ひとつ500円で買い取らせていただきます

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひとつ500円で買い取らせていただきます
スベラーズシングル
初出アルバム『『WE LOVE ヘキサゴン2009』』
リリース
ジャンル J-POP
レーベル FLIGHT MASTER
作詞・作曲 作詞:カシアス島田
作曲:高原兄
プロデュース カシアス島田
チャート最高順位
ヘキサゴンオールスターズ シングル 年表
泣いてもいいですか
(2009年)
ひとつ500円で買い取らせていただきます
(2009年)
風をさがして
2010年
テンプレートを表示

ひとつ500円で買い取らせていただきます」(ひとつごひゃくえんでかいとらせていただきます)は、フジテレビクイズバラエティ番組クイズ!ヘキサゴンII』から生まれたユニットスベラーズシングル2009年9月30日発売。

曲名に合わせて価格は500円である。

概要[編集]

『クイズ!ヘキサゴンII』発の12枚目のシングルで[1]、2009年に発売されたものとしては最後のシングルである。

アルバム『WE LOVE ヘキサゴン2009』(2009年10月21日発売)収録曲であったが、島田紳助が『ヘキサゴンII』の中で提唱した「初登場でオリコン10位以内に入らなければ、冬の間宮海峡で滑りながら歌う罰ゲームを執行」という条件付きで先行シングルカットに至った[2][3]

オリコンチャートの結果はデイリーでは18位[4]、週間初登場は28位(最高順位も同位)に留まる。「時期的にまだ間宮海峡は凍っていない」という理由でロケ地がアメリカアラスカ州バロー岬に変更となり罰ゲームは執行、2010年1月6日放送の『ヘキサゴン新春3時間スペシャル』の中で「スベラーズアラスカ過酷旅」として放送となった。その中で同ロケが現地の新聞『The Arctic Sounder』に「Sound of music, and shivers」の見出しで掲載され、「彼らのユーモアセンスは我々とは違う」「あの裸の男(小島よしお)は本当に気の毒だ」などと言及されたことにも触れられている。

500円と廉価なCDでカップリング曲は収録されておらず、DVDも付いていない。紳助は罰ゲーム執行を意識して「みなさん、買わないでください」と発言[2]。さらにCDパッケージに「フジテレビ『クイズ!ヘキサゴンII』エンディングテーマ(希望)/みなさん買わないでください!(島田紳助)」と書かれた丸いステッカーが貼付されていたが、エンディングテーマとして使われ、さらに番組の提供クレジット時に頻繁に使用される楽曲となった。

解説[編集]

「一世を風靡したギャグを持ちながら、最近ちょっと停滞気味なお笑い芸人[3]」の心情を歌ったコミックソングで、前2008年の『ヘキサゴンII』発ユニット・一発屋2008の「天下無敵の一発屋2008」(シングル化なし)の流れを汲む作品。曲の中で岡田圭右、小島よしお、波田陽区のそれぞれの持ちギャグが発せられている。ユニットメインの岡田は一発屋芸人ではなく、芸能活動に関しても特に停滞気味だとされていたわけではないが、「パァ」「閉店ガラガラ」などのギャグに関してはスランプ状態、というスタンスである。

岡田はディスコ映画『サタデー・ナイト・フィーバー』でのジョン・トラボルタを真似た白いパンタロン・スーツの衣装で、CDジャケットでは右手を高く掲げる同作品の象徴的なポーズをとっている。小島は一発屋2008同様に人気ピーク時のブーメランパンツ一丁の扮装で、波田も一発屋2008と同じくギター侍の着流し姿。

ライブでは岡田はスタンドマイクと拡声器、波田と小島はヘッドセットを使用している。『ヘキサゴンII』で披露した際はディスコ風に複数のミラーボールが回る演出も設けられたが、楽曲そのものにディスコ音楽の要素は無い。

収録曲[編集]

  1. ひとつ500円で買い取らせていただきます
    作詞:カシアス島田、作曲:高原兄、編曲:斎藤文護・岩室晶子
  2. ひとつ500円で買い取らせていただきます (カラオケ)

『WE LOVE ヘキサゴン2009』に「With Pabo Ver.」として収録されている。また、同アルバム付属DVDに振り付け映像が収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ DVDシングル「ラクダになるぞ」を除いた、CDシングルの枚数。
  2. ^ a b 『クイズ!ヘキサゴンII』2009年9月2日放送分より。
  3. ^ a b “過酷な罰ゲームとともに、“スベラーズ”のデビューが決定”. お笑いナタリー. (2009年9月3日). http://natalie.mu/owarai/news/20750 
  4. ^ “スベラーズ、オリコン速報18位で罰ゲーム!?”. TV LIFE. http://www.tvlife.jp/news/detail.php?news_id=44808 

関連項目[編集]