山田雅人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山田 雅人
本名 山田 雅人
生年月日 (1961-01-22) 1961年1月22日(60歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市大正区
血液型 O型
身長 174cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 大阪学院大学商学部
師匠 若井はやと
芸風 漫談、「かたり」
事務所 松竹芸能
山田企画(個人事務所)
活動時期 1983年 -
現在の代表番組 ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です
過去の代表番組 ざまぁKANKAN!
上岡龍太郎にはダマされないぞ!
渡る世間は鬼ばかり
他の活動 テレビドラマバラエティスポーツ競馬中継
配偶者 あり
テンプレートを表示

山田 雅人(やまだ まさと、1961年1月22日[1][2] - )は、日本お笑い芸人俳優大阪府大阪市大正区出身[2][3]。スポーツ選手などの伝記を、徹底した取材と独特の語り口で組み立てる「かたり」という独自の芸をライフワークとしている[4][5]

経歴[編集]

生家は、山田の出生時には溶接工場[6]を、のちにアパートを経営。山田は次男。大阪学院大学高等学校を経て大阪学院大学商学部卒業。

父に競馬場に連れられるうちに競馬騎手を目指すようになるが、身長が伸びすぎたため断念し、南こうせつに憧れて16歳で歌と作曲(フォークソング)を始め、シンガーソングライターとしてライブ活動を開始した。若手ミュージシャンが曜日替わりでレギュラーライブを行っていた大阪・桃谷のライブハウス「BEE HOUSE」[3]で、山田は木曜のプログラムを担当し、火曜担当の河島英五や水曜担当の木村充揮としのぎを削った。この頃は梅田の「青い鳥」や堂山町の「あうん」でも舞台に上がり、ライブだけで食べていたという。「無名の僕なんかは、笑かさないと歌を聞いてくれなかった[3]」ため、山田は曲間のMCの話芸を磨き、架空の競馬実況などの芸を完成させた。「本気でプロを目指していて、東京に行って音楽で成功しようと決めていた[7]」ため、家業を継がず、19歳で家を出る。

会社[1]に勤めながら音楽活動をしていた1983年[2]、ライブハウスで山田のMCを聞いた松竹芸能の社員にタレントとしてスカウトされ[7]、「10年経って有名になったら歌を出させてあげる[3]」という条件を飲み(のちに日本クラウンからアルバム1枚・シングル3枚を出す。後述)、「第1回松竹芸能タレントオーディション[1]」合格者として同社と契約し、若井はやとに弟子入り(森脇健児は同門)。翌年、『あどりぶランド』(MBSテレビ)でテレビデビュー[1]したほか、入所3か月で『鶴瓶と花の女子大生』(関西テレビ)のリポーターに起用される[7]。翌年、福井放送のラジオ番組[どれ?]を担当[8]

1986年、漫談家としてNHK新人演芸コンクールに出場(本選は1987年)[2]。同年、『おはよう朝日です』(朝日放送テレビ)の街頭ロケコーナー「オーイ! 山田くん」への出演でタレントとして知名度が向上する。1988年、夕方の若者向けバラエティ番組『ざまぁKANKAN!』(よみうりテレビ)の司会に、森脇健児とともに抜擢される。この番組の成功により、全国区に進出する足がかりを掴んだ。

俳優に転向するため、34歳のときに松竹を円満退社し、上京[7]。テレビドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系列)などに出演した。

前述の競馬をはじめとするスポーツに関する雑学が豊富で、それらを物語調に語り下ろす芸を楽屋話として行っていたが、高田文夫の助言を受け、一人語りの舞台芸「かたり」として昇華し、2009年から「かたりの世界」と題する舞台公演を定期的に行っている[9][4]

人物・エピソード[編集]

競馬
  • 競走馬ではテンポイントの大ファンであった。
  • 競馬の架空実況を若い頃からの持ちネタとしている。
  • 競馬漫画『みどりのマキバオー』のファンで、アニメ化決定の際、「観客役でもいいから出たい」と出演を志願し、競走馬役を射止めた。
  • 馬好きと「かたり」の追求が高じ、「馬の気持ちを理解したくて」自宅にポニーを飼っていたことがある[9]
野球
  • 大の阪神タイガースファンで、特に掛布雅之を崇拝し、掛布の新聞記事を集めたスクラップ帳を作成(タイトルは「ヒーローは君だ」)。掛布引退後にそのスクラップ帳を本人に見せたところ、後日掛布から、現役時代の泥がついたままのユニフォームを贈られた[9]
  • 1991年3月28日に、オープン戦近鉄バファローズ対阪神(藤井寺球場)で始球式を務めたが、打席に立っていた阪神の1番打者・高橋慶彦死球を与えてしまった。翌年限りで高橋が引退したため、彼の古巣・広島東洋カープのファンから「引退に追い込んだのは山田雅人」と恨まれた。高橋本人は笑って許している。
交友
  • 上岡龍太郎は山田について、「あんなあほなやつはおらん」と芸人として絶賛していた。
  • 朝日放送テレビのアナウンサー・三代澤康司とはたびたび番組で共演するほか、プライベートでも大の親友同士であり、ラジオ番組『ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です』で三代澤とともに「こうせつ市場」という漫才コンビを結成。2019年7月から定期的に有料のライブイベント「三代澤・山田の背水の陣 〜タイタンへの道〜」を開催し、漫才を披露している。2019年11月には楽曲「青春が止まらない」を制作、山田は作曲を担当[注 1][13]し、のちに開催された番組イベントで披露された。番組上では2019年11月19日の放送で初披露となった(ソフトとしては未発売)。

現在の出演[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演[編集]

テレビバラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

テレビCM[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

インターネットテレビ[編集]

  • 山田雅人のひかりバラエティ(casTY

著書[編集]

  • 山田雅人の名馬・名勝負物語(光栄 1996年)
  • 我が流星の貴公子テンポイント(ゼスト 1997年)
  • セオリー(アスペクト 1997)
  • 証言集 テンポイントの思い出(アスペクト 1998年)
  • 長嶋茂雄物語 かたり取材記 ミスタージャイアンツを訪ねて(晋遊舎 2015年)

楽曲[編集]

[14]

シングル
  • 泣いてもええねん(日本クラウン CRDP-20 1991年9月6日)
  • 君との交差点(日本クラウン CRDP-33 1992年4月23日)
  • 淋しがりや(日本クラウン CRDP-73 1993年7月21日)
アルバム
  • あかん時ほど…(日本クラウン CRCP-20024 1991年9月6日) - 伊勢正三プロデュース

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 三代澤は作詞を担当。
出典

外部リンク[編集]