中田喜子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかだ よしこ
中田 喜子
生年月日 1953年11月22日(63歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
血液型 A型
ジャンル 女優
活動期間 1972年 -
著名な家族 京かおる(姉)
事務所 ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
公式サイト 所属事務所による公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
岸辺のアルバム
渡る世間は鬼ばかり
春よ、来い
三匹のおっさん
ゆとりですがなにか
教養番組
連想ゲーム

中田 喜子(なかだ よしこ、1953年11月22日[1] - )は、日本女優。本名:山崎喜子[1]東京都出身[1]。身長155cm。血液型A型麹町学園女子高等学校卒業[1]。所属事務所はオフィスまとばを経て、ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属となった。

略歴[編集]

築地蒲鉾等の加工品の仲買(昔は製造もしていた)「増田屋」の娘として誕生。5人姉妹の末っ子で、長姉・2番目の姉が双子。3番目の姉は元宝塚歌劇団の京かおるで[1]、現在は家業を継いでいる。[2]

1972年、『お祭り銀次捕物帳』でデビュー[1]

仮面ライダー』へのレギュラー出演などを経た後、1974年の『やっちゃば育ち』でヒロイン役に抜擢された[1]

石井ふく子プロデュース作品に多く出演しており、特に『渡る世間は鬼ばかり』の三女・文子役は足掛け20数年に渡って演じたキャラクターとして有名。

1995年、『春よ、来い』にて体調不良により途中降板した安田成美に替わって主役を務めた。

1993年には「御いのち」で第19回菊田一夫演劇賞を受賞した。

連想ゲーム』での紅組キャプテンとしても長く親しまれた。

人物[編集]

幼い頃から笑うことが好きだったという。

姉たちが長男と結婚したため、元宝塚の三女が家業を継いだ。

1979年、25歳のとき、CMの仕事で知り合った12歳年上の広告制作会社社長と結婚した。

2007年、離婚。

一人暮らしをするようになってから、毎朝洗面所で洗顔をしたあと、鏡に向かって5分ほど声を出して”独り笑い”をし、笑顔の練習をしている。一種の笑いヨガであるという。

毎晩フロに入ったとき湯船に浸りながら、50音の「あ行」から「わ行」まで発音し、顔の筋肉を動かしている。

舞台をしていたときバックしてきた車に右足の足首をひかれ、亜脱臼してしまった。外科で痛み止めを注射してもらい、整骨院で骨を入れてもらい、翌日の舞台には穴を開けることなく出たという。

趣味は20代から始めたD.I.Y.で、プロ級の腕前であり、「元祖D.I.Yの女王」と呼ばれている。D.I.Yを始めたきっかけは、ドイツ人に影響されたこと(ドイツでは日曜大工が非常に盛ん)。壁のペイント・壁紙の張り替え・ふすまの張り替え・椅子作り・椅子の張り替え・飾り窓の取り付け・パーテーション作り・ベッドのソファーへのチェンジ等を、自分でやっている。「達成感があってストレス解消になる」とのこと。D.I.Yの参考にするために、建築中の家を見に行って、職人にいろいろ質問したこともある。毎年幕張メッセで3日間開催される「D.I.Yショー」にも、自分で作った作品を出品している。2015年2月には、昭和40年代に造られた古い団地である東京・高島平団地を、団地の主婦3人とコラボして、自らのプロデュースによりリノベーションした。D.I.Yのやり方の本も出版している。

特技は日本舞踊

作品[編集]

シングル[編集]

EP
  • 白い汽車(1971年 CROWN)
作詞:星野哲郎/作曲:小杉仁三/編曲:小杉仁三
(c/w 初恋)

アルバム[編集]

LP
  • 白い汽車(1971年5月25日 CROWN)
CD
  • 白い汽車(2007年3月3日 BRIDGE INC. BRIDGE-092) CROWN名盤紙ジャケ復刻シリーズ。初CD化。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ系
TBS系
フジテレビ系
テレビ朝日系
テレビ東京系
WOWOW

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ番組[編集]

情報番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g OFM仮面ライダー4 2004, p. 23, 「特集 ライダーガールズグラフィティー 美しきヒロインたちの肖像」
  2. ^ ウチくる!?(フジテレビ系) 2010年10月31日放映[出典無効]
  3. ^ 中田はこの作品の撮影期間中、ロケバスの転落事故に遭い、負傷している(DVD『ウルトラマンタロウ』Vol.6特典ブックレットより)。

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.4 ライダーマン』 講談社2004年9月24日ISBN 4-06-367091-0

外部リンク[編集]