メガホン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

メガホン(英語:Megaphone)は、を拡声するために用いられる器具のことである。音響的に指向性と声の通りやすさを向上させるものと、電子回路で増幅するものがある。スポーツの応援、演説、抗議行動、集会などに用いられる。英語圏ではスピーキング・トランペット(英語:Speaking Trumpet)、ブルホーン(英語:Bullhorn)、またはラウド・ヘイラー(英語:Loud Hailer)の名称も用いられる。

音響的な動作をする物[編集]

19世紀後半、消防士が用いた銅製のスピーキング・トランペット。
スポーツの応援で用いられる樹脂製音響メガホン。3インチ(約7.6cm)の使い捨てライターとの比較

プラスチック製の円錐型の筒からできており、発声の際に細い側の開口部を口に当てて使用する。エネルギーの増幅は無いが、指向性が増強されることや共鳴の変化などによって特徴のある声になり、遠くへ伝わりやすくなる。

映画監督の象徴でもあり、「メガホンを握る(取る)」というと、映画制作の過程を監督するという意味で使われる。また、叩くことによって合図を送ったり、応援拍子、またバラエティー番組においてツッコミ役(いかりや長介など)がハリセン同様の小道具に用いることもあるが、クイズ番組において耳打ちでの解答の際に用いることもある。

また、円錐を縦に2分割しバネと蝶番で接続した構造のものもある(通称、Vメガホン)。プロ野球をはじめとするスポーツの応援で近年、多用されている。本来の声を遠くへ伝える目的の他、カスタネットのように打ち合わせて音を出せるように作られている(手拍子では終いに手が痛くなる)。

高校野球では1メートル以上にも及ぶ巨大な物も存在する。ベンチに入れない部員などがオリジナルで作成し、メガホンに部員などの様々なメッセージを書き込んで2~3人で支えてスタンドで応援するケースもある。

音響的なメガホンの日本国内製造は、現在わずか5工場。

変わったところでは、道路工事などに用いられる三角コーンをそのまま音響メガホンとして用いるケースもある。

ギャラリー[編集]

近代における音響メガホンの使用例
アラスカ-ユーコン太平洋博覧会英語版での軍事競技大会にて音響メガホンを用いて声援を送るアメリカ陸軍兵士(1909年) 
「メガホンを取る」アメリカ人映画監督トーマス・H・インス(1922年) 
銅製の音響メガホンを用いるヴァイマル共和国軍のドイツ兵(1930年) 
大型の音響メガホンを用いてブートキャンプでの起床喇叭を吹奏するアメリカ海軍水兵(1947年) 
東ベルリンパンコウ区の屋外プールで音響メガホンを手にするライフガード(1969年) 
古典的な音響メガホンを用いて演説を行う東ドイツ出身の政治家、ハイコ・リーツドイツ語版(1989年) 
三角コーンをそのまま音響メガホンに用いて歌唱するスウェーデンロックバンドボブ・フンド英語版(2005年) 
音響メガホンを用いるオーストラリアジャズグループ、リバーサイド・ストンパーズ(2007年) 
タイ王国反独裁民主戦線(タクシン派、赤シャツ隊とも)は、抗議活動の音響メガホンに三角コーンをそのまま用いる事で知られる(2010年) 

電子回路で増幅する物[編集]

(左) 増幅器を内蔵した一般的な形状の電子メガホン。 (右) 電子メガホンは反射型またはリエントラント・ホーンと呼ばれるホーン・スピーカーを使用する。 音波は同心円状に広がるダクトを通り、ジグザグ状の経路を伝播する(b、c及びd)。

拡声器(拡声機)や「トランジスタメガホン」略してトラメガとも呼ばれる。マイクロホン増幅回路トランペットスピーカーから構成されている。小型のものは全てが一体化しており、手で持ってマイクロホンを口に近づけ、発声するとそのまま前方に音声が増幅されて出力されるようになっている。大型のものはマイクロホン、増幅器および電源、スピーカーが独立しており、スピーカー部を付属のストラップで担ぐか置いて用いる(マイク部をヘッドセットにしているものもある)。いずれも電源には乾電池などを用いる。ボリューム調節機能を備えるものもある。また、屋外で使用されることが多いため防滴機能を備えるものもある。サイレン機能(ホイッスル機能)や録音機能、音響機器などと接続する外部入力端子を備えているものもある。

電子メガホンは従来の音響メガホンと異なり、声量が少ない者でも手軽に発声を大音量化して音声伝達に使う事が出来るが、容易に騒音公害を発生する元ともなり得る為、日本の自治体によっては拡声機暴騒音規制条例を制定して、公に認められた使用目的(規制条例の例外規定)以外での市中における電子メガホンの濫用を規制している場合もある。


ギャラリー[編集]

様々な用途で用いられる電子メガホン
公衆伝達機器を自動車に乗せた移動式の電子メガホン車。電子メガホンの初期の事例で、4マイル(約6.4km)先まで音声が届いたという。(1929年) 
軽巡洋艦CL-46 フェニックス艦上で電子メガホンを用いるアメリカ海軍兵。この時期の真空管を用いた電子メガホンはスピーカーは手持ち式であるが、アンプと電池は外付けの為、左腕の肘の辺りから甲板に向かって配線が繋がっている。(1945年) 
1954年、世界初のトランジスタ式電子メガホンとして登場したTOA・EM-202。日本製のEM-202は電子メガホンの可搬化に大きく貢献した(2009年撮影) 
電子メガホンを手に演説を行うロバート・ケネディ(1963年) 
手持ち式、マイク分離式の両方の電子メガホンを腰に下げるNORMLの活動家、ドミニク・ホールデン(2007年) 

歴史[編集]

コデックス・カナデンシスに描かれた隻眼ネイティブ・アメリカン酋長の絵図。シラカバ樹皮製(バーチ・バーク英語版)の音響メガホンを携えており、優秀な戦闘指揮官として欧州人開拓者達から恐れられたという。(1675年-1682年ごろ)

人類が音響メガホンに類似するラッパ状の筒を用いて拡声を行った歴史は古く、法螺貝角笛などと並んで文明が発祥した初期の頃から世界の各地で用いられていたとみられる。現存する遺跡ではボリビア多民族国世界遺産ティワナクにて音響メガホンの形に穿たれた大石が存在しており、その製作意図は不明なものの、現地駐在の警備員の声が広範囲に拡散される効果がある事が知られている。

絵画に描かれたアタナシウス・キルヒャーの音響メガホン(1684年)

音響メガホンが絵画という形で描き残された最初の事例は、カナダに派遣されたフランス人宣教師ルイス・ニコラス英語版により、1675年から1682年の間に著作されたコデックス・カナデンシス英語版に描かれた「有名な片目の男の肖像」であろう。文献による記録では、ニコラスの絵画の約20年前、サミュエル・モーランドアタナシウス・キルヒャーがそれぞれ異なる構造の銅管製の音響メガホンを製作した記録が残されている。モーランドは直管型、キルヒャーは小型化の為に渦巻型の音響メガホンを製作したが、モーランドの音響メガホンは最大のものでは20フィート(約6m)以上の長さがあり、1マイル半(約2.4km)先まで音声を届かせる効果があったという。また、キルヒャーの音響メガホンは建物の外で話す人々の声を集音する目的でも用いられており、こうした装置はイヤー・トランペット英語版と呼ばれた[1]

こうして発明された金属製音響メガホンはスピーキング・トランペットと呼ばれ、軍事における伝令や宗教の宣教活動など幅広い活動で用いられたが、金属管製の音響メガホンは発声者の声質が変化して伝わる欠点があった。こうした特性はオペラや音楽活動などにおいて特に問題となり、1919年には張り子を用いた音響メガホンがイギリスの歌手のゼンガーにより開発され、彼はゼンガーフォンという商標でこれを販売した。拡声の際に音質の変化が起こらないゼンガーフォンはオペラハウスなどで大いに普及したが、皮肉にも彼自身は歌手としては大成しないまま1936年に死去した[2]

「メガホン」という名前が初めて世に現れたのは、1878年に発明王トーマス・エジソン聴覚障害者の為に発明した装置が最初である。エジソンのメガホンは6フィート(約1.8m)の長さと8インチ(約20cm)の直径を持つ音響メガホンが3本並んでおり、中央の音響メガホンは使用者の拡声の為に用いられ、左右の紙製のメガホンは使用者の耳に接続して聴音の為に用いられた。この装置は1000フィート(約300m)離れた場所の話し声が聞こえ、2マイル(約3.2km)先まで発声が届いたと言われるが、余りにも装置が巨大すぎた事から聴覚障害者の補聴器としては普及しなかった[3]

1919年、ニューヨーク市にて第一次世界大戦戦時国債英語版であるリバティー・ボンド英語版の宣伝活動を行うアメリカ人女優のフリッツ・シェフ英語版。この時用いられたシステムは1917年に発売されたばかりのマグナボックス社製の真空管アンプとスピーカーを用いた公衆伝達機器をそのまま転用した大掛かりなもので、電子メガホンの最も初期の事例の一つである。

ホーン機構を用いたスピーカーは19世紀の後半には登場しており、日本ビクタートレードマークである「蓄音機のホーン・スピーカーに耳を傾けるニッパー」でも知られるように、1900年代から1910年代に掛けて音響メガホンは様々な音響機器に応用された。1920年代に真空管アンプ(バルブアンプ英語版)が開発されると、イヤー・トランペットが防空や潜水艦探知を目的とした聴音機としても用いられ、施設内の伝声用途では公衆伝達装置として様々な用途で用いられたが、真空管アンプ自体が巨大であった為に電子メガホンを手持ち機器にする事は困難を伴った。1940年、アメリカ合衆国のアーサー・サニアルが手持ち式の電子メガホンの特許を取得しているが[4]、真空管アンプと蓄電池はハーネスで外付けする形式となっており、全ての機材を人間が運搬可能な構造にはなっていなかった。連合軍第二次世界大戦の後半に真空管アンプを用いた電子メガホンを一部で導入していたが、枢軸国など多くの国の軍事用途では第二次世界大戦終結までは依然として従来型の音響メガホンが野戦における指揮官の拡声や、喇叭譜の拡声などの用途で用いられ続けていた。民間では公衆伝達装置を応用した電子メガホンを屋外での演説活動などに使用する例が散見されたが、機材が大掛かりとなるため最低でも貨物自動車での運搬を前提としなければ運用が困難であったとみられる。

こうした状況が一変するのはマイクロエレクトロニクスの技術が発展し、トランジスタが発明される1947年の事である。トランジスタ発明から間もない1954年、日本のTOAが世界で初めてトランジスタアンプを用いた電子メガホンEM-202を開発。公衆伝達装置が手持ち可能な大きさまで一気に縮小された事で、群衆管理や公衆広報を始めとする多くの用途から旧来の音響メガホンが姿を消していく事となった。

拡声・増幅機能に優れた電子ポータブルメガホンが普及した現在、音響メガホンが用途として残る数少ない分野の一つが、スポーツの応援活動である。こうした用途で音響メガホンが用いられた初めての事例が、1890年代のアメリカでミネソタ大学チアリーディングにて、男性チアリード部員がポンポンを振って踊る女性のチアガールの声援を音響メガホンを用いて行った事である[5]。同校の音響メガホンによる応援は、ほどなく同大学のサッカーチーム英語版への応援にも用いられ、1930年代にはアメリカの大学サッカーの応援を中心に急速な広まりを見せていった[6]

1946年にはレオナルド・A・ウィーラーにより、アメリカのスポーツスタジアムで観客向けに販売されるポップコーンの容器を兼ねたボール紙製の音響メガホンの特許が申請された。ウィーラーの紙製音響メガホン兼容器はアメリカではカードボード・ブルホーンと呼ばれ、1960年代までにはほぼ全てのメジャーリーグベースボールの本拠地で、ポップコーンの容器として普及した。観客はスタジアムの売店でポップコーンを購入し、食べ終わった後は容器を音響メガホンとして転用する事でベースボールチームに声援を送り、試合終了後は折り畳んで観戦の記念品として持ち帰る事が出来た[7]

伝統の早慶戦にてダグアウトで音響メガホンを手にする慶応大学野球部員達(2008年)

日本では大日本帝國陸軍の伝声用途や空中聴音機、或いは大日本帝國海軍音響探信儀などの軍事用途で音響メガホンが用いられていたが、女子によるチアリードや客席でのポップコーンの食用が普及していなかったスポーツの応援活動では、戦前の学生野球における応援団ではバンカラの男子応援団員が大声を張り上げて声援を送るスタイルが主流で、日本プロ野球でも観客同士の野次合戦が観客席の風物詩という状況が長く続いており、音響メガホンは民間ではあまり用いられていなかった。この状況が変わっていくのは、1950年代に国鉄スワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)の私設応援団を立ち上げた岡田正泰による導入が嚆矢であるとされている。岡田はテレビで放送されていたMLBの試合映像で、アメリカの観客が音響メガホンを用いて応援している様子を目にし、日本にも似た様なものが無いかを探し回ったが、当時の日本では簡易に入手できる材質の音響メガホンを作っているメーカーはまだほとんど存在しなかった。そんな折、街中の工事現場で樹脂製の三角コーンを偶然見かけ、これを加工する事で大型の音響メガホンを自作した。岡田の試みの後に紙製や樹脂製の音響メガホンが日本のスポーツ応援でも次第に普及していき、1970年代の広島東洋カープでは従来の両手に持ったしゃもじを叩いて応援するスタイルを樹脂製の音響メガホンに置き換えた応援スタイルが生み出され、2017年現在も広く見られるバット型の音響メガホンやVメガホンに発展していった。

脚注[編集]

  1. ^ Mills, Mara. "When Mobile Communication Technologies Were New." Endeavour 33.4 (2009): 141-47.
  2. ^ Sengerphone-Y by Len Mullenger
  3. ^ Prescott, George B. Bell's Electric Speaking Telephone: Its Invention, Construction, Application, Modification, and History. New York: D. Appleton &, 1884.
  4. ^ US 2301459 
  5. ^ Hanson, Mary Ellen. Go! Fight! Win!: Cheerleading in American Culture. Bowling Green, OH: ボーリング・グリーン州立大学 Popular, 1995.
  6. ^ Cheerleading Megaphone History - epicsports.com。
  7. ^ US 2507843 「Convertible container」Leonard A Wheeler、1946年4月23日。

関連項目[編集]