謎を解け!まさかのミステリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が二つです。
謎を解け!
まさかのミステリー
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜日 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2003年10月17日 - 2006年3月10日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
プロデューサー 松岡至
出演者 島田紳助
西尾由佳理(日本テレビアナウンサー
ほか
テンプレートを表示

謎を解け!まさかのミステリー』(なぞをとけ まさかのミステリー)は、日本テレビ系列で2003年10月17日 - 2006年3月10日まで放送されていたクイズ型トークバラエティ番組。毎週金曜日20:00 - 20:54(JST)に放送されていた。

概要[編集]

実際に起きた一見すると不可解な事件や出来事の真相を解くことに挑戦するクイズ番組。

2003年3月8日7月19日に放送した土曜日スーパースペシャル「七人の刑事が謎を解く 実在したミステリー」がベースになっている。3月8日の放送では17.5%、7月19日の放送では23.0%の高視聴率を受けてレギュラー化が決定された。

レギュラー放送の終了とその後[編集]

  • 番組開始当初の視聴率は17~18%台で推移。しかし、その後は平均視聴率は10%弱に下がってしまい、週によっては7%台の時もあった。2005年10月に2度目のルール変更として開始当初に近いルールに戻した。
  • 番組は2006年3月10日を以って打ち切りとなり、紳助自身も最終回のエンディングで「こんなん集めて、また2時間特番でやりましょう」と公言。約束通り番組終了から1年1ヶ月後の2007年5月4日に復活特番が放送され、さらに同年9月27日に復活特番第2弾が放送された。
  • 広島テレビでは視聴者の要望が多かったので、2007年10月頃から毎週日曜日の11:40-12:35に再放送を行っていた。※『行列のできる法律相談所』の再放送と併用。

ルール[編集]

問題ごとにパネリストの1人が解答者を務める。

実際に起こった様々な不可解な事件を再現ドラマによって出題。その後、スタジオに戻り下記のルールに従って進行し解答。最後に正解VTRで真相を発表する。また、番組の最初に「1分間ミステリー」というミニコーナーがあった時もあった。

前期[編集]

放送開始から2005年3月までのルール。 解答者以外には出題直後に正解が教えられる。参考として手がかりが整理されたVTRを視聴後、解答者以外のパネリストは紳助とともにテーマに沿ったトークを繰り広げる。しかし、そのうちの誰か1人がトーク中に問題の核心を突くヒントとなるフレーズを発言する。ヒントを言う人は収録前に決められており(紳助が言う場合もある)、解答者はヒントが何かを考えて、真相を推理する。

放送開始当初は正解時の特典はなかったが、その後、1問正解するごとにプローチ獲得し、3問正解すると世界旅行獲得となった。

中期[編集]

2005年4月~10月14日までのルール。 解答者以外のパネリストにも正解は教えられない(司会者だけが正解を知っている)。 最初に解答者以外のパネリストは答えを推理し、その後「3賢人の推理」として、番組が誇る3賢人(道蔦岳史やくみつる神足裕司)が答えを推理して披露、解答者はそれらを参考に解答する(一時期、解答者が3賢人に1人ずつ指名する形式があったが、しばらくして元の推理形式に戻った)無論、誰の推理も信用できない場合は参考にしなくてもよい。

正解の場合は次の問題も引き続き解答者となり、不正解の場合は他のパネリストが次の問題の解答者となる。また、放送回の最後の問題で正解した場合は次回に出演した際に連続正解回数を持ち越しできる。

3問連続正解達成で世界のどこでも好きなところに行ける世界旅行獲得となる。

  • しかし、勝俣州和が3問連続正解を達成して「ケニアに行きたい」と言ったものの、スタッフが集合するほどの事態となったため、紳助の圧力により国内旅行(箱根の高級旅館「強羅花壇」1泊)となった。

後期[編集]

2005年10月21日からのルール。

前期と同様のシステムだが、解答者以外の出演者に6枚のカードが配られ、その中に1枚だけヒントキーワードが書かれた当たりカード(テロップ内では当たりクジ)が入っており、そのカードを引いた出演者がヒントを言わなければならないというものになった。つまり、ヒントを言う出演者がその場で決められるシステムとなった。解答者はその時のリアクションもチェックして参考にできる。

  • なお、ヒントキーワードの書かれた1枚のカードには「あなたがヒントを言う担当です。バレないように『(ヒントキーワード)』というヒントキーワードをトークに入れて話してください」と書かれており、書かれていない残りの5枚のカードには「あなたはヒントを言う関係は特にありません。テーマに沿って面白いトークをしてください」と書かれている。

出演者[編集]

司会
準レギュラー
ナレーション

紳助謹慎時の対応[編集]

紳助が女性マネージャーの暴行事件により謹慎のため、事件発覚後の2004年10月29日放送分からはオープニングに収録日を表示して放送した。

同年11月12日は磯野貴理子がこれまで放送された事件(問題)を振り返る総集編として放送された。また11月19日放送分は当初から特別番組「金曜特別ロードショー もののけ姫」が20時から放送されることになっており、11月26日は『ぐるぐるナインティナイン』の特別版(2時間スペシャル)のため番組は休止された。

なお、2004年12月3日17日24日放送の3回分は、ダウンタウンが代理司会を務めた。

2005年1月14日放送分(収録は同年1月8日)から、紳助が2ヶ月半ぶりに復帰した。この日の番組内で、紳助は番組の最後に「これで私の政治への道は閉ざされた」と言ったが、微妙な空気が流れてしまい、「頼むから誰かツッコんでくれや!」の言葉で締めた。

歴代セット[編集]

  • 放送開始~2005年3月 左側に司会者席、真ん中にミステリー解答席、右側にミステリー挑戦者席となっている。なお司会者席のバックのスクリーンに映っている番組ロゴは動いていたが、解答席下にあるスクリーンに映っているロゴは動いていない。また、解答者に選ばれたパネリストは衣装を着る。
  • 2005年4月~2005年10月14日 ミステリー解答席のバックが変わり、解答席下にあるスクリーンに映っていた番組ロゴが動いている。また、解答者に選ばれたパネリストは衣装を着なくなった。また、新たに3賢人ルールが入り、3賢人席はミステリー挑戦者席の下に設置されたがその後、ミステリー解答席と3賢人席が入れ替わった(ミステリー解答席は挑戦者席下の真ん中に設置)。
  • 2005年10月21日~2006年2月24日 初代セットと一緒だが、ミステリー解答席のバックは先代と一緒。但し、ルールは初期ルールとは異なる。

番組で使われる用語[編集]

  • まさか!
問題VTRの振りには必ずこのフレーズが使われる。まず西尾が内容を紹介した後、「○○さんだったらこう言うでしょう」と言い、言われた出演者がこのフレーズを言う。
中期以後は、ものまねの得意なタレント出演者に「××さんだったらこう言うでしょう」と西尾が言い、そのものまねが得意な出演者が、ものまねで「まさか!」と言う様になった。
  • なぜ?
問題VTRの最後はほぼ必ず「な~ぜ~?」というナレーションである。たまに「な~に~?」「ど~こ~?」と様々に言う時もある。
  • 謎を解け!!
解答者が答えを言う前に司会の紳助と西尾アナが言うフレーズ。
  • 間違いありません!
解答者は自分の答えに自信や説得力がなくても必ずこのフレーズを言うことになっている。

レギュラー放送終了後の特番[編集]

  • 「超難問を解ける?!まさかのミステリー!!」(2007年5月4日、19:00~20:54)関東地区での視聴率は17.0%
  • モクスペ 復活第2弾 謎を解け!まさかのミステリー」(2007年9月27日、19:00~20:54)関東地区での視聴率は11.2%

スタッフ[編集]

  • 構成 : 桜井慎一村上卓史石原健次山名宏和、谷川恵一、金森直哉、桝本壮志堀江利幸
  • 監修 : 高瀬真尚
  • ナレーション: 郷里大輔、杉本るみ
  • TM(テクニカルマネージャー): 江村多加司
  • SW(スイッチャー): 米田博之
  • カメラ : 日向野崇
  • 音声 : 中村一男
  • 調整 : 八木一夫
  • 照明 : 佐野広之
  • 美術 : 高津光一郎
  • デザイン : 星野充紀
  • 編集 : 小岩拓也(オムニバスジャパン
  • MA : 轉石裕治(オムニバスジャパン
  • 音効 : 高取謙
  • TK : 三浦涼子
  • 広報 : 高松美緒
  • デスク : 小池智子
  • 演出補 : 森田幸子、永田大地、杉本和良、福田昌彦、津留彩香、渋谷典子、加藤万紀子
  • リサーチ : 羽柴千晶、高橋勝喜、犬山智香子、喜多あおい、伊藤匡、角田さち代
  • 映像協力 : 国土地理院、(C)AD AGP, Paris&SPDA, Tokyo, 2007
  • AP : 前多由香、黒川こず枝、朝倉康晴
  • ディレクター : 番秀一郎、松野勇二、川本賢一郎、山根圭亮、松谷夢々、長谷川孝、久保田勝、中廣周平、新保文朗、若山智和、横井孝久
  • チーフディレクター : 木下仁志、鈴木基之西原信行栄永英幸久山一則、原島雅之、千代雅登、七澤幸紀
  • プロデューサー : 田中宏史/相川弘隆、高松明央、柳本浩二、近澤駿、和田隆、長田稔、長谷川勉久保田剛、遠藤英幸、松橋竜二郎
  • 総合演出 : 高橋利之、宮本裕久
  • チーフプロデューサー : 松岡至
  • 制作協力 : いまじんリュウ・エンタープライズ創輝えすとマイ・プラン
  • 制作著作 : 日テレ
過去

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 ネット状況
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 金曜日 20:00 - 20:54 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
長野県 テレビ信州(TSB)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列/日本テレビ系列/テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列/フジテレビ系列 水曜日 14:05 - 15:00 12日遅れ
沖縄県 琉球放送(RBC) TBS系列 日曜日 13:00 - 13:55 9日遅れ

脚注[編集]

[ヘルプ]
日本テレビ系列 金曜20:00 - 20:54枠
前番組 番組名 次番組
¥マネーの虎
(月曜「夜は別バラ」枠へ移動)
謎を解け!まさかのミステリー