スベラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スベラーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2009年 - 2011年
レーベル ポニーキャニオン
共同作業者 カシアス島田高原兄
公式サイト 楽曲サイト
メンバー 岡田圭右(ダダ・スベリ)
小島よしお(チョイ・スベリ)
波田陽区(波田)

スベラーズは、フジテレビ系列で放送されていたクイズ番組クイズ!ヘキサゴンII』から生まれた、岡田圭右小島よしお波田陽区のお笑い芸人3人による企画ユニット

川口技研の同名の商品との関連はない[1]

メンバー[編集]

ダダ・スベリ:岡田圭右ますだおかだ
リーダー
エアバンド」、「矢口真里とストローハット」にも参加。
チョイ・スベリ:小島よしお
「一発屋2008」、「南明奈のスーパーマイルドセブン」にも参加。
波田:波田陽区
ユニットで唯一、本名の姓とユニット内での呼称が同一である。
「エアバンド」、「一発屋2008」、「南明奈のスーパーマイルドセブン」、「波田原西」にも参加。

概要[編集]

2009年に発案・結成・CDデビュー。ユニット名の由来は、番組内で三人がよくすべる(ウケない)ため。『クイズ!ヘキサゴンII』発のユニットとして前年の「一発屋2008」の流れを汲む存在で、お笑い芸人のみで構成されたユニットは初となる[2]

島田紳助曰く「『ヘキサゴン』から出すCDがすべてオリコンチャートでトップ10に入ることもあり、次に出すユニットにプレッシャーがかかるため、先にわざと外す」「厄払い」という扱いで結成された[3]

2009年9月、「ひとつ500円で買い取らせていただきます」でデビュー。岡田は映画『サタデー・ナイト・フィーバー』でのジョン・トラボルタを真似た白いスーツ姿、小島・波田はそれぞれ人気ピーク時のブーメランパンツ一丁・着流しの姿で歌を披露した。同曲はアルバム『WE LOVE ヘキサゴン2009』の収録曲であったが、「オリコントップ10以内に入らなければ、罰ゲームとして冬の間宮海峡の凍った海上で熱唱する」という条件付きでシングルカットが決定した[4]。シングルは結果オリコン初登場28位で、ロケ地が間宮海峡からアメリカアラスカ州バロー岬に変更となり罰ゲーム企画「スベラーズアラスカ過酷旅」が執行された。

ユニットのオリジナルギャグとして「Oh it's cool!」というフレーズがあり[5]、「スベラーズアラスカ過酷旅」の際にメンバーが口にした「これが本当のー、Oh it's cool!」が着信ボイスとして配信された。

2010年6月に品川祐品川庄司)と組み、「品川祐とスベラーズ」として「サラリー☆マン」を発売。その際も紳助から売上が規定数に達しない場合は「連帯責任として罰ゲームを行う」と言い渡された。結局最高順位はオリコン19位だったため、罰ゲーム企画「無人島サバイバル合宿」が執行された(岡田はスケジュールの都合で罰ゲームには参加していない)。「サラリー☆マン」を歌う際は、全員ビジネススーツ姿である。

同年秋、ユニットの名を冠した単独ライブ『クイズ!ヘキサゴン放送300回記念〜スベラーズ単独ライブ〜』の開催が告知されたが、行われたライブは事実上ヘキサゴンファミリー全体によるものであった。

2011年9月で『クイズ!ヘキサゴンII』が終了。アルバム『WE LOVE ヘキサゴン 2011』では多くの既存ユニットの新曲が発表されたが、スベラーズの新曲は収録されなかった。ただ最後のコンサートとなった『ヘキサゴンファミリーコンサート2011』には、前年10月から最終回まで番組に出演の無かった波田も出演し、持ち歌2曲を披露した。

経歴[編集]

2009年[編集]

  • 7月22日 - 同日放送の『クイズ!ヘキサゴンII』にて島田紳助がユニット結成を告知。同時に三人のユニット内の通称が決まる。
  • 7月25日 - 『FNS26時間テレビ』にてデビュー曲が同年秋にリリース予定のコンピレーションアルバムに収録されることが発表された。
  • 8月11日 - お台場合衆国内で行われた『ヘキサゴンファミリーコンサート』に出演。
  • 9月2日 - 同日放送の『ヘキサゴン』にて「ひとつ500円で買い取らせていただきます」をテレビ初披露、同時にシングルカットが決定する。
  • 9月30日 - 「ひとつ500円で買い取らせていただきます」発売。
  • 10月14日 - 同日放送の『ヘキサゴン3時間スペシャル』にてシングルがオリコン28位であったことが発表され、罰ゲーム執行が決定する。
  • 10月19日 - ニッポン放送城田優のオールナイトニッポン』にゲスト出演。
  • 10月31日 - 国立代々木第一体育館にて開催された『ヘキサゴンファミリーコンサート2009』に出演。

2010年[編集]

  • 1月1日 - 朝日新聞にインタビュー記事が掲載される。
  • 1月6日 - 同日放送の『ヘキサゴン新春3時間スペシャル』にて前年に行った罰ゲームロケ「スベラーズアラスカ過酷旅」放送。
  • 5月5日 - 同日放送の『ヘキサゴン』にて品川祐(品川庄司)との合作で新曲を発表することが発表される。26日の放送分にて新曲「サラリー☆マン」を初披露。
  • 6月23日 - 「サラリー☆マン/第三の男/レッド・アイ」発売。同月27日、ラゾーナ川崎にて発売イベントを行う。
  • 7月24日・25日 - ヘキサゴンファミリーとして『FNS26時間テレビ2010』内の「さんま・中居の今夜も眠れない」で駅伝の第2走者の小島から波田へのバトンを渡す際に岡田も駆けつけた為、全員出演となった。さらに「三輪車レース」の応援企画の中で曲を披露。
  • 8月26日~29日 - 舞台『マイホーム・オン・ザ・ビーチ ~ヘキサな海の家~』にVTR出演。
  • 10月6日 - 同日放送の『ヘキサゴン秋の3時間スペシャル』にて6月発売のシングルの罰ゲーム「無人島サバイバル合宿企画」放送。また、この放送回を最後に波田の番組出演が無くなる。
  • 10月31日 - Shibuya O-EASTにて『クイズ!ヘキサゴン放送300回記念〜スベラーズ単独ライブ〜』開催。
  • 12月11日 - 幕張メッセにて開催された『ヘキサゴンファミリーコンサート2010』に出演。

2011年[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  1. ひとつ500円で買い取らせていただきます (2009年9月30日、ポニーキャニオン)
    アルバム『WE LOVE ヘキサゴン2009』に「With Pabo Ver.」として収録。アルバム付属のDVDに振付け映像を収録。
  2. サラリー☆マン (2010年6月23日、よしもとR&C) - 「品川祐とスベラーズ」名義。
    「サラリー☆マン/第三の男/レッド・アイ」のトリプルA面シングルの1曲。
    アルバム『WE LOVE ヘキサゴン 2010』に収録。

クイズ!ヘキサゴン放送300回記念〜スベラーズ単独ライブ〜[編集]

「ひとつ500円で買い取らせていただきます」と「サラリー☆マン」しかありません…』のタイトル通り、『クイズ!ヘキサゴン』と『クイズ!ヘキサゴンII』の放送300回[6]を記念して開催が告知されたライブ。タイトルはスベラーズ単独名義ではあるが、事実上『ヘキサゴンファミリーコンサート』である。

当初はチケットの売り上げが悪く、後に「ヘキサゴンファミリーから応援ゲストが登場」と、つるの剛士や上地雄輔などが出演することを告知する。結果として『ヘキサゴン』のCDに関わっているほぼ全てのメンバーが揃い、会場の規模の違いや島田紳助が不在などの点を除けば、通常の『ヘキサゴンファミリーコンサート』と変わらない出演者・演目のライブとなった[7]

昼公演と夜公演の2部制で、昼公演は他のヘキサゴンファミリーはあくまでも前座で、スベラーズの前に他出演者による20曲近くのライブが行われた。一方で夜公演は最初にスベラーズが登場して即出番は終了、以降他のヘキサゴンファミリーによるライブ、という進行の違いがある。なお、スベラーズはコンサート中「ひとつ500円で買い取らせていただきます」の衣装で持ち歌やユニットの楽曲を披露した。

テレビ放送やDVD化などはされていない。

日時
2010年10月31日
1部2部入れ替え制
会場
Shibuya O-EAST
MC
上地雄輔
中村仁美(フジテレビアナウンサー)
スペシャルゲスト
品川祐(品川庄司)
応援ゲスト
フレンズ(つるの剛士、崎本大海)、RYOEI、サーターアンダギー(山田親太朗・森公平・松岡卓弥)、
ファミーユ(Pabo(里田まい、スザンヌ、木下優樹菜)、misono、南明奈、矢口真里、神戸蘭子)、
庄司智春(品川庄司)、FUJIWARA(原西孝幸・藤本敏史)、アンガールズ(田中卓志・山根良顕)、クリス松村、元木大介

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本項の「スベラーズ」は「ス」にアクセントを置くのに対して、川口技研の「スベラーズ」は「べ」にアクセントを置く。
  2. ^ 「一発屋2008」「AIR BAND」に参加している金剛地武志の本業はあくまでもミュージシャン・俳優である。
  3. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』2009年7月22日放送分。
  4. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII』2009年9月2日放送分。
  5. ^ 『クイズ!ヘキサゴンII 超クイズパレード熱海合宿3時間スペシャル!!』(2009年9月30日放送)より。
  6. ^ 水曜日ゴールデンタイムに移動し、島田紳助がレギュラー司会者となった2003年4月13日放送の『クイズ!ヘキサゴン』からの放送回数。『ヘキサゴンII』の放送回数は220回ほど。
  7. ^ “持ち歌2曲で単独ライブに挑戦!? スベラーズ単独ライブにヘキサゴンファミリー大集合!”. TV LIFE. http://www.tvlife.jp/news/detail.php?news_id=46452 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]