藤本美貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤本 美貴
2010年
2010年
基本情報
出生名 藤本 美貴(ふじもと みき)
愛称 ミキティ
出生日 1985年2月26日(30歳)
血液型 A型
出生・出身地 日本の旗 日本北海道滝川市
ジャンル J-POP演歌・歌謡曲
職業 歌手タレント
活動期間 2001年 -
レーベル hachama (2002 - 2003)
Rice Music (2008)
事務所 アップフロントエージェンシー(現:アップフロントプロモーション)
(2001年 - 2007年)
ジェイピィールーム
(2008年 - )
グループ/
ユニット等
モーニング娘。
カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)
Gatas Brilhantes H.P.
GAM
ドリームモーニング娘。
公式サイト 藤本美貴公式ウェブサイト
藤本美貴オフィシャルファンクラブページ

藤本 美貴(ふじもと みき、1985年2月26日 - )は、日本歌手アイドルタレント、一般社団法人・グラヴィティヨガ協会認定のヨガインストラクター[1]女性アイドルグループモーニング娘。の元メンバー(第6期)・4代目サブリーダー・5代目リーダーおよびドリームモーニング娘。のメンバーで、愛称は「ミキティ」。北海道滝川市の出身で、2011年11月から2年間にわたって「滝川市ふるさと大使」を務めていた。

夫はお笑いタレント庄司智春。現在の本名は庄司 美貴(しょうじ みき)[2]だが、芸能・商品プロデュースなどの活動では旧姓の藤本を使い続けている。

血液型はA型。身長は156cm。所属事務所は、いずれもアップフロントグループアップフロントエージェンシー(現在のアップフロントプロモーション)→ジェイピィールーム2008年5月から、2012年6月以降はジャストプロの業務提携タレント扱い)[3]

経歴[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

  • 1月7日、モーニング娘。への加入が発表される。加入期は6期。
  • 2月6日、5thシングル『ブギートレイン'03』リリース。
  • 2月27日、前日に18歳の誕生日を迎えて深夜の生放送番組へ出演できるようになったことから、本来は収録番組である『藤本美貴 ハート・デイズ・レディオ』を生放送。その直後には、生放送の『矢口真里allnightnippon SUPER!』にも出演した。
  • 2月8日 - 4月29日、初のソロコンサートツアー「藤本美貴 ファーストコンサートツアー2003春 MIKI①」を行う。
  • 2月26日、1stアルバム「MIKI①」をリリース。
  • 5月5日、道重さゆみ亀井絵里田中れいなと共にモーニング娘。の第6期メンバーとしてお披露目。
  • 6月、ミュージカル「江戸っ娘。忠臣蔵」に出演。他の6期メンバーより先にモーニング娘。に合流する。
  • 7月、カントリー娘。にゲスト参加。ユニット名は「カントリー娘。に紺野と藤本(モーニング娘。)」。
  • 8月16日 - 10月18日、「モーニング娘。CONCERT 2003 “15人でNON STOP”」にて『ブギートレイン'03』をソロで歌う。
  • 9月、モーニング娘。が「さくら組」と「おとめ組」に分割。藤本は「おとめ組」に参加。

2004年[編集]

  • 2月、Gatas Brilhantes H.P.に加入。
  • 4月17日、『MBSヤングタウン土曜日』に、レギュラーとして出演を開始。
  • 12月、『MBSヤングタウン土曜日』で共演している明石家さんま司会のクリスマス特別番組『さんまのHappyX'masShow』で、久々に「ごまっとう」の一員として歌を披露。

2005年[編集]

  • 3月5日 - 5月7日、「モーニング娘。コンサートツアー2005春〜第六感 ヒット満開!〜」にてモーニング娘。加入後初めて『ロマンティック 浮かれモード』のソロを披露。場内は大歓声に包まれた。
  • 7月、日本テレビ系の深夜番組「音楽戦士 MUSIC FIGHTER」内でリーダーの吉澤ひとみよりサブリーダーに昇格していたことが発表される。
  • 8月31日、第33回フジサンケイクラシックのプロアマトーナメントに出場。
  • 8月20日 - 11月27日、「モーニング娘。コンサートツアー2005夏秋『バリバリ教室 〜小春ちゃん いらっしゃい!〜』」にて『そっと口づけて ギュッと抱きしめて』をソロで歌う。

2006年[編集]

  • 2月25日 - 5月7日、「モーニング娘。コンサートツアー2006 春 〜レインボーセブン〜」にて『銀色の永遠』をソロで歌う。
  • 2月26日、「モーニング娘。コンサートツアー2006 春 〜レインボーセブン〜」ハーモニーホール座間公演。自身初の誕生日公演となる。
  • 6月15日、松浦亜弥とユニット「GAM」の結成を発表[4]
  • 7月、「Hello! Project 2006 Summer〜ワンダフルハーツランド〜」にて『ブギートレイン'03』を徳永千奈美中島早貴須藤茉麻有原栞菜と歌う。
  • 8月、「リボンの騎士 ザ・ミュージカル」に出演。魔女へケートを演じる。
  • 9月13日、GAMが1stシングル『Thanks!』をリリース。
  • 9月30日 - 12月3日、「モーニング娘。コンサートツアー2006秋 “踊れ!モーニングカレー”」にて『Thanks!』をソロで歌う(10月21日からは『メロディーズ』に曲目変更)。
  • 10月29日、「松浦亜弥コンサートツアー2006秋『進化ノ季節・・・』」東京厚生年金会館公演にゲスト出演。GAMとして『Thanks!』を歌う。
  • 12月13日、モーニング娘。ミニアルバム「7.5冬冬モーニング娘。ミニ!」リリース。「藤本美貴 With 岡井千聖&萩原舞℃-ute)」名義で『寒いから冬だもん!〜どうもこうもないっすよミキティ〜』が収録される。
  • 12月26日、「MATSUURA AYA First Dinner Show 2006 Winter」の大阪公演にゲスト出演。
  • 12月31日、「GAM&モーニング娘。」として『第57回NHK紅白歌合戦』に出場。史上5人目(女性では3人目)となる「通算3度目の別名義出場」を達成した。
    • 松浦亜弥と同時の達成となるが、ここでは便宜上初出場が早かった松浦を4人目(女性2人目)とする。

2007年[編集]

  • 1月、吉澤ひとみの卒業に伴い、モーニング娘。リーダーに就任することが発表される。
  • 1月2日 - 21日、「Hello!Project 2007 Winter 〜ワンダフルハーツ 乙女Gocoro〜」にて岡井千聖、萩原舞と『寒いから冬だもん!〜どうもこうもないっすよミキティ〜』を歌う。
  • 3月17日 - 5月6日、「モーニング娘。コンサートツアー2007春 〜SEXY 8 ビート〜」にて『幼なじみ』をソロで歌う。
  • 5月、モーニング娘。第5代リーダーに就任。
  • 5月25日発売の『FRIDAY』で、のちの夫となる庄司智春品川庄司)と岩盤浴デートの様子が報じられた[5]
  • 5月26日 - 7月3日、「GAM 1stコンサートツアー2007初夏 〜グレイト亜弥&美貴〜」公演。
  • 6月1日、自身の申し出でモーニング娘。を脱退。翌2日に上記「GAM 1stコンサートツアー」大阪公演で脱退の報告をした。またレギュラーで出演していた『MBSヤングタウン土曜日』でも脱退の報告をし、当日の収録分(6月2日放送)をもって降板することを発表した。以降は新規の仕事を与えられず活動自粛状態となった。
  • 9月28日、5年間続いたレギュラー番組『藤本美貴のドキ♥みきNight』の放送を終了。これにより翌年2月までフットサルを除く全ての芸能活動を休止することになる。
  • 10月、『週刊新潮』11月29日号にて掲載された記事に対し藤本と藤本の兄は名誉を傷つけられたとして発行元の新潮社に損害賠償を求める訴訟を起こした。

2008年[編集]

  • 2月14日、「ブギートレイン'03」以来5年ぶりのソロシングル曲として、堀内孝雄との競作で「置き手紙」を発売することを発表。これを機に、ソロ活動を本格的に再開した。
  • 2月21日、4月18日から27日まで明治座にて行われる舞台「明治座NEO時代劇『HAKANA』」に主演することが発表された。
  • 4月18日 - 27日、明治座で、自身初の座長公演「明治座NEO時代劇『HAKANA』」に出演。
  • 4月23日、6thシングル「置き手紙」が発売。
  • 5月、ハロー!プロジェクトに在籍したまま、所属事務所をアップフロントエージェンシーから、同じアップフロントグループ傘下のジェイピィールームに変更(移籍)。
  • 7月19日、BSイレブンで放送されたドキュメント番組『トイレはともだち 〜うんちをする。僕らは生きている〜』で、初めてナレーターを務めた[6]

2009年[編集]

  • 3月24日、庄司智春との婚約を発表。
  • 3月31日、ハロー!プロジェクトを卒業。翌月より新ファンクラブM-line clubに所属。
  • 4月14日、アメーバブログで公式ブログを開設。
  • 7月3日、アメリカ合衆国ハワイにて結婚式を行った。
  • 7月11日、庄司智春と入籍、翌12日には結婚報告会見を行った[7]
  • 8月28日、東京地方裁判所は「(『週刊新潮』2007年11月29日号の)記事は客観的裏づけに欠けており、藤本さんらの社会的評価に与えた悪影響は大きい」とし、新潮社に対し計400万円の支払いを命じた[8]
  • 8月29日、ワールド記念ホールで開催された神戸コレクション2009 AUTUMN/WINTER神戸公演に、ゲストモデルとして初出演。ファッションイベントでモデルを務めたのは、この公演が初めてである。
  • 10月、NHK大阪ホールで収録された特別番組『第24回NHK新人演芸大賞』で、吉田浩(NHKアナウンサー)とともに漫才・落語両部門の司会を担当。両部門とも後日、NHK総合テレビで全国に放送された。ハロプロ関係以外の番組・イベントで司会を務めたのは、この収録が初めてである。
  • 10月10日、月1回のペースで、『MBSヤングタウン土曜日』へのレギュラー出演を再開。
  • 10月28日、初めてレギュラーでMCを務めるテレビ番組『THE 1億分の8』(毎日放送制作)が、TBS系列で放送開始(2010年4月から『イチハチ』へ改称、2011年3月終了)。
  • 11月22日、自身初の著書「自分婚」を、講談社から発売。
  • 11月27日、グランドプリンスホテル赤坂にて結婚披露パーティが行われた。

2010年[編集]

  • 1月20日、東京高等裁判所は計400万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を支持、新潮社側の控訴を棄却した[9]
  • 10月、ファッションブランド・goocyとのコラボレーション企画で、自身初のプロデュースブランドとして、「koko jack(ココジャック)」を立ち上げた。

2011年[編集]

  • 1月25日、モーニング娘。のOG10名で結成したドリームモーニング娘。に、メンバーとして参加。
  • 2月26日、26歳の誕生日に、芸能活動での名義と愛称を屋号に冠した「藤本美貴の焼肉店 焼肉美貴亭(ミキてい)」の1号店(横浜青葉台店)を、株式会社ももじろうグループの運営で横浜市青葉区に開店[10]
  • 4月、地元・北海道で放送を開始したローカル情報番組『U型テレビ』(北海道文化放送)の水曜日で、隔週出演ながら自身初のレギュラーコメンテーターに就任。また、『あさイチ』(NHK総合テレビ)に、月1 - 2回のレギュラーゲストとして出演を始めた。
  • 5月、アップフロントグループによる東日本大震災復興支援企画『がんばろうニッポン 愛は勝つ』プロジェクトの一環として、岩手県内で特に甚大な被害を受けた大槌町内の避難所(17日)[11]陸前高田市内の避難所・仮設住宅(18日)[12]を訪問。避難所では、シャ乱Qのメンバーや愛かなえ(同県宮古市出身で2011年デビューの歌手)とともに、救援物資の手渡しを兼ねた握手会や無料のミニライブを実施した。
  • 6月、 自身でプロデュースを手掛けた「EYEMAZING シフォンライン」(付けまつ毛)を、ドン・キホーテドラッグストアなどを通じて全国で発売。
  • 9月13日、一部スポーツ紙の報道で、妊娠3か月であることが判明。藤本も、当日ゲストで出演していた『笑っていいとも』(フジテレビ)や公式ブログで、第1子の妊娠を正式に認めた。

[13][14]また、出演予定であったドリームモーニング娘。の秋のコンサートツアーに出演しないことになった[15]

  • 11月15日、出身地の北海道滝川市から、「滝川市ふるさと大使」に任命された。任期は当日から2013年11月14日までの予定。
  • 12月、日本郵便キャノンPIXUSコラボレーションによる都道府県別の年賀状キャンペーン「心に届く新年の一枚」で、北海道出身者としてはただ1人北海道代表に起用された。[16]

2012年[編集]

  • 3月、自身のプロデュースによる「chiara(キアラ)着圧ストッキング」(23段階の着圧コントロール機能付きパンティストッキング2種類)、京都丸紅が展開するブランド「九重」とのコラボレーションによる「藤本美貴×九重」(七五三向け男児・女児用和服フルセット)[17]をそれぞれ発売した。
  • 3月19日、同年4月から放送される『ママモコモてれび』(日本テレビの知育エンタテイメント番組)の制作記者発表に、“応援隊長”として出席。藤本にとっては、第1子出産前最後の仕事になった。[18]
  • 3月27日、午前7時3分に第1子(男児)を出産した。男児の体重は3065グラムで、母子共に健康。出産には、夫の庄司も立ち会った。[19]
  • 3月28日、ファッションブランド「HbG」とのスペシャルコラボレーション商品として、マザーズシリーズ(バッグ、ポチェット、ポーチ、母子手帳ケース)を発表。母親層を主な対象に、かねてから開発を進めていた商品で、同年5月7日から実際に発売された[20]
  • 4月13日、当日テレビ東京系列で放送を開始した『家族になろう(よ)』の密着取材企画「芸能人ベビークラブ」で、出産前に収録したインタビューVTRを通じて出産後初めてテレビ番組へ登場。また、第1子の出産前後の様子と第1子の顔を初めて映像で公開した。
  • 6月、所属事務所のジェイピィールームが、同じアップフロントグループ傘下のジャスト プロとの業務提携を開始。藤本はジェイピィールームに所属したまま、ジャスト プロの業務提携タレントにもなった。
  • 6月8日、神奈川県保健福祉局が、「焼肉美貴亭」の「藤沢街道大和店」で5月31日に焼肉などを食べた客16名が食中毒を発症したことを発表(いずれも生命に別状はなし)。食品衛生法を基に、同店に対し無期限の営業停止処分を出した[21]。運営会社のももじろうグループでは同日、安全管理が徹底するまで全4店舗の営業を停止することを発表[22]。店舗の運営に直接関与していない藤本も、イメージキャラクターを務める立場から、翌9日に公式ブログで謝罪のコメントを公開した[23]
  • 6月22日、ももじろうグループは「焼肉美貴亭」について、前述の食中毒に罹患した客全員の体調が回復したことを発表。そのうえで、営業停止扱いだった全ての店舗を、同日付で正式に閉店させた[24][25]
  • 8月、小僧寿しチェーンの新しいイメージキャラクターとして、3日から放送のテレビCMなどに登場。また、4日放送の「MBSヤングタウン土曜日」へ出産後初めて出演するなど、育児と並行しながら芸能活動を再開した。
  • 9月7日、第1子の出産後にグラヴィティヨガ(地球の引力に身を預けるヨガ)で妊娠前より体重を減らした経験と、グラヴィティヨガのインストラクター・神谷よしみからの指導・監修を基に、自身2冊目の著書であるグラヴィティヨガの解説書「タオルでできる 藤本美貴のらくやせヨガ」を講談社から発売。
  • 10月 第1子の出産・育児経験を写真付きでまとめた著書「藤本美貴 First mama Book」を、セブン&アイ出版から3日に発売。また、MBSテレビの情報番組『プリプリ』(2012年4月から2013年3月まで関西ローカルで平日の午前中に生放送)の金曜日に、月に1回のペースで出演するようになった。

2013年[編集]

  • 1月13日 中野サンプラザで開かれた 「Hello! Project 誕生15周年記念ライブ2013冬」の夜公演に、シークレットゲストとして出演。「ロマンティック 浮かれモード」を歌った[26]。藤本のライブ出演は、ドリームモーニング娘。のメンバーとして参加した「ドリームモーニング娘。コンサートツアー2011 春の舞 〜卒業生 DE 再結成〜」の最終公演(同年5月9日)以来約1年8ヶ月振り。ただし、ソロ歌手としての出演・歌唱は、結婚発表後初めてであった。
  • 2月7日 小倉毅(医学博士)との共同プロデュースで開発した「骨盤レギンス」「骨盤股関節ハイウェストガードル」を、「特許第5081329号取得商品」として同日から発売[27]
  • 3月24日 当日がソロデビューの11年目に当たることから、結婚・出産後初めての単独ライブとして、Zepp Tokyoで昼夜2回公演「藤本美貴10周年記念!大感謝祭ライブ!『一夜限定!完全復活!ミキティー』」を開催[28]
  • 5月 ディズニー・チャンネルで19日から放送のテレビアニメ「ちいさなプリンセス ソフィア」(日本語吹き替え版)において、青い鳥・ミア役の声を担当。藤本がアニメの声優に起用されるのは、この作品が初めて。この起用によって、モーニング娘。の6期メンバーは全員、声優としても活動することになる[29]
  • 6月 「MUSIC FESTA VOL.1」(アップフロントグループ事務所所属のアーティストによる新機軸の合同ライブイベント)のうち、東京公演(11日:赤坂BLITZ)・札幌公演(13日:Zepp Sapporo)・名古屋公演(19日:CLUB DIAMOND HALL)にゲストとして出演[30]。また、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(2013年4月からCBCテレビで放送中の生ワイド番組、以下『ゴゴスマ』と略記)の初代火曜パネラーだった矢口の緊急降板を受けて、25日放送分から正式に2代目の火曜パネラーへ起用された。ちなみに、藤本が(ラジオを含めて)中部日本放送制作の番組でレギュラーを務めるのは、『藤本美貴のドキ♥みきNight』の終了以来5年9ヶ月振りである。
  • 7月1日 自身がプロデュースを手掛けた母親向けの水着を、水着の老舗メーカー・東京印とのコラボレーション商品として、「Ameba有名人ショップ」などで発売。藤本が水着のプロデュースを手掛けたのは、この商品が初めて。発売に際しては、モデルとして6年振りに水着姿の写真や画像を公表した[31]
  • 7月15日 「Gatas Brilhantes H.P.」の副キャプテンとして、駒沢体育館の屋内競技場で開かれた「第10回全日本女子フットサル選手権大会」に出場した[32]。藤本が出産後にフットサルの公式戦へ出場したのは、この大会が初めて。
  • 8月9・10日 「Gatas Brilhantes H.P.」の副キャプテンとして、国立代々木競技場のフットサルコートで開かれた「a-nation CUP 2013」に出場。9日の試合で復帰後初ゴールを記録するなどの活躍によって、チームを総合優勝に導いた[33]
  • 11月 人気育児雑誌6誌の選考による「第6回ペアレンティングアワード」の「子育てトレンド ママ部門」で表彰[34]。また、新たなプロデュース商品として「骨盤パンツ(ハイウエストガードル)」、自身4冊目の著書として朝日新聞出版から「藤本美貴が編みたい! ミキティーのかわいいデイリーベビーニット」を発売した。
  • 12月 サマンサタバサとのコラボレーションでプロデュースを手掛けたバッグやリュックサックを、21日から発売[35]。また、ハロー!プロジェクト初の年越しイベント「Hello!Project COUNTDOWN PARTY 2013~GOOD BYE&HELLO ! ~」(2013年12月31日 - 2014年1月1日中野サンプラザ)では、松浦と共にGAMとして約6年半振りに公の場で楽曲を披露した[36]

2014年[編集]

  • 2月 「MUSIC FESTA VOL.2」のうち、神奈川公演(16日:クラブチッタ川崎)にゲストとして出演[37]。誕生日の前日(25日)には、初めて「ヨガインストラクター」の肩書を冠した自身5冊目の著書「ゆるめて、ラクして、キレイにやせる!1日10分!ミキティのやせヨガ!」を小学館から発売した[38]
  • 7月 前年に続いて、自身がプロデュースを手掛けた母親向けの水着を発売[39]

2015年[編集]

  • 1月30日、一部スポーツ紙の報道で、第2子を妊娠していることが判明。藤本も、公式ブログを通じて、妊娠4ヶ月であることを発表した[40]

人物、エピソード[編集]

性格[編集]

  • デビュー当時から、「カッコかわいい人になること」を目標に置いている。
  • ハロー!プロジェクト(以下「ハロプロ」と略称)で活動していた時代には、スポーツフェスティバルやフットサルで「ファイティングガール」とたびたび紹介されるほど、「負けん気」が強いことで知られた。その勢いで、若い女性タレントとは思えないほどの荒っぽい言葉を発することもあった。フットサルについては、Gatas Brilhantes H.P.(新旧ハロプロメンバーが主体の女子チーム、以下「ガッタス」と略記)のピヴォ(サッカーのフォワードに相当するポジション)として、ハロプロ卒業・結婚後もプレーを続けている。
    • ガッタスで活動を始めてからは、サッカー女子日本代表への応援を中心に、サッカー関連のイベント・番組へたびたび出演。第1子を懐妊中の2011年11月3日には、Jリーグガンバ大阪鹿島アントラーズ戦(万博記念競技場)において、ガンバのレプリカユニフォーム姿で始球式(キックイン)を務めた。なお、当日の試合前には、ギネス世界記録(単独および複数の会場において同時に電気シェーバーでヒゲを剃った最多人数)への挑戦を目的としたイベントにも出演。世界新記録の達成・認定の瞬間に立ち会っている[41]
  • 中学校時代は、バレーボール部に所属。3年生になる直前にケガで退部したものの、一目おかれる存在だったという。この中学校で後輩に当たる司会の大政絢[42]とは、芸能界へのデビュー後に、『林先生が初耳だった! 1億人のお宝雑学15選』(TBS系列2014年5月10日に放送された大政司会・MBSテレビ制作の特別番組)などの番組で共演している[43]
  • 中・低音部で響き渡る声、質問に対する速い反応、共演者に対する鋭いツッコミ、大物芸能人の前でも物怖じしない姿勢などが持ち味。MCやゲストで出演するトーク番組でも、そのような持ち味をたびたび発揮する。[44]また、番組やイベントで新旧のハロプロメンバーと共演する際には、自身の話術を通じてそのメンバーの魅力を引き出している。結婚した2009年以降には、バラエティ番組にも本格的に出演。『イチハチ』で一緒にMCを務めた浜田雅功とは、後番組の『ジャパーン47chスーパー!』など、他の番組でもたびたび共演している。
  • ハロプロ時代には、出演番組などで出身地を聞かれても、「北海道の真ん中らへん」「札幌の近く」という表現にとどめていた。しかし近年では、出演する番組や北海道ローカルのCMなどで、滝川市の出身であることを自ら告白。2011年には、『U型テレビ』出演中の発言をきっかけに、同市では2人目の「滝川市ふるさと大使」を依託された[45]

交友[編集]

  • 松浦亜弥とは藤本がデビューをした頃に出会い、当時のハロプロでは数少なかったソロ歌手同士ということもあって親交を深め、現在では自他共に認める大親友という間柄である。また、藤本の婚姻届の証人になったのも松浦である(庄司の側はロンブーの淳が証人だったという)[46]
  • フットサルチームGatas Brilhantes H.P.メンバーとは総じて仲がよく、特に吉澤ひとみとは、キャプテン・副キャプテンという間柄であり、モーニング娘。内でもリーダー・サブリーダーであったため非常に仲が良い。

趣味、嗜好[編集]

  • 絵が下手であることを自覚している。現に『ハロー!モーニング。』では、コーナー企画で絵を描く機会が多かったにもかかわらず、誰も絵の正体が分からなかった。しかし近年は、公式グッズやコラボレーショングッズ(後述)に、自身のイラストやデザインを多用。本人も、「藤本画伯」と名乗ったり、「自分の絵は生きているうちには評価されない」とのコメントを残したりしている。
  • 子供の頃には、「大阪すずめ」(永井みゆき)を愛聴・愛唱するなど、祖母の影響で演歌歌手になりたかったとのこと。ソロ歌手として歌謡曲路線の「置き手紙」を発表した前後には、全国各地でキャンペーンを実施するかたわら、演歌・歌謡曲系の音楽番組(『NHK歌謡コンサート』など)や雑誌にたびたび登場していた。その一方で、小学校高学年から安室奈美恵に憧れを持つとともに、中学生時代には「avex dream 2000」のオーディションを受けている。
  • ハロプロ時代には、出演番組で折に触れて、映画「火垂るの墓」の主人公・節子そっくりの声真似を披露していた。また、理由は不明だが、「一人でトイレットペーパーを買いに行くことが恥ずかしい」と語った時期もある。
  • 結婚前から、「あん」・「ひまわり」という名のトイプードルを飼っている。「あんくん」「ひまちゃん」と一緒にペット関連の番組・雑誌に登場したり、子供たちを含めた近況を自身のブログで披露したりすることも多い。
  • 食べ物の好き嫌いについては、以下のエピソードがある。
    • 出身地で親戚が焼肉店を経営していることもあって、ハロプロ時代にレバ刺し5人前を1人で食べた逸話をたびたび披露したほど焼肉が大好き。同じく焼肉好きな松浦亜弥とは、プライベートで誘い合って焼肉を食べに行くという。
    • 納豆も好きで、毎日のように食べていたら、納豆が嫌いで食べられなかった田中れいなが少しではあるが食べられるようになったというエピソードもある。
    • 嫌いな食べ物は、タマネギ以外のネギ類、カリフラワーブロッコリー里芋などである。
  • 学生時代にそろばん4級、結婚後の2009年10月15日に普通自動車免許をそれぞれ取得している[47]
  • 北海道出身ということもあって、プロ野球では地元球団・北海道日本ハムファイターズ、プロ野球選手では中田翔のファン[48]。チームのリーグ優勝時にスポーツ新聞に優勝コメントを寄せたほか、2013年分の球団オフィシャルガイドブックでは、倉本聰原田雅彦野々村芳和と共に「北海道ゆかりの著名人」として応援のコメントを出している。ただし2007年には、GAM名義で東北楽天ゴールデンイーグルスの公式応援歌「ダイスキ楽天イーグルス」を発表。同年4月1日には、松浦とともに登場した楽天対福岡ソフトバンクホークス戦(フルキャストスタジアム宮城)の始球式で、自身初挑戦ながらノーバウンド投球を披露した。ハロプロ卒業後の2010年4月8日にも、夫の庄司がファンを公言している阪神タイガースの公式戦(阪神甲子園球場の対読売ジャイアンツ戦)で始球式を務めている(いずれもナイトゲーム)。ちなみに、第1子の名前には、庄司が阪神ファンであることにちなんで「虎」という字が入っている。
  • 「いろいろ髪型がアレンジできる」という理由でロングヘアが好き。しかし、デビューから2年間は、事務所の方針でショートヘアになっていた。以降は現在まで、本人の希望通りロングヘアにしている。
  • 第1子の出産直後からグラヴィティヨガでダイエットに取り組んでいるため、「タオルでできる 藤本美貴のらくやせヨガ」の刊行後は、テレビ番組へゲストで出演する際にヨガのポーズの一部を披露することがある。2013年には、芸能・プロデュースなどの活動や家事・育児と並行しながら、グラヴィティヨガ・インストラクターの資格を取得した。2014年からは「ヨガインストラクター」の肩書で、著書の刊行や雑誌への連載(後述)を始めたほか、東京都内のスポーツジムやヨガスタジオで女性・参加人数限定のレッスンを受け持つ[49]

愛称[編集]

  • 最も知られている愛称は、名前の「美貴(ミキ)」に好きなキャラクターである「ハローキティ」を重ねた「ミキティ」。幼い頃から姉妹揃ってハローキティが好きだったことから、デビュー前の中学生時代に姉が付けている。ソロデビューの前には、当時の所属事務所・アップフロントエージェンシーから「ミッキー」などの在り来たりな愛称を付けられそうになったため、ファンに向けて「ミキティ」という愛称を使うように呼び掛けた。その縁で、ハローキティ誕生40周年に当たる2014年には、4月24日から5月6日まで渋谷ヒカリエで開催の40周年記念イベント「SHIBUYA de Hello Kitty」のPR大使に起用された[50][51]
    • サンリオピューロランドで庄司からのプロポーズを受けた際には、庄司のアイデアで、「等身大のハローキティ人形が指輪を手に出迎える」という演出が施されたという。また、よしもとクリエイティブエージェンシーに依頼した庄司との結婚披露宴では、ハローキティのデザイナーである山口裕子が描き下ろしのハローキティの絵を提供。披露宴のお色直しでもハローキティの人形と共に登場するなど、「大事な節目を迎える時には、いつもキティちゃんと一緒」という表現でハローキティとの縁が深いことを自認している[51]
    • 安藤美姫も、藤本のソロデビュー後(フィギュアスケートの現役選手時代)に安藤優子からインタビューを受けたことを機に、現役を退いた現在に至るまで一部のメディアやファンから「ミキティ」と呼ばれている[52]。藤本自身は、安藤が自分と同じ「ミキティ」という愛称で呼ばれ始めた頃に、安藤の地元にある民放ラジオ局・CBC制作の『ドキ♥みきNight』で「『ミキティ』と呼ばれる人が増えるのは、新しい親戚が出来たみたいでとても嬉しい」「これからは『本家ミキティ』(あるいは『元祖ミキティ』として頑張る」と語っている。庄司との結婚後は、民放の番組にとどまらず、『あさイチ』(2011年から月に1 - 2回のペースで出演中)を初めとするNHKの番組や新聞・雑誌記事でも藤本を「ミキティ」と称することが多い。
  • 仲の良い松浦亜弥からは「みきたん」或いは「たん」、もしくは「みきすけ」と公私共に呼ばれていたが、2005年以降は松浦も「ミキティ」と公の場で呼ぶ様になった。しかし、ラジオ番組で競演した際のトークなど公の場でも“素”の出る場面では今でも「たん」と呼んでいることがある。
  • 他には、新垣里沙が使っていた「もっさん」や、名字が同じFUJIWARA藤本敏史の愛称を転用した「ふじもん」などと呼ばれることもある。
  • その気の強いキャラクターからか、「美貴様」(みきさま)とも呼ばれることもあり、ここから派生して「美貴様美貴様お仕置きキボンヌ」などというオタ芸も誕生している。なお、本人は「美貴様」と呼ばれることについて、2005年11月20日横須賀でのコンサートのMCにて複雑な心境を吐露していたが、2006年頃からハロモニなどでネタ的に「美貴様」と呼ばれる機会が増え出し、コーナーで競演していた亀井絵里などは度々「美貴様」と呼んでいる場面が目撃されている。

ハロー!プロジェクト卒業後の活動[編集]

  • ハロプロからの卒業後は、庄司との結婚生活や育児と並行しながら、商品プロデューサー・ファッションモデル・司会・コメンテーターとしても活動。また、「JAZ SHOP」(株式会社ジャズエンターテイメントが運営する通販サイト)では加藤紀子(事務所の先輩)とともに、自身がプロデュースを手掛けた商品の一部を扱うページを特別に設けている。
    • ファッション関連では、神戸コレクションなどのイベント・女性誌・トークショーに、モデルやゲストとしてたびたび登場。2010年には、ファッションブランド・titty&co.(ティティアンドコー)のカタログモデルを務めたほか、自身初のプロデュースブランド「koko jack」を立ち上げた。koko jack以外にも、サンリオやセブン&アイ・ホールディングスなどとのコラボレーションで、数々の洋服やグッズを発売。2010年末から1年間は、主婦向けの雑誌「saita」(セブン&アイ出版)で、連載企画「ミキティの癒しの絵本 み〜ちゃんとうさぴょん」の原作を手掛けていた。
      • ファッションイベントでは、東京ガールズコレクション(TGC)の東京・名古屋公演や、地元・北海道の札幌コレクションにもゲストモデルとして出演。2011年の9月上旬には、TGC2011A/W公演で司会を務めたほか、神戸コレクションの神戸・東京公演と関西コレクションにショーモデルとして登場している(後述)。
    • 庄司と婚約・結婚した2009年からは、『イチハチ』(前述)で自身初のレギュラーMCを務めたほか、情報・バラエティ系のテレビ番組にゲストでたびたび登場。公開イベントにMC・パネリストとして出演したり、キャンペーンのリーダーや期間限定ショップの(名誉)店長に任命されたりすることも多い。2010年12月には、名古屋で開催された公開シンポジウム「どう広げる?再生可能エネルギー」に、若者・主婦代表のパネリストとして出席していた[53]
      • 2010年には『水戸黄門』(TBS制作)や『徹子の部屋』(テレビ朝日制作)[54]へ初出演。『あさイチ』や『はなまるマーケット』(TBS制作)など、主婦・中高年向けの番組ではパネラーや司会代理を務めている。2011年1月からは、花王の洗濯用合成洗剤ニュービーズNeo」のイメージキャラクターとして、単独では自身8年振りのCM出演を果たした。
      • 2010年に第33回鳥人間コンテスト選手権大会讀賣テレビ(ytv)主催、滋賀県彦根市で2年振りに開催)の司会に起用されるなど、(関西ローカル放送を含む)在阪局制作の番組や、関西で開かれるイベント・トークショーにも頻繁に出演している。『イチハチ』や『ヤングタウン土曜日』(いずれも東京で収録)などの番組への出演経験がある毎日放送では、同年夏に開局60周年記念で芸能人のPRユニット「ハッピー隊」を結成した際に、東京から唯一の女性メンバーとして参加。テレビ・ラジオの開局記念特別番組や、「ハッピー隊」によるスポットCM・キャンペーン(いずれも関西ローカルで放送)に登場していた。また、結婚・出産後の2012年10月から2013年3月までは、月に1日のペースで来阪。『プリプリ』金曜日の生放送に臨んできた。
      • どぉーだ!Presents タカトシ牧場』(北海道文化放送)をはじめとするローカル番組、全国ネット向けの特別番組、イベントやライブへの出演、ローカルCMの撮影などで地元・北海道に戻る機会も増えている。2011年4月からは、同局が北海道ローカルで放送を開始した情報番組『U型テレビ』の水曜日に、里田と交互に隔週でコメンテーターを担当。北海道放送制作のネイチャードキュメンタリー番組をTBS系列で放送する場合(後述)に、ナレーターとして札幌でナレーションの収録に臨むこともある[55]。また、ytv制作の全国ネット番組『秘密のケンミンSHOW』では、同じ北海道生まれ・ハロプロ出身の里田まいとともに北海ドウミン(北海道出身者代表)として単独で数回出演している。
      • 2013年には、4月から毎週木曜日に『PON!』(日本テレビ)、6月から毎週火曜日に『ゴゴスマ』(いずれも生放送番組)へレギュラーパネラーとして出演。2014年12月に『ゴゴスマ』を降板するまでは、火曜日の午前中に東京で『あさイチ』(1時間40分の生放送)に出演してから、午後に名古屋のCBCテレビ本社スタジオで『ゴゴスマ』(1時間55分の生放送)に臨むこともあった。
    • 歌手としては、稲垣潤一のカバーアルバム「男と女3」(2010年9月28日リリース)で、「また君に恋してる」を稲垣とデュエット。[56]2011年4月からは、ドリームモーニング娘。のメンバーとして、『ドリーム モーニング娘。コンサートツアー2011 春の舞〜卒業生 DE 再結成〜』 やイベント・音楽番組で歌手活動を本格的に再開。同年9月に第1子の妊娠(前述)が判明してからは、音楽番組やコンサートへの出演を控えていたが、ドリーム モーニング娘。初のオリジナル曲「シャイニング バタフライ」(2012年2月15日発売)のCD・DVD・ミュージックビデオに登場。2013年3月24日には、結婚後初めて「藤本美貴」名義でのソロコンサートを開催した(前述)。
  • ハロプロからの卒業を機に開設した公式ブログは、第1子の出産前後から、アメブロの「芸能人・有名人ブログランキング」(アクセス件数を1日単位で集計したランキング)で何度も1位を記録するほど人気が高い[57]。2012年の母の日(5月13日)にオリコンが発表した「芸能界の"良妻"ランキングTOP10」では、6位に名を連ねた[58]

作品[編集]

ソロ名義の作品は「ブギートレイン'03」まではhachama(現・アップフロントワークス hachamaレーベル)から発売されており、「置き手紙」のみアップフロントワークス Rice Musicレーベルより発売。

モーニング娘。としての作品はモーニング娘。の作品・出演一覧を、GAMとしての作品はGAM#音楽をそれぞれ参照のこと。

シングル[編集]

  1. 会えない長い日曜日 (2002年3月13日)
  2. そっと口づけて ギュッと抱きしめて (2002年6月12日)
  3. ロマンティック 浮かれモード (2002年9月4日)
  4. ボーイフレンド (2002年11月7日)
  5. ブギートレイン'03 (2003年2月5日)
  6. 置き手紙 (2008年4月23日) - カセットテープ版同時発売

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

  1. MIKI① (2003年2月26日)

企画アルバム[編集]

映像作品[編集]

PV
  • 「藤本シングルMクリップス(1)」(2002年10月2日)
  • シングルV「ボーイフレンド」(2002年12月18日)
  • シングルV「ブギートレイン'03」(2003年2月5日)
  • シングルV「置き手紙」(2008年12月24日)
LIVE
  • FS3 LIVE(2003年2月26日)
  • FIRST LIVE TOUR 2003 SPRING MIKI 1(2003年6月18日)

公演[編集]

グループ・ユニット名義での活動については各グループ・ユニットの記事を参照

コンサート[編集]

単独コンサート[編集]

  • 藤本美貴 ファーストコンサートツアー2003春 MIKI①(2003年2月8日 - 4月29日、7都市20公演)
  • 藤本美貴 歌謡曲ナイト2008夏! at STB139 with 前田有紀(2008年7月27日、東京 STB139 スイートベイジル)
  • 藤本美貴 アコースティックライブ2008〜夢で逢えたら〜(2008年8月9日・埼玉、22日・京都、24日・岡山)
  • 藤本美貴 クリスマスアコースティックライブ2008〜ミキティーズクリスマス〜(2008年12月21日、東京 Splash)
  • 藤本美貴アコースティックライブ2009 〜ミキティーズパーティー〜(2009年2月21日・京都 都雅都雅、22日・静岡 浜松space-K)
  • 藤本美貴スペシャルライブ at STB139〜ミキティーズパーティー〜(2009年3月22日、東京 STB139 スイートベイジル)
  • 藤本美貴10周年記念!大感謝祭ライブ!「一夜限定!完全復活!ミキティー」(2013年3月24日、東京 Zepp Tokyo

合同コンサート・ゲスト出演[編集]

  • Hello! Project 2002 〜今年もすごいぞ〜(2002年1月2日 - 2月17日、7都市28公演)
  • モーニング娘。CONCERT TOUR 2002春 “LOVE IS ALIVE!”(2002年3月30日 - 4月28日 6都市20公演) - ゲスト出演
  • Hello! Project 2002 〜ONE HAPPY SUMMER DAY〜(2002年7月13日 - 28日、3都市12公演)
  • FOLK SONGS 3 発売記念イベント(2002年12月8日 - 12月17日、4都市5公演)
  • Hello! Project 2003 Winter 〜楽しんじゃってます!〜(2003年1月2日 - 2月2日、4都市25公演)
  • Hello! Project 2009 Winter エルダークラブ公演 〜Thank you for your LOVE!〜(2009年1月10日 - 25日 3都市9公演)
  • Hello! Project 2009 Winter 決定! ハロ☆プロ アワード'09 〜エルダークラブ卒業記念スペシャル〜(2009年1月31日・2月1日、横浜アリーナ
  • Hello! Project 誕生15周年記念ライブ 2013 冬 〜ブラボー!〜(2013年1月13日、中野サンプラザ) - 日替わりOGゲスト
  • MUSIC FESTA vol.1(2013年6月11日・13日・19日、赤坂BLITZZepp Sapporo名古屋ダイアモンドホール) - ゲスト出演
  • Hello! Project COUNTDOWN PARTY 2013 〜 GOOD BYE & HELLO! 〜(2013年12月31日、中野サンプラザ)
  • MUSIC FESTA vol.2(2014年2月16日、CLUB CITTA'川崎) - ゲスト出演

舞台[編集]

  • 明治座NEO時代劇『HAKANA』(2008年4月18日 - 27日、明治座)- 儚(はかな)役、自身初の座長公演でもあった。
  • グリース(2008年10月20日 - 11月17日、青山劇場・シアターBRAVA!) - リッゾ 役
  • 仙台四郎物語〜福の神になった男(2009年9月4日 - 27日、明治座)- ナオ役、第2部「ものまねエンターテインメント2009 コロッケ オンステージ」にも歌手として出演

ファッションイベント[編集]

  • 神戸コレクション- いずれもゲストモデルとして登場、MBSテレビ制作のダイジェスト・関連番組にも出演。
    • 2009 AUTUMN/WINTER(2009年8月29日・ワールド記念ホール、同年9月6日・グランドプリンスホテル新高輪大宴会場 飛天)
    • 2010 SPRING/SUMMER(2010年2月27日・ワールド記念ホール、同年3月13日・グランドプリンスホテル新高輪大宴会場 飛天)
    • 2010 AUTUMN/WINTER(2010年8月29日・ワールド記念ホール、同年9月5日・グランドプリンスホテル新高輪大宴会場 飛天)
    • 2011 AUTUMN/WINTER(2011年9月4日・ワールド記念ホールで開催、同年9月17日・グランドプリンスホテル新高輪大宴会場 飛天)- モーニング娘。時代の同僚・久住小春とともに出演
  • 東京ガールズコレクション
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '10 S/S(2010年3月6日、横浜アリーナ)- NHK衛星第2放送の生中継にゲスト出演
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '10 A/W(2010年9月4日、さいたまスーパーアリーナ)- ゲストモデルとして登場
    • 東京ガールズコレクション in 名古屋(2011年2月19日開催、ナゴヤドーム)- ゲストモデルとして登場
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '10 S/S(2011年3月5日開催、国立代々木競技場第一体育館)- ゲストモデルとして登場
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '11 A/W(2011年9月3日開催、さいたまスーパーアリーナ)- ケンドーコバヤシとともに司会を担当
    • TOKYO GIRLS COLLECTION by girlswalker.com '14 S/S(2014年3月1日開催、国立代々木競技場第一体育館)- ウーマンラッシュアワー森麻季と共に司会を担当。ステージの一部には、ゲストモデルとして登場した。
  • 札幌コレクション
  • non-no冬コレ2010 クリスマスパーティー(2010年12月1日、赤坂BLITZ)- 杉山真也TBSアナウンサー)とともにMCを担当
  • 関西コレクション
    • KANSAI COLLECTION 2011 AUTUMN/WINTER(2011年9月11日開催、京セラドーム大阪)- 里田とともにゲストモデルとして出演
  • PAL FES LIVE with MTV(2012年8月25日開催、渋谷ヒカリエ)- 第1子の出産後初めて出演したファッションイベント。鮫島彩とともに、サプライズゲスト扱いでセカンドステージのモデルを務めた[59]
  • Girls Award- いずれも、久住と共にゲストモデルで出演。
    • Girls Award JAPAN 2012 AUTUMN/WINTER(2012年11月8日、国立代々木競技場第一体育館)
    • Girls Award Japan 2013 SPRING/SUMMER(2013年3月23日、国立代々木競技場第一体育館)
    • Girls Award JAPAN 2013 AUTUMN/WINTER(2013年9月28日、国立代々木競技場第一体育館)

出演[編集]

グループ・ユニット名義での活動については各グループ・ユニットの記事を参照

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

レギュラー出演[編集]

  • 新・美少女日記(2001年10月1日 - 2002年3月29日、テレビ東京系)- 歌手デビュー前に同名の番組内ドラマで主演
  • 美少女教育II(2002年4月1日 - 9月27日、テレビ東京系)
  • 美少女日記III(2002年9月30日 - 2003年3月28日、テレビ東京系、いずれも松浦亜弥との共演)
    • 2002年9月30日 - 12月27日「ことミック大辞典」
    • 2003年1月6日 - 3月28日「燃えろ!マナー部」
  • ハロー!モーニング。(2002年3月10日 - 2007年4月1日、テレビ東京系)
  • セクシー女塾(2003年3月31日 - 5月3日、テレビ東京系)
  • それゆけ!ゴロッキーズ(2003年9月29日 - 12月26日、テレビ東京)
  • 二人ゴト(2004年6月22日 - 24日、テレビ東京)
  • 娘DOKYU!(2005年5月18日 - 6月9日・7月6日 - 9月29日、テレビ東京)
  • ハロモニ@(2007年4月8日 - 2007年5月27日、テレビ東京系)
  • イチハチ(2009年10月28日 - 2011年3月30日、毎日放送制作、TBS系列)- テレビ番組で初のレギュラーMCを担当
  • U型テレビ(2011年4月 - 12月、北海道文化放送)水曜日- 里田と交互に、隔週でレギュラーコメンテーターとして出演。出産準備のため、2011年12月21日の放送を最後に一時降板したが、出産後は出演していない。
  • PON!(2013年4月4日 - 、日本テレビ) - 木曜 → 月曜パネラー
  • ゴゴスマ -GO GO!Smile!-(2013年6月4日 - 2014年12月23日、CBCテレビ) - 火曜パネラー
    • 2013年6月4日放送分に、当時のパネラーだった矢口の代役扱いで初出演[60]。同月25日放送分から、矢口に代わってレギュラーパネラーに起用された。同年12月13日(金曜日)に放送された『ママスマ!リアルママのキッズだより』(名古屋市の子育て情報に特化した特別番組)では、レギュラー陣の「ママ代表」として、同市の河村たかし市長と共演している[61]

準レギュラー・レギュラーゲストとして出演[編集]

  • どぉーだ!Presents タカトシ牧場シリーズ(北海道文化放送) - 『タカトシ牧場』時代の2010年3月7日放送分から、「ゲスト従業員」として不定期でフットサル企画などに出演。
  • あさイチNHK総合)- 2011年4月から月1 - 2回のペースで、レギュラーゲストとして出演。出産・育児休暇をはさんで、2012年12月28日放送分から再び登場。
  • ちょこっとイイコト 〜岡村ほんこん・しあわせプロジェクト〜シリーズ(2011年6月 - 2012年9月、テレビ東京)
    • 2012年3月16日まで放送の『ちょこっとイイコト』では、2011年6月17日放送分から、「岡村隆史の結婚プロジェクト」に後見人(芸能人サポーター)の1人として定期的に出演していた。
    • 2012年4月13日からリニューアル版として放送されていた『家族になろう(よ)』の第1回には、前述の「芸能人ベビークラブ」で、夫・庄司や第一子とともにVTRで登場した。以降の同コーナーには、声だけで出演。ただし、同年9月7日の最終回には、最初で最後のスタジオ出演を果たした。
  • プリプリ金曜日(2012年10月 - 2013年3月、MBS)- 出産・育児休暇から復帰後初のレギュラー番組。月に1回のペースで出演。
  • 週刊ニュース深読み(NHK総合) - 2012年11月17日放送分から、2ヶ月に1回のペースで、後半の討論コーナーにパネラーとして出演。

主な単発出演[編集]

ゲストで出演した番組が多数に上るため、司会・ナビゲーター(進行役)・ナレーター・レギュラー出演者の代役を務めた番組のみ記載。

  • トイレはともだち 〜うんちをする。僕らは生きている〜(2008年9月17日、BSイレブン) - ナレーター
  • 平成21年度NHK新人演芸大賞 -演芸部門-(2009年10月30日) - 吉田浩アナウンサーと共に司会を担当
  • 平成21年度NHK新人演芸大賞 -落語部門-(2009年11月23日) - 吉田浩アナウンサーと共に司会を担当
  • Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2010(2010年9月24日) - 東野幸治ココリコ北川弘美と共に司会を担当
  • 奇跡の流氷 オホーツクが生み出す命の源(2011年5月22日、北海道放送制作、TBS系列13局ネット)- 卓田和広(北海道放送アナウンサー)とともにナレーターを担当
  • あっぱれニッポン人! コレが世界のイチバン(2011年7月17日、毎日放送制作、TBS系列全国ネット) - 田中直樹(ココリコ)とともに進行役として出演
  • 夫婦の決断〜愛の買物レシピ〜 シリーズ(2012年・2014年、TBS制作、関東ローカル放送を皮切りに系列局で順次放送) - 峰竜太駒田健吾(TBSアナウンサー)とともにMCを担当。
  • はなまるマーケット(2012年11月28日放送、TBS系列全国ネット) - 岡江久美子の代理として、薬丸裕英と共に司会を担当。2011年7月18日・2013年3月7日にも、ゲストコーナーの「はなまるカフェ」へ出演。
  • 天空の方舟〜大雪山 氷河期から未来へ(2013年2月17日放送、北海道放送制作、TBS系列12局ネット)- 佐藤隆太がナビゲーターを務めたドキュメンタリー番組で、北海道放送の卓田とともにナレーターを担当。
  • 世界で働くお父さん5(2013年9月16日放送、テレビ東京制作、テレビ東京系列全国ネット) - つるの剛士と共にスタジオMCを担当
  • すくすく子育てEテレ) - 年末に放送される「決定!すくすくアイデア大賞」へ、2012年に審査員、2013年に水内猛との共同司会として出演。さらに、レギュラー版女性司会のくわばたりえクワバタオハラ)が産前休暇に入ったことから、2014年1月4日・11日のレギュラー放送で司会を担当。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

ここでは藤本美貴として出場したもののみ表記

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
2002年(平成14年)/第53回 ロマンティック 浮かれモード 01/27 w-inds.
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ番組[編集]

レギュラー出演[編集]

主な単発出演[編集]

CM[編集]

広報キャラクター[編集]

インターネット[編集]

  • 第4回ハロプロビデオチャット(2005年4月8日、ハロー!プロジェクト on フレッツ)

映画[編集]

DVD/VHS(テレビ、映画、ミュージカル他)[編集]

  • アロハロ!藤本美貴(2003年4月23日)
  • ことミック大辞典 上巻(2003年5月2日)
  • ことミック大辞典 下巻(2003年5月2日)
  • 燃えろ!マナー部 1(2003年7月2日)
  • 燃えろ!マナー部 2(2003年7月2日)
  • 梨華&美貴 素顔の17歳 メイキング・オブ「17才 〜旅立ちのふたり〜」(2003年10月21日)
  • 17才 〜旅立ちのふたり〜(2004年4月21日)

書籍[編集]

単行本[編集]

写真集[編集]

雑誌[編集]

藤本単独での連載企画のみ掲載、出版元は連載時点。

  • ザッピィ(2002年、リクルート)「藤本美貴のLet's do アルバイト」
  • weekly Oricon WO(2002年 - 2003年、オリコン)「藤本美貴のなちゅらるるるん」
  • saita(2010年 - 、セブン&アイ出版
    • 2010年1 - 11月:「ミキティの主婦1年生」[67]
    • 2010年12月 - 2011年12月:「ミキティの癒しの絵本 み〜ちゃんとうさぴょん」[68]
    • 2012年1月 - 2012年6月:「藤本美貴のこんにちは赤ちゃん」
    • 2014年8月 - :「インストラクター藤本美貴さんのmamaヨガ」
  • Baby-mo(2012年9月 - 、主婦の友社)「藤本美貴の『ママティ♥1年生!』」
  • Hug Mug(2014年2月 - 、ハースト婦人画報社)「カラダらくちん親子ヨガ」※年4回刊行の季刊誌で、「ヨガインストラクター」としては初の連載。

獲得音楽賞[編集]

  • 第35回 日本有線大賞 新人賞:「ロマンティック 浮かれモード」(2002年)
  • 第41回 日本有線大賞 有線音楽賞:「置き手紙」(2008年)
  • 第41回 日本作詞大賞 優秀作品賞:「置き手紙」(2008年)
  • 第1回 日本作曲家協会音楽祭・2008 奨励賞(2008年)

所属ユニット[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TBS『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」(藤本が出演した2013年3月7日放送分)でグラヴィティヨガを紹介してくださいました(グラヴィティヨガ協会公式ブログ2013年3月9日付記事)や、藤本美貴オフィシャルブログ2013年6月3日付記事「サボリ気味… 」を参照。
  2. ^ 庄司・ミキティ入籍報告会見一問一答 (藤本美貴) ニュース(オリコン).2012年4月21日閲覧
  3. ^ ARTIST&TALENT(株式会社 ジャスト プロ WEBSITE)”. 2012年7月29日閲覧。
  4. ^ ハロー!プロジェクト (2006年6月15日). “松浦亜弥×藤本美貴 新ユニット『GAM(ギャム)』 結成”. アップフロントワークス. 2012年5月16日閲覧。
  5. ^ 藤本は、2012年10月6日放送の『ヤングタウン』で、「あれ(『FRIDAY』での写真掲載)以降岩盤浴へ1回も行っていないですね、ショックでした。(当時は)『私の人生どうなるんだろう。人生終わった』と思いました」と述懐している。
  6. ^ あっ!とおどろく放送局『トイレはともだち 〜うんちをする。僕らは生きている〜』
  7. ^ 庄司智春と藤本美貴が結婚会見「ハワイでの挙式と7月11日の入籍」を報告
  8. ^ ミキティ勝訴!新潮社に賠償命令2010年9月15日閲覧
  9. ^ 藤本美貴さんの記事で二審も賠償 新潮社側の控訴を棄却2014年7月1日閲覧
  10. ^ 2011年4月以降、埼玉県ふじみ野市、神奈川県[大和市、埼玉県与野市へ順次出店している。
  11. ^ シャ乱Qが大槌町でミニライブ 藤本美貴さんも(2011年5月18日付『岩手日報』)
  12. ^ 「シャ乱Q」が陸前高田市などの避難所で演奏(2011年5月19日付『毎日新聞』)[リンク切れ]
  13. ^ エムラインクラブ オフィシャルサイト. “藤本美貴に関するお知らせ”. アップフロントインターナショナル. 2012年5月16日閲覧。
  14. ^ 藤本美貴 (2011年9月13日). “ご報告”. サイバーエージェント. 2012年5月16日閲覧。
  15. ^ ミキティ第1子妊娠「赤ちゃんに感謝してます」(ナタリー)”. ナタリー (2011年9月13日). 2011年9月19日閲覧。。ただし、ドリームモーニング娘。初のオリジナル曲「シャイニング バタフライ」(2012年2月15日リリース)のレコーディングやプロモーションビデオには参加している。
  16. ^ 北海道では『北海道新聞』と連携していたため、2011年12月2日付の同紙朝刊では藤本が登場する全面広告が掲載された。ちなみに、藤本の後任でモーニング娘。のリーダーを務めた高橋愛福井県出身)も、福井県代表に起用されている。
  17. ^ 藤本美貴×九重
  18. ^ 藤本美貴が出産前最後の仕事(『デイリースポーツ2012年3月19日付記事)
  19. ^ 出産当日(2012年3月27日)に更新された藤本の公式ブログや、ミキティ3065グラム男児出産!(『日刊スポーツ』同日付記事)などを参照。
  20. ^ Miki Fujimoto×HbG Special Collabration タレント藤本美貴さんとのコラボが実現!!
  21. ^ ミキティの焼き肉店で食中毒 神奈川・大和、16人被害(『朝日新聞』2012年6月8日付記事)
  22. ^ 焼肉 美貴亭 藤沢街道大和店での食中毒発生のお詫びと報告(ももじろうグループが2012年6月8日付で公表したプレスリリース)。このリリース後には、同社とジェイピールームによる契約の下で、ももじろうグループが考案したメニューやスタッフユニフォームに藤本の名前を冠していたことも明かしている(『スポーツニッポン』2012年6月10日付記事)。
  23. ^ 当日更新分の公式ブログ記事
  24. ^ 『デイリースポーツ』2012年6月24日付記事
  25. ^ 翌23日に更新された藤本の公式ブログを参照。
  26. ^ ハロプロ15周年! 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2013年1月13日). 2013年1月15日閲覧。
  27. ^ Ameba有名人ショップ 藤本美貴×小倉毅共同プロデュース「特許取得商品骨盤レギンス」「特許取得商品骨盤股関節ハイウェストガードル」
  28. ^ 10周年イベント決定!!! 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2013年1月14日). 2013年1月15日閲覧。
  29. ^ ミキティ、あこがれのディズニー声優に” (2013年3月12日). 2013年3月12日閲覧。
  30. ^ MUSIC FESTA VOL.1 OFFICIAL LIVE REPORT”. 2014年1月25日閲覧。
  31. ^ 6年ぶりの水着撮影 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2013年7月1日). 2013年7月5日閲覧。
  32. ^ ガッタスブリャンチスH.P 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2013年7月17日). 2013年9月14日閲覧。
  33. ^ a-nation cup 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2013年8月10日). 2013年9月14日閲覧。
  34. ^ ペアレンティングアワード2013
  35. ^ サマンサタバサ発売 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2013年12月20日). 2013年12月20日閲覧。
  36. ^ GAM あやや&ミキティーの伝説のユニットが“復活”「今は人妻と子持ち」(「まんたんWEB2014年1月5日付記事)
  37. ^ MUSIC FESTA VOL.2”. 2014年1月25日閲覧。
  38. ^ 小学館「ゆるめて、ラクして、キレイにやせる!1日10分!ミキティのやせヨガ!」”. 2014年1月25日閲覧。
  39. ^ みずぎ〜♥ 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2014年7月11日). 2014年9月1日閲覧。
  40. ^ 藤本美貴 (2015年1月30日). “ご報告”. サイバーエージェント. 2015年1月30日閲覧。
  41. ^ ミキティ、ヒゲそりギネス「感動しました」2011年11月4日付 『サンケイスポーツ』)。なお庄司も、同年9月15日に、『ギネス世界記録公認!びっくり超人100連発スペシャル』(フジテレビ制作の特別番組、同月19日放送)の企画で「1分間にお尻でくるみを割る回数」のギネス世界記録(43個)を達成した。
  42. ^ 中学校の後輩♥ 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2014年4月21日). 2014年5月10日閲覧。
  43. ^ 嬉しい(^^) 大政絢オフィシャルブログ「何日和?」(Powered by Ameba)” (2014年5月10日). 2014年5月11日閲覧。を参照。ただし実際には、『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ)でも、大政が司会を務めていた時期(2011年4月 - 2012年9月)に共演したことがある(放送日不詳)。
  44. ^ 例えば、「ガッタスチーム」として吉澤・紺野あさ美とともにゲストで初めて出演した『クイズ!ヘキサゴン』(2004年10月29日フジテレビ系列で放送)では、「大物芸能人チーム」として対戦した大橋巨泉中尾彬(いずれもゲスト)が出題・回答時における藤本の思わせぶりな表情を絶賛。司会の島田紳助も、「大物芸能人チーム」からの質問に対する反応が早い藤本(当時19歳)について、番組内で「中年男を惑わす魔性の女」「25歳になったらエラい女になってますよ」などと述べていた。
  45. ^ 2011年12月10日付の公式ブログ「ふるさと大使」
  46. ^ 2009年3月25日 サンケイスポーツ 芸能面
  47. ^ 2009年10月15日、オフィシャルブログ 免許。より ちなみに、自動車学校に入っていた時期には、かねてから自動車免許の取得を目指していた矢口真里も自身の誘いで入校。その結果、2010年4月15日に矢口も免許を取得した。
  48. ^ 2013年分の球団オフィシャルガイドブック内のコメントより
  49. ^ また1つ夢が 藤本美貴オフィシャルブログ「Miki Fujimoto Official Blog」(Powered by Ameba)” (2014年2月27日). 2014年2月28日閲覧。
  50. ^ ミキティ「幸せ~!」キティとハグ” (2014年4月24日). 2014年4月24日閲覧。
  51. ^ a b PR大使は藤本美貴、「SHIBUYA de Hello Kitty」2014年5月6日まで” (2014年4月24日). 2014年4月24日閲覧。
  52. ^ 安藤優子、「ミキティ」名付け親だった 安藤美姫が「いいとも」で報告” (2014年1月15日). 2014年4月24日閲覧。
  53. ^ 2011年2月12日にNHK教育テレビの『TVシンポジウム』で放送。
  54. ^ 『徹子の部屋』では、黒柳の実母・黒柳朝の出身地が藤本と同じ滝川市だったことから、藤本と黒柳が同市での思い出話を披露。ハローキティのデザイナー・山口を迎えた後半では、同番組とサンリオのコラボレーションによる「徹子キティ人形」の披露にも立ち会った。
  55. ^ 藤本美貴がネイチャー番組のナレーション録り
  56. ^ 藤本と大の親友である松浦も、稲垣のカバーアルバム第1弾「男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-」(2008年11月19日リリース)において、稲垣とのデュエットで「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」を披露している。
  57. ^ 最初に1位を記録したのは、第1子出産直前の2012年3月15日である(翌日に更新された公式ブログの記事「1位に!!!」を参照)。
  58. ^ 芸能界の“良妻”ランキング、1位は「北斗晶」(『ORICON STYLE』2012年5月13日付記事)を参照。藤本と同じアップフロントグループの芸能事務所に所属する芸能人からは、藤本以外にも辻希美(7位)と森高千里(10位)がランクインを果たしている。
  59. ^ パル フェス ライブ MTV 2ndステージに、鮫島彩やミキティらシークレットゲストが登場!
  60. ^ 降板矢口真里の代役に藤本美貴(「日刊スポーツ2013年6月4日付記事)を参照。藤本のレギュラー出演が正式に決まるまでは、保田圭辻希美(いずれもモーニング娘。における藤本・矢口の同僚)も、藤本と交互に同番組へ週替わりで出演していた。
  61. ^ CBCラジオ『ママスマ!リアルママのキッズだより』を参照。
  62. ^ 2010年8月30日には、明石家さんま村上ショージとともに、同番組の(準)レギュラー出演者として『さんまのヤンタンスペシャル』(毎日放送開局60周年記念の生放送番組)の全編に登場。本番終了直後には、『痛快!明石家電視台』の2時間スペシャル(MBSテレビ、開局記念企画の一環で20年振りに生放送を実施)にも3人で出演した。
  63. ^ 花畑牧場がCM自主制作(2011年3月29日付『十勝毎日新聞』)
  64. ^ ミキティ ママ初のCMはすしキャラ“はちまきまきてぃ”(2012年7月27日付『スポーツニッポン』)
  65. ^ 〜新・キリン フリーTVCMシリーズ〜小泉今日子が出演!新キリンフリーCM 阿部サダヲ、藤本美貴も同時出演(2013年3月8付でキリンビールが発表したプレスリリース)を参照
  66. ^ ハウス食品公式サイト TVCM「シチューミクス 藤本美貴登場篇」
  67. ^ 月刊saita 藤本美貴連載コラム
  68. ^ 誌面上では、「作・藤本美貴、絵・おかだ萌萌」と表記。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
吉澤ひとみ
モーニング娘。リーダー
2007年5月6日 - 6月1日
次代:
高橋愛
先代:
吉澤ひとみ
モーニング娘。サブリーダー
2005年4月14日 - 2007年5月6日
次代:
高橋愛