この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大沢あかね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おおさわ あかね
大沢 あかね
本名 川島 茜
かわしま あかね
生年月日 1985年8月16日(30歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府東大阪市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 タレント
ジャンル バラエティー
活動期間 1994年 -
配偶者 劇団ひとり
主な作品
てるてる家族

大沢 あかね(おおさわ あかね、1985年8月16日 - )は、日本タレントである。本名、川島 茜(かわしま あかね)。愛称はあかねちん

大阪府東大阪市出身。テンカラット所属。夫はお笑い芸人の劇団ひとり

祖父は元プロ野球選手で、日本ハムファイターズ(現・北海道日本ハムファイターズ)監督や球団常務を歴任した大沢啓二(次項参照)。同じく元プロ野球選手の大沢清大沢紀三男は大伯父(啓二の兄)にあたる。啓二は母方の祖父であり、大沢姓は芸名である[1]

略歴

1994年子役モデルとして芸能界デビュー。2001年以降、学習研究社発行の雑誌(2004年5月まで『ピチレモン』、以後『Fapri』)にて専属モデルを務めていたが、2010年現在モデルとしての活動はほとんど行っていない。2009年2月4日、自叙伝『母ひとり、娘(こ)ひとり』を幻冬舎から出版する。同年2月16日劇団ひとりとの結婚を発表。2月17日、婚姻届を提出[2]2010年3月2日、妊娠を発表[3]9月8日に第1子となる女児を出産。2016年2月10日、第2子妊娠を発表[4]7月13日、第2子男児を出産[5]

人物

9歳から子役モデルとして活動。その後も大沢啓二が各タレント事務所に売り込みタレント活動も開始。13歳の時に、NHKの人気子供番組『天才てれびくん』の1999年度てれび戦士となり注目を集める。2001年以降、学習研究社発行の雑誌(2004年5月まで『ピチレモン』、以後『Fapri』)にて専属モデルを務めていたが、2010年現在モデルとしての活動はほとんど行なっていない。「将来はお笑い芸人を目指す」と発言し、中島知子オセロ)が目標と語る。自ら編み出した持ちギャグもいくつかあり、「(右肘をさすりながら)こっちはジーコ、(左肘をさすりながら)こっちはフィーゴ(この一連の動きを2回繰り返す)、(股間を指差しながら)じゃあこっちは?…(一呼吸置いて股間付近をさする手つきで)ベッケンバウアー♪」などがある。ラサール石井上島竜兵寺門ジモンなどと同様、祖父の啓二が東京出身であることもあり、大阪出身にもかかわらず、全国ネットの番組では標準語で話している。『クイズ!紳助くん』など関西ローカルの番組に出演する際は関西弁を使うことが多い。ハイヒールモモコとは旧知の仲で、関西ローカルの番組では共演が多い。モモコの長男である仁一郎と同じ託児施設に預けられていたという事で、当時小学生だった彼女は彼の面倒もよく見ていたという話もあり、母親であるモモコとの面識も深い。母親がある時期から家事を放棄したため、炊事、洗濯、掃除をすべてこなすようになったそうである。同じような境遇であるからか、若槻千夏に可愛がられている様子が若槻のブログで述べられる。料理の腕は優秀な方で、2007年5月23日放送『愛のエプロン』の「スピード料理バトル第2弾」では、予選お題の「7分でロールキャベツ作製」を見事にクリア。結果的には参加者4人の中で最下位に終わったものの、得点は79点と十分な評価を受けた。沖縄が大好きで、プライベートでは友人たちと沖縄料理などを食べに行くことで仕事の疲れなどをリフレッシュしている。2009年2月4日、自叙伝『母ひとり、娘(こ)ひとり』を幻冬舎から出版する。同月16日、劇団ひとりとの結婚を発表、翌17日の未明にそろって婚姻届を提出した[2]2010年3月2日に妊娠を発表[3]、同年9月8日に第1子となる女児を出産した。

エピソード

  • クイズ!ヘキサゴンII』や『クイズ!紳助くん』にゲスト出演した際、なかなか正解を答えられず珍回答を連発することなどから、島田紳助には「じいちゃん(大沢啓二)は人に『喝!』ばっか言わんと孫に『喝!』言わんかい」などと言われている。啓二・あかねともお互いの活動について公の場で語る機会はほとんどない。
  • 一時期、お笑いタレント山本圭壱極楽とんぼ)との関係を写真週刊誌などで報じられたが、そのおかげでバラエティ番組での出演機会が増えたと後に語っている。初めて口説かれた芸能人は山本とのこと。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系列)などにゲスト出演した際には、島田紳助が山本の件について質問するなど、ネタにされていた。
  • 好きな男性のタイプはオダギリジョー。「子どもの頃から右を見れば江夏、左を見れば張本という環境にいたため、強い男が好き」という発言もしている。
  • 若槻千夏やKABA.ちゃんはるな愛とは飲み仲間。芸歴は大沢の方が長いが年は若槻の方が上のため、若槻からは「先輩後輩」と言われている。最近では矢口真里とプライベートを共にすることが多い。
  • 2007年9月29日、TBS系列で放送された『オールスター感謝祭』の新コーナー「オールスター200人知名度調査」において、武田鉄矢から「(AV女優の)蒼井そら」と高らかに答えられ、ミニマラソンを走る結果となった。
  • ソニンと結成したユニット『tomboy』で、シングル「Superstar」を2007年11月14日にリリースした。
  • 結婚以前から、劇団ひとりとの関係は周知の事実ではあったが、ひとりの芸名をもじって、島田紳助や『クイズ!ヘキサゴンII』の演出・プロデューサーで知られる神原孝には結婚前後に「劇団ふたり」とイジられることがあった。

クイズ!ヘキサゴンII

香田晋とともに2005年の『今夜はクイズパレード』時代から出演している常連「おバカタレント」。初出演となった2005年8月24日放送分では5点を取り当時のワースト2(ワースト1は若槻千夏の4点)の成績。「行列早抜けリレークイズ」では最初にアンカーとなり相手が第3回答者にも関わらず珍回答を連発し優勝はできなかった。当初は最下位争いの常連だったが、里田まいら多数の「おバカタレント」が常連出演するようになりアンカーになる機会も減少するようになった。その後番組出演はいったん途絶えたが、2008年2月から再び不定期出演する。2009年、「ヘキサゴンオールスターズ」の「泣いてもいいですか」にも参加しており、さらに初のユニットとして「矢口真里とストローハット」にも加わった。2組目のスザンヌ×スザンぬではスザンぬ扮する榊原の声を担当。2010年7月以降出演する事はなく最終回(2011年9月28日放送分)にも一切出演しなかったが、2011年11月23日発売の『WE LOVE ヘキサゴン 2011』には「矢口真里とストローハット」のメンバーとして参加した。

作品

シングル

映像作品

出演

映画

テレビドラマ

オリジナルビデオ

バラエティ

情報番組

  • おもいッきりイイ!!テレビ(日本テレビ系列、2007年10月 - 2009年3月)木曜パートナー
  • 平成25年消防出初め式(NHK総合、2013年1月6日)
  • ディズニーリゾート ゴクトク10(2013年6月 - 、ディズニー・チャンネル) - MC
  • キャスト(ABCテレビ、2013年10月28日 - )月曜コメンテーター
  • おはよう日曜診療所(2014年4月6日 - 2015年3月22日、BS日テレ) - 勤務医・永友薫 役
  • Lifeサプリ〜かしこくなるTV〜(2014年10月4日 - 2015年9月26日、BS日テレ) - MC
  • 情報まるごとキッチン(2015年10月11日 - 、BS日テレ) - MC
  • スッキリ!!(日本テレビ系列)水曜コメンテーター

教育番組

政府機関媒体

ラジオ

CM

劇場アニメ

書籍

  • 母ひとり、娘(こ)ひとり(2009年、幻冬舎

雑誌連載

  • ピチレモン(2001年 - 2004年、学習研究社)モデル
  • Fapri(2004年 - 2005年、学習研究社)モデル

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊文春』2007年4月12日号、41ページ
  2. ^ a b “「明るい家庭を」劇団ひとり&大沢あかねが大安婚”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年2月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/02/17/kiji/K20090217Z00001460.html 2016年7月15日閲覧。 
  3. ^ a b “劇団ひとり&大沢あかね夫妻が第1子妊娠を報告 「劇団ふたりに子役が仲間入りしそう」”. オリコン. (2010年3月2日). http://beauty.oricon.co.jp/news/73879/full/ 2011年2月15日閲覧。 
  4. ^ “大沢あかね第2子妊娠5ヶ月 今夏“劇団4人”に!”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年2月10日). http://www.oricon.co.jp/news/2066616/full/ 2016年2月10日閲覧。 
  5. ^ “劇団ひとり&大沢あかね夫妻に第2子男児・咲也くん誕生”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2075153/full/ 2016年7月15日閲覧。 
  6. ^ 後に2009年度に行われた「ETV50 天才てれびくんMAXスペシャル in NHKホール Dreaming 〜時空をこえる希望の歌〜」に元てれび戦士として出演している。

参考文献

外部リンク