松岡卓弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松岡 卓弥
生誕 (1989-08-01) 1989年8月1日(27歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市[1]
ジャンル J-POP
職業 歌手タレント俳優
担当楽器 ボーカル
活動期間 2010年 -
レーベル Brand-New Music
事務所 アワーソングスクリエイティブ(2013年 - )
ベンヌ(2012年 - 2013年)
アキヤマ・オフィス(2010年 - 2012年)
共同作業者 サーターアンダギー
水島康貴
コタクラ
公式サイト プロフィール

松岡 卓弥(まつおか たくや、1989年8月1日 - )は、日本歌手タレント俳優である。兵庫県神戸市出身[1]

アキヤマ・オフィス[2]ベンヌ[3]を経て、2013年4月からケイダッシュグループのアワーソングスクリエイティブに所属。2010年サーターアンダギーのメンバーとしてデビューし、2013年のグループ解散後にソロ歌手デビューする。2014年よりボーカルユニット・コタクラの一員としても活動する[4]

身長172cm、体重54kg[5]O型[5]

来歴・人物[編集]

オーディション番組『歌スタ!!』に出演するなど[6]、10代の頃より歌手を目指し様々なオーディションに応募していた[7]。高校生のときにジャニーズ事務所の面接を受け、短期間だが同事務所のダンスレッスンに通っていた経験があると明かしている[8]。憧れのアーティストはEXILEコブクロなどで[9]、『歌スタ!!』ではコブクロの「風見鶏」「手紙」を歌っている。

2009年に行われた『クイズ!ヘキサゴンII』主催の「ヘキサゴンで歌いたい人オーディション2009」で決勝に進出。10月31日の「ヘキサゴンファミリーコンサート2009」昼公演中に行われた決勝戦で、コブクロの「STAY」を歌唱し、応募総数1万1354通の中からグランプリを獲得する[10]。サーターアンダギーのファーストコンサートツアーで「STAY」を披露している。

2010年2月10日、山田親太朗を中心としたユニット・サーターアンダギーのメンバー(もう一人のメンバーは新選組リアン森公平)としてシングル「ヤンバルクイナが飛んだ」でデビュー。新選組リアンと同じアキヤマ・オフィス所属となり、同年4月22日付で自身のブログがオフィシャルブログになる[11]。10月から行われた新選組リアンのコンサートツアー『上京物語』では、スペシャルゲストとして全ての公演に出演する。

2011年3月2日放送分の『ヘキサゴンII』にクイズ解答者として初出演し、予選テストで9点と単独最下位となる。以降、最下位を含む下位の常連として、同年9月28日放送分の最終回まで月1・2回のペースで出演する。

2012年からは俳優として単独で舞台に出演するようになり、それに伴う単独でのトークイベントやインターネット番組出演なども増える。

同年8月、JOYデュエットパートナーを選ぶ「コラボレーションパートナー プレミアムオーディション」で優勝、9月に配信シングル「長い間」(Kiroroのカバー曲)を発表する[12]。12月にアキヤマ・オフィスから所属事務所を移籍、ベンヌ所属となる[3]

2013年2月24日でサーターアンダギーが解散。同年4月にベンヌからアワーソングスクリエイティブに移籍する。

2013年5月15日に、所属事務所内レーベル・ブランニューミュージックからアルバム『Second Departure』でソロデビュー[13][14][15]。単独のコンサート開催やイベント出演など、ソロ歌手として活動する。同年11月発売のセカンドアルバム『You & I』は、オリコンインディーズランキングにて週間1位(アルバム週間ランキングは14位[16])を記録する。ソロデビュー以降、水島康貴がアルバムの編曲・音楽プロデュースを担っている。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  1. Second Departure(2013年5月15日)
    収録曲「瞬間」は、よみうりテレビカミングアウトバラエティ!! 秘密のケンミンSHOW』エンディングテーマ。
  2. You & I(2013年11月13日)
  3. Summer Dream(2014年6月25日)
    収録曲「未来のために」は、群馬テレビJOYnt!』エンディングテーマ。
  4. Endless Story(2015年1月28日)
    収録曲「EMERGENCY」は、日本テレビ徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました』1月エンディングテーマ。
  5. Blue Bleeze Beach(2015年7月8日)
  6. REAL(2017年2月15日)

ベスト・アルバム[編集]

  • My Past Collections(2016年3月2日)

DVD[編集]

  • 松岡卓弥 5大都市ツアー 〜もっといろんな街で唄いたい〜(2014年3月5日)
  • THE CLIPS(2015年3月18日)

参加作品[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

  • Music Spice!(2013年4月 - 2015年3月、FM-FUJI) - 月曜パーソナリティ
  • 松岡卓弥のガムシャラジオ(2015年4月 - 2017年3月、FM-FUJI)
  • コタクラジオ(2017年4月 - 、FM-FUJI)

ミュージックビデオ[編集]

  • Dear「幸せになりたい。feat.CLIFF EDGE」(2011年11月、ポニーキャニオン)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 松岡卓弥 Official FB プロフィール
  2. ^ アキヤマ・オフィス - 松岡卓弥(サーターアンダギー).
  3. ^ a b “松岡卓弥 マネジメント契約締結のお知らせ”. 株式会社ベンヌ. (2012年12月3日). オリジナル2013年2月8日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130208064230/http://bennu.co.jp/2012/12/03/1957/ 
  4. ^ コタクラ”. Brand-New Music. 2016年8月21日閲覧。
  5. ^ a b アワーソングスクリエイティブ 松岡卓弥 公式プロフィール
  6. ^ 『歌スタ!!』2008年10月6日、12月29日放送。
  7. ^ “あこがれはジャニーズ! 松岡卓弥くん、初映画『クジラのいた夏』で男子と青春三昧?(1-2)”. サイゾーウーマン. (2014年4月27日). http://www.cyzowoman.com/2014/04/post_11933.html 2014年8月8日閲覧。 
  8. ^ “質問返し1★”. 松岡卓弥オフィシャルブログ. (2011年11月4日). http://ameblo.jp/takuya81blog/entry-11068530933.html 
  9. ^ “質問返し2”. 松岡卓弥オフィシャルブログ. (2011年11月5日). http://ameblo.jp/takuya81blog/day3-20111105.html#main 
  10. ^ つるの、上地、里田、スザンヌ、ユッキーナ…ヘキサゴンコンサート2年目も人気者勢ぞろい!”. TV LIFE. 2012年10月15日閲覧。[リンク切れ]
  11. ^ “改めまして!!”. 松岡卓弥オフィシャルブログ. (2010年4月22日). http://ameblo.jp/takuya81blog/day2-20100422.html#main 
  12. ^ “JOY、相方・松岡卓弥に「楽しみ!」”. 日テレNEWS24. (2012年8月11日). http://news24.jp/entertainment/news/1624087.html 
  13. ^ “3年間の集大成を披露! サーターアンダギー解散公演で感動のフィナーレ”. MUSIC LOUNGE. (2013年2月25日). http://www.music-lounge.jp/v2/articl/news/detail/?articl=2013/02/25-14:21:00_f52aa7b28d72b17c0ff8ea6d0ab47512 
  14. ^ “【ライブレポート】サーターアンダギー、その活動に幕”. BARKS. (2013年2月25日). http://www.barks.jp/news/?id=1000087792 
  15. ^ “松岡卓弥 ソロデビューイベント「目標は武道館」”. Sponichi Annex. (2013年5月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/05/16/kiji/K20130516005812720.html 2014年1月9日閲覧。 
  16. ^ “SECOND DEPARTURE/松岡卓弥 - オリコン芸能人事典”. ORICON STYLE. http://www.oricon.co.jp/music/release/d/1020957/1/ 
  17. ^ “松岡卓弥、初主演舞台やる気満々「気合入ってます」”. スポーツ報知. (2016年7月14日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160713-OHT1T50210.html 2016年8月21日閲覧。 
  18. ^ “野村周平主演の青春映画「クジラのいた夏」来春に公開決定”. 映画.com. (2013年12月5日). http://eiga.com/news/20131205/6/ 2014年1月9日閲覧。 

外部リンク[編集]