ラッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
信号ラッパ
トランペット

ラッパ(喇叭)は、先の広がった金属製の管の、反対側の端に唇を当てて息を吹き込み、唇の振動する音を金属管で増幅して吹鳴する楽器の総称。奏者の唇の力の入れ加減で倍音の音程を出すことができ、また機械的な管長の変更装置を加え、全ての音階を鳴らすことができる。

一般に、現在金管楽器と呼ばれているものの古称[要検証 ]、または軍隊で使われる信号ラッパ(ビューグル)の略称である。

この語からは、トランペットコルネットほどの大きさの、単純な形の金管楽器をイメージすることが多い。

「ラッパ」の語源は未詳である。オランダ語roeperサンスクリット語で「叫ぶ」の意のrava、ravaに由来する中国語の「喇叭(la ba)」や蒙古名rapalなど諸説ある。

俗語・比喩としての「ラッパ」[編集]

  • 誇張して話すことや、ほら話や大言壮語することを「ラッパを吹く」と表現する。(小さなことを大きくするという意味)
  • 裾の広がったズボンのことを「ラッパズボン」と呼ぶ。
  • 飲料をに直接口をつけて飲む行為を、その姿から「ラッパ飲み」と言う。
  • プロレスで腹や胸で相手の顔の上に乗る、または掌で鼻と口を塞いで息をできなくさせて窒息させる技。ブーブーとラッパのような音がすることからラッパと称される。
  • 空腹時の腹部からの飢餓収縮の音を指して「ラッパが鳴る」と用いることもある。

関連項目[編集]