オープニングアクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オープニング・アクト(Opening Act)は、コンサートにおいて行われる前座、あるいはそれを務めるアーティストのことである。サポート・アクト(Support Act)、フロント・アクト(Front Act)とも。

概要[編集]

オープニング・アクトの役割は、コンサート会場の観客をヘッドライナーや、主催のアーティストの前に盛り上げることである。

オープニング・アクトの演奏で盛り上がった観客はヘッドライナーや主催のアーティストのパフォーマンスをより高いテンションで受け入れることができる。

オープニング・アクトは、ヘッドライナーや主催のアーティストの観客を相手にパフォーマンスを魅せることにより多くの人たちに自分たちの楽曲や演奏を主張、宣伝することができる。さらに自身らの個客とは好みの音楽ジャンルが異なる層の観客を取り込むチャンスとなる場合もある。

無名・若手のアーティストが既に知名度のあるアーティストのコンサート・ツアーに同行するなどしてオープニングアクトを務めるメリットは莫大で、成功への近道にもなり得る。

既に知名度のあるベテランアーティストが、知名度と勢いのある若手アーティストをオープニングアクトに招いて、話題作りや個客層の若返りを図る場合がある。

日本国内のアーティストが、海外のアーティストのオープニングアクトを務めて、海外進出を図る場合がある。

海外のアーティストが、日本国内のアーティストをオープニングアクトに起用して、日本へ向けての話題作りを図る場合もある。

エピソード[編集]

知名度のあるアーティストのオープニングアクトを務め、成果を挙げたアーティストの例としてはBABYMETALなどが挙げられる。

関連項目[編集]