギターとのデュオだが、ツアーや野外ロック・フェスティバルでは、基本編成にトランペットサックストロンボーンチューバヴァイオリン等が加わった10人ほどの編成になることがある。

バンド基本編成[編集]

プロデューサー[編集]

2012年9月1日の独立までは、1970年代後半にパンク・ロック・ムーブメント「東京ロッカーズ」を牽引し、マンデイ満ちるSUPER BUTTER DOG、浅田香織(現BONNIE PINK)、クラムボンPE'Z等のプロデュースに関わってきたS-KENプロデューサーだった[21]

ディスコグラフィー[編集]

iTunes ネット配信[編集]

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2006年9月13日 URI NAKAYAMA-EP
2nd 2006年12月6日 moons,stars, and dreams
3rd 2010年9月15日 そして月と踊る
4th 2010年12月8日 回転木馬に僕と猫

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年10月8日 夕焼け空に摩天楼 SICL-208 Sony Music Japan International
オリコン圏外
2nd 2009年9月2日 ワンダフル SICL-220 Sony Music Japan International
オリコン圏外

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2007年5月23日 DoReMiFa SICL-165 Sony Music Japan International
オリコン最高137位、登場回数5回
2nd 2007年11月21日 エトランゼ SICL-177 Sony Music Japan International
オリコン最高196位
3rd 2008年4月2日 夏祭り鮮やかに SICL-199 ※下記に”ミニアルバム(EP)”として詳細
4th 2008年11月5日 ケセラ SICL-209 レーベル会社等では1stフルアルバム扱い[12]
Sony Music Japan International
オリコン最高137位、登場回数3回
カバー 2010年1月27日 7colors SICL-225 Sony Music Japan International
オリコン圏外
5th 2011年2月16日 VIVA APPR-3001 apart.RECORDS
オリコン圏外
6th 2012年12月19日 ホロホロ UBCA-1031 A.O.I/Tuff Beats
オリコン圏外
7th 2014年6月4日 UBCA-1037 A.O.I/Tuff Beats
オリコン最高300位
8th 2015年4月28日 ぼっち 各ライブ会場・通販にて限定販売
9th 2016年8月3日 マホロバ UBCA-1052 発売元:A.O.I / Tuff Beats
販売元:Space Shower Networks Inc.
Tuff Beats

ミニアルバム(EP)[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年4月2日 夏祭り鮮やかに SICL-199 Sony Music Japan International
オリコン最高279位

ライブDVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2009年6月24日 ツール・ド・ケセラ 2008 2008年12月5日 東京キネマ倶楽部 SIBL-9 Sony Music Japan International
オリコン圏外

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2008年4月2日 休日音楽 WORLD TRAVEL SICP-1789 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2008年7月23日 Okinawan Life-sized Music 亜熱帯ショーケース SICL-203 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2008年10月8日 休日音楽 SWEET AND JAZZY SICP-1976 ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2010年1月27日 にほんのうた 第四集 RZCM-46433 commmons

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
石川亮介 「ホロホロ涙知らぬ鳥」
猪股敏朗 「笑う月」
ELECROTNIK 「夕焼け空に摩天楼」
栗原論 時々ドキドキ
土屋萌児 ホタル
松原弘志 「マドロス横町」「夏祭り鮮やかに」
不明 「つぎの駅はパラダイス」「ワンダフル」「月とラクダの夢を見た」「夜霧よ今夜もありがとう」

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
ワンダフル 朝日放送『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』エンディングテーマ
虹のパノラマ TBS系テレビ『世界ふしぎ発見』エンディングテーマ
夏祭り 映画『あの空をおぼえてる』挿入歌
月とラクダの夢を見た 映画『あの空をおぼえてる』挿入歌
回転木馬に僕と猫 NHK『みんなのうた』2010年12月 - 2011年1月楽曲
そして月と踊る 映画『ネムリバ』主題歌
モシモシーソー Eテレ『シャキーン』2016年5月16日-6月17日

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]